鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
09 | 2007/10 | 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

オリヴェイラ監督続投と戦力補強のニュース
鹿島来季もオリベイラ監督に託す(スポニチ)
鹿島オリベイラ監督が続投へ(ニッカン)
オリヴェイラ監督続投には、こーめい大賛成です。
どうやら交渉はかなり煮詰まったところまで行っているようで、ほぼ確定のようですね。
しかし、昨季も同じような流れから突然の交渉決裂がありましたから、最後まで油断しないようにしておきます。
早く続投確定になってほしいです。
オズワルド・オリヴェイラ監督の評価は、13節終わった時点でもしたのですが、リーグ戦30節までで改めて評価してみると下記のような感じでしょうか。
オリヴェイラ監督
タイプ:理論派
攻撃戦術手腕:☆☆☆
守備戦術手腕:☆☆☆☆☆
選手交代選択:☆☆☆☆
選手交代時間:☆☆
試合分析手腕:☆☆☆☆☆
軌道修正手腕:☆☆☆☆☆
若手育成手腕:☆☆☆☆

今季のめざましい実績は守備を建て直し、選手のメンタルコントロールをうまくやってこれたところだと思います。
あとは相手と自チームの分析と対策、試合分析とその対応、若手の成長でも結果を残していますね。
これは昨季のアウトゥオリ監督が下地を作っていてくれたということもあるでしょう。
課題を明確にしておいてくれましたし、中後や田代など中堅クラスを成長させておいてくれたことで今季は興梠や佐々木らより若い世代が育ちましたからね。
オリヴェイラ監督の課題はやはり攻撃の戦術です。
得点は取れていますが、もっと鹿島らしさとヴァリエーションがあってしかるべきだと思います。
鹿島は伝統的に両サイドバックが攻撃的にいきますし、それをすることで攻撃に厚みが出ます。
しかし、その場合全体のバランスを考えるとドイスボランチをどちらもファーストボランチ(より守備的なボランチ)にした方がいいんですよね。
これまでの鹿島のドイスボランチの組み合わせを見ても、本田-サントス、本田-ジョルジーニョ、中田-熊谷、中田-本田と攻撃より守備意識の高い選手が担って来ました。
近年はフェルナンド、青木、中後、小笠原、増田と攻撃意識の方が高い選手が多いですよね。
青木は今季は守備面で大きく成長していますが、もともと攻撃的でよく上がっていきますから、オリヴェイラ監督のマンマーク戦術もより守備に意識を置かせたいという狙いもあるのでしょう。
現在の鹿島では純粋なファーストボランチは吉澤くらいでしょうか。
ドイスボランチを2人ともファーストボランチにすれば両サイドバックも高い位置に上がれますし、何より本山と野沢をもっと攻撃に専念させることができます。
そうすれば攻撃に関しては自ずと鹿島らしさが出て活性化されるので、監督が何かをする必要はないんですよね。
大事なのは全体の攻守の意識のバランスです。
現在の鹿島では、攻撃>守備という意識の選手が多いですから、その分の守備意識を全体で分け合っている感じとなっています。
特に本山に負担が行っているのは明白ですね。
来季も小笠原をボランチとして使うなら、左サイドバックを守備専門にしてバランスを取るしかないです。
例を挙げるならジュビロ磐田にいた服部のようなタイプです。
ここ数試合はイバが攻め上がりを抑えて守備に専念していますよね。
ただ、守備や攻撃の意識っていうのは持って生まれた性格が影響してますし、守備自体のうまさも必須となって来ます。
いくら小笠原がうまくても本田や明神のようなプレイは絶対できないですし、またそれでは小笠原の良さも生きてきません。
全体の攻守のバランスを考えた適材適所が大事です。
小笠原がフリークスで語っていた戦術は理想ではありますが、現在の鹿島のチームバランスではどの相手に対しても、連動したプレスで前からボールを奪って攻撃するということは難しいです。
だから、上位や強力なFWがいるチームに対してはマンマークという戦術を取る必要はあると思いますし、そこら辺りはやはり監督がよく選手の特徴を理解して全体のバランスを考えて、相手チームを分析した上で判断していると思いますよ。
来季により攻撃的なチームにするならば、一見矛盾しているようですが守備の選手を戦力補強する必要があります。
守備意識が高くかなり守備の上手い選手で、ポジション的には当然ボランチ・サイドバックとなりますね。

バーゼル・中田が7月鹿島復帰へ(サンスポ)
そこで白羽の矢が立つのが中田浩二です。
移籍金がかからないというのは最大のメリットですね。
海外は契約が切れる6ヶ月前から交渉に入れますから、その点でもかなり獲得しやすいと思います。
ただ、加入が今季の小笠原と同じ時期になってしまうのがネックです。
中田浩二の他には今野も噂が出ていましたが、どちらもボランチ、サイドバック、センターバックが出来るので重宝すること間違いなしです。
その他にはマルコス・パウロもお薦めですね。
あとは当たりはずれもありますが、まるっきり新外国人という手もあります。
守備意識が高く守備のうまい選手は、タイトルを多く獲得するためには必須、そして鹿島に必要な最後のピースと言っていいでしょう。

鹿島が珍トレ「芋虫」ミニゲーム(ニッカン)
詳しいトレーニング内容とその効果はこーめいには分かりませんが、今季はショッキングな敗戦の後、短い準備期間でもしっかり選手のメンタルをコントロールして切り替えさせていますよね。
こういう練習が役に立っているのかもしれませんね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

五輪とか練習試合とかリーグ戦とか鹿島のニュース
FW興梠が反町ジャパンの秘密兵器(ニッカン)
興梠、反町JAPAN招集あるぞ(報知)
鹿島・興梠、五輪代表救世主に名乗り(サンスポ)
次のベトナム戦は森島、家長が出場停止で、岡崎はケガから復帰したものの調子はまだ分からないというところで、俄然興梠が注目を浴びています。
こーめいには、困ったのび太君が慌ててドラえもんに助けを求めてるようにしか見えないですけどね。
でも興梠にとってはチャンスなので、召集されたら思い切り暴れてほしいです。
例え召集されても反町監督がうまく使えるかどうかの問題がありますが、興梠のいい意味でのヤンチャぶりを発揮して、監督の言うことなんかシカトして持ち味を出したらいいんじゃないですかね。
記事を読んでいると井原さんの方が反町監督よりずっと選手を気遣ってくれていて、監督やってくれたら今のU-22もうまくいくんじゃないかと思います。
それにしても興梠は肉離れから復帰してすぐにケガが再発して心配していたのですが、再度驚異的な回復力でもう復帰していたのですね。
その東京農大との練習試合の内容は、こちらの鹿の街からさんで詳しく紹介されています。
5-1で勝利したのですが、興梠は1得点1アシストしたそうです。
ケガ明けながら調子よさそうですね。
こーめいも若い選手(特に遠藤)のプレイを見たいんですよね。
すごく見たい。
仕事辞めるか、近くに住むかしたら絶対見に行くのに…。
前後半の布陣を見ると増田とか大道とか、本来のポジションで使ってあげたいなと思いますね。
クラブの経営基盤やJリーグのサテライトの形式などを考えると、選手のやりくり上仕方ないのかもしれませんが、これじゃあやっぱりなかなか伸びませんよね。
こーめいとしては、もし将来的にカシマスタジアムに1試合平均30,000人くらい入って財政が豊かになったらぜひ鹿島Bチームを作ってほしいです。
それをJ2に参戦させて若手の戦いの場とすれば、ずっと成長させやすい環境ができますし、トップチームの刺激にもなるでしょう。
それに黄金時代を迎えた後の過渡期の停滞も避けられると思います。
今のサテライトリーグは十分機能している状態ではないですからね。
ハングリー精神を養うためにカシマスタジアムで試合をできるのは年に数回、トップチームの試合の前です。
観客は普段と同じ観戦料で2試合楽しめるようにします。
その他のホーム試合は、東京、千葉、茨城(鹿嶋以外)、栃木、長野などのボロいスタジアムでやって、関東圏で鹿島をアピールします。
まあ、今のままでは夢のまた夢ですけどね。
浦和や新潟の方が先にやりそうです…。
浦和だってここ数年で出てる若手なんて細貝くらいですからね。
先駆けてBチームを作ったところは飛躍的に戦力がアップしますよ。
しかし、それをやるにも先立つものが必要ですけどね。
いつか実現してほしいものです。

鹿島MF青木が残り4試合全勝誓う(ニッカン)
最近の試合を見ると、ヤナギ、小笠原、田代あたりはすごく調子よさそうです。
本山と青木、そしてDFラインの選手たちは相変わらずコンディションは安定していますし、大分戦では野沢もやや調子が戻っているのかなと感じました。
とりあえずはリーグ優勝とかACLとかよりも、鹿島の目標は残り4試合を勝利して9連勝でシーズンを終えることですね。
そうすれば何らかの結果も付いてくるでしょう。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

鹿島の勝利を呼ぶ男
フリークスで小笠原が言っていた戦術のことについて書こうかと思ったのですが、それは来季の戦力補強のことも含めての話になるのでこのタイミングでやるのもな~ってことで、ネタもないので得点した試合は17戦全勝の田代の得点した試合をちょっと調べてみました。

05シーズン
リーグ戦
東京V戦(決勝点)

06シーズン
リーグ戦
清水戦(同点弾)
京都戦(決勝点)
福岡戦
G大阪戦(決勝点)
大宮戦×2(先制点・決勝点)
新潟戦(先制点)
ナビスコ杯
大分戦(先制点)
京都戦(同点弾)
天皇杯
ホンダ戦
清水戦

07シーズン
リーグ戦
広島戦
新潟戦×2(同点弾・決勝点)
神戸戦(決勝点)
大分戦×2
ナビスコ杯
名古屋戦×2(決勝点)
甲府戦×2(先制点・決勝点)

こんな感じとなっています。
田代のゴールは大事な場面で多いような気がしてたのですが、やはり同点弾や決勝点、先制点は多い方だと思います。
ちなみに数字は時系列とリンクしていません。
得点しているチームが偏っているかなと思ってたのですが、思ったよりまんべんなく取ってますね。
浦和相手にはまだ得点してないですから、最高のシチュエーションで33節を迎えて、その試合で得点してまた勝利を呼び込んでほしいです。
課題はやはりケガが多いことですね。
2年連続得点してる時期が限定され、それがだぶってる感じです。
得点している時期が限定されているということは逆に言えば、調子のいい時期はコンスタントに得点できる選手っていうことですからね。
来季は1シーズンを通してコンディションを保ってほしいです。
そうしたらもっともっと得点できるでしょう。
また、鹿島の2トップが固定されてチーム戦術がもっと煮詰まれば、さらに得点とりやすい状況になるでしょうね。
得点を多く取れば取るほど、当然田代が得点=全勝というジンクスは崩れる結果となるでしょうが、やっぱりたくさん得点してくれた方がうれしいですからね。
ちなみに鳥栖でも04年に1得点していますが、その試合は負けてます。
今季はあとリーグ戦、天皇杯とも4試合づつ残っており、最大8試合できるチャンスがあります。
今季はぜひこのジンクスを守りつつ記録をできるだけ伸ばしてほしいです。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

浦和ドロー、川崎は大勝
浦和、難局しのぎ連覇に王手 疲労困憊もなんとかドロー(サンスポ)
川崎、攻撃力爆発で7得点!(サンスポ)
浦和が引き分けましたね。
これで鹿島との勝ち点差は8となりました。
名古屋ががんばってくれたのですが、シュート数は4:12と圧倒していただけに1本決めてほしかったですね。
浦和は、山田がこの試合でケガ、闘莉王も肉離れで欠場、ワシントンがまた監督批判、試合自体も内容が悪いとけっこう問題は抱えてるんですよね。
加えて11月7日にはアウエーのACL決勝第1戦があり、11日に川崎戦ですからね。
この苦しい状況を乗り越えられたら追っているチームとしてはどうしようもないですが、今回の浦和ドローで何がいいって次節鹿島が勝利すれば浦和の結果がどうだろうとまだ優勝が決まらないということです。
鹿島は残り4試合を勝利していくだけです。
最後の最後まであがいてあがいて喰らいついていきましょう。

次節の浦和の対戦相手の川崎は東京に大勝しました。
しかし、今節カードをもらった中村、佐原、マギヌンは出場停止になりますね。
この佳境にきて等々力で川崎が浦和を迎えるというのもおもしろいです。
次節のみどころでもありますね。
しかし、ここに来て7-0の大勝で8位からいきなり5位にジャンプアップしてくる川崎もさすがですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

【第30節雑感】悪天候の中うまく戦い切った…の大分戦
結果
鹿島3-0大分(カシマ/8,036人)
[得点者]
31' 岩政大樹(鹿島)
54' 田代有三(鹿島)
80' 田代有三(鹿島)

雑感
雨もさることながら風も段々強くなって非常にサッカーをしづらい環境の中、セットプレイの2発を含めて実にうまく戦い勝利しましたね。
2点目はセットプレイではなかったのですが、雨が鹿島の味方をしてくれました。
ゴールだけを見ても選手たちの気持ちがすごく出ていた試合だと思います。
岩政、田代は特に強い気持ちを出してくれる選手ですが、3点ともその気持ちで押し込んだゴールです。
先制点の岩政はなんとか足を伸ばして左足アウトでボールの軌道をずらしました。
2点目の田代は相手の股を抜いたシュートがDFの足に当たって、それがループシュートとなってゴールキーパーの頭を越えていきましたね。
一見ラッキーゴールですが、ゴールするという気持ちが強いからあれが決まったりするんですよね。
3点目も田代、小笠原のボールに合わせましたが本人は相手のスパイクに当たったのか、ボールに当たったのかさえ分からない状況だったようです(笑)
大分もセットプレイからチャンスを窺っていたのですが、鹿島GKの曽ケ端がファインセーブで防いでくれました。
守備陣もよく集中して約1ヶ月ぶりの完封で5連勝となりました。
特筆すべきは、ピッチコンディションと得失点差でしょう。
今季のカシマスタジアムのピッチは夏も芝生がはげることなくすごくいい状態を保っています。
今日の試合でも、雨の量も違うのでしょうが日立台の惨状に比べたらずっといい状態でした。
鹿島は7月からホームで8連勝です。
③、③、②、④、③、③、③、④
その間のホームでの得点は上記の通り。
なんと横浜FC戦以外は3点以上とっています。
その結果、なかなか伸びなかった得失点差が気付いたら+18となっています。
もちろんチーム状態がよくなっていることもあり監督・選手のがんばりの賜物ですが、芝生管理の方ががんばってくれているおかげでもあります。
改めてピッチコンディションの重要さを認識させられましたし、これこそがホームの地の利、カシマスタジアムらしさだということを久しぶりに感じました。

監督コメント選手コメント
なんだか快勝での5連勝と台風の影響もあってか、監督も選手もいつもよりテンションが3割増しくらいに感じるのはこーめいだけでしょうか。
台風の影響も考慮しつつ、その中でオリヴェイラ監督が自分たちのやるサッカー、相手がやってくるサッカーをしっかり選手たちに伝えていたことも勝因の1つでしょうね。
田中康平も短い時間でしたが出場できたのはうれしかったでしょうし、遠藤、大道、小谷野ら若い選手の励みにもなると思います。

優勝・降格争いニュース
G大阪が0-3と清水に大敗しました。
これで鹿島との勝ち点差はわずか1です。
2位はもう十分射程圏内です。
なかなか上位陣が星を落とさない中でも、モチベーションを高く保って勝利し続けてきた結果ですね。
このまま浦和が優勝するとJリーグがしらけるので、明日は名古屋に浦和を負かしてもらいたいです。
そして、天皇杯で1週間空きますが、その後は調子の上がってきている川崎と、今節G大阪を下した清水が浦和と対戦します。
鹿島が勝ち続ければもう一波乱ある芽が出てきましたね。

降格争いは広島が2点差をロスタイムに追いつかれるという悲劇で千葉と引き分けました。
その結果、勝ち点は大宮と並んでの16位に転落。
中位力の名古屋が巻き込まれることはないでしょうから、今節敗れた大分含めて、大宮、広島、甲府が残り4節、激戦を繰り広げそうです。
ここまで来るとチーム状態が劇的に変わることはないですから、後は気持ちの問題でしょう。
大分は戦力補強もあって再開明けからシャムスカ監督が立て直しており、大宮も監督交代後は少しもたつきましたがここのところは気持ちの入ったプレイが出てきています。
チームの雰囲気が悪いのは広島、甲府でしょうね。
大宮は下位の直接対決を制していけば自力脱出は可能、逆に広島は残り4試合の対戦相手が悪いですね。
甲府は選手層がただでさえ薄いのにカードが多く、この先も出場停止に苦しめられそうです。

鹿島の勝利を祝してポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

【第30節プレビュー】ホームでアウェイの借りを返す4連戦最終戦…の大分戦
明日は16:00からカシマスタジアムで大分戦です。
何やら台風が来るそうで、明日は雨確実ですね。
鹿島が結果が出ていなかった今季序盤もホームで悪天候に見舞われることが多く、雨はあまりいいイメージがないです。
風も強いようなのでやりづらい面もあるでしょうし、どういう試合になるか予想がつかないですね。
川崎、新潟、神戸とアウェイで借りを作った相手にこのホーム3戦できっちり借りを返しています。
大分にものし付けてアウェイでのロスタイムで同点に追いつかれた借りを返して、ついでに降格争いをもう一盛り上がりさせてほしいです。

今季の対戦
△鹿島2-2大分(九州石油ドーム)
あと10秒を守りきれずに引き分けに泣きました。
選手たちも悔しがっていましたからね。
その悔しさを渦巻く嵐に乗せてぶつけてほしいです。
リーグ戦の通算成績は3勝4分2敗となんとか勝ち越していますが、この3年間は3分2敗と勝利がありません。
シャムスカ監督が就任したのが05年9月なので大分が相性の悪いチームというより、シャムスカ監督と相性が悪いと言えるでしょう。
しかし、鹿島は前節にエコパとの相性の悪さを克服しましたから、その勢いで今度はシャムスカ監督をギャフンと言わせてあげたいです。

不在メンバー
鹿島:ファボン、、佐々木、興梠
大分:なし?

