鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
11 | 2008/12 | 02
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ休止のお知らせ
今季もたくさんのご訪問、拍手・ポチっとありがとうございました。
クラブW杯と天皇杯はまだやっていますが、鹿島はすでにオフに入ってしまいましたのでブログを休止しようと思います。
鹿島アントラーズの今季統括やクラブW杯くらいまでは書こうと思っていたのですが、公私ともにとても忙しい状態なのでなかなか時間がありません。
ただ、大きなニュースなどあればときどき更新するかもしれません。
来季のフジゼロックススーパー杯前に、ブログを再開するか、そのまま休止状態を続けるか、停止するかを決めて改めてお知らせしようと思います。

それでは、よいお年を!

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト
【入れ替え戦感想】先代から次代へ、次代から仙台へ
結果
12月10日(水) 2008 J1・J2入れ替え戦
仙台1-0磐田(19:00/ユアスタ/18,974人)
[得点者]
41' ナジソン(仙台)
53' 松浦拓弥(磐田)

12月13日(土) 2008 J1・J2入れ替え戦
磐田2-1仙台(16:00/ヤマハ/16,693人)
[得点者]
41' 松浦拓弥(磐田)
70' 松浦拓弥(磐田)
89' 梁勇基(仙台)

感想
入れ替え戦ってあまり見たことないのですが、今回は鹿島と覇を競い合った磐田と平瀬、中島、田中の元鹿島FWがいる仙台の対戦ということで観戦してみました。
正直、入れ替え戦に回るくらいの調子のよくない磐田とJ2で3位だった仙台の戦いなので、レベルが高い試合ではありませんでしたね。
どちらもパスミスが多かったですし、攻撃の意図、パターンを明確に出せていたということもありませんでした。
でも、入れ替え戦というのはそういうの抜きに必死と必死のぶつかり合いですから、そういう意味では観ているものを熱くするものがありますね。
フラットな気持ちで見ていたこーめいがそうでしたから、両クラブのサポーターはものすごく心を揺さぶられるものがあったでしょう。

1戦目は仙台のホームだったのですが、試合をコントロールしていたのは仙台でしたね。
いい攻撃はしていたのですがなかなかゴールを破れなかったところ、前半終了間際に梁のスルーパスに反応して抜け出したナジソンが先制ゴールを奪いました。
後半立ち上がりも仙台ペースで早々に梁がヘディングで好機を迎えますが、チャンスをものにできず。
こういうのをものにできるかどうかが後々響いて来るんだよな~って思っていたら、案の上後半8分に松浦に豪快なミドルシュートを叩き込まれて同点とされます。
その後も仙台は運動量多く攻め込めていたとは思うのですが、手倉森監督の采配が中途半端、ナジソンを下げたところからトーンダウンしましたね。
中原はほとんど機能してませんでしたし、中原の高さを生かすわけでもなく、終盤に佐藤と岡山を同時投入するなりしてパワープレイにいくわけでもなく、後手のはっきりしない采配でした。
1-1のスコアですからここで何が何でも勝っておかないと苦しくなるという状況なのに、何が何でも勝つという選手交替をしなかったですからね。
こういうのは後で後々響いて来るんだよな~って感じでしたね。

2戦目はホームの磐田が立ち上がりこそ勢いがありましたが、とにかく得点しないことには昇格はない仙台が1戦目同様にペースを握ります。
サイドの攻撃からナジソンの決定的なシーンがあったのですが決められず。
こういうところが手倉森監督からの信頼が薄い原因なのかなっていうとの、1戦目同様こういうのをものにできるかどうかが後々響いて来るんだよな~って感じでした。
仙台としては先制すればかなり有利になると言っても、その1点を早めに取らないといけなかったんですよね。
というのも中盤で激しく行っていたのでペースこそ握っていましたが、その運動量が切れたとき=磐田のターンだからです。
仙台がどの時点で得点をあげられるか、運動量がどの時間帯で落ちるかに注目して観ていたのですが、後者は意外に早く来ました。
前半が終盤に近づいて来るにつれ、徐々に運動量が落ちて磐田のペースになっていきます。
そして41分にサイドを崩されて1戦目同様に松浦に決められます。
後半も磐田ペースでしたね。
仙台は立ち上がりから体調不良明けの平瀬を投入、ケガの菅井も早々に交代させざるを得ない状況となり満身創痍だったチーム事情がここで重くのしかかって来ました。
それでもセットプレイから惜しいチャンスも作ってたのですが、後半25分そのカウンターから三度松浦に決められて苦しい状況に追い込まれます。
終盤になると当然磐田は意識が守りに入り、仙台が押し込み始めます。
気迫のシュートを浴びせますが磐田DFと川口に跳ね返されましたね。
それでもロスタイムに梁がFKを直接叩き込んで1点差、もう1点取れば昇格というところでしたが反撃が遅すぎました。
2-1で磐田が勝利しJ1残留を決めました。

