鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
04 | 2015/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

【J1第13節】相変わらず守備でのミスが目立って痛恨の逆転負け…の浦和戦
結果
2015年05月23日(土)
浦和2-1鹿島(19:04/埼玉スタジアム2002/41,269人)
[得点者]
67分:OWN GOAL
71分:武藤雄樹
83分:関根貴大
[フォーメーション]
FW:ジネイ
MF:カイオ、土居、遠藤
MF:小笠原、柴崎
DF:昌子、ソッコ、植田、西
GK:佐藤

[選手交代]
67分:土居→金崎
79分:カイオ→中村
89分:遠藤→高崎


試合の感想
我慢強く優位に進める
浦和は3-4-2-1の布陣、前節FC東京に勝利したメンバーとまったく同じ先発でしたね。
鹿島は4-2-3-1、山本が負傷のため昌子が左サイドバックに入ってCBはソッコと植田のコンビ。
練習では左サイドバックに鈴木隆を試していたようですが、やはり浦和のような特殊なシステムで戦う相手だといきなりはちょっときついという判断になったのかもしれませんね。
さらに前節のウォーミングアップ中のケガか失点を招いたミスの影響か曽ケ端がベンチスタート、佐藤がゴールマウスを守ります。
1トップはやはりジネイになりましたね。
鹿島は広島戦とやることは変わりません。
ボランチが浦和の2シャドーを観て数的優位を作って対応、サイドに出されたらサイドバックが出てマークするというやり方ですね。
しかし、DFラインとGKが代わっているせいか立ち上がりは中央を簡単に使われそうになります。
それでも徐々に守り慣れて来ると、ジネイの前からの守備と後ろからのボールを収める力によって次第に鹿島がペースを握って行きます。
12分にこぼれ球を拾った遠藤のクロスからニアに入ったジネイが頭で合わせて最初のチャンスを作ります。
これは森脇が体を寄せていたので枠に飛ばせなかったですが、ジネイが入ったことでサイドからのセンタリングも確実に入れやすく合わせやすくなっていますよね。
18分には昌子のロングキックをジネイが胸でトラップ、右サイドの西に振ります。
そこからのくさびのボールを遠藤がスルー、土居がサイドにはたいて遠藤がクロス。
これはDFに当たってしまいますが、こぼれたボールを柴崎がミドルシュート。
当たり損ねて左に逸れてしまいましたが、中央で起点を作れるとやはり攻撃の組み立てが全然違って来ますよね。
この場面は逆サイドに上がっていたカイオを含めて6人が絡んでいるのですが、中央でボールを収めることが出来たら守備側はまずそこを締めて来るのでサイドが空きます。
こうなると鹿島らしいサイドバックを絡めたいい攻撃が出来ますし、後ろに4人残して6人の攻撃でも十分チャンスを作れます。
4-2-3-1のフォーメーションでやっているので本来ならトップ下がこういう仕事をできないといけないんですけどね。
また、ジネイの胸トラップは武器になります。
ケネディやノヴァコヴィッチもそうでしたけど、ハイボールを胸でトラップして正確にコントロールできる選手っていうのはDFからしたらかなり怖いですからね。
特にペナルティエリア内だと普通は頭でシュートを狙うか折り返すなどの選択しかないところをトラップして好きにプレイされたら溜まったものではありません。
やっぱりハイボールを頭で落とすのは精度が落ちますし、味方と動きが合わないと相手ボールになってしまう可能性も高くなりますから。
それにしてもジネイは頭での落としも正確に味方に落とす場面が多かったですし、その前のボールを受ける動き出しとポジションがいいですね。
21分には中央で受けたジネイが右にはたいて、上がって来た柴崎、西と繋いで最後はシュート性のグラウンダーのクロス。
GKがはじいたボールを柴崎が拾って最後は遠藤がミドルシュートを放ちます。
ここも中央でジネイがDFを引きつけているので柴崎、西がフリーで上がれて来ていましたし、こぼれ球を拾って分厚い攻めが出来ていましたね。
36分にも右サイドからのチャンス。
西のボールに飛び出した柴崎が低いボールの折り返し。
これをジネイがトラップ、体をひねって逆サイドにシュートを持って行きますが、西川のセーブに合ってしまいます。
タッチの柔らかさ、懐の深さ、シュートまで持って行く技術とセンスを持っていますよね。
その直後には右サイドからの柴崎のクロスを中央でカイオが合わせます。
森脇と競りながらだったのでわずかに右にはずしてしまいますが、ここもその前でジネイが潰れているからファーサイドでチャンスを作れていますよね。
左サイドバックで起用された昌子は関根を抑えていましたし、浦和にチャンスらしいチャンスも作らせていませんでした。
スコアレスドローの折り返しとなりましたが、攻撃でもチャンスを作れていましたし鹿島ペースの前半でしたね。