大分は主力級にケガ人はいないようです。
鹿島は興梠が早期復帰したというニュースがありましたが、木曜日の練習で再び痛めてしまったそうです。
だから、肉離れは無理しない方がいいって言ったのに…(>_<)
起こってしまったことは仕方ないですから、今度は無理せずじっくり完治させてほしいです。
佐々木も長期離脱ということでFWの層が薄いですが、スタメンの田代とマルキーニョスは好調のようなので問題ないでしょう。
柳沢も前節途中出場でゴールしましたし、田中康平もチャンスを窺ってほしいですね。

フォーメーション
鹿島アントラーズ
鹿島は4-4-2のベストメンバーでしょう。
田代、マルキ
本山、野沢
青木、小笠原、
イバ、大岩、岩政、篤人

控えは首藤、後藤、石神、船山、増田、ダニーロ、田中あたりでしょうか。
もしかしたら遠藤もベンチ入りするかもしれません。
鹿島は前節ジュビロ戦よりは繋いでいく意識が高いと思います。
そして、相手3バックのサイドのスペースを狙っていくでしょう。
が、雨で足元のコントロールがおぼつかない場合はまたロングボールが多くなるかもしれないです。
ただ、ファーストバウンドが伸びるのでDFの裏は狙わず、確実の田代の頭に当てたいです。
これはこれで有効な戦術ですが、一辺倒にならないようにスリッピーな状況を利用してミドルシュートも狙った行きたいですね。
大分トリニータ
フォーメーションは3-5-2で、ドイスボランチに外国人を2人置くところも前節対戦した磐田と同じです。
ただ、磐田は前からプレスをかけて積極的な守備を展開したのに対して、大分は引いて守ってカウンターを狙うチームのようですね。
そこをどう崩すかが鍵となってくるでしょう。
セットプレイ、ミドルシュート、ドリブル突破を積極的にやっていきたいです。
守備では鹿島のCBからすると高松はやりやすいタイプのFWだと思います。
その下の梅崎の動きに要注意ですね。
青木がマンマーク気味で抑えるくらいの意気込みでいいと思います。
前回の対戦もサイドからのミスキックとミドル1本からの失点ですから、これまで通りの守備をすれば守れるでしょう。
あとは課題のセットプレイ時の集中力ですね。
そして、最大の注目は小笠原とエジミウソン。
どちらがより確実にボールをキープして展開していくか、ここが勝負の分かれ目になるでしょう。
小笠原は最近調子がいいようなのでやってくれそうです。
大分の9月からの成績は、3勝1分2敗と選手補強も実って一時期の不調に比べるとチーム状態は右肩上がりとなっています。
1分けは川崎、2敗はG大阪と浦和でどちらも1点差の惜敗です。
早く残留決定をしたいと気合い入ってるでしょうし、簡単に勝てる相手ではないでしょう。
しかし、ここで鹿島もG大阪、浦和のように競り勝てないと話になりません。
文字通り全部勝利していかないと優勝という話にならない状況ですからね。
タイトルを狙う上でも上位2チームとの実力差を測るためにも重要な一戦となります。

小笠原が冬の海外移籍封印(報知)
海外移籍するにはやはりまず代表に復帰しないと難しいでしょうね。
各雑誌を見ても小笠原はまず鹿島でタイトルを獲りたい気持ちが強いということをしきりに言っています。
そのためにも残り5試合5連勝したいですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

北京五輪に日本代表の姿がないことを今から覚悟しておいた方がいい
合宿前倒しなし…“反町流”貫く!(スポニチ)
U-22、合宿前倒しせず代表はJ出場(サンスポ)
反町流貫いた!前倒し川淵案蹴る(報知)
反町監督が合宿前倒し案を蹴ったそうです。
代表とはそういう(短い準備期間で試合に臨む)もの」、「2人1部屋で、長期間になるとストレスもたまる。そこに長い期間の練習。環境ストレスと一般ストレスのマネジメント。いろいろ考えてのこと」という取ってつけたような理由を述べていますが、本音はカタール戦前の合宿で成果をあげられなかったということが大きいでしょう。
ストライカーDXやエルゴラッソを読むと、現地に取材に行った記者たちの多くは、カタール戦前の合宿中の選手たちの気が緩んでるということを感じていたようですね。
練習中でもどこか集中力、一体感がなく、もう勝った気でいるようなコメントをする選手までいたそうです。
要するに合宿をすることでいつもより準備がきちんとできた分、逆に気持ちがゆるんでしまったという弊害が生まれてしまったということです。
それを知って試合を振り返ってみると、確かにチームの一体感、意思統一がなかったですし、終盤は特に集中力を欠いたプレイも多かったですね。
つまり、反町監督は合宿中の選手たちのメンタルコントロールをできなかったということです。
今回、合宿前倒し案を蹴ったのも選手たちの意識をひとつにまとめ、気持ちを緩めさせず気合い入った状態で試合に臨ませる自信がないからでしょう。
残り2戦、連勝すれば自力突破の可能性もありますが、こーめいははっきり言って北京五輪に日本代表の姿がないことを今から覚悟しておいた方がいいと思っています。
予選突破してくれるに越したことはないですが、北京五輪の日本代表の試合を楽しみにしている分、いざ本当に予選敗退なんてことになるとショックが大きいですから、今から耐性付けておきたいという気持ちもあります。
しかし、冷静に考えても不安要素も多すぎます。

反町ジャパン残り2戦の不安要素
①攻撃力の低さ
カタールと勝ち点が並んだ場合は得失点差、総得点の勝負となります。
そのためには日本はただ勝つだけじゃなくて、より多くの得点を取って勝たなければなりません。
しかし、アウェイでのべトナム戦、ホームでのサウジアラビア戦と得点を取りにいくにはリスクが大きい状況となっています。
それ以上に不安なのが、これまで4試合でセットプレイからの3点しかとれていないということです。
試合内容を見ても単発の攻撃でチャンスは作れているのですが、後ろの選手をからめて分厚い攻撃というのはまったくできていません。
大量得点を狙うなら分厚い攻めを展開するのは必須です。
攻撃サッカーにシフトチェンジすることが果たして反町監督にできるのか、これまでの布陣と戦術を考えると難しいと言わざるをえませんね。
②ベトナムはホームで2戦2分け
次のベトナム戦は勝てそうな楽観的な雰囲気が漂ってるような気もするのですが、ベトナムはホームではカタール、サウジ戦とも引き分けています。
アジア杯でも開催国の1つとしてホームで奮闘していたように、ベトナムは今勢いのある国です。
特にホームでは100%以上の力を出して来ます。
何より日本はホームでも苦戦していますからね。
負けはしないでしょうが、果たして多くの得点を取って勝てるかどうかと言われると難しいでしょう。
③家長、森島不在
今のメンバーを見ると使われて生きる選手が多すぎて、周りをうまく使える選手が少ないんですよね。
だから水野、本田あたりを使った攻撃はできても、サイドバックをうまく使えずに攻撃に分厚さが出ません。
それがある程度できるのが家長と柏木なんですけど、そのうち1人が出場できないのは大きいです。
家長と柏木をオフェンシブハーフに置く、普通の4-4-2のフォーメーションですればかなり即効で機能すると思うんですけどね。
また、最近はFWを4人しか呼んでない中で森島の出場停止も大きいですね。
李はカタール戦で計算できるところを見せましたが、岡崎はケガで微妙、平山に賭けるのもオッズが高そうです。
日本が得点できないのはチャンスの数自体が少ないこともありますが、やはり決定力の問題もあります。
カタール戦でも決めないといけないところを枠すら捉えられないシュートが多かったですからね。
信頼できる軸となるFWがいない以上、できるだけ多くのFWを揃えてその時点で調子がいい選手を起用したいところなのですが、その選択肢すらない状態です。
選手を見る目がない反町監督がたまたま選んだ新戦力が、たまたま布陣にマッチして、たまたま活躍してくれることを祈るしかなさそうです。
④ホームでサウジアラビア
日本の最終戦はホームですが、相手は1番やっかいなサウジアラビアです。
しかもサウジは日本戦の前のカタール戦で勝利すれば、日本に勝てば五輪出場が決まるという状況になりますから簡単な相手ではありません。
カタールがサウジに勝ったら勝ったで日本は不利ですし、引き分けになるとこを祈るしかないですね。
それでも日本がベトナムに勝たなければかなり苦しいのですが…。
5試合目で日本が勝利、サウジ-カタール戦が引き分けなければ日本の五輪出場の可能性はかなり低くなるでしょう。
⑤カタールの最終戦は手堅い
カタールは最終戦ホームにベトナムを迎えることになります。
ベトナムはアウェイでは弱いので、カタールは勝ち点3を計算できる試合と言っていいでしょう。
しかも、時差の関係でカタール-ベトナム戦は、日本-サウジ戦より遅く開始されます。
ということはカタールは日本の結果を受けて試合を運べるので、かなり有利となります。
つまり次の試合でカタールがサウジに勝つようなことになれば、日本はもう得失点差、総得点で争うしか手はなくなり、五輪出場の確率はかなり低くなるということです。
⑥反町監督
最大の不安要素は当然ながら反町監督です。
相変わらず日本のスタイルを確立できずにいるので、選手たちは自信を持ってプレイできていません。
それがカタール戦ではもろに出てしまいまいたからね。
フォーメーション、戦術に関してはまったくと言っていいほでセンスがなく無能、攻撃が機能しないため連携を高めるためにダダをこねて合宿をすれば今度は選手のメンタルコントロールをできずにダラけさせてしまう始末です。
これまでの試合を見ても監督を代えない限り、五輪代表のサッカーが劇的に変わることはないでしょうね。

こーめいが感じている薄く粘っこい不安が杞憂に終わればいいですが…。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

佐々木は全治3ヵ月、興梠は驚異の回復力
佐々木選手の負傷について(鹿島オフィシャル)
佐々木竜太選手が10月22日(月)の練習試合中に負傷し、10月24日(水)に手術を受けましたので、お知らせします。
1.受傷名 : 左足関節内果(ひだりそくかんせつないか)骨折
2.全治 : 約3カ月
3.負傷日 : 10月22日(月)練習試合vs流通経済大学
(鹿島アントラーズ クラブハウスグラウンド)
4.経過 : 後半21分、空中戦の競り合いで相手選手と交錯し着地時に負傷
試合後すぐに鹿嶋市内の病院でレントゲン検査。骨折の診断
10月24日午後、東京都内の病院でチームドクターの執刀で手術

11月、12月、1月…、キャンプには完全な状態で臨めそうなので全治3ヵ月は不幸中の幸いというところでしょう。
これから天皇杯もあったわけですし残念な結果には違いないですが…。
でも最悪の結果は免れたという感じかな。
初めての大きなケガというのはけっこう選手にとってショックもあるでしょうが、もう気持ち切り替えてきっちり治して来季に照準を合わせてほしいですね。

鹿島・興梠が復帰「全試合決める」(サンスポ)
右ふくらはぎ肉離れで15日から戦線離脱していた鹿島のU-22日本代表候補FW興梠(こおろき)慎三(21)が23日、練習に合流。27日の大分戦(カシマ)出場の可能性が浮上した。
「1週間で治しました。回復力には自信があるから」。全治2週間と診断されていたが、驚異の回復力を発揮した。
 チームの逆転優勝ともう一つ目標がある。北京五輪だ。6月のアジア2次予選・マレーシア戦以来招集されていないが、11月17日の最終予選・U-22ベトナム代表戦(ハノイ)は攻撃のカギを握るFW森島(C大阪)とMF家長(G大阪)が累積警告により出場停止。大量得点での勝利が求められるなか、ドリブルで状況を打開できる興梠の存在がクローズアップされている。
「(代表)チームが苦戦しているのは知っています。今いったら救世主になれるかな。ベトナム戦までに、出た全部の(チームの)試合でゴールを決めてアピールしたい」
同じく代表復帰を目指す大分MF梅崎との直接対決を制し、反町ジャパンの救世主となる。

こちらは脅威の回復力ですね。
逆に無理してるんじゃないかとか、本当に大丈夫なのかと心配になったりもします。
肉離れなのでくれぐれも無理は禁物ですからね。
G大阪のバレーも1度復帰して悪化させましたから。
ともあれ、興梠の復帰はうれしいニュースですし、頼もしい選手がすぐに復帰してくれてよかったです。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

佐々木ケガ、守備収穫、ACLなど鹿島ニュース
鹿島・佐々木 左足骨折で今季絶望(スポニチ)
左足関節内果(くるぶし)骨折だそうです(;-_-;)
全治期間などは手術が終わってからオフィシャルでも発表されるでしょう。
なるべく短いことを祈ります。
興梠も今ケガをしているので、天皇杯の水戸戦はチャンスあるかなって思ってたんですけどね。
すごく残念です。
整形外来さんから頂いたコメントによると、内果骨折は足首を外側に捻って強い力が加わった時に発生するそうです。
ファボンの足関節脱臼骨折より遥かに軽症だとのことなので、すごく安心しました。
ただ、内果の変形が大きい場合は手術してボルト等での固定も必要となる場合もあるそうで、佐々木選手のケガがどの程度なのか心配ですね。
整形外来さん、いつも分かりやすい専門の解説をありがとうございます。
せっかくのオフもケガしていたら動けないで辛いでしょうが、2月のキャンプに万全の状態で臨めるならシーズンにも問題なく入っていけるでしょう。
そうなれば佐々木の来季本格ブレークも十分期待できます。

鹿島DF岩政がチームの守備力に手応え
確かに磐田戦の守備はすごくよかったですね。
守りきるという守備ではなくて積極的にボールを奪う守備をチーム全体で連動してできていました。
それだけにセットプレイ、スローインなどリスタートからの失点が課題ですね。
集中力の問題ですから、やっぱり周りを鼓舞できるリーダー的な選手が必要でしょう。

柳沢、ACLは「貴重な経験」出場権狙う(サンスポ)
うーん、ACLねぇ(・_・。)
昔から鹿島を知るサポーターならあまりACLにはいいイメージないと思うんですよね。
昔に比べて今はアジアのレフェリーのレベルも上がってます(というか昔が酷すぎた)し、中東の方のチームもそんなに露骨なラフプレイはしなくなっていますけど、韓国の某チームの試合などを見るとね。
やはりケガさせられる大会っていうイメージが強いです。
はっきり言って今の鹿島の選手層ではきついです。
もちろんリーグは1つでも上の順位を狙ってほしいですが、ACLに出場することになると大袈裟じゃなくてリーガのRソシエダやセルタ、ベティスのようになる可能性もありますよ。
まあ、フロントががんばって補強してACLで普段出場機会の少ない若手を使うなら柳沢の言うように貴重な経験になるでしょうけどね。
ACL出場権獲得条件はけっこう複雑な事態になっているので、とにかくそんなの関係なしにリーグでは可能性ある限り上を狙ってがんばってほしいです。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

J1各チーム監督人事がちらほらと
鹿島アントラーズ
鹿島・オリベイラ監督が続投意欲(スポニチ)
鹿島、オリヴェイラ監督続投へ(報知)
11月上旬にも契約延長を要請する予定です。
結果も出してますし、采配もズバズバ当たってますし、若手も育ってますし、チームの雰囲気もいいですから当然の続投要請ですね。
オリヴェイラ監督も続投希望しているようなのですんなり契約延長が決まってくれるとうれしいです。
昨季のようなことは本当に勘弁してほしいですからね。

柏レイソル
柏が石崎監督に来季続投要請へ(ニッカン)
昇格していきなり結果をだして、リーグでは現在5位につけていますから当然の続投要請でしょう。
やっているサッカーは守備主体ですが、運動量が多くてよく統制されておもしろいです。
攻撃はフランサ頼みでローマのトッティの1トップのようなシステムです。
来季はこの攻撃をレベルアップできるかでしょうね。
けっこう難しい課題だと思います。

浦和レッズ
ミスターレッズが帰ってくる!福田氏浦和入閣(報知)
福田正博氏(40)が来季、古巣・浦和のコーチングスタッフに入閣することが決定したようです。
このことからオジェック監督の続投は決定的でしょうね。
選手との確執はありましたが結果は出していますし、反りの合わなかったワシントンの方が退団するようですから。
福田正博氏を入閣させて監督と選手の橋渡しをしようという狙いなのでしょう。

名古屋グランパス
名古屋フェルフォーセン監督が引退(ニッカン)
ピクシーが名古屋来季監督候補に(ニッカン)
フェルフォーセン監督は引退ということでびっくりしました。
来季の監督はピクシーが濃厚そうです。
観客を魅了したかつての名プレイヤーがどんな采配を振るうのか楽しみですね。

川崎フロンターレ
川崎Fが関塚監督に続投を要請(ニッカン)
こちらも当然の続投かと思います。
来季はスケジュールが楽になるので手強くなりそうですね。
ジュニーニョの移籍話が出てましたけど、チームは契約更改する方針のようです。
海外に行くという話もあったのでその動向には注目です。
鹿島も狙ってたりして!?

FC東京
復帰1年で…FC東京・原監督退任(スポニチ)
FC東京・原監督の退任濃厚(サンスポ)
F東京新監督に前U―17監督城福氏(報知)
原監督は攻撃サッカーを掲げながら守備重視の戦術で守って勝つ、という試合をするんですが、今季は本当に攻撃サッカーを目指していましたね。
それが失敗に終わりました。
ワンチョペを始め補強にかなりお金を使ったと思うので、来季の監督はきついんじゃないですかね。
城福氏が就任するようです。
U―17の試合はまったく見たことがないので何ともいえないのですが、前U―17W杯の結果を見るとそんなにすごい監督には思えないのですが、その実力はいかなるものなのでしょう。

横浜FM
早野監督も今季限り、後任は桑原氏(スポニチ)
横浜M 桑原新監督(報知)
早野監督はもともと繋ぎ役でしたが、今季の成績のよさに続投という話も浮上していたようです。
しかし、このところの6連敗であっさり切られてしまったようですね。
桑原新監督は、磐田では97年7月~(2nd1位、リーグ優勝)、99年(1st1位、2nd12位、リーグ優勝)、04年8月まで(1st2位)と3回も指揮を執って全部結果を出してるんですよね。
でもどれも就任期間が短いので地味なイメージがあります。
横浜でも結果を出せるのでしょうか?