やはりこういうシビアな状況での試合というのは勝負強さ、しぶとさが勝敗を分けてきますね。
以前にもブログで書きましたが優勝経験をしているクラブ、例えばこの磐田もそうですが、岡田監督のもとJリーグ連覇した横浜、オシムに鍛えられてナビスコ杯連覇した千葉などは追い込まれた状況でのしぶとさはかなりのものがあると思います。
さすがに東京Vは連覇したのがかなり昔ですし、フロントのダメっぷりがすご過ぎるのでもう勝負強さというものは受け継がれてないみたいですが…。
先代のゲームメーカーである名波が松浦によく声をかけていて、その次代のゲームメーカーが仙台にゴールを叩き込んだというのは印象的でした。
ベテラン、若手が一体となっているというのがよく伝わって来ましたね。
残留おめでとうございます。
仙台は結果論でなく、現在進行中でここを決めておけばっていうシーンが多かった感じがしますね。
例えば梁やナジソンの決定機もそうですが、もう1つはセットプレイです。
磐田はずっとセットプレイの守備がよくなかったんですよね。
入れ替え戦でも仙台がセットプレイから惜しいシーンを作る場面が多かったです。
先日のJリーグ33節の鹿島戦でもセットプレイはほとんど鹿島の選手が先に触ってましたからね。
鹿島はそのセットプレイからロスタイムに得点して勝利したわけですが、仙台は梁がロスタイムに直接FKを入れたものの一歩届かなかったです。
試合を観ていてセットプレイから決めておかないとって感じるところがありましたから、90分の中でFKなりCKなり、合わせてゴールっていうのを1つ作っておきたかったですね。
仙台は惜しかったですがこういう試合は特にいい経験になりますし、また来季昇格目指してがんばってください。
勝負事ですから勝者、敗者というものはありますが、両チームが死力を尽くして戦った故のすがすがしさが感じられる試合でした。

磐田・オフト監督勇退(報知)
オフト監督退任、柳下コーチ復帰へ(スポニチ)
仕事をきっちり果たして去っていくオフト監督、かっこいいですね。
「フレッシュな血が必要」と断ったということですが、磐田フロントの監督選びがここ数年失敗続きだということを知ってないんじゃないでしょうか。
現に柳下正明監督になるようで、ぜんぜんフレッシュな血じゃないですからね。
柳下監督は03シーズンに磐田の監督をしてましたが、そのときは1stシーズン2位、2ndシーズン3位と好成績を残しています。
札幌の監督時代は就任1年目こそ12位の最下位でしたが、2、3年目は6位でした。
どうもあと一歩な監督という印象なのですが…。
ただカップ戦は滅法強く、磐田時代はナビスコ杯ベスト4、天皇杯優勝。
札幌時代も天皇杯でベスト8、ベスト4まで導いています。
来季、久しぶりの磐田での采配はいかに!?
こーめいは鹿島のようにお金かけていい外国人監督に来てもらった方がいいと思いますけどね。