我慢できないとやはり失点
後半に入ると浦和が運動量、攻撃意識を上げて来ます。
鹿島は前半と同じように戦って十分対応できていましたが、攻撃ではなかなかシュートまでは行けなくなっていました。
しかし、試合は膠着状態なので先にホームの浦和が動いて来ます。
ペトロヴィッチ監督は李に代えてズラタンを投入して来ましたね。
67分には試合を動かすべくセレーゾ監督も動きます。
土居に代えてトップ下に金崎を入れました。
その直後のスローインからリスタート、柴崎がジネイを目がけてフィードします。
これを競っていた森脇が頭でクリアミス、前に飛び出した西川の上を綺麗に越えてゴールに吸い込まれて行きました。
ジネイが空中戦で強さを見せてほとんど競り勝っていましたからね。
森脇はボールよりもそっちを警戒してジネイを抑えようとしたことでクリアが中途半端になりました。
オウンゴールといえど先制した鹿島はしっかり守ってカウンターを狙いたいところ。
ここで小笠原に代えて青木を入れる判断もあったと思いますが、広島戦に続いてすぐに同点に追いつかれてしまいます。
セルフジャッジという悪癖からでしたが、ズラタンには昌子が付いていましたし、中央には武藤に対して植田と西がいたのでこれで守れない方がおかしいんですよね。
確かに判定は微妙ではありましたが、勝手にオフサイドと決めつけて戻らず。
西は完全に武藤に置いて行かれていましたし、植田は戻ったもののどこを守っているんだっていう訳分からないポジショニングです。
それでもまだ同点なのでまずは守備を考えて引き続き同じ戦い方をして行けば良かったのですが、一度先制したことで色気が出てまたすぐに勝ち越さないといけないという精神が働いてしまいます。
このタイミングで2枚目のカードで青木を入れて先に守備の意識を高める選択もあったのですが、勝ちに行くためには攻撃的な選手ということでこの試合良くなかったカイオに代えて中村を左サイドに入れます。
こうなると鹿島の選手は全体的に攻撃に意識が行ってしまって守備が脆くなります。
疲労もあって守備が雑になって押し込まれて来るのですが、遠藤がバイタルエリアでタックルからボールを奪うと上手くジネイに繋ぎます。
しかし、ジネイは浦和の選手にあっという間に囲まれて奪われてしまいます。
何とその時点で後ろの状況は3対3、左サイドのフリーの関根に出されて植田がカバーに入りますが、切り返されてシュートを打たれます。
最後、植田とソッコも懸命にシュートブロックに入ったのですが、関根のシュートはGK佐藤の上を抜いてバーに当たって決まってしまいました。
ボールの取られ方が悪かったのはあるのですが、結局一番の問題は守備意識、リスクケアの在り方ですよね。
ジネイにボールが渡った時点で柴崎が追い越してボールをもらおうとしています。
これは早く攻撃に移るための動きでいいんですけど、ジネイがそこにボールを出せる状態ではなかったんですよね。
その後、遠藤、小笠原、西とボールを追い越す動きをしているのですが、攻撃のポジションの遠藤はいいとしても小笠原と西はバックパスを受けられるポジションを取ってフォローすべきです。
特に柴崎が上がった以上、小笠原はいち早くバイタルエリアを埋めるために戻らないといけないですね。
それを右サイドを小笠原、遠藤、西と上がって行って、左サイドでも少し遅れて中村が上がって行きます。
ジネイが1つ早いタイミングで中村に落とせていたら良かったのですが、浦和の選手のプレスも早かったですし、ボールを奪われた時点で何と左から中村、ジネイ、小笠原、遠藤、西がほぼ同じラインに並んでいる状態でした。
皆上がってしまうから、後ろがいきなり3対3なんていうとんでもない状況に陥ってしまうわけです。
ジネイがボールを持っていたポジションは低いのに、ボールより高いポジションに7人も行ってしまっては奪われたらかなりの確率で失点してしまうのは当たり前です。
もちろん誰もジネイはボールを絶対に取られないから守備は大丈夫なんて考えていません。
単純に勝つためにゴールを奪わないと行けないからという攻撃の気持ちだけで上がっているわけです。
攻撃的なポジションの選手ならそれでもいいですし、負けている状況なら分かります。
しかし、同点の状況でボールはまだ低い位置にあるのに守備の事をまったく考えずあれだけの人数を攻めにかける(=ボールより高い位置を取る)意味はまったくないです。
無駄なリスクを冒している、いや、リスクを犯してしまっているわけです。
それはチャレンジではなく、もはやクライムですよ。
こんな失点はボランチにしっかりリスクケアできる選手を置いておけばなくせる失点ですからね。
3枚目のカードに高崎を使ってツインタワーで勝負を掛けますが、まだまだ付け焼刃的なオプションでしかないです。
ジネイは相変わらず競り勝ってくれていましたが、CBからではなくせめてもう少しサイドから放り込みたかったところです。
パワープレイではチャンスを作れないままロスタイムも過ぎて試合終了。
痛恨の逆転負けとなってしまいましたね。

初対戦の松本戦
次はホームでの松本戦です。
27日にナビスコ杯があるのですが、その節は松本は休みなのでインターバルは同じ一週間となります。
といっても松本は湘南戦のようにナビスコ杯がほぼメンバーを入れ替えて戦うと思うので、どのみち大きな影響はなかったでしょう。
初対戦なのでデータはありません。
しかし、5月最後に対戦になりますね。
5月の成績は1勝1分2敗、FCソウル戦を入れると3敗でした。
何とかリーグ戦の成績だけでも五分に戻して終わりたいところです。
松本は3-4-2-1の布陣、非常に運動量が多く体を張って守るイメージですね。
引いて5バック気味に守ってボールを奪うと前線に出して少ない人数で攻めるというスタイルです。
特に気を付けたいのはセットプレイですね。
J2で昇格を決めた年は空中戦勝率1位でしたし、J1でもセットプレイからゴールを多く決めています。
鹿島はゾーンで守るようになってからは失点していないですが、まだ危なっかしさもあるので集中力が大事ですね。
特にオビナにはセットプレイ、カウンターとも注意が必要です。
先発メンバーはどうなるんでしょうかね。
この試合途中出場だった金崎はケガ明けでコンディションが良くなさそうですし、セレーゾ監督のことなので変更して来そうな感じはないですが、左サイドバックは鈴木隆を起用して欲しいです。
やはり昌子はCBに使いたいところですし広島、浦和戦以外でしたら鈴木隆も十分やれると思います。
それに前線にジネイがいたら左足のクロスは武器になると思います。
そのジネイはコンディションがどうかと思いましたが、十分90分やっていけそうです。
ただ、どうしてもまだ周りとのコンビネーション不足が目立ちますからしっかり意思疎通して、早めに連携を高めてほしいですね。
そうすればこの試合ではミドルシュートが多かったところを、ワンツーで相手のDFラインを突破するとかのヴァリエーションも出て来ると思います。
今の鹿島にとって一番重要なのは攻守の意識ですね。
リードしてしっかり守らないといけない時間に簡単に失点しています。
リードしたのでまずは守備という意識より、得点を取れたことで攻め気が増して守備が疎かになっていますよね。
ジネイが入ったことで前線だけでも崩してチャンスを作れるようになるので、やはり後ろはファーストボランチを置くべきでしょう。
攻守のバランスを改善しないとなかなか成績は安定していかないですよね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→

スポンサーサイト
【J1第12節】ジネイのデビュー弾もまたもやホームで勝てず…の広島戦
結果
2015年05月16日(土)
鹿島2-2広島(15:04/カシマサッカースタジアム/13,523人)
[得点者]
65分:小笠原満男①[PK]
51分:佐藤寿人
68分:ジネイ①←土居聖真①
69分:柴崎晃誠
[フォーメーション]
FW:赤﨑
MF:カイオ、土居、遠藤
MF:小笠原、柴崎
DF:山本、昌子、ソッコ、西
GK:曽ケ端