横浜FC
横浜FC降格もフロント全員続投(ニッカン)
居直り?横浜FC社長「落ち度ない」(スポニチ)
選手の補強の仕方、監督を変更するタイミング、その他もろもろフロントの落ち度は明らかだと思うんですけどね。
フロントの体裁作りでジュリオレアル監督を続投させる可能性もありますね。
もっとも今季は補強にかなりお金を使っているので、金銭面の折り合いが付けばの話ですが…。
マルコス・パウロがすでにJ1チームの移籍先を探してるようです。
元ブラジル代表ですし、すごくいい選手なので鹿島が獲得してくれるとうれしいです。
ボランチは補強ポイントですからね。
それとこーめい的には、所属するチームはすべてJ2落ちするという薮田選手の動向が気になります。

その他、G大阪、千葉は続投間違いないでしょう。
新潟、清水あたりもそのままでしょうか。
大分は降格争いから1歩抜け出したこともあり、シャムスカ監督で来季もいく方針だと思います。
途中で監督が代わった2チームのうち磐田は続投で、大宮は結果がどうあろうと新監督を迎えるでしょうね。
フロントが短気な神戸も監督を変更しそうです。
甲府、広島はリーグ戦の結果次第でしょうかね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

【第29節雑感】プロフェッショナルを感じた…の磐田戦
結果
磐田1-3鹿島(エコパ/25,961人)
[得点者]
58' マルキーニョス(鹿島)
62' 岩政大樹(鹿島)
87' 田中誠(磐田)
89' 柳沢敦(鹿島)

雑感
いやあ~、選手たちはナビスコのことなんて微塵も感じさせないいいプレイをしていましたね。
プロフェッシェナルさを感じました。
守備なんてほぼパーフェクトですよ。
攻守の切り替えは早かったですし、プレスも誰もさぼることなくきちんとこなしていました。
全体的によかったですが、特に小笠原の動きが光ってましたね。
危ないシーンは後半の西のシュート、カレン?をゴール前でフリーにしてしまったシーン、そして失点したCKくらいでしたね。
西のピンチは鹿島のセットプレイからのカウンターでCBが2人とも上がってたのでマークがずれてました。
カレン?をフリーにしたシーンは大岩の判断ミスでしたね。
失点シーンはダニーロのマークがちょっと甘かったし不運もありました。
前田とカレンにはほぼ何もさせませんでしたし、岩政が言っていたように守備がハマった試合でした。
磐田もさすがにこの4試合で1失点しかしてないだけあって、プレスが非常によかったですね。
鹿島も負けずによかったので前半はどちらもほぼノーチャンスでした。
しかし、すごくおもしろい試合でしたね。
後半になって鹿島は意識して中盤でボールをキープするようになり、田代の頭、マルキーニョスの裏へ狙う動き、そしてトップへのくさびのボールと3つの狙いを持ってやっていました。
ここが勝負の分かれ目となった遠因でしょうね。
磐田は逆にずっとトップにボールがおさまらなかったのに対して、徐々に鹿島のFWにはボールが入るようになりリズムが出て、その分ゴール近くでのセットプレイのチャンスも多かったです。
その差が得点に出ました。
どちらも守備がよかったので、こういう展開はセットプレイからの得点が勝負を分けますね。
また、鹿島はこの試合ファウルの仕方が非常にうまかったです。
ギリギリファウルにならないような厳しい守備を基本によく守っていました。
ファウルする位置もなるべくゴール前にならないように気をつけていましたね。
そして、この試合ではスライディングにいくシーンが多かったです。
これはそれだけ積極的にボールを奪いにいく意識が高かったということでしょう。
かつての強かったときの鹿島を彷彿させるディフェンスでした。
岡田主審もよく見ていていいジャッジをして、イエローカードも乱発することはなかったですね。
日本では「ファウル=いけないこと」と考えられている節もありますが、欧州では普通にやりますからね。
もちろん、危険なプレイは論外ですが、「ファウル=いけないこと」ではなくて、「ファウル=ペナルティを取られる」程度の認識です。
だから勝つために必要とあれば当たり前のようにやりますし、それはU-20W杯でも見られたように若い選手でもそうです。
よく日本人はアグレッシブさが足りない、ハングリー精神が足りないといわれますが、勝つためにファウルをするということもハングリー精神の一貫ですからね。
日本代表は各大会でフェアプレイ賞を獲得してますが、それは裏を返せばハングリー精神が足りないっていうことです。
実際にこの試合はファウルが多かったですが、まったく荒れた試合にはなってませんでしたからね。
茶野がケガしたシーンは、よく柳沢が鈴木にケガをさせられてたことを何となく思い出しました。
でも、あのシーンは田代が着地の際に茶野の足を踏んでしまったのですが、完全にボールを見ながら飛んでいたので悪質なファウルではなかったです。
本当お互い守備のいい試合でしたが、鹿島の方が出足と球際で勝ってましたし攻め手のバリエーションが多かった分、勝利をものにしたという試合でした。
最近はすっきり終わることがないので、終了間際の失点は何となく予感してしました。
でも、その後の柳沢のゴールが久しぶりにすっきりした勝利を演出してくれましたね。
これで4連勝です。
このままリーグ終盤を突っ切っていきましょう。

選手評
曽ケ端準
失点シーンは致し方なし。
危ないシーンはほとんどなく、ミドルシュートにも冷静に対応した。
内田篤人
強行スケジュールも積極的に攻め上がり、相手の左サイドを抑える。
19歳にしてプロフェッショナルとは何かをサポーターに見せるプレイを披露。
岩政大樹
前田・カレンを完璧に封じ、なおかつ得点を上げる大活躍。
大岩剛
前田・カレンを完璧に封じる。
2点目のゴールシーンは喜ぶのがやや早すぎ、ポストに当たって焦るも岩政が押し込んで安堵、岩政を抱きしめて離さなかった(笑)
新井場徹
守備意識が高く、安定したディフェンスとピンチをヘディングクリアで救うビッグプレイを見せる。
ただ、攻撃参加がまったくなかったのは物足りない。
野沢拓也
スランプなのか、判断力が遅くややプレイに精度を欠く。
⇒ダニーロ
鹿島リードの残り15分という得意のフィールドで出場するが、攻撃ではボールキープできず、守備ではプレスのバランスを崩した。
失点の原因となるも、その後にダメ押し点をアシストした。
本山雅志
やや守備重視の意識でプレイ、ケガを抱えていたが攻守に献身的なプレイを見せる。
⇒中後雅喜
出場最初のプレイがCKの守備だったのは不運も、崩れていた中盤のバランスを調整した。
青木剛
地味で目立たなかったが、守備に多大な貢献を果たした。
小笠原満男
運動量多く積極的にプレスをして守備に貢献、またボールを確実にキープして配給することでチームを助けた。
田代有三
頭での落としでリズムを作る。
前を向いてDFをかわし積極的にシュートを打つプレイもよかった。
マルキーニョス
ストライカーとしての役割をきっちりこなす。
ヘッドでのゴールは今季初めて?
⇒柳沢敦
前向きなプレイが多く、短い出場時間で結果を残した。

監督
逃げ切り定番のダニーロの投入は今回は失敗だと思います。
あの交替からリズムが悪くなりましたからね。
でも一応アシストを記録したことを考えると成功だった部分もあります。
それよりもCKの守備時に中後を投入したのはいただけなかったです。
自分たちのセットプレイの守備時に選手交替すると、失点に繋がることがままありますからね。
あそこは止めてほしかったのですが、間に合わなかったのでしょうか。
こーめいとしては佐々木も見たかったですが、起用した柳沢が得点するところはさすがオズヴェイラ采配ですね。

優勝・降格争いニュース
下位争いでは横浜FCの降格が決まりました。
しかし、浦和は負けないですねぇ。
今日は相性の悪い千葉との対戦だったのですが、点の取り合いを制しました。
浦和があと残り5試合を、1勝1分3敗するかなぁf(^^;)
浦和が残りを勝率5割きるなんて、城南一和に負けてそのショックで調子を落とすくらいしか考えられないですね。
残りの試合が、予想外の勝利を挙げる名古屋、ACLから解放されて調子が戻ってきた川崎、確実にチーム力を上げている清水、そして数字上は優勝の可能性が残っている鹿島、J1最後の試合でホームでいい試合しそうな横浜FCです。
そう考えると浦和も少しは勝ち点を落としそうではありますけどね。
まあ、鹿島は残り試合の連勝を目指すだけです。

鹿島の勝利を祝ってポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

【第29節プレビュー】ナビスコ敗戦とエコパの影を振り払えるか…の磐田戦
明日は15:00からエコパでジュビロ磐田戦です。
天候が雨なのかと心配していたのですが晴れそうです。
気温・湿度ともにサッカーをするにはちょうどいいと思います。
ただ、風がかなり強いのでけっこうやりにくそうです。
DF陣は特に用心しないといけないですね。
練習を見ると選手たちは何やら元気がないそうですが、前半から風上を取ってガンガン積極的に攻めて勢いをつけてナビスコ敗退の影を払拭してほしいです。

今季の対戦
○鹿島2-1磐田(カシマ)
通算成績は鹿島の18勝4分9敗と、大きく勝ち越しています。
磐田が負け越しているチームは鹿島だけなんですよね。
リーグ戦では03シーズンからホームで勝利、アウェイで引き分けが続いていて負けていませんから、相性がいいチームと言えるでしょう。
ただ、エルゴラッソによるとエコパでの成績は6分2敗でまだ未勝利、スタジアムとは相性がよくないようです。
磐田は監督が交代して3勝(大宮、横浜FC、広島)1分、鹿島は3連勝(新潟、広島、神戸)と両チームとも調子がいいです。
まあ、どちらも下位チームに勝ってるという印象はありますけどね。
ここで勝利した方がリーグ終盤を走っていきそうです。
最近アウェイでは苦戦しているので、ホーム並みに気合い入れていくことが勝利に繋がるでしょう。
エコパの呪いも払拭してほしいですね。

不在メンバー
鹿島:ファボン、興梠
磐田:なし?
鹿島は興梠が肉離れで離脱、本山は練習してはいますが微妙なところですね。
磐田は出場停止選手はおらず、主力に大きなケガ人もないようです。

フォーメーション
鹿島アントラーズ
普通に4-4-2のボックス型でしょうが、またマンマークを使う可能性もあります。
篤人は中2日での出場、本山が微妙なのでベンチスタートとなれば小笠原が前に入り、中後と青木のドイスボランチもありそうです。
まさかダニーロ先発なんてないですよね…(^^;)
2トップは田代とマルキーニョスでしょう。
ベンチには小澤、石神、増田、本山、ダニーロ、佐々木、柳沢あたりでしょうか。
興梠は残念ですが、佐々木もまた何かやってくれそうで楽しみです。
ジュビロ磐田
こちらもは3-5-2で来るようです。
エジプト戦で代表ゴールを決めた前田と最近調子のいいカレンの2トップ、その下に西、太田、上田と曲者が並んで、ボランチにはファブリシオとパラマが固めることになるでしょう。
3バックは茶野、田中、加賀の並びでしょうか。
アジウソン前監督は相手に合わせてフォーメーションを変更してきたり、流動的にやってきていたので、鹿島の4-4-2と磐田の3-5-2のクラシコ時代のガチバトルの予感がします。
前田には厳しくいってボールを納めさせないようにし、ドリブルが得意な選手が揃う2列目はボランチとサイドバックできっちり抑えたいですね。
サイドハーフの裏、3バックのサイドのスペースを積極的に狙いたいところです。
磐田は中断明けですし、ホームということを考えるとかなり運動量多く厳しく来るでしょう。
簡単な試合にはならないでしょうが、相性のよさを見せ付けて若い力でチームに勢いをつけていきたいですね。

鹿島柳沢が苦境からの脱出を誓う(ニッカン)
こういうときこそ主将の腕の見せ所です。
まあ、こーめいはあまり期待しないでおきますが、ベンチから若手を鼓舞して破棄がなく暗い表情をしている選手がいたら声かけてあげてください。

鹿島ファボン「100%残留する」(スポニチ)
大岩選手に関する報道について(鹿島オフィシャル)
ナビスコ敗退のショックでチームが少し元気ないのが気になりますが、明るい話題もあります。
ファボンは1年契約と思ってたら2年契約だったみたいですね。
来季のキャンプに合わせてじっくり治療してください。
天皇杯に間に合えばもちろん言うことないですけどね。
大岩の引退報道については腑に落ちないところがあったのでまったく触れていなかったのですが、やはりデマでしたね。
今季はファボンの出場停止やケガを受けてレギュラーとして活躍をしていますし、まだ衰えてる感じもありませんでしたから。
毎年惜しいところでタイトルを逃して、それに嫌気が差して落ち込んでの引退宣言かとも思ったのですが、そんな気持ちの弱い選手ではないですからね。
来季も頼りにしています。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

合宿してもやっちまったよ反町…のカタール戦
結果
北京オリンピック2008最終予選
U22日本代表1-2U22カタール代表(01:00/ドーハ/人)
[得点者]
43' 青山 直晃(U-22日本)
75' ハサン(U-22カタール)
89' マジディ(U-22カタール)

雑感
やはり韓国戦の快勝はフェイクでしたね(笑)
これまでの試合前には○○で更迭という話が出ていて、ずっと最低ラインの綱渡り状態で来ました。
今回は試合前に更迭条件が出ていなかったので、嫌な予感がしていたのですが負けてしまいましたね。
李の1トップに思ったよりボールが収まって、柏木との連携もよくて日本は攻勢の時間帯が多かったです。
特に柏木は攻守に運動量多く、奮闘していました。
ただ、攻撃が機能するのは中央の李と柏木、サイドの水野、本田くらいまでで、予想通りチーム全体としては機能してませんでしたね。
相変わらずサイドバックをうまく使えてないですし、篤人がドリブルで勝負してセンタリング上げようとしても中は李1人というふざけた状態でした。
だから前の選手だけで単発のチャンスは作れても分厚い攻撃はまったくできないですね。
この試合、カタールは勝たなければいけないということで守備の意識はかなり低かったです。
中盤では柏木がドフリーになることが多くて日本は楽にボールを運べていました。
特に後半になってケガの水野に替わって家長が入ってからは、うまくボールキープして周りを使っていましたね。
日本が1番いい時間帯だったと思います。
その時間帯で追加点を奪えず、結局セットプレイからの1得点というお得意のお寒い内容でした。
最後のパス、シュートの精度が低すぎてことごとくチャンスを潰していたことが、この試合の敗因の1つですね。
守備については合宿の成果が出ていたと思います。
連携したプレスが効いていて、DFラインもボールの出るところが読みやすくよくインターセプトしていました。
また1対1の対応もうまく競り勝てていました。
これは失点するならセットプレイくらいからだなという内容でしたね。
しかし、終盤になって運動量がガクっと落ち、1点を守りきるという意識が強くなりすぎてDFラインも下がりすぎていました。
そのため効いていた中盤のプレスがまったく機能しなくなり、セットプレイから失点してしまいましたね。
失点シーンは伊野波だったか、青山敏だったか、プレイがすごく軽かったです。
マークには一応付いていたのですが厳しく体を寄せていかなかったため、ボールを落とされ最後はヘイドスにうまく押し込まれてしまいました。
最大の敗因としては、終盤の試合の運び方がはっきりしなかったということです。
これは明らかに監督のミスですね。
DFラインが下がってきていましたからそのまま引いて1点を守りきるという展開だったのですが、森島を入れたことでカウンターを狙いに行くというメッセージになってしまいましたね。
そのため、下がりすぎたDFラインと前線との距離が開いたままで反町監督の狙いだった1トップにボールをキープさせるということ出来ていませんでした。
まずは早めに上田などを投入して中盤を活性化させ、これまで通り前目からプレスにいく守備をするというメッセージを送らないといけなかったです。
同点になってからも選手交替が遅かったため選手たちは引き分けでいいのか、1点を取りにいくのか曖昧なプレイになっていました。
終了間際に上田を入れても何のメッセージにもなりませんね。
監督の試合分析の拙さ、能力の低さがはっきり出た試合と言っていいでしょう。
前回のサウジ戦の後に反町監督の無能さを書きましたが、それを見ると相変わらず課題は改善されていないなという気がします。
試合の状況の変化に対応できない
カタール戦ではこの欠点が大きく結果に影響を及ぼしましたね。
試合を読む力が低すぎます。
日本のスタイルが確立できていない
毎回「日本らしいサッカーをして…」とコメントしていますが、相変わらず日本のスタイルというのは見えません。
自分たちのスタイルが確立されてないから、苦しい状況に陥ったときに選手がどうしていいのか、どうするべきなのかが意思統一されないんですよね。
これはこの試合の終盤にはっきりと弱点として出ましたね。
選手分析力と想像力の欠如
これももう呆れるくらい何度も言ってますが、サイドバックが機能しない布陣を再び用いてやっぱり機能しませんでしたね。
反省がない
機能しなかったフォーメーションを再び採用して、合宿まで行っておいて機能させられないというのは、もう学習能力がないとしかいいようがありません。
コメントだけは立派
10日から準備をして、ここまで非常にいい形できている。体調も万全。気候、時差にも完全に順応できている。いい試合が出来ると思う。気持ちを前面に出して、日本らしい戦いができたら結果は付いてくる
試合前はこうおっしゃってましたが、明らかに終盤運動量が落ちましたよね。
それは気候に順応できてなかったということでは…?
状況的には非常に厳しくなってしまった。ただこれは自分たちでまいた種なので、自分たちでしっかり刈り取るということ
試合後のコメントはまるで他人事です。
自分たちで撒いた種って、監督自らが撒いた種の間違いでは…?
それから撒いた種は育つ前に掘り起こして回収すれば、刈り取る必要はありませんよ。
また、「前回もアテネの時も1敗しているから…」というコメントもしていましたが、確かに前回と同じで1敗しても本選にいける可能性は十分あります。
しかし、今のままではアテネ五輪同様、本番で不甲斐ない試合しかできないでしょうね。
U-22日本代表 反町監督は続投へ(スポニチ)
五輪本番のことを考えると、こんな悠長でかつ事態を把握できてないとんちんかんなことを言っていたら、大変なことになりますよ。
注目された合宿の成果ですが、守備がよかった時間帯にプレスに出ていたというくらいでしたね。
ケガ人を出したというのが、この合宿で反町監督が出した最も大きな結果だったのではないでしょうか。

結果
AFCアジア/アフリカチャレンジカップ2007
日本4-1エジプト(長居/41,901人)
[得点者]
21' 大久保 嘉人(日本)
42' 大久保 嘉人(日本)
53' 前田 遼一(日本)
58' モハメド・ファドル(エジプト)
68' 加地 亮(日本)