仙台に移籍オファー殺到(報知)
仙台で1番目についた選手は梁でしょう。
ボールはキープできますし、スルーパスも出せ、セットプレイも精度が高く、1得点1アシストでした。
いいゲームメイカーだなと思って見ていたら、G大阪が触手を伸ばしているようです。
タイプ的には遠藤と似ているので、遠藤不在時、コンディションが悪い時のバックアップという意味合いもあるのでしょう。
菅井は鹿島もリストアップしているという話がありましたが、ケガのせいか本領発揮という試合ではなかったですね。
名古屋やG大阪が興味を示しているとありますし、サイドバックは浦和も欲しいところでしょうから争奪戦が激しくなりそうです。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

【クラブW杯】アドレード対ワイタケレ戦
結果
アデレード2-1ワイタケレ(19:45/国立)
[得点者]
33' ポール・シーマン(ワイタケレ)
39' ダニエル・マレン(アデレード)
82' トラヴィス・ドッド(アデレード)

感想
オーストラリアとニュージーランドのクラブの対戦ということで、球際の当たりの強さは迫力ありましたね。
ラグビーの方のフットボールって感じでした。
ワイタケレはさすがに合宿、アデレードの研究をしていただけあって、昨季とは違ってよく守れていました。
アデレードも本来は守ってカウンターという戦術が得意なのですが、この試合ではワイタケレがそういう戦術を取っていたのでポゼッションして攻めるという展開になりましたね。
あまり早いパス回しもなくボールも回らなかったので攻めあぐんでいました。
自分たちの自信のある高さ、強さで勝れればもっと簡単に得点が入ったのでしょうが、ワイタケレも高さと強さは負けてはいませんでしたからね。
でも、正直試合はつまらなくて前半はいつの間にか寝ていました(笑)
目が覚めたのはアデレードのGKがボールをこぼして、ワイタケレが先制をしたところでした。
何とこれが初シュートだったんですね。
先制されたアデレードでしたが、前半終了間際に再三あったCKからようやく得点を奪いましたね。
キッカーを変更して変化を加えたことが得点に繋がりました。
そのまま前半終了、同点で折り返すことになりました。

後半立ち上がりはワイタケレが勢いよく来ましたが、試合展開は前半同様アデレードがポゼッションしてサイドから攻める、ワイタケレがそれを辛抱強く跳ね返すという形でした。
時間が進むにつれ、アデレードのバイタルエリアも空いてきて、ワイタケレの選手がドリブルで仕掛けてチャンスになりそうなシーンもあったのですが、最後のところはアデレードがふんばってましたね。
試合が動いたのはこれまた終盤、セットプレイからでした。
FKのボールにニアに飛び込んだドッドがうまく流し込んで勝ち越し。
アデレードが勝利し、G大阪と対戦することになりました。
アデレードの選手はACLのリベンジに燃えることでしょう。
この試合に関してはこれまで観たサッカーの中でもっとも空中戦が多かったという印象です。
多かったというかむしろ空中戦しかしてないんじゃないかっていうくらいの感じでした。
オセアニア勢らしいスタイルだったと言える試合だったかもしれませんね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

今週のびっくりどっきり鹿島ニュース
こんばんは、尊敬する人は?と聞かれたら肉じゃがを発明するきっかけを作った東郷平八郎と答えるこーめいです。
なかなかバタバタした毎日を送っているのですが、鹿島ニュースでびっくりやどっきりなニュースも多々あるので主なものをまとめておきたいと思います。

オリヴェイラ監督続投、祝勝会で明かす(スポニチ)
オリヴェイラ監督の続投はすでに規定路線でしたが、条件面で合意に達しあとはサインをするのみだそうです。
来季もオズの魔法で鹿島にタイトルをもたらしてください。

鹿島からレンタルの深井が千葉に完全移籍(報知)
こちらも規定路線ですね。
千葉に入ってからは活躍もしていましたし、ミラクルな大逆転残留にも貢献しましたからね。
ポジション争いはどこも大変とは思いますが、がんばってください。