[選手交代]
49分:山本→伊東
58分:赤﨑→ジネイ
78分:土居→本山


試合の感想
ボールは支配するも引いた守備網に苦戦
広島は3-4-2-1のフォーメーション。
これまでの対戦でメンバーが違うのは2シャドーの柴崎晃とドウグラスのところですね。
鹿島は4-2-3-1の布陣、やはりメンバーに変更はありませんでした。
金崎はまだケガらしいですがちょっと気になりますね。
登録の済んだジネイがさっそくベンチ入りしました。
鹿島はボランチが相手の2シャドーをしっかり観て守備意識高く入ります。
そして、広島がボールを後ろから繋いで来る時は機を見て前からプレスに行っていましたね。
それによって立ち上がりから鹿島がボールを支配するとシュートまでは行きませんが、カイオと遠藤で攻撃を作って中に入っていた土居と柴崎にセンタリングとチャンスを作りかけます。
さらに後ろから繋いで来る広島の攻撃を柴崎が高い位置でボールカットして土居にパス、そこではシュートが打てませんが拾った遠藤がミドルシュートと押し気味に進めます。
21分には昌子からのフィードをダイアゴナルの動きで中央に入った遠藤がDFラインの裏を取ってダイレクトボレーしますが、これはちょっと難易度が高いシュートになってしまいましたね。
押し気味に進める鹿島ですが、5-4でブロックを作って守る広島に手こずり膠着状態に陥ります。
それでも39分にはカイオのミドルシュート、CKから昌子のヘッド、さらにその2次攻撃から赤﨑が決定機を迎えます。
少ないながら決定機を作れていましたし、守備ではミキッチと柏もしっかり抑えてチャンスらしいチャンスを作らせませんでした。
そのままスコアレスで折り返しますが、悪くない前半でしたね。
後半に決定機をものにするか、選手起用で変化を加えるか、はたまたどこかのタイミングでハイプレスを決行して得点を取りに行くかという内容でした。

攻撃意識を高めるとすぐ失点
後半はよりチャンスを作って決定機をものしたい鹿島ですが、いきなりアクシデントに見舞われます。
山本が筋肉系のケガで負傷、10人の時間帯に押し込まれます。
それにしてもこのところ毎試合のようにケガ人で交代カードを1枚使っているような気がしますね。
伊東が入って西が左サイドに回りますが、そこからの時間も押し込まれ続けます。
というより広島の方が後半は前線からプレスをかける意識が高くなっていましたよね。
すると今度はさらに信じられないアクシデントが起こります。
なんと曽ケ端がやらかしてしまうんですね。
バックパスをトラップ、それが少し大きくなってしまうと佐藤にかっさらわれてゴールを奪われてしまいます。
曽ケ端は佐藤が来ているのは分かっていたとコメントしていましたが、分かっていてあんなに悠長にしている意味が分からないです。
FCソウル戦の小笠原のミスもそうでしたが、ここもセイフティファーストではなくしっかり繋ごうという意識を優先してやられちゃっていますからね。
曽ケ端がパスを出す先を見ている間にボールが思ったより転がって、蹴ろうとしたら思っていた所にボールがなく佐藤に奪われたという流れでした。
ベテランがこんな凡ミスを繰り返していたら、それは勝てるものも勝てないですよ。
曽ケ端の今季のミスの連続は酷いですが、12シーズンは1シーズンずっとこんな凡ミスを繰り返していましたからね。
失点した鹿島は追いつくべき赤﨑に代えてジネイを投入します。
これで前線からガンガン、プレスをかけにいく戦術になります。
しかし、広島も前からプレスをかけに来てくるのでインターセプトからゴール前に迫られますが、何と青山のミドルシュートをファン・ソッコがブロックして跳ね返ったボールが上手く遠藤に渡ります。
これで5対5のカウンターが発動。
広島は何と1-4のブロックを敷く形となって守っていたのですが、当然そんな守備では裏を獲り放題。
遠藤のスルーパスに土居がペナルティエリア内でボールを受けて得意の切り返し。
これで千葉に倒されてPKとなります。
セレーゾ監督からの指示で小笠原が蹴って同点。
さらに68分にはジネイを始発として前からプレスをかけると、広島の選手のミスを誘って遠藤がボールを奪うと柴崎、土居と繋いでグラウンダーのクロスを柴崎がスルー、最後はジネイが決めて逆転します。
ところが、今の鹿島は攻撃意識が強くなると簡単に失点してしまうチームです。
その直後には柴崎晃に中央を破られて同点に追いつかれてしまいます。
これは完全に柴崎のミスですね。
WBの柏も高い位置を取っていたのに後ろを確認しないで伊東に柴崎晃のマークを任せてしまった判断が安易でした。
それによってファン・ソッコが1対2の状況を作られて、しかもスルーをされてしまったので完全に守備に行くタイミングを失ってしまいましたね。
そもそも前半はラインが低くなってもボランチが2シャドーを観て、WBには両サイドバックが付く守備で相手に決定機を作らせていませんでした。
それが先制されてしまったのでジネイを入れて前から積極的にプレスに行く戦い方にシフト。
逆転したのだから再び守備意識を高くして前半と同じ守りをしていれば、あんな失点は生まれませんでした。
試合展開によって攻撃意識と守備意識のスイッチの切り替えが出来ないのも、今の鹿島の問題ですよね。
そのミスを取り戻そうとするかのように柴崎が左サイドをドリブルで駆け上がってグラウンダーのクロス、中でジネイが合わせますがDFと競り合いながらだったので枠に飛ばしきれず。
セレーゾ監督は3枚目のカードとして土居に代えて本山を投入。
しかし、ここからは前プレス合戦になってお互い前線になかなかいいボールを入れられません。
それでもジネイの頭での落としから柴崎がセンタリング、カイオが頭で合わせるシーンや小笠原の縦パスに遠藤がドリブルで切れ込んで左サイドからループ気味に狙うなどチャンスを作ります。
ただ、やっぱり西を左に回してビルドアップ力を失ったのは痛かったですね。
せっかく本山を入れたのにそこまでボールが入らずに、本山がボールをもらいにかなり下がってしまうという事態になってしまいました。
前がかりになってしまうとどうしても決定機を作られてしまいます。
ドウグラスが昌子を背負いながらフリックすると浅野に繋いで右サイド、途中出場の清水へ。
西がオフサイドをアピールしてマークをはずしていましたね。
そのためシュートまで行かれますがこれは逆サイドのポストに当たって救われます。
ここは柴崎がシャドーのマークで出ていた昌子のカバーによく走って最後シュートブロックに入りましたね。
それがプレッシャーになったのかもしれません。
そこからはお互いにチャンスを作れずにドロー決着。
十分勝てる試合だっただけに悔やまれますし、せっかくジネイがデビュー試合で逆転ゴールを決めたのにまたもやホームで勝てなかったのは何だか暗い影を落としますね。
曽ケ端のミスが大きかったですが、その後も試合展開に合わせた攻守の意識さえしっかり出来ていれば良かったのですが……。
それでもジネイは最初の試合でも自分の持ち味を出せていましたし、この試合の収穫でした。
攻守に積極的な動き出しをしていたので周りと合うのもそんなに時間はかからないと思います。