雑感
エジプトが若手を試す場としたこともあって当たり前の結果という感じですね。
攻撃でよかったところは遠目からでもシュートを積極的に打つようになったことです。
それを率先してやっていたのが大久保ですね。
1点目はこぼれ球を戻りながら拾ったのですが、相手のマークが少しゆるかったので大久保なら振り向くかなと思って見ていたのですがやっぱり前を向きましたね。
その瞬間もうゴールが決まったなと思いました。
案の定、見事なミドルシュートを突き刺しました。
あれがストライカーのプレイですよ。
日本のFWは敵を背負った状態だと、まるでパブロフの犬のように後ろに下げる選手が本当多いです。
大久保はボールもらったらまずは前を向くことを試みる選手で、この試合でも実践していましたね。
DFからすると必ずボールを下げてくれる選手は怖くないしやりやすいですから。
ここ数年でいくつもタイトルを獲ったバルセロナやチェルシーも、相手の守備がよくて崩すことができない試合って言うのは実はけっこうあります。
それは実力の拮抗したチームとの対戦だけでなく、下位のチームでもあるのですが、そういう時に状況を打開するのがストライカーの仕事です。
エトーやドログバはまさにそういう存在で、常にボールをもらったら前を向く隙を窺っています。
そして、ゴール前で一瞬の隙を狙って前を向いて強引にでもシュートを打ってゴールを奪い、攻めあぐんでいたゴールをこじ開けるというプレイこそストライカーのストライカーたる由縁ですね。
そういうプレイをしていた大久保はこの試合の大きな収穫でしょう。
守備ではプレスの連携がよくなったなと感じました。
この守備ならセットプレイくらいしか失点しないだろうと思ってたら、FKから失点してしまったのですが、全体的にはよかったです。
ただ、エジプトもボールを繋いでサイドからという一辺倒な攻撃で、足元のパスが多くて怖さはあまりなかったですね。
技術の高さやアイデアのある選手がいなかったので、実際守りやすかったと思います。
この選手をフリーにすると危ないっていう選手はいませんでしたよね。
日本は中盤の凡パスミスがけっこう多かったのは気になりました。
FWに関しては本当光明が見えた試合で、こーめいとしては高原、大久保、佐藤、前田を押したいです。
前田はこの試合ミスも多かったですが、きっちりポストプレイできますし周囲との連携がよくなったらもっといいプレイができるでしょう。
高原と大久保は完全なストライカータイプで日本にとって重要な選手ですね。
佐藤は最近調子落としていますが、得点を取る自分の形を持っている選手ですから使いやすいです。
他は巻、矢野の背が高いコンビですが、海外は大きな選手が多いのでこういう選手は通用しにくいですね。
結局は強さの方が重要でそれがあれば高さなんてなくても大丈夫です。
他には今のところ使えるFWはいないでしょう。
あとは、高原、大久保、佐藤、前田の4人のうち高原以外の3人がアジアレベルでなく世界レベルで通じるかどうかが問題です。
大黒の二の舞にならなければいいですけどね。
そのためには欧州代表チームとの試合をどんどん経験させるないといけないです。

反町監督更迭賛成にポチっと1票お願いします→ブログランクバナー

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

サッカーニュースをあれこれと
内田発奮!鹿島の仲間の激励コール(スポニチ)
本山から篤人に電話で「勝てなくて悪かった。そっちで頑張ってきて」との言葉をかけたようですね。
本山も悔しい気持ちだったでしょうね。
篤人も残念がっていたでしょうが、明日のカタール戦は先発するようなので今はU-22の試合に集中してケガなくがんばってほしいですね。

10/15練習後のU22各選手コメント(J’sGOAL)
明日の布陣は4バックになりそうです。
篤人はもうこの世代でも完全に主力と言っていいでしょう。
まあ、U-20の時から分かりきっていたことですけどね。
鹿島と代表とルーキーイヤーから出ずっぱり。
各監督からはもれなく最大限の信頼を受けて、それにきちんと答えています。
しかも、明確な競争相手がいない中で2年目でもあれだけ安定したプレイを続けられるというのは本当に尊敬します、すごいです。
話は変わって今回は監督更迭という記事は出てないみたいですが、負けたらどうなるのでしょう。
最低引き分けでOKという試合でしょう。
危ないギリギリの綱渡りもそろそろ反対の岸にたどり着かないといけないですよ。

J理事会 水戸と鳥栖の増資を承認(スポニチ)
新株発行して増資するようです。
経営の安定化を図るためという理由ですが、水戸と鳥栖、この2チームが名を連ねているということは、あまりこういう事態に追い込まれるべきではないということでしょう。
それよりも大事な情報は、Jリーグ・アウオーズで引退した選手に贈る功労選手賞の基準を変更されたということです。
出場試合数はリーグ、各カップ戦、日本代表公式戦を含む合計300試合以上→500試合以上
日本代表での試合数は50試合以上→1試合以上
Jリーグ・アウオーズですから、Jリーグにより貢献した選手が選ばれやすくなったというのはいいことだと思います。
ただ、正気かと疑いたくなるのがリーグ、各カップ戦、日本代表公式戦を含む合計500試合以上という規定です。
これだと過去の受賞者もほとんど該当しなくなります。
まず外国人は確実にもらえなくなるでしょうね。
カップ戦を両方優勝もしくは準優勝して15試合、リーグ戦34試合で年間50試合と計算しても単純に10年かかりますからね。
レギュラーポジションを取るまでに2,3年かかると考えて、ケガ、そしてベテランになってからの出場機会の減少を考えると、代表のキャップを入れてもほとんどの選手が届かないでしょう。
これでは大卒もほぼ無理でしょうね。
ちなみに相馬直樹でさえ代表キャップは58試合、J1J2のリーグ、カップ戦合計が380試合です。
藤田俊哉は代表キャップは24試合です。
この現役14年目(半年ほど海外でプレイ)の藤田でさえ今季残りの試合を出場してようやく合計500試合を越えるくらいです。
あくまで目安であって、Jリーグに貢献した人は出場試合数が足りなくてももらえるのでしょうか?
もしそうなら本田泰人(J:444、代表:29)も今季終了して受賞することもありえますけどね。
本当にJリーグに貢献した人がもらえないような規定は、ベストメンバー規定と一緒で意味がないですね。
94年:加藤久、木村和司
98年:ラモス瑠偉、都並敏史
99年:柱谷哲二
00年:松永成立
01年:ストイコビッチ
02年:サントス
03年:井原正巳、福田正博、北沢豪
05年:ビスマルク
06年:小島伸幸、相馬直樹、澤登正朗


鹿島田代が青島キャスターの話術に感動(ニッカン)
この記事って必要なんですかね!?
なんだか野球の防衛活動にしか思えないのですが…( ̄曲 ̄)
ピッチ上では声のトーンに気遣ってる暇なんてないですからね。
まあ、引退して指導者になったときには生かせそうな技術ですが、それっていつの話だ!?

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

五輪代表、韓国に快勝もケガ人続出
反町ジャパンがカタール戦に弾みつける(サンスポ)
平山&岡崎 背水コンビ弾(スポニチ)
反町ジャパン 韓国から“初勝利”(スポニチ)
韓国に3-0で勝利したいみたいですね。
非公開だったのでメンバーがどんな感じだったのか分かりませんが、平山と岡崎の2トップが共に得点したようです。
篤人は出場していたのでしょうかね。
五輪代表は最終予選が始まってからまだ失点してないわけですけど、普通に考えたらすごいことです。
これだけの守備で一応グループリーグでも結果を出しているのだから、普通は賞賛されると思うのですけどね。
それなのにブーイング浴びるというのは、まさに反町マジックというものでしょうか。

U―22 合宿終了も負傷者続出(スポニチ)
U-22日本代表がドーハ入り(ニッカン)
10/14練習後の反町康治監督コメント(J’sGOAL)
練習にはこういうの(練習中の接触で岡崎選手(清水)が負傷したことを指して)がつきもの。いい状況じゃない。でも新しい選手は呼ばない。人数をそろえてきているのにそんなことを言ったらコレまでやってきたことがダメだということになる。(これから召集したとしても)暑熱や時差の対策がそんなにすぐに出来るとは思えない
残念ながら韓国戦得点を決めた岡崎は右足側関節ねん挫のため戦線離脱、帰国することが決まったようですね。
そのほか、青山も右足を痛めているようです。
ボランチ不足がさらに深刻化していっています。
それにしても、反町監督の「いい状況じゃない」というのは、チーム状況がよくないっていう意味らしいですが、そのチーム状況をよくするためにわがまま言って合宿したんじゃないんですか?
ケガ人が出るのは仕方ないとしても、これでカタール戦も試合内容が不甲斐ないものだったら本当どうしようもないですね。
韓国に快勝と言っても、練習試合だけはやたら調子よくて本番はてんでダメっていうパターンになりそうな予感がします。
篤人がケガなんてことになったら、鹿サポにとってはダブルショックですから本当ケガないよう無事に帰って来ることを願います。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

どよよ~ん(;-_-;)な気分をユニ刷新で気分転換
まだ気分がどよよ~んとしています。
ショックを受けている鹿サポもいっぱいいるでしょうし、なにやら審判のレフェリングについてもこのナビスコ杯準決勝の2戦で納得行かないところがあったと言われてるみたいですね。
1戦目のイバのハンドですが、あれはファウルかどうか審判でも意見が分かれるところです。
欧州では定期的に審判員が集まって議論する場があるのですが、故意でなかったらハンドでない、故意でなくても試合に影響あるならハンドという2つの意見で大きく分かれます。
そこはレフェリーの判断に任せるしかないですね。
今回はその判断を副審がすることになったのですが、ハンドの映像を見ましたが取られても仕方ないでしょう。
不運と言ってしまえばそうですが、こーめいはあのシーンで相手がクロスを上げるのがわかっていながら手を体に付けてないイバのミス、甘さが原因だと思います。
それから1戦目の篤人のシミュレーションと2戦目に小笠原が相手ペナルティエリア傍で倒されたシーンは、はっきり言って鹿島の悪癖というか、簡単に倒れすぎです。
小笠原はすでに1枚イエローカードを受けていたせいか、シミュレーションを取らなかった判断の方が疑問ですけどね。
どちらにせよ、あそこでもう1歩粘らないといけないシーンです。
シジクレイのハンドはきちんとファウルを取ったので、イバのときと同じく故意ではなかったということでしょう。
審判が故意でないと判断したのならそうなのでしょう。
シジクレイも1枚もらっていたので、そのせいで出さなかったというなら問題ありますけどね。
あと2戦目で気になったのは、遠藤の田代へのファウルですね。
脚の裏が完全にアフターで田代の腿に入っていたので、あれはイエローカードですね。
審判はきちんと見ていてファウルと認識していましたが、鹿島ボールだったので敢えて流すしぐさをしていました。
ということはファウルですが警告の対象にはならないということでしょう。
小笠原のアフターに入ったタックルは足の裏を見せてなかったですし、後ろからでもなかったのでむしろイエローではないでしょう。
遠藤のファウルの場面は完全にミスジャッジだと思います。
それと播戸が痛んだふりをした上担架を要求しておいて、それに乗らずに自ら歩いてピッチから出たシーン、あれは完全に遅延行為なのでイエローカード出さなければ行けませんね。
最後に本山がケガをした場面ですが、あれはG大阪の選手が先にボールに触ってアフターで本山が接触しているので本山のファウルです。
遠藤のときにもイエローが出なかったので、アフターはスライディング以外は警告の対象にならないという判断なのでしょう。
2戦目はホームびいきでないというだけで、別に偏ったジャッジだとは思いませんけどね。
水曜にはフル代表と五輪代表の試合があるそうで、週末にはまたJリーグが再開されるのでそれまでには気分を切り替えようと思います。
試合内容がよかっただけにやっぱり悔しいですね。
でも、Jリーグでもナビスコ杯のこの2戦のような気合いの入ったプレイを見せてもらえるなら、リーグ戦も最後の最後まで楽しめそうです。

それまでは落ち込んだ気分を「24シーズン5」で元気付けていようと思います。
先日深夜にフジテレビで放送していたのを録りためて一気に見てるのですが、やっぱりこのシリーズはおもしろいですね。
「プリズンブレイク」や「スーパーナチュラル」も楽しいですが、「24」は何ともいえない緊張感と緊迫感があります。
あと半分くらい残ってるので、時間をみながらなるべく一気に、それでいてじっくり楽しみながら見ようと思います。

鹿島、来季ユニ大刷新へ(報知)
ナビスコ杯での10冠制覇を逃した鹿島が来季のユニホームを大刷新することが13日、明らかになった。新ユニホームのテーマは「再スタート」と設定。チームは02年ナビスコ杯以来、約5年間タイトルから遠ざかっており、「一からスタートを切る」思いを新ユニホームに込める。
大きな変更点はアウェー用のユニホームで、現在のグレーから白にすることが決定。背番号の下に選手名を入れる。ホーム用のワインレッド、紺の配色に変更はないが、ユニホームを製作するナイキ関係者は「デザインでのトータル的な見た目は、今までとは全く違う」と明かした。
これまで9個のタイトルを獲得してきたが、全タイトル獲得を経験しているのは、現メンバーではFW柳沢のみ。「いい意味で過去のことを忘れて、新たな気持ちでタイトルを目指したい」とクラブ関係者。新ユニホームとともに、鹿島が新たなスタートを切る。

鹿島は2年ごとにユニフォームのデザインを変更していますが、こーめいははっきり言って今のユニフォームは嫌いなので大幅なデザイン変更は大歓迎です。
まず、アウェイはグレーより白のがよかったので戻るのはうれしいですね。
そして、背番号の下に選手名が入るのも待ってましたという感じ。
ホーム用のワインレッド、紺の配色はきちんと意味があるので継続で問題ないと思います。
ただデザインは、リーガのサラゴサの昨季のユニフォームやセリエの今季のウディネーゼのユニフォームのような感じが個人的には好みです。
表現しにくいですが、肩とわき腹と横から4~6本の筋が延びてる感じのですね。
Jリーグで言えば、大宮のユニフォームです。
最近ああいうデザインが増えてるような気がします。
鹿島の場合は、ちょっとアレンジして鹿の角のイメージにしてほしいですね。
まあ、どうなるにせよどんなデザインになるか楽しみではあります。
ユニ一新で、新たな気分で来季は再スタートしたいですね。

名古屋フェルフォーセン監督が引退(ニッカン)
名古屋、ピクシーに打診 フェルフォーセン監督今季限り(報知)
名古屋のフェルフォーセン監督はもう来季は続投しないことを決めたようです。
数日前からピクシー、その前はモウリーニョなどの飛ばし記事も出ていましたが誰になるのでしょうね。
ピクシーが可能性高そうですが、選手としては確かに最高ですが監督としてはどうなんでしょう。
あまり監督向きではないような気もしますが…。
でも、ピクシーが名古屋の監督になったら楽しみではあります。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

【ナ杯準決勝雑感】得たもの、足りなかったもの…のG大阪戦
結果
鹿島3-2G大阪(カシマ/16,279人)
[得点者]
41' 本山雅志(鹿島)
44' 本山雅志(鹿島)
49' 播戸竜二(G大阪)
51' 小笠原満男(鹿島)
66' シジクレイ(G大阪)

雑感
昨日のブログで書いたように確かに1シーズンで同じチームに4戦全敗することはなかったですけど、小笠原がここぞというところで直接FKを決めてくれましたけど、決勝へは行けなかったですね。
すごく残念です。
鹿島は予想通りの4-4-2のボックス型でしたが、篤人のポジションには中後が入りましたね。
石神を出さなかったのはルーキーに大きな責任を負担させることをしたくなかったからです。
これはオリヴェイラ監督の一貫とした方策ですね。
序盤から田代を狙ってアーリークロスを入れてリズムを作ってました。
得点こそなかなか入りませんでしたが、チャンスは多かったですからね。
そして終盤に本山が立て続けにゴール。
マンチェスターU戦を思い出させる鋭い動きでした。
2点目は田代の頭を警戒してG大阪DFが3人も行ってるんですよね。
だから、その抜けたところで本山がフリーになれていました。
そして、落ち着いてDFを1人はずしてゴールを奪いました。
最高の形で前半を終えることができました。
しかし、後半の入り方が悪かったです。
田代の気の抜けたプレイもありましたし、全体的に集中力が散漫になっていましたね。
気持ちが守りに入ってボランチ、特に小笠原が後ろに下がり過ぎてしまっていました。
逆にDFラインは飛び出して高い位置で積極的にボールを奪おうとしていたので、ギャップができてしまいましね。
ボールを持ってるところへのプレッシャーが甘くなってるところへ、CBが高い位置を取ったらやられます。
しかし、小笠原の勝負強さが発揮されてFKから再び2点差にすることに成功します。
ここで鹿島には不運なアクシデントがあり、その後の試合の流れが大きく変わりました。
攻守にいい動きをしていた本山が負傷交替で、ダニーロが入ります。
ダニーロはあまり機能してませんでしたね。
本山のように積極的に前線に飛び出していくわけでもなく、周囲との連携もよくなかったです。
単なる繋ぎ役になっていて、攻撃のアクセントになれていませんでした。
特に守備時のプレス、連携が悪かったです。
失点に繋がったCKもその甘さからでした。
それでも全体としてはよく守備していて、これはセットプレイ以外からはそうそう得点されないなという展開だったのですが、そのセットプレイからまんまと得点を奪われます。
この試合は序盤から岩政がシジクレイに振り切られるシーンが目立っていました。
このシーンはドフリーにしていましたよね。
コメントでいろいろ言っていますがフリーにするのが悪いですし、それがああいう結果に繋がります。
終盤は得点を取りに行ったのですが、パワープレイ一辺倒になってしまいました。
すでにG大阪が田代の高さへ対応してきていたので、柳沢、興梠とこぼれ球を拾う機会がなかったですね。
臨機応変にダニーロを前線に入れるとか、柳沢が下がってポストプレイするとか試合展開を見ながらプレイしないと打開できませんね。
監督の采配は、ダニーロ、柳沢とまずはベテランから投入してきました。
これは大舞台ではベテランを重宝するためで、若手にむやみに責任を押し付けない監督の方針です。
今回はそれがいい方向に働きませんでしたが、方針がブレないことはいいことですし問題ありません。
逆にナビスコ杯のホームでの広島戦はベテランをスタメンに使っていい結果を得たわけですからね。
ただ、やっぱり何かやってくれそうなのは興梠か佐々木なわけで、興梠はもっと早く投入してほしかったですね。
しかも、前線に田代、マルキ、柳沢といたので下がり目にポジション取っていました。
あれでは相手にあまり脅威を与えられないですよね。

選手評
曽ケ端準
被シュートが少なかったためそれほど危ないシーンはなかった。
1失点目は致し方ないが、2失点目は触れなかったのはミス。
岩政大樹
流れの中の守備は完璧だったが、スローイン、コーナーキックなどのリスタート時には集中を欠いた。
大岩剛
黙々と落ち着いて自らの仕事をこなす。
⇒興梠慎三
出場時間が短くほとんどボールにからめず。
新井場徹
攻守において無難なプレイ、2得点目をアシストする。
終盤は1試合目のミスを取り戻すような気合いの入ったがむしゃらな攻めに行ってほしかった。
中後雅喜
慣れない右サイドで守備は的確にこなすも、攻撃ではオーバーラップのタイミング、クロスの精度を欠いた。
野沢拓也
本山との連携、田代の落としにうまくからんでチャンスを演出、1得点目をアシストする。
もっとボールキープか飛び出す動きがほしかった。
⇒柳沢敦
何も出来ず。
唯一のチャンスにトラップミスなど軽いプレイがあり1人浮いていた。
本山雅志
インターバルがあったせいか動きがキレキレ、今季1番の積極的な攻撃で2得点を上げる。
それだけに負傷退場は残念。
⇒ダニーロ
キープ力はあるが連携の悪さもあって決定的な仕事ができず。
鹿島リードの残り15分という状況でしか使えない。
青木剛
守備でも的確なプレイをし、攻撃でも積極的に絡んでいく。
相変わらずシュートが…。
小笠原満男
中盤でよくボールをキープしてリズムを作る。
あの場面でのFKでの得点はさすがだが、守備面ではやや難がある。
田代有三
よく競り合って前半は鹿島のリズムを作った。
オフサイドになったシーンは気持ちが焦ったか…。
マルキーニョス
序盤は持ちすぎてリズムを崩す原因になったが、田代の落としたボールを拾うようになってからはうまくチャンスにからむ。
シュート7本はさすがだが、外国人助っ人ということを考えるとゴールがなかったことは物足りない。