鹿島が大分・金崎獲得へ(報知)
鹿島V3補強着々…大分MF金崎獲得も(スポニチ)
基本的に他クラブから選手獲得をしない鹿島ですが、昨季オフには伊野波を獲得しました。
今季はどうするのかと思ったら積極的に動くみたいですね。
鹿島の手薄なところはフォワード、オフェンシブハーフ、サイドバックです。
来季から加入する大迫、川島、宮崎らがルーキー1年目から篤人並みの活躍をしてくれるなら別ですが、やはりそれは難しいでしょうからね。
こーめいもすでに来季の戦力構想を考えていたのですが、今季の結果を見てもACLを戦うなら戦力アップは必須です。
大分のMF金崎夢生(19)、ヴィトーリアのMFレアンドロ・ドミンゲス・バルボザ(25)、サイドバックに仙台DF菅井直樹(24)、アデレードの元オーストラリア代表MFトラビス・ドッド(28)をリストアップしているということですね。
今季得た経験から来季必要なことは2つあります。
実は今季も鹿島の選手層はけっこう厚くはありました。
しかし、選手層をただ厚くするだけでは戦いぬけません。
レギュラーと控えに選手の実力差を大きかったですから、来季は個の力の高い選手を揃えるようにしなければなりません。
そのためには積極的な補強もしていく必要があるでしょうね。
しかし、ただ補強すればいいなら今季の浦和のようなことは起こらないわけで、チームとして機能するようバランスが大事です。
まだ獲得が決まったわけではありませんから詳しいことは書きませんが、上記に挙がっている選手は来季ACLとリーグ戦のタイトルを狙うなら欲しいなとこーめいが思っていたタイプの選手です。

視線は来季…鹿島V3へ若手育成を(スポニチ)
もう1つ必要なことは若手の育成です。
06年、07年と鹿島4銃士という成長した選手たちの名前を挙げていたのですが、今季は興梠と青木が引き続き成長したものの、4銃士にあてはまる若い選手っていうのはいないですね。
遠藤や鈴木など力のある選手を獲得しているにも関わらず結局ほとんど出番がありませんでしたから、武者修行に出すというのは有効な手段でしょう。
今の鹿島は出番に恵まれない中堅選手がレンタルする形ですよね。
リーガなんてRマドリー、バルセロナのカンテラ育ちという選手が他のクラブで多く見られます。
Bチームで有能な選手はレンタルに出したり、トップチームの戦力を見ながら完全移籍させたりもしていますからね。
Jリーグのサテライトの現状があんなで改善する兆しもないですから、鹿島もこういった若手育成をやっていくべきだと思います。
ターンオーバーするにしてもチーム力の底上げが大事ですからね。

選手会長・本山は腎臓疾患とも闘っていた(スポニチ)
このニュースには驚きました。
記事を読む限りかなり大変な状態でプレイを続けていたのでしょうね。
昨季はMVPの活躍をした本山ですが、今季はそこまでのパフォーマンスでなかったものの、中盤のバランスをよくとって守備にも奔走してがんばっていました。
オフには手術があるようですが、しっかり休養をとってまた来季元気な姿を見せてほしいと思います。

鹿島主力流出も…野沢&中後が代理人契約(スポニチ)
千葉今オフは積極補強!!鹿島MF中後獲得へ(報知)
野沢や中後の年齢で現在のような試合出場数だったら移籍も視野に入れるのは当然でしょうね。
鹿島が現状の戦力で来季も戦うなら十分レギュラーの可能性も十分ありますが、積極的に戦力補強するとあってはどうなるか分かりません。
しかし、小笠原と中田、そして本山も来季の開幕にはどうなっているのか分かりませんから鹿島にいてほしい戦力ですし、キャンプでアピールすれば十分レギュラーに定着できると思います。
本当ならそうやって実力でポジションを取って、小笠原たちが戻って来ても死守するというのが理想ですね。
まあ、新加入する選手がいれば退団する選手も出ますから、今季オフは戦力外になる選手も多いのかなと思います。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

【J1第34節感想】リーグ連覇…の札幌戦
結果
札幌0-1鹿島(14:30/札幌ド/26,220人)
[得点者]
35' 野沢拓也③(鹿島)←マルキーニョス④
[フォーメーション]
FW:興梠、マルキーニョス
MF:本山、野沢
MF:青木、中後
DF:イバ、伊野波、岩政、篤人
GK:曽ケ端


感想

優勝だぁーーーーーーーーーーーーー!!

