鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

7月の鹿島:負けなし記録を更新中
7-8月日程
7月の試合の感想
中2日の4連戦でスタートした7月、まずは3勝1分と負けなしで乗り切ります。
柏戦は大岩体制で初めて先制される展開となり苦戦しましたが、金崎やPJらの個人技で勝ちきることができました。
続くG大阪戦では、大岩体制で初先発となった遠藤がゴール。
その1点を守って勝利しますが、PJを早めに下げてからは攻撃の迫力を失って押し込まれる要因となってしまいましたね。
守りきれたから良かったものの、前線の選手交代のカードは見直さないといけないことが露わになった試合でした。
そして、そのせいでFC東京戦では初めて勝ち点を落としてしまいます。
逆転された後にPJの個人技で追いつくものの、鈴木の起用が遅く、安部もこの頃は使っていなかったので逆転するまでには至らなかったですね。
FC東京も調子がよくなかっただけでにもったいないドローとなってしまいました。
この試合では、3連戦先発出場のレオ・シルバが不調で失点の原因になるなど、連戦のローテーションの仕方にまだ甘いところが見られましたね。
連戦最後の天皇杯山形戦ではメンバーを入れ替えて臨み、岡崎戦と同様に大勝となりました。
月末の甲府戦もしっかり勝利した上に、セビージャ戦に続いて鈴木と安部が結果を残したことが大きかったですね。
7月は5勝1分で、大岩体制負け無しを継続中です。

守備の要はファーストボランチ
前回の記事で書いたように、鹿島の攻撃は大岩監督になってから破壊力が増しました。
やはり前線の選手の距離感が改善されたこと、ポジションが流動的になったこと、前線の選手のキープ力が上がっていることが大きな要因です。
そのおかげもあって中央からの攻撃、特にワンツーからの崩しによる得点も増えて来ていますね。
しかし、中央からの攻撃が増え、前線が流動的になると難しくなるのが守備のやり方です。
石井監督のときは2列目の選手がサイドに開くことが多かったため、守備時もサイドのケアがしやすかったです。
そして、中央からの攻撃よりサイドからの攻撃を増やすことで、ボールを奪われたあとのリスクも少なくすることができました。
ただ、それだと攻撃もサイドからが基本となるので、カイオのようなドリブル突破ができる選手がいないときつくなりますね。
今季は完全に攻撃が停滞して、つまらない試合が多くなっていましたし、結果もついて来なかったです。
大岩監督はこれまでの強かったときの鹿島がそうだったように、ファーストボランチを要としたサッカーを目指しています。
それが、三竿健を一貫として起用し続けている理由ですね。
前線が流動的ということは、ボールを奪われたあとの守備陣形は整っていないことが多いですから、攻撃を遅らせることが重要となります。
その仕事をしているのが三竿健ですね。
ピッチを幅広くカバーして、相手の攻撃を抑えています。
ここでポイントなのが、攻撃の芽を潰すのではなく、生ませないことを第一としていることです。
最近はやたらプレスをかけることや、ボールを奪うことこそ大事という考えが横行していますが、守備陣形が整っておらず、数的不利なのにボールを奪いに行ってかわされたら元も子もありません。
特にボールホルダーの傍にフリーの相手選手がいれば、プレスに行ってもそこに100%出されるだけですからね。
小笠原なんてよくこういうプレイをやって失点する原因となっていますが、これは逆に相手の攻撃のスイッチを入れてしまうことになります。
三竿は相手の攻撃を遅らせて、前線の選手が戻って来てプレスバック、もしくは守備陣形が整ってから奪取というプレイを地味ながらよくやっています。
また、状況によってはプロフェッショナルファウルで止めることもありますし、動きすぎてバイタルエリアを不用意に空けることもなく、非常にこのあたりの判断がいいですね。
小笠原、レオ・シルバ、永木はどうしてもボールを奪いに行くプレイをやってしまいがちですから、大岩監督が三竿健を重用するのも納得です。
ただ、小笠原はルイス・アルベルトのときもそうだったように、ブラジル人とボランチを組むとなぜか後ろに残って上手くバランスを取るので、レオ・シルバとのコンビは機能しています。
永木がレギュラーを奪取するには、ファーストボランチとしてのプレイを高めていかないといけないでしょうね。
7月の連戦は植田がケガをしていたため、三竿健はCBの出場でしたが、彼がボランチで出ていたら柏戦やFC東京戦も2失点はしていなかったと思います。
レオ・シルバを休ませることもできましたし、CBの層の薄さが響いた面もありましたね。
中央からの攻撃が多いということは、それだけ真ん中でボールを奪われることも多くなるので、相手のカウンターも早くなります。
そのため、鹿島の攻撃が好調を維持するためには、かつて本田、熊谷、中田、青木らがそうだったように、ファーストボランチの優れた判断力による地味なバランス調整が重要となって来ます。
もちろん、その後ろのCB2人の対応も大事ですが、できるだけそこまで行かせずにその前で相手の攻撃を終わらせるようにするためにも、ファーストボランチの仕事にはこれからも注目ですね。