得られたもの
G大阪に勝利
1戦目を受けての結果ということもありますが、G大阪に勝利したというのは大きいです。
確実に鹿島がリズムを掴んでいる時間帯もありましたからね。
試合内容
この2戦、趣きは違いましたが間違いなくいい試合でした。
1戦目は守備重視で惜しくもPKで負けたわけで、2戦目は攻撃的に行って競り勝ちました。
残念ながら決勝進出はできませんでしたが、鹿島がやろうとしてることは出来ていたわけですし試合内容はよかったです。
特にこの試合は田代に早めに合わせていく攻撃がよかったですし、これにサイドを崩す攻撃、ポストプレイで引いてもらっての展開などをうまくからめるともっとよくなると思います。
ホームでの強さ
現在リーグ戦とナビスコ杯で7連勝中です。
しかも21得点していますからね。
ホームでの強さが戻って来たと言えるでしょう。
失点は9なので、こちらはもう少し減らさないといけないですね。
勝負強さ
本山の2得点、小笠原のFK、タイトル獲得経験のあるベテランの勝負強さが見れた試合でした。
かつて鹿島が優勝していた頃の勝負強さが戻って来ている気がします。

足りないもの
FWの得点
強いチームは大舞台でやはりFWが試合を決めます。
特に外国人FWですね。
マルキーニョスはいい選手ですが、大舞台で結果を出したという経験があるわけではありません。
得点王争いする外国人FWはコンスタントに得点して、かつ爆発力があります。
マルキーニョスはコンスタントに得点してくれてますが、爆発力がないんですよね。
ヘディングがAミネイロくらい巧かったらもっと得点取れるんですけどね。
来季もマルキーニョスで行くのか、もっといい選手を獲得するのか、ここも来季のチーム作りの考えどころですね。
新しい選手との連携のことを考えると、マルキーニョスが最善だとは思います。
全盛期の秋田
全盛期の秋田なら、シジクレイをあんなにフリーにしません。
どんなことをしても喰らい付くか抑えていたでしょうね。
岩政にはやはりそういうところでまだ物足りないですね。
この問題を解決すべく獲得したのがファボンです。
おそらくファボンだったらシジクレイにも競り勝ってたんじゃないでしょうかね。
来季もファボンで行くのか、新しい選手を獲得するのか、考えどころですね。
ここもこーめいはファボンでいいと思いますが、出場試合数があまりにも少ないのが気になります。
試合コントロール
後半の入り方が悪かったですね。
2度も2点差をつけて、2度とも追いつかれるのはやはり試合のコントロールに問題があります。
これを解決するには噂が出ていましたが、今野や中田などファーストボランチ、そして戦力(特に守備)として計算できるサイドバックを獲得することですね。
もっとディフェンスのできる選手、確実に相手を潰せる選手がいれば苦しい時間帯でも我慢して乗り切れるはずです。
ここは戦力アップは必須でしょう。
スーパーサブ
交替で入ったのはダニーロ、柳沢、興梠でした。
ダニーロと柳沢はスーパーサブタイプではないですし、スーパーサブとしての働きを期待できる興梠や佐々木はまだ若いですからね。
ベテランで途中から入って攻撃のリズムを変えられる選手を獲得するか、興梠や佐々木、遠藤を育てるか、ここも考えどころですね。
間違いなく言えるのは、ダニーロに代わってもっといい外国人選手を獲得することは必須ということです。

昨季はリーグ戦6位、ナビスコ杯準優勝、天皇杯ベスト4でした。
今季はリーグ戦は現在3位、ナビスコ杯はベスト4です。
確実にいいところまでは行ってるんですよね。
その壁を越えて、先に行くには足りないものを確実に補強してレベルアップすることが必要です。
そうでないと永遠に今日のような結果に終わるということになるでしょう。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

【ナ杯準決勝プレビュー】気合いの入った積極的なプレイを!!…のG大阪戦
明日は15:00からカシマスタジアムでナビスコ杯準決勝第2戦、G大阪戦です。
天候は晴れ、気温も20度を下回るくらいなのでサッカーしやすい絶好の環境となりそうです。
第1戦目の結果はご存知の通り、0-1でした。
敗戦はもちろん、引き分けでも1点差勝ちでも決勝進出にはなりません。
2点差以上つけての快勝を期待したいです。
しかし、1戦目を見る限りやはりG大阪は一筋縄ではいかないですからね。
1-0で競り勝って延長・PKまでもつれても、最後に笑うのが鹿島であればそれでいいんです。
ホームなのでしょっぱなから気合い入った積極的なプレイを見せてもらいたいです。

今季の対戦
●鹿島0-1G大阪(カシマ)
●鹿島1-5G大阪(金沢)
●鹿島0-1G大阪(万博)

鹿島は今季名古屋と4度対戦しています。
その最終戦に負けたときも言いましたが、同じカードで1シーズンに4敗もするなんてことはそうそうあることじゃないですよ。
今季3敗分とついでに名古屋戦の敗戦分もおまけしてG大阪に借りを返したいですね。
初戦黒星も「逆転の鹿島」だ(報知)
鹿島は、これまで決勝トーナメントで、第1戦を落としたケースは6回あるが、そのうち5回は第2戦で逆転した。勝率にして8割超だそうです。
常勝軍団の精神で再び逆転の鹿島を演出ですね。

不在メンバー
鹿島:ファボン(ケガ)、篤人(五輪代表)
大阪:バレー(ケガ)、家長、安田(以上五輪代表)

鹿島は前の試合からいつの間にかダニーロが復帰していました。
しかし、マルキーニョスともども調子がいまいちなのが気になります。
篤人もいませんからね、やや苦しいですが結局ここまで来るともう気合い、勝ちたい気持ちが強いチームが勝つんです。
G大阪 第2戦でマグノ先発復帰も(スポニチ)
G大阪寺田がナビスコ杯強行出場へ(ニッカン)
一方のガンバ大阪はマグノと寺田が出場してきそうです。
しかし、スタメンではなく試合展開を見ながら時間限定の途中出場で使って来るんじゃないでしょうかね。

フォーメーション
鹿島アントラーズ
今回は本来の4-4-2のボックス型になるでしょう。
おそらく田代とマルキの2トップ、本山、野沢、小笠原、青木の中盤、DFラインは左から石神、大岩、岩政、イバとなると思います。
第1戦目はアウェイということもあって、自分たちのよさを出すより守備を意識した戦術を取りました。
明日の試合は勝つしかありませんし、とにかく鹿島のいいところを出す、これしかないですね。
ガンバ大阪
家長もいませんし、マグノや寺田も完全でないとするとFWはどうなるのでしょうね。
さっぱり分かりません。
でも、正直G大阪がどんな布陣で来ようとどうでもいいんです。
前述したように鹿島のよさを出すことが大事ですから。
局面の個の戦いで気合い入れてひけを取らなければ、いい試合ができるはずです。

鹿島MF小笠原がナビスコ杯へ意欲(ニッカン)
鹿島MF小笠原が逆境に「やりがいある」(ニッカン)
小笠原は勝負強さがある選手ですからね。
FKを直接ゴールに叩き込むシーンが見られるかもしれません。
鹿島、誤審はもう勘弁!(報知)
ナビスコ杯準決勝第2戦は13日、川崎―横浜M戦(等々力)、鹿島―G大阪(カシマ)が行われ、決勝進出チームが決まる。
鹿島が11日、第2戦で、審判団に適切な判定を強く訴えた。ここ2年間で、何度も誤審に泣かされた経緯があり、クラブ幹部は「第1戦目でも誤審があった。第2戦ではしっかり笛を吹いてほしい」と声を大にした。
悲痛の願い出だ。直近では6月のリーグ大分戦。得失点にかかわる3つプレーでJリーグに質問状を提出し、すべて「誤審」と認められた。昨年、アウトゥオリ監督が退任した主原因は「審判が試合を決めるリーグでやりたくない」だった。
0―1で落とした第1戦では、失点したPKを含め、2度も主審の判定が覆されるという異常事態が起きた。サッカーにつきものとはいうが、あまりにも多い。10冠獲得への大一番。誤審でも覆らないからこそ、プロのレフェリングを求めた。

国際試合や欧州などでは大舞台になればなるほど優秀な審判が試合をジャッジしてくれることになるのですが、Jリーグではスペシャルレフェリーというものが油断が出来ない存在ですからね(^^;)
本当、レフェリーに試合をぶち壊されるのだけは勘弁です。
それにしても、アウトゥオリはJリーグの審判のレベルの低さに嫌気が差して続投を嫌がったのでは…と冗談で言ってたんですけど、本当だったのでしょうかね?
そして、大分戦の質問状にすべて「誤審」と認めていたことにもびっくりです。
そういう情報は一切入って来ませんけどね。
公開しなければ意味がないのではないでしょうか。

鹿島の逆転勝利を願ってポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

天皇杯組み合わせとベストメンバー規定
第87回天皇杯4回戦以降の組み合わせ(スポニチ)
鹿島は水戸ホーリーホックとの対戦となりました。
茨城ダービーですね。
今季開幕前のプレシーズンマッチでは4-0で勝利しています。
野沢が左ひざ靱帯損傷で長期離脱となったあの試合ですね。
そのせいで鹿島はチーム作りをやり直すはめになって、序盤つまづく原因の1つとなりました。
今度はケガさせられないといいですが…。
前にも書きましたが日程は11/4の予定となっていますが、ナビスコ杯決勝に進むと11/7の開催となります。
ぜひ、そうなってほしいですね。

Jが「最強チーム」精神を各クラブに徹底(ニッカン)
前言撤回?川淵C“天皇杯も重要”(スポニチ)
犬飼専務理事が「最強チーム」理解求める(ニッカン)
川崎の8人入替えに続いて、天皇杯をJ2の上位4チームがメンバーをほぼ総入れ替えして敗退したことで、最強チームによる試合参加の精神、ベストメンバー規約の意義が問われています。
しかし、規定を満たしていようといまいと関係なく文句を言われ、その大会に規定が適用されようとされまいと文句を言ってたら、ベストメンバー規定が無意味だって言ってるようなものだと思いますね。
そもそも犬飼専務理事が、「各クラブが思惑でやったら、リーグがとんでもないことになる」「規則を満たしているから、いいということではない」と言ってますからね。
規定があるから逆にそれを破らない範囲ならメンバー変更してもいいという解釈を作っていると思います。
犬飼専務理事は、「各クラブが思惑でやったら、リーグがとんでもないことになる」と言ってますが、効果がなく意味のなさないベストメンバー規定があっても、各チームはハードスケジュールや昇格争いなどの納得できる大きな理由がない限り、大幅にメンバーを落とすということはやってないですよね。
つまり、各クラブの思惑で好き勝手やってるという事態にはなってないわけですよ。
それはどうしてかというと、監督は成績が悪ければ解任されますし、選手やサポーターの信頼を得られなければ首に追い込まれる事態にもなるからです。
Jリーグ幹部がまったく理解できていなのは、選手はレギュラーだろうと控えだろうと試合に出たいと思っているということです。
試合に出れる状態なのに監督が温存という理由で露骨にターンオーバーを敷けば、選手からも不満が出ます。
要するに納得のできる理由もなく無理に選手を休ませれば、選手からもサポーターからも不満が出ることになります。
監督は結果を出すために常にベストなメンバーで臨むことを考えつつも、選手にの調子を見極めて休ませるときは休ませなければなりません。
その加減を見誤って、選手やサポーターの信頼を得られなければ首に追い込まれることにもなります。
つまり、監督は常に自分の首をかけて試合に臨むメンバーを選んでいるわけですよ。
少なくとも椅子にふんぞり返って偉そうにのうのうと振舞っている老人どもにとやかく言われる筋合いではないと思いますけどね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

【ナ杯準決勝雑感】シビアな戦いだったなぁ…のG大阪戦
結果
G大阪1-0鹿島(万博/8,157人)
[得点者]
57' 遠藤保仁(G大阪)

雑感
両チームともに守備意識が高い試合でしたね。
前半終わってスコアレスドローでしたが、シュート本数も鹿島:2本、G大阪3本とかなり少なかったです。
それでも手に汗握る十分おもしろい試合でした。
90分を通してプレスと攻守の切り替えはほぼ互角だったと言えます。
結果的には運が勝敗を分けた試合と言えるかもしれません。
しかし、球際の強さとパスの正確さではG大阪の方が勝っていました。
ここが勝負の分かれ目だったと思います。
G大阪の選手は寄せられても個人の力でボールを失わず、前を向いてプレイできてるんですよね。
逆に鹿島の選手は寄せられると後ろに戻したり、パスに逃げる場面が多かったです。
苦しい体勢でパスを繋ぐから精度を欠いて段々無理が出てきて、2,3本目には相手に奪われてしまいます。
その原因としても4-5-1も機能しておらず、マルキーニョスが孤立するという鹿島の最悪のパターンでした。
トップにボールが収まらないのでG大阪の厳しいプレスを受ける中盤が苦しくなって、前線への雑なフィードが多くなるという悪循環になっていましたね。
もう少し攻撃の目を作って、G大阪に脅威を与えることができれば逆に守りやすかったと思います。
ハマればかなりの威力があると思った4-5-1の布陣ですが、ここまで機能しないとは予想外でした。
それでも選手はかなり集中して守って、ディフェンスでは狙い通りできていたのですが、それだけにあのPKでの失点は悔やまれます。
ハンドの瞬間を映像で見れなかったのでよく分かりませんが、手に当たってたのならハンドとられても仕方ないですね。
まあ、体からどれだけ手が離れてたかにもよるのですが、ああいうシーンは確実に体に付けてないといけないです。
終盤は田代、ダニーロ、本山を入れて1点を取りにいくのですが、本山の投入はもっと早くてよかったですね。
G大阪も最後まで集中して運動量も衰えなかったですし、鹿島も試合運びが甘いです。
岩政もロスタイムであれだけ倒れててはいけないですし、この試合ゴール前での直接狙えるFKを1つも取れてないんですよね。
そういうチャンスがあればもっと流れが変わってたでしょうし、ミドルシュートももっと狙ってよかったと思います。
ここら辺り、昔に比べて試合運びが下手になったなぁと感じます。
0-1という結果は、前半戦の終わり方としては2番目に悪いと思います。
2点差以上の負け<スコアレスの1点差負け<得点しての1点差負け<引き分け<勝ち
ホームではG大阪を無得点に抑えないとかなりきつくなりますからね。
篤人がいなくなるとDFラインの守備に不安もあります。
それでも鹿島にも好材料はあります。
まず、普通に4-4-2でやればもっと攻撃できるので得点のチャンスは確実に多くなるでしょう。
そして、この試合でも見せたような守備をやれば4-4-2でもメンバーが替わっても十分守ることもできるでしょう。
鹿島には篤人がいませんが、G大阪は外国人FWと寺田のケガに加えて家長と安田も出場できません。
最後に、ホームの地の利と声援があります。
あとは局面局面の個の戦いで競り負けないことですね。
それにはやはり気合いですね。
気合いで勝たないとどうしようもありませんから。
気合いとホームの声援があれば、今度は鹿島が運を呼び込むことができるでしょう。
すぐに第2戦を迎えることになるので、気持ちを切り替えてホームでの勝利を目指すのみです。

選手評
GK曽ケ端準
新潟戦以来の出場も安定感あり、2つの好セーブでピンチを救う。
DF内田篤人
攻守において存在感を示すも、珍しくミスが目立った。
DF岩政大樹
プレス、マーキング、空中戦と確実に仕事をこなし、セットプレイでも惜しいシーンを作る。
最後に痛んだシーンはもっと早く外に出るべき。
DF大岩剛
こちらもカバーリング、マーキング、空中戦と確実に仕事をこなす。
最終ラインに安定感をもたらした。
⇒MF本山雅志
出場時間が短く、ほとんとボールにからめず。
調子がよかったたけにもっと観たかった。
DF新井場徹
こういうシビアな戦いになるとやはり攻守においてプレイの軽さ、判断力のなさが目立つ。
フィード、守備、オーバーラップなどすべてにおいて篤人よりレベルが低いのは問題。
MF野沢拓也
飛び出し、運動量、ボールキープと大事な仕事をこなせず。
相手のプレスが厳しくてフリーになれなければボールキープして相手をひきつけるプレイをしてほしい。
⇒MFダニーロ
ボールキープ力はさすがでリズムを作るも、これまでと同様決定的な仕事に結びつかない。
MF青木剛
中盤でプレスとマーク、繋ぎ役を確実にこなす。
イエローカードの判定はやや不可解。
MF中後雅喜
前半は積極的に上がるシーンもあって、ロングボールも光っていた。
しかし、シビアな試合ではパスミスなど甘さがまだまだ目立つ。
MF小笠原満男
1トップということでかなり前線に上がってボールを受け、守備時にもよく戻ってチームに貢献していた。
後半は下がってボールをもらうことが多くなり、よくボールキープしていたがゴール前で決定的な仕事をしたかった。
FW興梠慎三
やや守備意識が高すぎて下がりすぎ、持ち味を出し切れなかった。
ただ、運動量が多くよく守備をしていた。
序盤見せたミドルシュートをもっと狙っていきたかった。
FWマルキーニョス
ケガのせいかやや精彩を欠いた。
小笠原、野沢、興梠との距離が遠く、孤立する場面が目立った。
⇒FW田代有三
入るやいなやターゲットとなって攻撃のリズムを作る。
興梠とのコンビは可能性を感じる。

2戦目に向けて気合いのポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

【ナ杯準決勝プレビュー】アウェイの戦い方で勝つ…のG大阪戦
明日は19:00から万博でナビスコ杯準決勝第1戦のG大阪戦です。
天候は曇り、朝方は雨が降るみたいですが夜には止んでるようなのでコンディションとしては悪くないと思います。
風が強いかもしれないので要注意ですね。
やや肌寒いかもしれませんが、熱いいい試合を期待できそうです。