ここで止めたい浦和戦
次の対戦相手も同じシステムで戦って来る浦和となっています。
戦い方は広島戦と同じでいいと思います。
大事なのはそれを踏まえて改善する事ですね。
まず1つ目は引いた相手になかなか中央で起点を作れず、失点して試合が動くまでは攻めあぐねたところです。
攻撃が土居で終わることが多かったんですよね。
単純なパスミスや味方の動きと合ってないのはもちろん、後ろからのボールを赤﨑、遠藤、カイオがDFを背負いながらキープして繋いだボールをダイレクトでまた下げてしまう場面が目立ちました。
スペースが出来てからは得点に絡みましたが、やはりスペースがないところでは動き出しやポジショニングも良くないですし何より積極性が足りないですね。
無策なセレーゾ監督が今さらトップ下に手を加えるとは思えないので、コンディション次第ですが、90分いけそうならジネイを先発することで改善したいです。
ジネイはやはり足元が上手いのでボールが収まりますし、ポストプレイができるのでトップ下の選手がボールを持てなくてもOKです。
パスが少し弱くなるところはありましたが、そこは練習していけば十分調整されるでしょう。
スピードもあって前線からの守備も効いていましたし、ハイボールを呼び込む動きもいいですね。
動き出しが早いのでセンタリングを上げる方も出しやすかったと思います。
しっかりニアに入ってくれますし、そこで触れればビッグチャンス。
触れなくても潰れてくれれば他の所が生きますからね。
広島、浦和との対戦ではダブルボランチが相手の2シャドーを観るので、どうしてもDFラインが下がり目になって攻撃にかける人数が少なくなります。
さらに、引かれると5-4のブロックで守られるので崩すのが難しいですが、その2つのラインの間で中央の選手が起点になれればもっとチャンスは作れると思います。
2つ目は攻撃意識と守備意識です。
この試合は先制されたこともあってジネイが入って前からガンガンにプレスをかけることで全体の意識が攻撃的になり逆転することに成功しました。
しかし、逆転したにも関わらず意識、ポジションを高めにしたままだったためあっさり失点してしまいます。
その辺りの意識の変化が本当に稚拙になっていますよね。
しかも今の鹿島は攻撃意識を高くするとすぐ失点してしまいますから。
そのコントーロールをしっかりできる選手をボランチに入れないといけないです。
試合展開を観ながら途中出場でもいいんでね。
3つ目は守から攻への切り替えです。
広島は5トップ気味にはなりますが、それ程多くの人数を攻撃にかけては来ません。
それに対して浦和は3バックの森脇や槙野も上がって来る事もあるので、まだカウンターはしやすいと思います。
ただ、浦和も昨年から失点を減らそうと攻撃を自重しているところもあるので、守から攻の切り替えの部分を早くしてカウンターを決めたいところです。
ゾーンで守るようになったのでセットプレイの守備からのカウンターは望めないですけどね。
鹿島のメンバーは1トップはできればジネイ、あとは山本が負傷してしまったので左サイドバックをどうするかです。
西は左に回すと強みであるビルドアップ能力が活かせないですし、存在感が極端に薄くなるので辞めてほしいですね。
しかし、特殊な攻撃システムの浦和相手にいきなり鈴木隆の起用も厳しそうです。
ファン・ソッコを左に回してCBに植田を入れるのが一番無難かと思います。
あとのポジションはいつものメンバーでしょう。
浦和はここまで8勝3分、ACL組なので1試合少ないものの首位。
しかもG大阪、FC東京戦と上位との対戦も制しています。
浦和戦は昨年こそ2引き分けだったものの、11シーズンからリーグ戦で4年間勝てていません。
鹿島はファーストステージの優勝はすでに可能性が低くなっていますが、やはり5位くらいには付けてセカンドステージを迎えたいところですし、ここで浦和を止めておきたいですね。
そうすれば毎年恒例のリーグ終盤の失速がファーストステージ終盤でも出て来てくれるかもしれません。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→

【J1第11節】25試合ぶりの完封勝利…のFC東京戦
結果
2015年05月10日(日)
FC東京0-1鹿島(16:04/味の素スタジアム/42,070人)
[得点者]
34分:土居聖真②
[フォーメーション]
FW:赤﨑
MF:カイオ、土居、遠藤
MF:小笠原、柴崎
DF:山本、昌子、ソッコ、西
GK:曽ケ端