リーグ戦連覇、12冠おめでとー\(^-^)/
今日はお祝いがあるのでこの辺で。

鹿島の優勝を祝ってポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

【J1第34節プレビュー】最後の挑戦…の札幌戦
明日は14:30から札幌ドームで札幌戦です。
試合会場はドームですが、札幌の天気予報は雪もしくは曇りです。
気温も氷点下になるそうで、寒いこと間違いなし。
ちなみにパブリックビューイングのあるカシマスタジアムは晴れです。
いよいよ今季のJリーグも終わりですね。
ぜひとも優勝という最高の形で終えたいところです。

今季の対戦
鹿島4-0札幌(カシマ)
うまくゲームをコントロールした…の札幌戦
前回の対戦は今季開幕戦でした。
イバの2ゴールも飛び出して快勝した試合でしたね。
思い起こせばこの試合は大岩と岩政が出場停止だったので、伊野波と中後のCBだったんですよね。
マルキーニョスがPKはずしたり、PK決めたり、佐々木が得点したりいろいろあった試合でした。
また、快勝できると言うことなしですね。
Jリーグの通算対戦成績は6勝1敗となっています。

不在メンバー
鹿島:小笠原、中田浩二、ダニーロ(以上ケガ)
札幌:クライトン

鹿島はダニーロが間に合いませんでしたね。
天皇杯も敗退してしまった鹿島としては明日の試合が今季最終戦となるので残念です。
札幌のクライトンはお父さんの心臓病が悪化し入院されてるそうで帰国しています。

フォーメーション
FW:興梠、マルキーニョス
MF:本山、野沢
MF:青木、中後
DF:イバ、伊野波、岩政、篤人
GK:曽ケ端

鹿島はいつものメンバーの4-4-2です。
ここ3試合無失点ですし、守備のいい大分にも守備的だった磐田にもしぶとく得点しましたからね。
また前節のような気合いの籠もった、優勝するんだぁーという気持ちの入った試合を見せてほしいです。
札幌も布陣は4-4-2です。
17戦勝ち星なしですが、目の前で優勝を決められるのを阻止しようとかなり気合いが入っているみたいです。
そして、得点王2位につけているダヴィの個人技には要注意です。
大分、磐田戦同様に岩政、伊野波とボランチコンビでがんがん潰していかないといけないでしょう。
チーム力、チーム状態に差があることは確かですから、鹿島は勝ちたい気持ちでとにかく勝つこと。
そして、いつも通りのプレイができれば12個目のタイトルも見えてくるでしょう。
鹿島は優勝すれば、唯一の2度目のリーグ連覇、さらに1シーズン制の連覇は初となります。
そして、磐田や横浜FMの両ステージ制覇はありますけど、1シーズン制ということで見ればその5回のうち3回を制すこととなります。
鹿島初の得点王も合わせてゲットしましょう(^_^)

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

優勝の行方、降格の行方
いよいよ今季のJリーグも最終節を残すのみ。
その最後の試合も間近に迫ってきました。
今季も優勝争い、残留争いは最終節までもつれ込んだわけですが、05シーズンを彷彿とさせる混戦となっています。
そこで今回は優勝と降格の行方をちょっと確認をしてみたいと思います。
33節終了しての順位表は以下のようになっています。
①鹿島:60(+25)
②名古:58(+13)
③川崎:57(+21)
----------------
④大分:55(+9)
⑤東京:55(+6)
----------------
⑬大宮40(-10)
⑭新潟39(-15)
⑮磐田37(-7)
⑯東京37(-10)
⑰千葉35(-19)
----------------