今季の対戦
●鹿島0-1G大阪(カシマ)
●鹿島1-5G大阪(金沢)

今季はリーグで2連敗しています。
特にアウェイでの大敗の悔しさは忘れられません。
選手たちも同じ気持ちでしょう。
その悔しさを晴らせるナビスコ杯というチャンスがあるのはラッキーですね。
しかし、ここはひとまず冷静になってアウェイの戦い方で臨むことも大事です。
180分が終わった後での勝利、それで借りを返すことが重要ですね。

不在メンバー
鹿島:ファボン、ダニーロ
G大阪:バレー、マグノ・アウベス(微妙)
鹿島は篤人と曽ケ端が復帰します。
家長の出場停止はナビスコ杯ではなく、Jリーグ29節になるのですね。
スーパーサブとして登場してくるのでしょうか。
マグノ・アウベスもケガ明けで微妙なところなのでFWのスタメンとして使われる場合はもありますね。

フォーメーション
鹿島アントラーズ
鹿島は4-5-1の布陣でいくようです。
マルキーニョス
興梠、小笠原、野沢
中後、青木
イバ、大岩、岩政、篤人
曽ケ端

アウェイの戦いということで守備的にスタートするようですね。
リーグ戦で負けている以上、4-4-2でがっぷりよつの試合はG大阪を利するところもあり得策ではありませんからね。
岩政が播戸を潰して、青木が遠藤をマークすればディフェンスはかなり安定すると思います。
攻撃は小笠原、マルキーニョスがボールをキープして、シュート意識の高い野沢と興梠がどんどん飛び出していく形になるでしょう。
この布陣、ハマればかなり威力あると思います。
そして、スーパーサブとしては計算できる本山と田代が入ることになりますね。
試合の流れが読めないかなり拮抗した微妙な戦いとなりそうなので、ベテランをベンチに入れておきたいというオリヴェイラ監督の考えかもしれません。
ガンバ大阪
G大阪が安田をFW起用へ(ニッカン)
こちらは普通に4-4-2の可能性もありますし、マグノ・アウベスがスタメンで出場できなければ記事にあるように4-3-3というオプションもありえます。
篤人も戻ってきますし、どちらで来ても鹿島の4バック2ボランチなら対応はできるでしょう。
守備意識を高くもってプレスとマークをがつがつやってほしいです。

鹿島は氷風呂でリフレッシュ(ニッカン)
鹿島はケガ人以外は今季メンバーがほぼ固定されています。
本山も全試合連続出場ですからね。
氷風呂の効果は絶大なのではないでしょうか。
だいぶ寒くなってきたので、これからはちょっと入る前に気合いが必要となりそうですけどねf(^^;)
絶好調鹿島FW田代に慢心なし(ニッカン)
田代は昨季も終盤に調子がよかったですね。
明日はベンチスタートになりそうですが、試合終盤に暴れてくれることを期待しています。
ちょっと気が早いですが、来季はシーズンを通してケガなくコンディションを高く保つことが課題ですね。
鹿島10冠へ異例の5泊6日の共同生活(ニッカン)
選手とスタッフが一丸となって勝ちに行こうという気持ちを感じます。
共同生活とミーティングで一体感を高めて、このナビスコ杯G大阪2連戦を最高の結果で乗り切っていきましょう。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

【第28節分析】そりゃあ、消化不良になっちゃうよ…の神戸戦
結果
鹿島3-2神戸(カシマ/10,503人)
[得点者]
06' 近藤祐介(神戸)
16' 興梠慎三(鹿島)
29' 興梠慎三(鹿島)
49' 田代有三(鹿島)
89' 北本久仁衛(神戸)

前半
□鹿島は変則的4-4-2
一応ドイスボランチの4-4-2という登録になってましたが、3バックになる時間帯も多かったですね。
マルキーニョスが大事をとって欠場したので、田代と興梠の2トップ、サイドバックには左石神、右イバとなりました。
大岩がこの試合でJ通算350試合の出場だったそうで、おめでとうございます。
史上10人目というのはすごいですね。
□神戸は普通の4-4-2
こちらはオーソドックスなフォーメーションでしたね。
2トップはレアンドロと近藤でした。
○立ち上がりは鹿島
石神や田代の決定機など序盤から鹿島がペースを握っていました。
前半はこの立ち上がりの展開がベースでほぼ45分進んでいきましたね。
神戸は守備がふわっとした感じの入り方でミスが目立ちました。
×FKからの失点
最近こういう早いリスタートからの失点が多いですね。
集中力の欠如が最大の原因、そして左サイドの連携にも問題がありました。
△流れ変わらず
本来なら失点で流れが変わったりするのですが、鹿島は落ち着いて同じペースで攻めていきましたね。
ただ、本山、小笠原などシュートを打てるチャンスがあったのにパスを選択するシーンが目立ちました。
こういう時間帯は勢いをつけるためにも、ドカンと思い切って打っていいと思いますけどね。
□鹿島は3バック
4バックより3バックになっている時間帯の方が多かったです。
青木がレアンドロについたり、3バックの左に入ったり、攻撃時は上がったりとかなり難しいフォーメーションでやっていました。
この試合左サイドの石神を狙われる時間もありましたが、後ろの青木がいる場合といない場合があり、しかも本来連携して守備する本山が右サイドにポジションチェンジしていることも多くかなり難しい状況になっていましたね。
ボランチのフォローも小笠原が1人でやってるようなものだったので期待できませんでした。
石神はしきりに中のマークや人数を気にして、肝心のボールを持った選手への守備がおろそかになったりしていました。
どのタイミングで誰がプレスに行って誰がマークについていくのか、まったく整理されておらず混乱していました。
ただでさえ連携不足なのにこの状況はかわいそうでしたね。
もっと周りがコーチングしてあげれたらいいのですが、そういう選手もいませんでしたから。
また、青木のポジションが流動的だっため中盤のプレスもはっきりせずあまり効いてませんでした。
そのため、神戸に簡単に回されるシーンも多かったです。
その割りも左サイドにいってましたね。
☆同点ゴール
石神のフィードから一度は神戸DFに奪われるのですが、興梠が執念で奪ってそのままゴールも奪いました。
いい時間帯で追いつきました。
○決定機は作るも…
流れは相変わらず鹿島が握っており、チャンスもありました。
興梠がサイドに流れてボールを引き出す動きがよかったですね。
そこでキープして周りをいいタイミングで使っていました。
空いたスペースに野沢が積極的に顔を出していましたね。
そして特筆すべきが本山です。
ペナルティエリア近くでうまくボールをキープしてチャンスを演出していました。
☆逆転ゴール
青木が3バックの左に入っていたので、たびたびいいフィードを逆サイドにしていましたね。
それが生きた形となりました。

後半
☆前半のお返しゴール
後半は鹿島が早々にゴールして引き離しました。
小澤のスローからの攻撃だったのですが、カウンター気味に決まりました。
これもいい時間帯でのゴールとなりました。
×神戸が3トップに
2点差となったことで神戸が攻撃的に来ました。
近藤が右サイドに張る形となって3トップのような感じになりましたね。
そのため、この時間帯は押し込まれて鹿島の左サイドを中心に攻められました。
クリアしたボールもパスミスなどが多く、リズムを悪くしましたね。
△4バックにして対応
神戸の3トップに対して鹿島は完全に4バックにします。
レアンドロが中央にポジションを取ったため、青木がマークにつくと変な形になりますし、最終ラインが3対3では危険ですからね。
4-4-2の普通のフォーメーションにして守備が落ち着いてからは再び鹿島がペースを握りました。
⇔中後を投入
本山に替わって中後をいれ、小笠原を少し高い位置にしました。
中盤のプレス、マークもはっきりしてこの時間帯がもっとも守備が落ち着いていましたね。
×石神がケガ
安定していた守備ですが、石神が脚を痛めて動けなくなります。
そこから突破されるシーンもあり、再び守備が不安定になりましたね。
石神を下げて船山を入れたのですが、慣れない左サイドバックで守備を安定させることはできなかったですね。
苦しい時間帯が続いたのですが、こういうところで2トップが体を張ってボールをキープしないといけないです。
そうすれば後ろはだいぶ楽になりますから。
×ロスタイムに失点
1失点目同様、集中力の欠如が原因ですね。
あとはメンバー変更があってマークがはっきりしていませんでした。

得点シーン
☆同点ゴール
石神(フィード)→興梠(トラップ)→神戸DF(体を入れる)→興梠(ボールを奪ってドリブルから右足)
石神は前半は積極的に攻撃参加してましたね。
攻める意識が高かったのがよかったです。
興梠の高いゴール意識と積極性から生まれました。
☆逆転ゴール
青木→石神(バックパス)→青木(サイドチェンジ)→本山→イバ(センタリング)→興梠(右足)
青木のフィードがすごかったですね。
あれだけ正確なロングボールが蹴れるとは思っていませんでした。
本山の仕掛けるそぶりを見せながらキープして上がりを待つプレイが多く観られる試合は、いい攻撃が出来ている証拠です。
パスのタイミングも完璧でした。
☆前半のお返しゴール
野沢→イバ→DF→イバ(スルーパス)→興梠(センタリング)→田代(右足オーバーヘッド)
興梠のセンタリングがミスキックになったのですが、田代がうまく強引に合わせて華麗なオーバーヘッドという形で決まりました。

感想
難しいことをするなぁというのが正直な感想です。
いつもとメンバーが違う上にこの3バックと4バックの流れの中の変更はかなりレベル高いものが要求されると思いますよ。
途中で神戸がフォーメーション変更してきたり、石神がケガで本職でない船山がサイドバックをやったりしていては守備が落ち着かず、不完全燃焼のような試合になって当然だと思います。
篤人がいないからの策なのかもしれませんが、鹿島本来の力が発揮できたフォーメーションかというと決してそうではなかったと思います。
だから観ていてなんだかモヤっとするような試合で、ロスタイムの失点と合わさって試合後もすっきりした気持ちにはならなかったですね。

選手評
新井場徹
右サイドはいつもやりづらそうですが、この試合ではウィングバックのような位置だったので積極的に前にいけていましたね。
2得点に絡みました。
青木剛
難しい仕事をこなしましたね。
今シーズンの成長株筆頭です。
マーク、守備、サイドチェンジといいプレイをしていました。
2得点目を引き出したあの大きなサイドチェンジのボールは3バックの右に入ったときしかできないものと思われますf(^^;)
でも、ボランチでもこういう意識は持ち続けてほしいですね。
野沢拓也
プレイに迷いがあるなって感じます。
それがパスのタイミング、強さ、そして決定機のシュートシーンに出ていますね。
本格的なスランプにならないといいですが…。
それでもいい動きはしてましたし、センタリングの精度は高かったですね。
本山雅志
この試合は持ち味を生かしていましたね。
高い位置でのボールキープでチャンスを作ってましたし、チームを楽にしていましたね。
ナビスコ杯は本山が活躍してくれそうな予感がします。
小笠原満男
正直不満の募る試合だったと思います。
守備に重点を置く仕事で、持ち味をほとんど生かせませんでしたからね。
それでも興梠のスルーパスやロングパスなどいいプレイはしていました。
柳沢敦
積極的な姿勢でしたね。
珍しく1対1で仕掛けていました。
しかし、簡単にボールを奪われるところを観るとコンディションはまだまだのようです。

今日のみどころ
2トップです。
高さのある田代が中央に張って、スピードのある興梠がサイドに流れるという仕事分けがはっきりしていましたね。
田代の頭での落としを興梠が拾うシーンもありました。
タイプ的にもいいコンビだと思います。
この試合はサイドからのセンタリングが多く入っていたのですが、2トップの動きは非常によかったです。
特に興梠は必ずニアに入って先にボールに触れてましたからね。
あれをやられるとDFはかなり嫌です。
2得点目はファーでボールを受けたのですが、あそこでもきちんとDFより前(ニア)に体を入れてるんですよね。
ストライカーには必須の動きです。
鹿島はヤナギ、平瀬、鈴木とここ数年ファーに流れるFWが多かったです。
ニアに入る動きを見せつつDFの死角に入ってファーに流れてフリーになるのですが、これは前でクリアされたら終わりですから、DFとしてはそんなに怖くないんですよね。
そうなるとセンタリングを入れる方もDFにクリアされない高さに上げないといけないですから、結局ファーサイドにかなりスペースがないと合わないんですよね。
ニアにもファーにもDFがいたら、いくらその間でフリーになってても相当レベルの高いセンタリングが入って来ないと合いません。
ベッカムくらい正確でスピードのあるボールを蹴れる選手がいればいいですが、Jリーグではなかなかいないですね。
ドフリーでセンタリングを上げられればまだ可能性はありますが、そうでない場面の方が多いですからね。
こういうヤナギが得意とする動きはニアに誰かが入って、DFを焦らせて注意をそらしてもらわないとなかなか生きません。
興梠や佐々木は死角から近づいて直前でクイっとDFの前に入っていく動きがうまいですね。
これからの鹿島のFWには期待できそうです。

監督
最近よくやるマンマークをこの試合でも使用しましたが、流動的過ぎたと思います。
それで逆に鹿島の選手が混乱して持ち味を発揮できなかった部分も多かったですね。
篤人が出場できずにイバを右の高い位置で使いたいため、こういう戦術をとったのでしょうかね。
ちょっと今回の意図は分かりませんでした。
本山の早い時間帯での交替は、あまりにも調子がよかったのでナビスコ杯に備えて温存したかったのだと思います。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

天皇杯よりJリーグ
第87回天皇杯試合速報(スポニチ)
波乱!J2上位4チームが敗退(報知)
昇格を狙う札幌、東京V、京都、仙台のJ2上位4チームが3回戦で早々に敗退しました。
明らかに天皇杯軽視ですね。
管轄の違う天皇杯だからスポンサーとか関係ないですし、チームとしたら昇格争い重視は当たり前です。
でも、日本サッカー協会はあまりおもしろくはない結果と思ってるかもしれませんね。
4回戦の組み合わせはまだ決まってませんが、鹿島はどことやることになるのでしょう。
11/4、13;00にカシマスタジアムで行われる予定で、若い選手も見れそうだから観戦に行きたいなと思っていたのですが、ナビスコ杯決勝に進出すると日程が変わるんですね。
11/7の19:00になるとさすがに観に行けないです。
4回戦だとテレビ放送もしないと思うので観に行けなくなるのは残念ですが、こーめいはぜんぜん我慢します。
だからナビスコ杯は昨季同様絶対に決勝まで進みましょう。
それで今度こそは国立で歓喜のときを迎えたいです。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

【第28節雑感】珍ゴール続出!?…の神戸戦
結果
鹿島3-2神戸(カシマ/10,503人)
[得点者]
06' 近藤祐介(神戸)
16' 興梠慎三(鹿島)
29' 興梠慎三(鹿島)
49' 田代有三(鹿島)
89' 北本久仁衛(神戸)

雑感
すっきりした勝利ではなかったのが残念ですが失点後すぐに逆転、引き分けという結果で終わったアウェイの時との差を見せ付けましたね。
両チーム合わせて5得点入ったのですが、ゴールシーンはちょっと珍しい形が多かったです。
興梠がまさか2得点もしてくれるとはうれしい限りですが、どちらもDFのちょっとありえないミスからでした。
しかし、逆に言えば興梠のゴール意識が高いからこその得点とも言えます。
1点目は体を入れられても諦めずにボールを奪い、2得点目もいいところに走っていました。
DFのミスもありましたが、ゴール意識が高いから目の前にいいボールがこぼれてくる、そういうことはサッカーではたびたびありますからね。
何よりゴール前で落ち着いていたのがよかったです。
田代のオーバヘッド気味のゴールもボールへ喰らい付く気持ち、ゴールするという気持ちが見えた見事なゴールでした。
鹿島は2トップが2人とも得点するということが珍しいチームなのですが、2トップがいつにも増してゴール意識が高かったからこその結果と言えるかもしれません。
興梠のハットトリックは副審のオフサイドの誤審判定で取り消されてしまいました。
後半の神戸エンドにいた副審はかなりレベルが低いですね。
むしろ田代のゴール時の方がオフサイドっぽかったですが、スピードが追いついていけず完全にラインを見れてなかったですね。
興梠の幻のハットトリックシーンは、ポジションはきちんと取れていたのですが神戸DFがブラインドになって小笠原のパスを出した瞬間が見れてなかったようです。
田代、興梠のシーンともにビデオとかで見直さずともあれくらいはきちんとした判定できないといけないですよ。
完全に”分かる”タイミングですから。
でも、結果的に帳尻は合ったところはJリーグのレフェリーらしいですけどね。
失点シーンは開始早々と終了間際という実にまずい時間帯でした。
しかし、原因ははっきりしていますね。
最初の失点は左サイドの連携ミスです。
こればかりは一緒にやってる時間がないので仕方ないですね。
試合序盤だから修正のしようもないですし、青木がレアンドロに付くという3バック的な布陣だったことも影響しましたかね。
中央では青木がマークにきちんと入ったのですが、近藤にヒールでうまく決められてしまいました。
2失点目はCKからだったのですが、選手が交代してややマークが曖昧だったのだと思います。
小笠原が触らなければゴールラインを割ってたような気もしますが、とっさのことですからつい手が出てしまったのでしょうね。
その後、こぼれたボールを小澤がキャッチしようとしてそのままゴールしてしまったのですが、あれをはじき出してたら小笠原は1発レッドで、しかもPKでした。
結果的にはゴールになったことでイエローカードで済んでよかったのかもしれません。
記憶が不確かですが、05年くらいに新潟のファビーニョだったか、同じことがあってレッドカードを出されて1発退場させられたことがありました。
試合後にイエローカードに変更されたのですが、Jリーグ側がレフェリーの判定でミスを認めた珍しいケースでしたね。
まあ、あれは誤審とかいうレベルの問題ではなくて、完全なルールの適用ミスだったのでJリーグ側も折れるしかなかったのでしょう。

ポストに助けられるピンチとそれ以上に試合を決められたチャンスがありましたが、とにかく3連勝で勢いをつけてナビスコ杯に臨めることはいいことだと思います。
マルキーニョスも出場できるでしょうし、ナビスコ杯第1戦には篤人もいますからね。
G大阪は今日も勝利して、浦和は明日大分戦です。
なにやら浦和は大分と相性が悪いみたいですね。
まあ、鹿島はポジション的にもそういうことは気にせず、これから1週間はナビスコに集中です。
今日の試合でバレーは前半で負傷交替しました。
おそらく肉離れでしょうから、水曜日の試合には出場してこないでしょう。
マグノ・アウベスもまだ本調子ではないですし、家長の累積カードもナビスコで消費されるんですかね?
それでも代わって入った播戸が活躍してますし、こちらもマルキ、田代が筋肉系のケガを抱えてますから楽観視はできないんですけどね。
第1戦目はアウェイなのでガンガン得点狙っていきたところです。