[選手交代]
59分:赤﨑→高崎
64分:ファン・ソッコ→青木
70分:土居→植田


試合の感想
予想通り・理想通りの前半
FC東京はいつもの4-3-1-2でスタートです。
2トップは武藤と東のコンビ、吉本が出場停止でケガから復帰のカニーニがCBに入っていましたね。
鹿島は4-2-3-1、1トップはFCソウル戦に続いて赤﨑。
後ろのメンバーもいつも通り、まったく代わりがありませんでしたね。
FC東京は中3日、鹿島は中4日での対戦となります。
試合は予想した通り鹿島がサイドで起点を作れるのでボールを保持して主導権を握ります。
もともとFC東京は相手にボールを持たせてカウンターというスタイルですからね。
赤﨑のオープニングミドルシュートで始まると、カウンターから遠藤のシュート。
それで得たCKの2次攻撃から、柴崎のクロスを山本が頭で合わせます。
ここは権田に防がれてしまいますが、鹿島が優位に試合を運びます。
12分にはFC東京の攻撃を跳ね返したこぼれ球を遠藤がキープして低い位置でファウルをもらいます。
それを柴崎が素早くリスタートして前線にフィード。
赤﨑が得意の裏を取る動きでチャンスを作りますが、左足のボレーは浮いてしまいます。
しかし、フィッカデテンティ監督も伊達にこの4-3-2-1を継続しているわけではなく、3ボランチの横のシフトを早くしてサイドバックが鹿島のサイドハーフを、インサイドハーフで鹿島のサイドバックを観るようにして対応します。
鹿島はこのFC東京の守備でサイドハーフが相手のサイドバックにしっかりケアされているのに強引にロングボールを入れたり、同サイドで縦にパスを入れて自ら苦しくなっていました。
こういう時は低い位置でもいいのでサイドチェンジを入れて、FC東京の守備を横にシフトさせれば必ず3ボランチの距離に隙が出来ます。
そこにトップ下の選手が入って起点になるか、逆サイドの空いたスペースを使うようにすればいいんですけど、あまり出来ていませんでしたね。
FC東京は攻撃に人数をかけて来ないので鹿島としては守りやすかったです。
前半はペナルティエリア内に入って来る選手はせいぜい3人だったので、DFラインの4人でマークをはずすことなく、しっかり守る事が出来ていました。
しかも、FC東京はボールを奪った後のパス、前線へのロングボールのところであまりにもミスが多かったですね。
やはりこの辺り、連戦の疲れがあるのかなと感じました。
そんなわけで試合は膠着状態に入るのですが、34分に遠藤が真ん中で受けて起点になるとフリーで上がって来た左の山本へ。
そこから右足で巻くようなセンタリングを入れます。
そこのスペースを赤﨑が狙っていたのですが、DFと競り合いながら潰れるとこぼれたボールを土居がシュート。
思い切り腰は振り切れていたのですが、当たり損ねてしまいます。
しかし、これが逆にGK権田のタイミングを狂わすとともに左サイドの絶妙なコースに飛んで先制ゴールとなります。
その後もFC東京の攻撃を米本のミドルシュート1本に抑えて予想通りの内容、そして先制点を奪う理想的な展開で折り返します。

運と相性の良さで完封勝利
しかし、フィッカデンティ監督率いるFC東京との本当の勝負はここからです。
やはり動いて来ましたね。
前田と高橋の2枚替え、フォーメーションも4-4-2に変更します。
昨年の対戦でも後半から同じ戦術をとって2点差を追いつきましたからね。
その時同様に鹿島が押し込まれる展開になりますが、ここに来てサプライズ。
なんとあまりにセットプレイからの失点が多いという事でセレーゾ監督はCKの守備をゾーンに変更して来ていました。
身長の高い選手が少ない今の鹿島ではマンマークの守備よりもゾーンという考えもありなのですが、あまりにも付け焼刃の応急処置でしたね。
いきなり前田にフリーで合わせられるもGK正面で助かります。
鹿島は前線でボールが収まらず苦しい展開、予想通り監督力が問われる後半になったのですが、セレーゾ監督は何と1枚目の交代に高崎を入れて来ます。
昨年のように中村の投入で良かったと思いますけどね。
高崎は競り合いや守備などで頑張ってはいますが、結局前線でボールが収まらない展開は変わらず…。
次のカードを切って修正したいところですが、2枚目のカードを傷めたファン・ソッコから青木への交代で使ってしまいます。
67分には遠藤がドリブルで強引に何とか運んで小笠原に繋ぎ、土居のスルーパスから高崎がチャンスを迎えますが左足のシュートは当たり損ねてしまいます。
最後のカードは土居に代えて植田。
この交代で青木と柴崎を1つずつ上げます。
小笠原がかなり疲れていたのでボランチにフレッシュな選手を入れないと厳しいっていう展開でしたからね。
ただ、鹿島は高崎の投入にファン・ソッコのアクシデントもあって選手交代で失敗、チャンスをほとんど作れずに、守るだけの後半になってしまいました。
それでも選手は守備意識高く守っていたものの守りに入る時間帯が早過ぎ、守る時間が長すぎました。
FC東京はそれ程リスクをかけて攻撃して来ないので助かっていましたが、さすがに終盤になると人数を掛けて来ます。
そして、主にセットプレイから危ない場面を作られまくります。
75分には太田のCKをニアでそらせて、ファーサイドの森重がヘッド。
これはクロスバーに助けられます
78分には左サイドの米本の右足クロスにファーサイドで三田が合わせようとしますが、バウンドが合わずに折り返そうとしたところを何とかクリア。
そのCKでは再びニアでそらされてファーサイドの東にゴールを決められてしまいますが、これは完全にハンド。
西村主審もしっかり観ていて助かりました。
鹿島の数少ない反撃は81分。
FC東京が人数をかけて攻めて来たところをカウンター、カイオのパスに柴崎がGKと1対1を迎えますが権田に触られてクロスバーに防がれてしまいます。
CKの守備は相変わらず危うく、前田にニアで合わせられるも枠をはずしてくれて助かります。
鹿島は再びカウンターから反撃、遠藤と高崎で右サイドで起点を作ると空いた真ん中のスペースに柴崎が走り込みます。
そこからドリブルで運んで左のカイオへ。
カイオは切り込んで右足で狙いますが、惜しくも右にはずれてしまいます。
柴崎はやはりポジショニングがいいですしよく走っていますから、カウンターでチャンスに上手く絡んでいましたね。
このままではちょっと守りきれそうにないCKでの守備には最後、前田にマークを付けて微修正。
そのまま何とか守りきって昨年の26節徳島戦以来、ACLも含めると実に25試合ぶりの完封勝利となりました。
ただ、監督力では後れを取っていましたし、運の良さにも助けられた感もありましたね。
相性の良さで勝ちきったという内容でした。
それでもACLを敗退した直後の試合だったので勝てたのは何よりです。