8月の展望
8月は中3日ですが3連戦からのスタートとなるので、7月の連戦の反省を活かした選手起用が大事になって来ます。
つまり、3連戦で出場させる選手をできるだけ減らして、誰をどの試合で休ませるかってことですね。
3戦先発で起用する選手は、金崎、三竿、西、CBの2人くらいに絞るのが理想でしょう。
すでに、終わった仙台戦、神戸戦を見るとレオ・シルバやレアンドロ、山本を初戦で休ませていましたし、大岩監督はそのあたりもきっちり修正して来ているのだと思います。
PJがケガで離脱していますが、鈴木と安部の存在感がすさまじく、攻撃力は維持できていますね。
今後は金森も起用して、FWの使える選手に組み込んでいく必要があるでしょう。
中村やレアンドロ、安部、三竿などこーめいが早くから評価していた選手を起用して、しっかり結果を出していますし、伊東も地味にほとんどの試合で使っていますからね。
常々、選手の力を引き出すことが仕事と言っているように、大岩監督の選手を見極める能力はかなり高いと思います。
8月の試合には川崎戦、C大阪戦などが残っていますから、ここが山場になりそうです。
きっちり勝利して、夏が終わった時点で鹿島が独走態勢という状況を作っておきたいですね。

7月ゴールアシスト
忙しくてコメントの返信もできない場合もありますのでご了承を。最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

いつも楽しく読ませていただいています。
三竿はまさに鹿島のボランチですね!
期待していました。

大岩監督マジで名監督ですね。
これだけの実力がありながら、
なぜ前監督時代にあんな采配になるのか?
不思議です。
コーチの発言力って低いんですかね?

PJ抜きでもブエノが守備固めで
使えるからむしろ戦力アップ
になっています。

後は土居次第ですね!
中村FWでレアンドロ遠藤の3人
をスタメンにすれば、
穴がない気がします。

このまま練習して欲しいですね。
【2017/08/13 08:11】 URL | しかくん #- [ 編集]


いつも更新楽しみにしてます。
今の三竿を見てると2009年に5連敗したあとに、青木→中田浩二に替えたことで中盤のバランスが改善され、ラスト5連勝で3連覇を決めたことを少し思い出します。
ボランチはやはりファーストボランチが三竿と小笠原、セカンドボランチがレオと永木で組み合わせた方が良さそうですね。
開幕前は永木レオシルバでガンガン奪いまくる姿を想像してましたが、やはりサッカーはバランスが大事だなと改めて痛感してます。
永木が中田浩二みたいなバランス感覚を身につけてくれるといいんですが、それだと永木の良さが消えそうな気もしますし、なかなか難しいですね。
【2017/08/13 10:27】 URL | 鹿魂 #- [ 編集]


遂に、8月に入り川崎全然、
完全に完敗で連勝も止まった。

連勝の傲りからか、慣れない3バックにしたり、遠藤をボランチ起用は
大岩の采配ミスだと思いますね。
【2017/08/13 22:47】 URL | ナウ鹿 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/1209-6012a31f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する