鹿島の勝利を祝ってポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

【第28節プレビュー】布陣が読めない…の神戸戦
明日は13:00からカシマスタジアムで神戸戦です。
天候は晴れ、気温・湿度ともに高くなく絶好のサッカー観戦日和になるのではないでしょうか。
コンディションがいいので、プレイもしやすいのではないかと思います。
ただちょっと時間が早いので日差しは暑いかも。
鹿島は若い選手が出ますし、ハツラツとしてプレイを期待したと思います。

今季の対戦
△鹿島1-1神戸(ホムスタ)
不可解な判定からPKで先制されるも、ファボンのスーパーFKから同点に追いついた試合でした。
通算対戦成績は13勝2分4敗とすごく相性のいいチームですね。
ホームでの対戦となると7勝1分1敗となり、さらに相性がいいです。
前回の対戦では第4節ということで、まだチーム完成度が今よりもずっと低い状態でしたから、逆転するまでの力はなかったです。
しかし、鹿島はあのときとは違います。
選手間の意思統一、戦術の浸透、連携、若手の成長、戦力などすべてが向上しています。
相性の良さとこの7ヶ月で成長したチーム力を見せつけたいですね。

不在メンバー
鹿島:マルキーニョス、ファボン、ダニーロ(以上ケガ)、曽ケ端、篤人(以上出場停止)
神戸:エメルソン・トーメ(ケガ)、大久保、河本(以上出場停止)

鹿島FWマルキーニョスは神戸戦欠場(ニッカン)
前節からケガを抱えてのプレイだったのですが、悪化してしまったようです。
神戸も大久保が出場できませんが、鹿島もエースを欠くことになりました。
こうなったら久しぶりの完全純和製チームに期待しましょう。

フォーメーション
鹿島アントラーズ
「結果を出したい」鹿島石神が先発濃厚(ニッカン)
こーめいは右サイドバックのポジションには、イバ(左:石神)>中後>青木>當間と予想していたのですが、やはり石神が起用されるようですね。
もっともサイドバックとしての動きができる選手ですし、さすがにまだ出場経験のない當間を使うのは難しいでしょう。
青木はボランチから動かせないですし、中後もサイドバックはあまりしてないですからね。
こーめいは石神の起用にはあまり心配していません。
確かに左サイドを突破されることもありますが、それはイバもたいして変わらないです。
逆にスタミナもあってタイミングのいいオーバーラップが計算できるという長所もあります。
右サイドのイバはあまりいい印象がないですから、ここは先輩として奮起してもらわないといけないですね。
両方のバランスを考えるとやや守備に不安があるので、右がガンガン上がって、左はバランスを取りながらタイミングよく上がるという感じが理想です。
エルゴラでは3バック、しかも広島や名古屋と同じ1ボランチ(小笠原)という布陣になってましたが、さすがにそれはないとは思います。
2トップは柳沢と興梠が濃厚のようですね。
田代はまたケガ…?
ケガ人は心配ですが興梠もいいですし、また佐々木も見てみたいですから逆に楽しみでもあります。
FWのポジション争いが熾烈なのはいいですね。
やってる方は大変でしょうが…(^^;)
中盤以外は変更のある明日の試合ですが、普段は控えにいることが多い選手は、レギュラー奪う気持ちでアピールしちゃってください。
ヴィッセル神戸
こちらは普通に4-4-2のボックス型のようですね。
鹿島から見て相性の悪い選手の筆頭は大久保だという印象があるので、出場停止は正直ラッキーだと思います。
警戒すべきはボッティとレアンドロでしょう。
岩政と青木が見れば問題ないと思いますけどね。
どう対応するかは鹿島の布陣次第でしょう。

U-22カタール代表戦メンバーに内田選手が選出(鹿島オフィシャル)
やはりというか、当然選ばれましたね。
ナビスコ杯準決勝第1戦が終わって直行ということになります。
おそらく先発で出場することになると思いますが、こうなった以上は全力でがんばってきてほしいですね。
でも、鹿島サポとしてはケガなく戻ってくれたらOKです!!

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

【第27節分析】守り合いの激闘…の広島戦
結果
広島0-1鹿島(広島ビ/13,492人)
[得点者]
65 マルキーニョス(鹿島)

前半
□鹿島は4-4-2の変則型
青木が出場停止から戻って小笠原とボランチを組みました。
しかし、岩政がウェズレイ、青木が佐藤についていたため、実質は小笠原が1人でバイタルエリアをカバーする形となっていました。
出場停止の曽ケ端に代わって小澤がゴールを守りました。
□広島はオーソドックスな3-5-2
普段は青山の1ボランチなのですが、この試合では森崎浩とのドイスボランチでした。
柏木がトップ下に入り、直前でコンディション不良を訴えたストヤノフはベンチスタートとなり、槙野が3バックの左に入っていましたね。
○積極的なプレスと田代の頭
序盤から鹿島は前からプレスに行ってボールを奪っていました。
そして早めに田代の頭に合わせるボールを入れてリズムを作っていましたね。
また、この試合では田代が中央でがんばってくさびのボールを受けるシーンも多かったです。
立ち上がり10分くらいは鹿島ペースで、広島は縦にパスを入れるくらいで攻撃が機能していませんでした。
△試合が落ち着いてくる
鹿島は20分ごろから田代へ当てるボールがだんだんと少なくなっていくにつれ、攻撃が手詰まりになっていきました。
パスで繋いでなんとか数的有利を作ろうとしていたのですが、広島が引いてしっかり守っていたのでなかなかうまくいきませんでしたね。
篤人と野沢のワンツーからのチャンスくらいでした。
かといって広島もウェズレイ、佐藤頼りの早めに鹿島のDFラインの裏にボールを蹴るくらいで、攻撃が組み立てられていませんでしたね。
×バイタルエリアの空洞化
岩政がウェズレイに、青木が佐藤に付いていたためどうしてもバイタルエリアが空いてしまっていましたね。
青木はDFラインに吸収されることが多く、小笠原1人に負担がかかっていました。
そのため、ペナルティエリア内ではチャンスを作らせませんでしたが、少し遠目からの広島はミドルシュート、アーリークロスからやや危ないシーンを作られていました。
そこを突かれて苦しい時間帯でした。
△こう着状態で前半終了
30分くらいからは完全に試合が均衡していました。
前からプレスに出て積極的な守備をする鹿島と、引いてしっかり守る広島のタイプの違った守備合戦でしたね。
お互い攻撃では迫力はなかったですが、逆に言えば狙い通りの守備ができていたと言えるでしょう。

後半
×広島がテンポアップ
後半立ち上がりは広島の攻撃意識が高くなっていましたね。
クサビのボールやサイドへの展開するタイミングが早くなっていて、鹿島は後手に回る時間帯となりました。
やはり前半同様、どうしてもバイタルエリアが空いてしまってそこを使われていましたね。
しかし、ウェズレイのFK以外は危ないシーンはありませんでした。
△再びこう着状態
広島が積極的に前に来ていましたが、地力で勝る鹿島が再びボールを支配して広島を押し込み始めます。
しかし、前半同様しっかり守った広島を崩せませんでしたね。
1番可能性がありそうな攻撃は田代を狙ったボールで、チャンスになりかけたシーンもあったんですけどね。
⇔中後投入
流れが悪かったので早めに投入したのでしょうね。
これで完全に岩政と青木をマンマーク状態にし、中後が余る3バックに近い形となりました。
中後の投入で後ろからのロングフィードという選択肢ができましたね。
☆ストライカーのお仕事
エースストライカーのマルキーニョスが値千金のゴールを生み出してくれました。
広島も後半から勢いづいてましたし、攻め手を欠いていた鹿島としてはすごく大きな得点でした。
⇔増田で中盤の運動性アップ
依然、小笠原の1ボランチ状態でしたから増田を入れることによって、中盤を落ち着けさせる狙いでしょう。
守備だけでなく増田がやや後ろ目から上がっていくことで、攻撃も活性化しましたね。
○狙い通りの逃げ切り
終盤の試合運びは落ち着いてしました。
唯一の大ピンチも小澤の好セーブと中後のカバーリングで防ぎました。
高さでは完全に勝っていましたし、守備意識がチーム全体で高かったですね。
広島はウェズレイ、佐藤が抑えられていてなかなか前にボールが出せず、単調な攻めに終始することとなりました。
鹿島の狙いはまさにそこだったのでしょう。

得点シーン
☆ストライカーのお仕事
中後(FK)→田代(ヘディング落とし)→マルキーニョス(右足)
こういう均衡した試合はセットプレイの一瞬の隙で勝負が決まることが多いですね。
そして決めるのはやはりエースストライカーです。
中後のロングボールと田代の落としの精度、最後はマルキーニョスの華麗な個人技から落ち着いて決めたゴールでした。

感想
両チームともまずは守りからという意識があったように思います。
その守備が前からなのか、引いて守ってからなのかという違いはありましたけどね。
そもそも広島の守備も狙い通りだったかどうかは分かりませんが…。
しかし、きっちり守られてなかなか打開できなかったことは事実です。
それを破るにはこの試合で見せたワンツー、もしくはドリブルでの仕掛けですね。
ミドルシュートという手もありますが、小笠原も狙ってましたしね。
なんとかしようとやることはやっていたのでその頻度を増やすことがこれから大事になっていくのかなと思います。
あれだけ引かれて集中したいい守備をされるとなかなかそれも難しいのですが、やはりポゼッションをして攻めきるという攻撃を見たいです。
こういうアウェイらしい試合もまた別のおもしろさがあるんですけどね。
こういうときこそ存在感を示すストライカーの存在も頼もしいですね。
それと全体的にはいいジャッジだったのですが、小澤へのイエローカードは酷い判定ですね。
鹿島のFK(ゴールキックとほぼ同じ位置)からのリスタートだったのですが、小澤が蹴ろうとしたときに副審がボールの位置が違うと指摘したので下げたら、それが遅延行為でイエローって…Σ( ̄□ ̄;)
あんなのはドライブしていたら、警官が車を停めて降りるよう言ってきたので、指示に従ったら駐車禁止で切符切られるようなものです。
詐欺ですよ。
実際にシーズン終了してからカードの枚数によって罰金をとられるわけですからね。
ノルマがあるのかと勘ぐってしまいます。

選手評
小沢英明
安心して見ていられますし、何も言うことはないですね。
安定しつつも、大活躍です。
内田篤人
相変わらず安定したプレイです。
あのシュートは本当に惜しかったですし、決まって欲しかったです。
イエローカードは必要なファウルで、むしろ好評価です。
岩政大樹・青木剛
2人とも相手の強力な2トップをよく抑えていました。
前半は攻撃時には青木は積極的に上がって行ってましたからね。
難しい仕事を見事にこなしました。
小笠原満男
バイタルエリアで負担がかかってましたけど、ボールキープ力とミドルシュートはやはり魅力です。
コンディションがよくなってるように見えます。
野沢拓也・本山雅志
相手が引いて守って、しかも中盤は数的不利ということもあってなかなか持ち味を生かせませんでしたね。
ボールキープで敵をひきつけるとか、ドリブル突破するとかオフェンシブハーフの選手がそれをやってくれたら攻撃のチャンスが出て来るんですけどね。
野沢は試合後も悔しそうでしたが、終盤のビッグチャンスを決めたかったのでしょうね。
中後からのロングフィードでしたが、あそこはもう思い切りいいシュートを見たかったです。
田代有三
中央に根を張ってプレイしていましたね。
後ろ、サイドからの高いボール、クサビの足元へのボール、体を張って気持ちの入ったプレイをしていたと思います。
ただ、ゴール前ではセンタリングをパスではなく胸トラップからシュート、強引なヘディングシュートでもいいと思いますね。
シュートが少ない時間は特にです。
1回胸トラップからシュートするシーンがあったのですが、落ち着きスキルを手に入れて、ああいうところを決めて行けばゴール量産できそうです。

今日のみどころ
やはり守備が目立った試合だと思います。
守備が目立つ=地味な試合という印象もありますが、岩政とウェズレイ、青木と佐藤のマッチアップでのせめぎ合い、駆け引きはすごくおもしろかったです。
広島2トップは思うようなプレイが出来ないためかなりイライラしていましたね。
特に青木は完全に佐藤を抑えていましたし、ウェズレイを抑えるのはかなり大変でシュートも打たれてましたが岩政もすごく嫌がれるプレイをしていました。
また、後半から入った中後がいいカバーリング、ポジショニングをしていましたね。
そして、ボールを奪ってからの正確なロングフィードも生きていました。
さらに両サイドのポジションの引っ張り合いも見ものでした。
左サイドはイバが意図的にポジションを高めにとって、駒野を上がらせないようにしようとしていたのですが、後半はやられていた印象があります。
逆に右サイドは篤人がかなり上がって対面の服部を押さえ込んでいましたね。

監督
おそらくですが、オリヴェイラ監督は広島の試合を研究して2トップさえ押さえれば広島の攻撃は7~8割抑えられると踏んだのではないでしょうかね。
実際38得点中26点は2トップですし、ウェズレイと佐藤だけで得点するシーンもけっこうあります。
柏木、駒野がゴール前でうまく絡んでくる場面もありますが、それも2トップが機能しての攻撃ですし、そこを潰してしまえば後は森崎や服部のミドルシュートくらいしか警戒すべき武器がないですからね。
鹿島のよさを出すというより、相手のいいところを消すというアウェイならではの戦術でした。
アウェイだけでなく上位チームの対戦でもこういう戦法をとってもおもしろいと思います。
選手交替は今回は早めでしたね。
先制点は最初の交替をしてまもなくでしたし、中後が得点に絡んで守っては相手の得点機を潰してますし、増田、興梠も持ち味を生かしてチャンスを作りましたからね。
結果的には大正解という采配だったと思います。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

鹿島ニュースをまとめて
鹿島サテライトが練習試合で千葉とドロー(ニッカン)
どんなメンバーだったのでしょうか。
キャンプ中の練習試合とサテライトリーグはオフィシャルでアップしてくれていたのに、先月末の筑波大学との練習試合からは結果すら載せてくれませんね。
船山と増田が得点をして、ヤナギも後半から出場したようですね。
なんだかここ2年くらいに入った鹿島の若手にはシュート意識が高い選手が多いので、このまま順調に攻撃的に育ってほしいなとつくづく思います。
最近はサテライトの試合も観たいな~と無性に思い、引っ越したいな~なんて考えます。
引越しは無理でしょうが、時間を作るためにそろそろ本気で動き出さないといけないです。

鹿島柳沢が練習試合で復調アピール(ニッカン)
広島戦も大丈夫という記事がありましたが、次の神戸戦からベンチ入りしそうですね。
しかし、スタメンは田代でしょうし、興梠もコンスタントに途中出場しています。
佐々木も期待できる存在ですから、いい具合にFWのポジション争いが激化していますね。

反町監督、ナビスコ杯組に強行指令!試合直後の便に飛び乗れ!(サンスポ)
9月8日のサウジアラビア戦では、出発当日に試合のあった選手は翌日合流だったが、今回は特別待遇なし。さらに直行便の混雑で、ドーハを経由してドバイ入りすることも決まり、直行便より4時間長い約15時間の移動も強いられる。試合を終えた3人が睡眠をとれるのはこの機内のみ。体力的にも厳しい過酷日程も、大一番を前にした反町監督の意欲の表れだ
『反町監督、五輪予選に強制命令!篤人なしで波に乗れ!』とか、誰か偉い人が指令を出してくれないですかね~。
こんな体力的にも厳しい過酷日程になったのも、チーム作りに失敗してこの試合を大一番にしてしまった反町監督の無能の表れだ」の記事の方がしっくりくるのでは…!?
かなりの強行軍になるようですが、事故とケガにだけは気をつけてください。
鹿島、そして日本の大事な選手ですからね。
篤人はずっと出ずっぱりなので、この際だから神戸戦の出場停止をいい休養と考えて一息ついてほしいです。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

犬飼・川淵発言に苦言
川崎Fが「銭湯」モードで疲労回復(ニッカン)
19日のACL準々決勝、イランでのセパハン戦(0-0)後初練習を行いMF中村、DF伊藤、寺田ら主力組はランニングなど軽めの調整。その後練習場近くの天然温泉に再集結した。中3日で迎える明日23日の柏戦に向け、冷水とお湯との交代浴などで疲労回復に努めた。不慣れな環境で、試合中に足がつった中村は「リラックスします」と関節痛、打撲に効能がある黒色の炭酸水素塩温泉につかり、リフレッシュ。関塚監督も「オレもよく行くけど、温泉は大事。いいこと」と選手の裸の結束にうなずいていた。

川崎F主力温存完敗も収穫あり(ニッカン)
川崎Fは主力を温存して完敗したが、今後に向けて収穫もあった。大卒ルーキーでJ初先発したMF養父は敗戦を悔やみながらも「前を向けたところはあった。90分出られたことは自分にとって収穫だった」と振り返った。来季の加入が内定している特別指定選手のMF田坂(青学大)は、後半18分から途中出場。「1対1で仕掛けて、対面を抜く自信はあった。実際に抜けたので、そういうところは自信になりました」と話していた。

川崎F完敗もサポーターは激励(ニッカン)
サポーターは、温かかった。川崎Fは0-4で完敗したが、励ましの声が飛んだ。ファンは事情を分かっていた。26日のアジア・チャンピオンズリーグ準々決勝第2戦のセパハン戦に向け、第1戦(19日)からメンバーが8人も変わった。疲労を考慮したもので、FW我那覇は6月30日の神戸戦以来の先発復帰。しかし、得点ならず、終盤に右足内転筋を痛めてしまった。関塚監督は「引きずっていられないので、前を向いて戦うしかない」と話した。
日本代表MF中村らは午前中に練習し、ベンチにも入らず休養。「(試合間隔が)1試合空くのはでかい。水曜日に向けてしっかり調整しないといけない」と言って、帰宅した。今日24日にはセパハンが来日する。完敗のショックは、持ち越してはならない。


川崎Fチャーター機使用も敗退にJ聴取へ(ニッカン)
Jリーグの犬飼専務理事が試合前、川崎Fの武田社長に事情説明を求めた。数百万円かけて、19日のアウエー戦後にイスファハン(イラン)からドバイ(UAE)までのチャーター機を日本協会とJリーグ側で用意。定期便より1日早い20日の帰国を実現したが、23日のリーグ戦では規則ギリギリのメンバー8人の入れ替えで柏に0-4と完敗。この日も結果を出せなかった。同専務理事は「Jリーグも頑張ってもらうためのチャーター機。その思いが通じなかった。サポーターを裏切ったことへの説明を求めていく」と話した。