次節はホーム広島戦
連戦も終わって久しぶりに一週間のインターバルが空いての試合になります。
広島は3-4-2-1の布陣ですが、5トップ気味になる特殊な攻撃をして来るクラブなので事前にしっかり準備できるのはありがたいことです。
広島が再昇格した09シーズンから13シーズンまでの成績は、2勝4分4敗とかなり分が悪かったですが、昨シーズンは2連勝。
広島は攻撃時に4-1-5の布陣になるのでダブルボランチが2シャドーをしっかり観て、DFラインと合わせて6対5の状況で守るようにして対応しています。
この守り方の時は鹿島全体、特に小笠原の守備意識が高まってポジションが低くなるので、逆に手堅い戦い方になります。
昨季は浦和にも2分と負けていませんからね。
広島の攻撃でもっとも気を付けたいのは柏、ミキッチの両ウィングバックの仕掛けからのセンタリング。
DFラインの裏に速いボールを入れて佐藤が狙うパターンもありますし、後ろから柴崎晃が入って来る場合もあります。
センタリングを跳ね返した後のミドルシュートもしっかりケアしたいです。
逆に広島の攻撃を跳ね返してこぼれ球を拾えればカウンターのチャンスになります。
広島は自陣で守備をセットする時は5-4-1のフォーメーションで守りますが、意外にプレスが甘くてDFラインの前でボールを持てる事もあるので、いかにトップ下が前を向けるか、サイドから中にくさびを当てて2列目の選手を活かせるかも大事ですね。
上位陣との対戦が多く残っていますが、連戦も終わってこれから運動量とインテンシティーも復活して来るでしょうから十分戦えると思います。
それにFC東京戦で完封勝利をしたものの、何よりホームで勝ってくれないと盛り上がらないですよね。
昨年はホームで7勝3分7敗、アウェイが11勝3分3敗。
今季もここまでホームが1勝1分3敗、アウェイで3勝1分1敗とホームでの成績の悪さが目立っています。
この理由は明白で、セレーゾ監督がパスを繋いで攻撃に人数をかけて攻めるサッカーをしているからです。
それだけなら別に問題ないのですが、何と攻撃に8人も人数を掛けてリスク管理というものはまったくしていないですから、どうしても攻撃的になるホームではいい内容の試合をしていてもあっさり失点してリズムを崩してしまうという展開が多くなっていますよね。
よく勝てない時期に1つ勝てば変わるとか、今の鹿島でもこのFC東京戦で完封勝利できたから変わるとかいう事がありますが、そんなたった1試合の結果で大きく変わることはありません。
確かに選手のメンタル面が変わることはありますが、8人が攻め上がる戦い方をするチームの守備力が1つ勝ったくらいで上がるわけではありません。
そんな事が本当に実現できるなら、どこのクラブだって得点するために攻撃に人数をかけますよね。
攻守のバランスやリスク管理を考えない、リスクを冒す戦い方を続けていたら失点は当然続いて行きます。
結局は根本的な問題を解決しないと何も変わらないってことです。
この試合のように守備意識を高く持って戦ってほしいですね。
もっとも昨季の広島、浦和戦の支配率は広島(H:45%、A:38%)、浦和(H:45%。A:39%)なので守備意識の高い試合になると思います。
さて、この試合でお披露目したCKの守備ですが、ニアに走り込む、DFの間に飛び込む、そして、身長の低い選手のところに2,3人突っ込んで行くというのはゾーン攻略の基本です。
ゾーンでの守備を続けて行くなら、ここは絶対に修正しておかないといけないです。
あとは1度跳ね返したボールを拾われての2次攻撃、その時にゾーンだとマークが曖昧になっていることが多いので気を付けたいですね。
ゾーンっていうのは完全に待ちの守備で、攻撃の選手に先手を取られる事が多いです。
しかし、本来は自分の守るゾーンに来たボールをクリアするのではなくて、ボールの落下地点を素早く見極めて、自分がクリアできるなら積極的に突っ込んで行くべきものですから。
日本人はこの部分で人任せ、お見合い、躊躇を見せる事が多いので、誰も行かずにやられるならクリアに行った味方が被ってやられた方がいいというくらいの気持ちで守って欲しいですね。
広島戦のメンバーは基本的に代わらないでしょう。
ケガの金崎、ファン・ソッコがどうなるか、そしてジネイがいつどんな形でお目見えするのか楽しみですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→

【ACL第6節】アディショナルタイムに繋いだ希望がアディショナルタイムに終える…のFCソウル戦
結果
鹿島2-3FCソウル(20:00/カシマサッカースタジアム/19,223人)
[得点者]
08分:赤崎秀平①←土居聖真①
36分:イ・ ウンヒ
51分:オスマール
79分:柴崎岳②
91分:モリーナ
[フォーメーション]
FW:赤﨑
MF:カイオ、土居、遠藤
MF:小笠原、柴崎
DF:山本、昌子、ソッコ、西
GK:曽ケ端

[選手交代]
68分:赤﨑→高崎
71分:カイオ→本山
86分:西→梅鉢


試合の感想
鹿島の流れだったはずが…
FCソウルは何と3-1-4-2の布陣で来ましたね。
ウェスタン・シドニーが勝利すればFCソウルも勝利が必須になるので、前に人数をかけて攻撃的に来ようという狙いでしょう。
鹿島はいつもの4-2-3-1ですが、金崎が結局間に合わなかったため1トップには赤﨑が入りました。
しかし、昨季はダヴィが負傷してからは先発して結果も出していましたし、今季の金崎の0トップの原型となった後半途中での中村への交代は効果的でしたからね。
序盤はFCソウルが積極的に攻め込んで来ましたが、8分に鹿島が先制します。
プレスが甘いところで土居のパスに赤﨑が前を向いてペナルティアークの中から狙っています。
シュートは左サイドに豪快に決まって幸先よいスタートを切りました。
前節の甲府戦にターンオーバーをした効果もあって鹿島の選手はここまでの連戦の試合より動けていました。
正直、流れが来ていると思いましたね。
というのもFCソウルの3-1-4-2の布陣はどうしてもバイタルエリアが空きやすくなるので、そこを使って行けば追加点を望めるからです。
17分には西のアーリークロスからDFラインの裏に走った赤﨑が合わせようというシーンがあり、くさびのボールを入れたりと赤﨑の特徴を活かしながら戦うことも出来ていました。
その後も一度真ん中を使ってからサイドに展開、中央に入っていた遠藤が胸トラップからミドルシュート。
さらには西から中央に入れる斜めのパスで遠藤がファウルをもらってFK。
自らが直接狙ってポスト直撃、こぼれ球をカイオがシュートという惜しい場面を作るなど、リズムは良かったです。
しかし、甲府戦の後半もそうだったように次第に真ん中に入れるパスがなくなって来ると36分にCKから失点してしまいます。
山本のマークだったのですが、フロントネックロックをかけられていたような感じになっていましたね。
汚名返上したい山本は高い位置を取って、ペナルティエリア内に飛び込んで遠藤の左足のクロスに合わせますが決め切れません。
チャンスらしいチャンスを作らせていなかったのですが、セットプレイ一発でやられて同点で後半を迎えます。