1~3位の鹿島、名古屋、川崎までに優勝の可能性があります。
4、5位の大分とFC東京はACL出場の3位以内がかかっています。
残留争いは13~17位までの5クラブの争いとなってます。
磐田、東京、千葉には自動降格と入れ替え戦、大宮と新潟は入れ替え戦の席を必死に譲り合うという形になっていますね。
札幌-鹿島 (札幌ド)
得失点差の関係で鹿島は引き分け以上で優勝が決まりますから失点しないことが重要なのですが、とにかく自分たちのサッカーをして勝利する。
これに尽きますね。
札幌は7/16日の17節大分戦から始まって途中8連敗もありながら17試合勝ちなしです。
ただ、J1最後のホーム試合となるので最終節のモチベーションはちょっと違うかもしれません。
両クラブの実力差と現在の調子ははっきりしてますから、メンタル面が試合の結果をそのまま反映することになりそうです。
東京V-川崎F (味スタ)
川崎は勝つことが絶対条件となります。
その上で鹿島が負けて得失点差で上回り、かつ名古屋が引き分け以下ならば優勝ということになりますね。
ここ2試合を4-0と大量得点でリードしており、鹿島との得失点差を詰めて来ました。
最終節も持ち前の攻撃力でガンガン攻めていくしかないですね。
一方、東京Vは勝利すれば自動降格はもちろん、磐田、新潟、大宮の結果次第で残留決定となりますね。
しかし、川崎相手に勝つのは用意ではありませんし、ここ4試合勝ちがなく、攻撃の要のディエゴも出場停止、戦力外通告でもゴタゴタしてたりして、満足なパフォーマンスができるのかというのがまず懸念されます。
千葉との得失点差を考えると、守って守って勝ち点1をゲットして何とか自動降格だけは避け、磐田の結果にゆだねるという方針もあるかもしれませんね。
攻めの川崎と守りの東京Vという図式になりそうです。
大分-名古屋 (九石ド)
鹿島との勝ち点差は2なので、名古屋も勝利しか優勝の道はありません。
対戦相手が大分でしかもアウェイっていうのはなかなか厳しいですね。
ただ、逆に考えると大分が大量得点するとは思えないのでACLの出場権はほぼ確保していると言っていいかもしれません。
名古屋は先制点を取れるかがすっごく重要となってきそうです。
大分はACL出場権とそして何と言っても賞金が絡んできますから、1つでも上の順位に行くために勝利が必要となって来ます。
名古屋に3点差で勝利し、川崎が負ければ2位という可能性もあります。
でも、下手に欲を出すとろくなことないですから、いつも通りのサッカーをするって感じでしょうね。
千葉-東京 (フクアリ)
千葉は非常に厳しい立場に立たされていますね。
一時期は調子を上げて5連勝したのですが、その後5試合勝ち星なしとなっています。
当然、残留するためには勝利しかありません。
勝って、磐田と東京Vの結果次第となります。
その場合は、磐田と東京Vがどちらとも負ければ残留決定、どちらかが負ければ入れ替え戦という大きなチャンスを手に入れることができます。
得失点差を考えると磐田と東京Vが引き分け以上なら、千葉は勝利しても自動降格決定となります。
FC東京は勝利した場合のみ、名古屋、川崎、大分の結果次第でACL出場権の3位以内に入れる可能性があります。
新潟-G大阪 (東北電ス)
新潟は最近ホームでの強さがなりを潜めてしまって、ずるずると残留争いから抜け出せずに最終節まで来てしまいました。
得失点差が非常にまずいことになってますので、自力残留を決めるには引き分けでは安心できずまずは勝利目指していくって感じでしょうね。
対戦相手はこのところ調子がいいG大阪なのでやっかいです。
ここ一番でホームでの粘り強さを発揮したいところでしょう。
磐田-大宮 (ヤマハ)
なんとここは直接対決となっています。
得失点差では磐田が勝ってますから、磐田は勝利すれば他の会場の結果に関係なく残留決定です。
引き分ければ自動降格という可能性は消滅しますが、間違いなく勝ちにいくでしょうね。
というか、勝ちに行かないといけないでしょう。
逆に大宮は勝ち点1を手に入れれば自力残留となりますから、まずは失点しないことを前提に戦って来るでしょう。
大宮は負けても大負けでなければ、新潟、磐田、東京Vのすべてが勝利しないと16位以下にはならないので、残留する可能性はかなり高いと言えますね。

ハーフタイムを迎えれば各会場の経過で状況も変化してきますから、後半の戦い方がガラっと変わるところでも出てきそうです。
今季は最終節でどんなドラマが生まれるのでしょうね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ



最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する