川淵キャプテン主力温存の川崎Fに苦言(ニッカン)
日本サッカー協会の川淵三郎キャプテンは27日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第2戦を26日に控えた川崎Fが23日の柏とのリーグ戦で主力の多くを温存して大敗したことに「問題があると言わざるをえない」と苦言を呈した。
Jリーグはアウエーの準々決勝第1戦後に速やかに帰国できるように、一部区間でチャーター機を飛ばした。川淵キャプテンは「ACLでクラブに飛行機などの便宜を図るのは、リーグ戦でしっかり戦うのが前提」と注文をつけた。


川崎F関塚監督が「犬飼発言」に反論(ニッカン)
川崎Fが「犬飼発言」に困惑した。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝で敗退し、一夜明けた27日、練習を再開。Jリーグの犬飼基昭専務理事(65)から前夜、ACL準々決勝第1戦(19日、イラン)後、一部区間でチャーター機を利用して帰国しながら、23日の柏戦で8人を入れ替えたことを問題視された。しかし、川崎Fの関塚隆監督(46)らは選手の疲労を考慮し、その時のベストメンバーで戦ったことを強調した。
「犬飼発言」について問われた関塚監督は、考えを明らかにした。「Jリーグには、全面的にサポートをいただいた。言われることは分かります。でも、僕は現場にいて、それがベストだと判断したとしか言えません」。
19日にACL準々決勝第1戦をイランで戦った。イスファハン(イラン)からドバイ(UAE)までのチャーター機は、日本協会とJリーグが数百万円を負担した。これにより、ドバイからの定期便に乗り継ぐことができ、翌20日に帰国。関塚監督は選手の体調を考慮し、メンバー8人を入れ替えて柏戦(23日)に臨み、0-4で敗れた。
26日等々力での同2戦に訪れた犬飼専務理事は「Jリーグも頑張ってもらうためのチャーター機。その思いが通じなかった。サポーターを裏切ったことへの説明を求めていく」と発言。しかし関塚監督は「最初から(変更を)決めていたわけじゃない。帰ってきた状態を見て、そうせざるを得なかった」と説明した。
同専務理事が、決戦前で盛り上がる会場に到着するなり、川崎Fの武田社長を怒鳴ったことを伝え聞いたある選手は「(アジア一を目指し)一緒になってくれていなかったのかな」と漏らし、別の選手は「結果だけで判断されても…」と戸惑いを隠せなかった。
柏戦では「当該試合直前のリーグ戦5試合のうち、1試合以上先発メンバーとして出場した選手を6人以上含まなければならない」というJリーグ規約に抵触しないメンバーを組んだ。あらかじめ、Jリーグに問い合わせ「問題なし」との了解も得ていた。決して、Jリーグを軽視したわけではない。川崎Fの福家GMは「こんなに短期間で試合が続いたら、選手生命に影響する。川島と憲剛は代表もあって、もっと過酷だった」と理解を求めた。


Jリーグが川崎Fに「やむなし」と理解(ニッカン)
川崎Fが23日の柏戦で大量の主力メンバーを温存した件について、鬼武健二チェアマンは28日、川崎Fの武田信平社長との会談後に「やむを得なかったと判断せざるをえない」と話し、クラブ側に理解を示した。
川崎Fは19日にイランでアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第1戦を消化。疲労やけがを理由に、柏戦でメンバー8人を入れ替えた。リーグ規約に抵触しなかったが、犬飼基昭専務理事や日本協会の川淵三郎キャプテンらが不快感を示していた。
都内のJリーグ事務局でチェアマンや専務理事らに事情説明した武田社長は「特別な支援を受けたのだから、事前に説明すれば良かった。クラブとリーグの意思疎通が欠けていた」と話した。


Jが犬飼発言撤回「やむを得なかった」(ニッカン)
Jリーグが「犬飼発言」による騒動収束へ向け、急転直下で方針転換した。28日、鬼武チェアマンが川崎Fの武田社長を都内のJFAハウスに呼び出し、犬飼専務理事を交えて23日柏戦で主力8選手を入れ替えた経緯について事情聴取。セパハンとのアジアチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第1戦直後のコンディション不良が原因で、同チェアマンは「今回はやむを得なかった」と理解を示した。
最初に問題視した26日に続き、前日27日にも犬飼専務理事は「常に強いチームで戦うのが基本。クラブに危機感がない。サポーターを裏切った」と発言。10月9日のJ1、J2実行委員会で議題にする考えも口にした。あたかもクラブがJリーグを軽視したかのような発言に、川崎F関係者やサポーターから多くの戸惑いの声が上がっていた。
事態を重くみたJリーグ側はこの日「リーグとしての見解を示したい」と犬飼理事ではなく、チェアマンが報道陣の取材に対応。「クラブとしてベストの判断をしたと聞いた。今後はお互いがコミュニケーションを図ってやりたい」と同理事の前言を撤回した。川崎Fへのペナルティーは設けず、実行委員会でも状況報告にとどめる方針だ。
Jリーグと日本協会、クラブが三位一体となって初めてACL制覇への「支援プロジェクト」を結成したシーズン。国内戦と並行して戦う過密日程を考慮し、アウエー戦でのチャーター機使用を援助するなど「公式戦の両立」への期待は大きく、それは選手、サポーターも理解していた。鬼武チェアマンは「配慮が足りなかった。必要な支援は続けていきたい」と話した。


川崎F1カ月以上勝利なし(ニッカン)
小雨の天気と同じで、すっきりしない。川崎Fが攻め込みながら、勝てなかった。前半12分に失点。以後、相手に2人も退場者が出たが、後半44分にMF谷口のゴールで追いつくのが精いっぱい。シュート数は17対3の大差だったが、引き分けに終わった。MF中村は「これだけ(得点に)見放されると、何て言っていいか分からない。あとはラストのところだけ。それ以上、言うことはないです」と振り返った。
この日の得点は、公式戦390分ぶり。8月25日のG大阪戦以来、1カ月以上も勝利がない。4日前にアジア・チャンピオンズリーグ準々決勝で敗退し、気持ちを切り替えたはずが、結果につながらなかった。関塚監督は「今までやってきたことが悪いというわけでなく、甘くなってきたのかな」と話した。約3週間ぶりとなる今日1日のオフでリフレッシュするしかない。


川崎Fサポーター「裏切られていない」(ニッカン)
川崎Fのサポーターが9月30日の甲府戦で「犬飼さん、我々は裏切られていません」と書かれた横断幕を等々力競技場に掲出した。この横断幕には、来場者からの署名が入っており今日1日、Jリーグに提出する。川崎Fは9月23日の柏戦で、その4日前のアジア・チャンピオンズリーグから8人を入れ替え。Jリーグの犬飼専務理事は「サポーターを裏切ったことへの説明を求めていく」などと発言していた。明日2日には、Jリーグとサポーターが話し合う予定
川崎Fサポーター 怒りの犬飼批判(スポニチ)
川崎FのサポーターがJリーグに対する“抗議行動”に打って出た。30日、ホームで行われた甲府戦で約3000人の署名が入った「我々は裏切られていません」という横断幕を掲げた。9月23日の柏戦でメンバー8人を入れ替えた川崎Fを「サポーターへの裏切り」と批判したJリーグ幹部に反発したもので、1日にはその横断幕をJリーグ側に渡す予定だ。試合は9月26日のセパハン戦でPKを外したMF谷口博之(22)の同点ゴールで1―1と引き分けた。
川崎Fの武田社長がJリーグの鬼武チェアマン、犬飼専務理事ら4人と会談したのは9月28日のこと。「やむを得なかったと判断している」という鬼武チェアマンの言葉で事態は収束したかのように見えたが、川崎Fサポーターは納得していなかった。
ACL敗退が決定した同26日のセパハン戦では、犬飼専務理事がリーグ戦での選手入れ替えを批判して「サポーターを裏切ったことへの説明を求める」「リーグ戦を投げた」と発言。スタジアムの2階席には「犬飼さん、我々は裏切られていません」と“犬飼発言”への反論が堂々と掲げられた。
20メートル×2メートルの巨大横断幕はサポーターの中心グループ「川崎華族」が作製。リーダーの山崎真氏は「犬飼さんがサポーターの気持ちを代弁しているかのように話をしているのが納得いかない。少なくとも川崎サポはチームのユニホームを着てピッチで戦っている選手がベストメンバーだと思って応援している」と説明。試合前に会場で署名活動を行って、約3000人が同意のサインをした。署名が書かれた横断幕は後半20分に外したが、それも、坂村マッチコミッショナーがかけた「気持ちは分かったから外してくれ」という“同情”の言葉に納得したから。Jリーグ側への不満は消えておらず、1日には代表者が横断幕をJリーグに届けるという。
犬飼専務理事は発言以降、表舞台に出てきておらず、山崎氏は「Jリーグのサポートには感謝しているだけに、犬飼さんの発言はショック。話をしてほしい」と説明を求めた。Jリーグ側でも今週中に、サポーターと話し合う方向で調整しているが、円満解決にはまだ時間がかかりそうだ。


川崎のメンバー変更に対する犬飼・川淵発言の件は、こんな流れですね。
問題は4つあると思います。
①ベストメンバー規約
②犬飼理事の「サポーターを裏切った」発言
③勝負を捨てるような試合・チームの増加
④川淵キャプテンのでしゃばり具合


ベストメンバー規約
これに対しては、鬼武チェアマンがすでに「クラブとしてベストの判断をしたと聞いた。今後はお互いがコミュニケーションを図ってやりたい」と言っているように、とりあえずは一件落着ですね。
でも今回のメンバー変更はもともと規約違反ではありませんし、事前に川崎がJリーグに報告して了承されているので当たり前です。
犬飼・川淵両氏からすれば、費用を負担してチャーター機を用意したのだから、リーグ戦でも大幅メンバー変更はすべきではないという考えなのでしょう。
もしくは、そのことを聞かされてなかったことに腹を立てているのかもしれません。
それはJリーグ内のコミュニケーションと構造の問題で、川崎は完全にとばっちりですよね。
犬飼専務理事は「常に強いチームで戦うのが基本」と言ってますが、そもそもこのベストメンバー規約のベストメンバーっていう定義が曖昧なんですよね。
例えば、現時点ではA(30歳)の方が実力が上だとしても、将来のことを考えればB(23歳)を起用することだってあるわけです。
スタメンではなくても、流れを変えられる、もしくは複数のポジションをこなせるなどの理由で、ベンチスタートが多くなる選手もいるわけです。
FWの組み合わせ、チームのバランスを考えれば、実力があってもスタメンに入ってない選手もいます。
そういう選手がベストメンバーに値する実力がないかと言えばそうではありません。
今回のケースで言えば黒津なんてそうですよね。
十分、スタメンの実力はありますし、単純にジュニーニョとの組み合わせなら鄭大世や我那覇の方が役割もはっきりしていいだけだと思います。
サイドハーフもできてスピードもあるので監督としてはベンチに置いておきたくなるタイプの選手でしょうね。
我那覇、黒津、大橋、フランシスマール、谷口、伊藤、川島ら少なくとも7人は十分実力あると思います。
まあ、ベンチメンバーは少しやり過ぎの感もありますが、逆に主力をベンチに入れない方がそれだけ疲労していることをアピールできるという判断だったのかもしれません。
選手起用については基本、全面的に監督に判断を任せてあるわけですから、結局は監督の判断が最終的に上回ります。
規約を守っており、選手が怪我をする可能性があったと現場から言われればJリーグ側からは何も言えないでしょう。
規約を守っているのに問題があるというなら、そもそもJリーグ規約に問題があるんですよ。
「チャーター機を使ったら○人まで~」とか、「Jリーグ幹部の気持ちを読み取れない場合は、処分・事情聴取・叱責の可能性がある」と付け加えておけばいいだけです。
もしくは選手の戦闘力や疲労度を計測するスカウターでも開発するしかないですね。
選手の状態をもっとも身近で客観的に判断できるのは間違いなく監督なわけですし、ここ1ヶ月の川崎の戦績を見るとやはり疲れているということが言えるんじゃないですかね。
現に主力を出した試合でも勝ててないわけですから。
結果が出ないとこれまた肉体的にも、そして特に精神的にも疲労が溜まりますからね。
関塚監督の判断は間違ってなかったと思いますよ。
監督は疲労のある主力を出して覇気なく不甲斐ない試合をしたりケガ人が出たらどうしてメンバーを替えないんだと非難されるわけですし、逆に主力を温存して不甲斐ない試合をしても非難されるわけです。
結局はプロなんですからどっちを選択しようと結果を出せなければ非難はされます。
今回は多くのサポーターが理解を示しているように、負けはしましたがそれだけ納得のいく試合内容と苦しい現状があったということでしょう。

②犬飼理事の「サポーターを裏切った」発言
軽々しくサポーターの気持ちを代弁して欲しくないですね。
確かに川崎のホーム試合に行けなくて、柏との対戦を楽しみにしていた観客もいるでしょう。
そして、メンバーを見てがっくりした観客はいるはずです。
そういう人の気持ちを代弁したと言いたいのかもしれません。
しかし、常日頃からサポーターのことを本当に思っているなら、我那覇のドーピングの件もしっかり対応して欲しかったですね。
我那覇がニンニク注射で試合出場自粛(ニッカン)
J31チーム医師団が我那覇への制裁に異議(ニッカン)
我那覇シロの判断も処分撤回せず(ニッカン)
Jリーグが我那覇処分取り消し要求却下へ(ニッカン)
我那覇選手の薬物違反「シロ」判定、J側「撤回せず」
この件には未だに多くのサポーターが納得してないと思います。
処分撤回を求めた医師らも納得したという意見は聞きません。
それだけ納得してない人がいるということは、説明責任がきちんと成されてないということでしょう。
本当に常日頃からサポーターのことを考えてるなら、どうしてこの件に対してはサポーターのためにきちんと説明しろと言ってくれなかったのでしょうかね。
我那覇を見たくてもこの件の出場停止のために観れなかったサポーターもいるわけですから。
別に今回のメンバー変更問題に対しての発言もサポーターのためを思ってのことだった主張するのは勝手です。
しかし、口ではなんとでも言えるわけで、それが本当にサポーターのことを思っての発言に聞こえないのは、過去の言動と矛盾してるからではないですかね。
そもそもの問題点は2つで、事前に認可申請していなかったことと、本当に静脈注射が必要な症状だったかということだと思います。
Jリーグ側は医師への説明では事前の認可申請が必要としたつもりが、医師らは緊急を要する治療の場合は現場に一任されると思っていたということではないでしょうかね。
それに対しては、JリーグがJADAの見解を一部受け入れる形で、規定解釈を変更、正当な医療行為であるとの事前の認可申請が必要としていたのを、今後は静脈注射を含めて現場の医師に一任する旨、各クラブに通達しているので、この規定解釈の変更はJリーグ側の説明や認識にも不備があったと認めることになるんじゃないでしょうか。
そして、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は今回のケースが世界反ドーピング機関(WADA)の規約違反にはならないとも言っています。
つまり、我那覇のケースは静脈注射の必要性があると判断して医師が打ったのだから問題ないということでしょう。
しかし、Jリーグ側は、「WADAと国際サッカー連盟(FIFA)に報告し、了解を得たと理解している」というのが最終的な根拠で、結局我那覇への処分を撤回することはありませんでした。
確かに、基本的にWADAと国際サッカー連盟(FIFA)は、静脈注射自体を好ましく思ってない傾向があるようなので、Jリーグの処分は間違ってないのかもしれません。
はっきり言って難しい問題でよく理解できてないですし、間違ってるところもあるかもしれないですが、それだけにサポーターにあの処分に対する納得のいく説明をきちんとしてほしいですね。
我那覇の件できちんと川崎サポの気持ちをケアできてないから、今回の犬飼理事の発言にもより大きな反発があるのではないでしょうか。
今回の件では勝手に川崎サポーターの気持ちを代弁しましたが、ゴール裏のそれと大きくずれており、我那覇の件のときはもっと詳しい説明・審理を求めていたはずのサポーターの気持ちを気遣ってはくれてないですね。
まったくサポーターの気持ちを理解できてないと言えます。
こういう権力の座にある人って、説明責任を果たさない人が多いですよね。
その理由として考えられるのは、説明すると自分たちに間違いがあることが露見していしまい都合が悪い。
もしくは自分たちの決定が絶対だと言う傲慢な考えから、説明する義務はないと思っているのでしょうかね。

③勝負を捨てるような試合・チームの増加
今回のメンバー変更は了承されていたとはいえ、強化選手をベンチに入れているとなるとやや露骨過ぎな感もありますし、たまにしか川崎の試合を観れない人からすると、スタジアムにせっかく行ったのにケンゴやジュニーニョを観れなかったのはがっくりくると思います。
川崎を見習って、今回のようなケースが増えるとなると問題です。
しかし、これこそゴール裏のサポーターが抑止力になるのではないでしょうかね。
理由のない大幅メンバー交代はそれこそサポーターから批判されるわけで、頻繁に起こるとは思えません。
川崎の経営規模、スケジュール、アジア初挑戦を考えると今回は理解を示してくれたっていうだけです。
アジアにコンスタントに挑戦して、今回と同じことを毎回やってたらさすがに3回目くらいからは学習能力ないのかと批判されるでしょう。
そもそも根本的にJリーグの日程に問題がありますよね。
今回も柏戦の日程を変更するよう要請したのに許可が出ずに、チャーター機という話になったわけですから。

④川淵キャプテンのでしゃばり具合
最近はいくつか本を読んでプロ野球の衰退や抱える問題などを勉強していますが、年寄りが長く権力の座にのさばっているとロクなことがないですね。
相撲協会のことは知りませんが、同じ傾向にあるのでしょうか。
サッカーに関しては歴史のなさが逆にいい面だと思っていたのですが、老害がすでに出ていますね。
Jリーグチェアマンは定期的に交替するので大丈夫かな~と思ってますが、上から圧力があると結局同じなんですよね。
川淵キャプテンが職を辞してもその発言力がサッカー界で強ければ結局意味ないことになります。
そういったしがらみに左右されない人物、組織が理想ですけど、なかなか難しいところですね。
各クラブのサポーター会員が投票でチェアマンを選出するとかできるようになったらおもしろいかもしれません。

川崎サポーターとJリーグの会談が明日あるそうですから、どういう決着になるのか注目ですね。

なんだか今回は文章がうまくまとまらず、言いたいことをきちんと書けてないような気がして、途中でアップするのを何度もやめようかと思ったのですが、がんばって書いたのでとりあえずアップしておきます。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ



最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する