運命を決めたのはやはり守備の酷さ
何としてでも先に得点を取りたい鹿島ですが、後半開始早々の50分にまたもやCKから失点してしまいます。
ショートコーナーで意表を突かれた感もありますが、昌子が完全にオスマルを放してしまっていましたよね。
マンマークの守備であれだけ自由に走らせたらアウトです。
勝たなければいけない鹿島は早めに同点に追い付きたいところ。
13分には西のクロスを逆サイドの山本が頭で折り返して、中央で土居がフリーの状態で頭で合わせますが枠の上に浮かせてしまいます。
後半になるとますます中央を使わなくなって赤﨑と土居が消えてしまい、鹿島はチャンスもろくに作る事ができません。
昨年のように赤﨑に代えて中村をトップで使ってくるかと思ったのですが、セレーゾ監督は最初のカードとして高崎を選択。
当然、サイドからの攻撃が上手く機能しているわけでもなく、引き続き中央で起点を作る事もできないので特に変わりません。
そのため、続けてカイオに代えて本山も投入します。
これで遠藤、中村、金崎、本山のうち2人が同時にピッチに立ったわけですが、直後に右サイドで遠藤が起点になると西とのコンビで裏を取った本山に出します。
フリーでファーサイドの山本を狙ったのですが、ヘディングシュートははずしてしまいます。
ここはフェイクを入れずにもう1つ早いタイミングで入れて良かったと思いますし、もっと速いボールの方が合わせやすかったと思いますけどね。
少し大事に行き過ぎた感がありました。
しかし、本山と遠藤の2人が同時にピッチに立ってリズムの戻って来た鹿島は33分に同点に追い付きます。
本山の縦パスから遠藤がワンタッチで土居にはたくとリターンをもらって潰れながら山本へ。
センタリングに高崎がDFと競り合ってこぼれると、柴崎がトラップからボレーシュート。
綺麗には当たらなかったですが、逆にループシュートになってGKの頭を越えてネットを揺らします。
これは3試合連続劇的勝利かと思いきや、セレーゾ監督が3枚目の交代カードで大失敗します。
得点を取りに行く事を考えたら、ほとんど消えている土居に代えて中村という選択肢も考えられました。
しかし、両クラブとも疲労が色濃くなって守備に戻れなくなっており、お互いのゴール前を行ったり来たりのカウンター合戦になって来ていました。
そんな中、鹿島の攻撃が跳ね返されたボール、FCソウルの攻撃を跳ね返したこぼれ球を拾う役割の小笠原が相当疲れて動けなくなっており、そこを修正しないとかなりヤバイという状況でした。
実際にマイボールのこぼれ球を小笠原が競り負けて奪われて、カウンターを受ける場面も多くなっていましたからね。
セレーゾ監督は梅鉢を用意していたので小笠原を下げるのかと思いきや、何故か西との交代となります。
43分にはコ・ヨハンにカウンターからトドメを刺されそうになりますが、曽ケ端が防ぎます。
44分には鹿島のチャンス。
小笠原のくさびのボールを柴崎がヒールでフリック、遠藤が得意の形に入りますがシュートまで行けず。
何か全体的に大事にいかなくちゃっていう気持ちが強くなり過ぎていた感じがありましたね。
この後、CKからの流れで梅鉢も大事に持ち過ぎてボールを奪われるとカウンターを受けます。
最後は6対6の状況で右サイドから速いクロスを入れられてヒールで合わせられますが、曽ケ端の正面で助かりました。
ここは梅鉢がよく戻って前を向かせなかったので、相手も難しいシュートになりましたよね。
曽ケ端が素早く柴崎にスロー、FCソウルの選手は戻る体力がありません。
6人攻め上がっていたということは、当然守備には4人しか残っていません。
それに対して鹿島は7人。
当然これだけ数的優位ですから真ん中に小笠原と山本とドフリーの選手がいるわけですが、土居は逆サイドでフリーでいた遠藤にボールを出します。
この判断が最悪な上にパスも酷過ぎてGKに簡単にキャッチされる最悪の展開。
DFのクリアなら数的優位の鹿島がボールを拾える可能性が高いですし、FCソウルの選手が拾ってもすぐにプレスに行けます。
ところがGKにキャッチされたら確実に鹿島がカウンターを受けますからね。
そもそも鹿島の方が3人多かったわけですから、これを決定機に繋げられないと勝てるわけありません。
鹿島は7人が上がっていたので後ろには3人しか残っていません。
小笠原と山本が戻って何とか5対5の数的同数にして、深くドリブルで切り込んで来たエベルトンのクロスを梅鉢がクリア。
この間にFCソウルの選手が1人上がって来るも土居が戻って6対6で守ります。
コ・ヨハンに裏を取られるも折り返しがFCソウルの選手に当たって小笠原がクリア、そう安堵した瞬間、信じられないことが起こります。
小笠原がまったく動けず途中出場で元気なモリーナにボールを拾われると左隅に決められてしまいました。
ここは小笠原がもう走れなくなっていたのもあるのですが、ボールに近づくより前に前線を観るアクションを入れているんですよね。
つまり、セイフティファーストではなく、前線に確実に繋ぐプレイを優先しようとしたわけです。
何度も言いますけど、鹿島の失点はセイフティファーストを心がけていたら防げているシーンは多いです。
得点を取らないといけない状況ではありますが、失点したらその時点で終わりですからね。
得点の事で言うならその前の7対4のカウンターでシュートにすら行けず、簡単にカウンターされたのが本当悔やまれます。
この後は甲府戦でセレーゾ監督がパワープレイを自分たちのスタイルと違うと批判していたせいか、あくまで繋ごうとしてそのままタイムアップ。
開幕から3連敗してグループリーグ突破というのはやはり難しかったということですし、鹿島は昨年ナビスコ杯のグループリーグも突破できてないわけですからACLはそんなに甘くはないということでしょう。
甲府戦で選手を休ませた分、走れてはいましたしセットプレイでの失点とセレーゾ監督の采配を除けば内容は悪くなかったと思います。
それにしてもFCソウルには勝てませんね。

攻守のバランスの話
中4日でアウェイFC東京戦となります。
ちょうどいいタイミングなので攻守のバランスの話をしておきたいと思います。
FC東京は前節仙台に3点リードしたものの終盤にセットプレイなどから2点を返されました。
しかし、10節を終わって7失点、これは浦和、広島に次ぐ少なさで守備の固いチームと言えます。
FC東京のフィッカデンティ監督はイタリア人らしく、守ってカウンターの戦術をとっており、今季もここまでウノゼロの勝利を4回成し遂げています。
失点の多い鹿島の守備との違いはGKの質、フォーメーションなどありますが、羽生や米本、徳永などを始め守備に走れる選手を多く置いているのも特徴ですね。
アンカーには攻撃的な梶山を配置していますが、これは展開力を活かす以上にあまりアンカーには動いて欲しくないのでベテランを置いているのだと思います。
そして、攻守のバランスにおける最大の相違は攻撃にかける人数、守備に残す人数です。
FC東京は基本的に前線3人で攻める事が多く、相手ゴール前に攻め込んでもペナルティエリア内に3人しかいないというパターンが多々あります。
これにセンターハーフ1人、サイドバック1人が加わることがありますが、せいぜい攻撃にかける人数は5人です。
守備には常に5人は残しているということですね。
攻撃にかける人数が少ない分、どうしても得点は少なくなりますがFC東京は太田のプレイスキックを武器としたセットプレイや武藤の能力の高さでここまで14得点をあげています。
では、現在の鹿島の攻守のバランスがどうなっているかというと、小笠原と柴崎のボランチの場合、2人とも高い位置を取りますし、両サイドバックが同時にオーバーラップしている事も多いです。
右サイドに西が上がって組み立てにからみながら遠藤の左足のクロスをファーサイドでフリーになっていた山本が決定機を迎えるというシーンはよく観ます。
人数をかけている分、当然こういったチャンスを作れるわけですが、ご存じのようにサイドバックが絡んでの攻撃はそれ程得点には結び付いていません。
反面、守備ではCB2人しか残っていない場面もあり、DFライン4人が残っている場合でもボランチ2人がバイタルエリアを空けてしまって最終ラインが無防備に晒されてしまっていることが多いです。
強かった時の鹿島は本田、熊谷、中田、青木などのファーストボランチがいて、サイドバックもつるべの動きと言って片方が上がればもう片方は守備に残るというルールがありました。
つまり、現在の鹿島は基本的に守備に残っている人数は2,3人、全盛期の鹿島は基本的に4人が残っていることになります。
もちろん相手が攻撃に何人残しているかによってこの基本人数も変化します。
しかし、例えば相手の1トップとトップ下の2人の選手が残っているのに対して、鹿島は昌子、ソッコ、山本の3人が残っていたとしてもボランチ2人が高い位置を取って、その裏でトップ下に起点を作られたらたちまちDFラインは窮地に陥ります。
これは2トップでも同じで、CBは1人余らせる形で2人で1人を観ますから、1人がボールを受けに下がったらそれはボランチが観ないといけないんですよね。
中央だったらサイドバックも付いていけません。
ですが、小笠原も柴崎も攻撃的な選手なのでポジションが高過ぎたり、相手にやらせない守備ではなくボールを奪いに行く守備で飛び込んでしまうプレイが目立ちます。
だからこーめいはずっとファーストボランチを置くように言っているわけですが、根本的にセレーゾ監督がこの攻守のバランスを考えなおさないと失点癖はなくならないと思います。
セレーゾ監督は就任時には守備を改善して失点を減らすと抱負を語っていたものの、13年は52失点。
これは曽ケ端の凡ミスからの失点は多かった12シーズンの43失点より増えています。
14シーズンは運動量とインテンシティ、それから今季よりセットプレイでの失点が少なかったので39失点と改善を見せますが、やはり安い失点は多かったですよね。
守備を改善しようと思ったらセレーゾ監督を代えるか、セレーゾ監督が攻守のバランスの考え方を変えるかです。
攻撃にかける人数は基本6人、現在の鹿島でこれで得点が取れないようでは前線の選手起用、選手の組み合わせ、戦術が悪いと思った方がいいです。
しかし、セレーゾ監督はそこを改善する術を持たないので得点を取るためにはファーストボランチに代えて小笠原投入、両サイドバックに同時に高い位置を取らせるという戦術をとっているわけですね。
だから、数的同数、数的不利になる事も多く、攻撃に参加する8選手は守備に戻らないといけないので運動量、走れるかどうかが試合の運命を左右する非常に重要な要素となってしまいます。
そもそもセレーゾチルドレンと言われた土居や伊東の起用に対して、「若い選手をいきなり試合で使えばいいわけじゃなく、それまでの練習で必要なことを身に付けさせて準備が出来たから使った」なんて事を言っていましたが、土居はダヴィが負傷したから大迫と縦関係で起用し始めただけですし、伊東の先発は西の2試合出場停止が起点です。
別に準備が出来たから使ったわけではなく、起用せざるをえなかったから使ったのが上手くいっただけです。
しかも、鬼のようなキープ力のある大迫が1トップだからこそ土居のトップ下が機能したのに13年に2人の縦関係が良かったからという理由で、1トップの選手が代わっても何も考えず土居をそのまま起用していますからね。
度々言っているように前線には2人起点になれる選手を起用しないと攻撃を作るのが難しいのです。
現在のメンバーで言えば、遠藤、中村、金崎、本山の4人です。
この試合も本山が入ってからはチャンスの場面はほとんど遠藤と2人で起点を作っているんですよね。
今後はこれにジネイと杉本が加われるかというところです。
ところがセレーゾ監督はこの4人のうち2人を同時に使うということは何故かしません。
起用しても中村と遠藤の2人をサイドハーフに置くので距離が遠過ぎて上手く機能していません。
今季は金崎が入って起用するようになりましたが、左サイドハーフに入った場合も同様です。
機能しているのは1トップやトップ下に入った時ですね。
0トップシステムについては昨年中村がトップに入った時も機能していました。
ちなみに3連覇時の前線の起点はマルキーニョスと本山。
本山がケガや病気で先発が難しくなり、2列目がガブリエルと野沢になってからは起点がマルキーニョスのみになったので機能しなくなりました。
前線の機能性をアップさせることができれば、攻撃にかける人数を削っても大丈夫ですし、それなれば守備も安定して来ます。
とはいえ、攻撃力には個の力も必要なのでジネイに期待したいです。

アウェイFC東京戦
FC東京は4-3-1-2のフォーメーションで、これは前にも書いたようにサイドで起点を作られると弱いです。
特に相手のサイドバックにはプレスをかけづらいので、鹿島は西を起点に攻めたいですね。
また、3ボランチではピッチの横幅をケアするのは難しいですからサイドチェンジを積極的に使って行きたいです。
これができれば鹿島が有利に試合を運べると思いますが、フィッカデンティ監督は戦術の引き出しが多いので機能していないと見るやシステムを変えて来ます。
昨年の22節ホームでの対戦も後半開始から2枚替えして、4-4-2のフォーメーションにして来ました。
鹿島はセレーゾ監督がまだケガをする前のルイス・アルベルトをベンチ外にしてまでジョルジ・ワグネルを先発に起用したこともあって後半に追いつかれてしまったのですが、後半は監督力勝負になると思います。
ACLグループリーグ敗退を受けて何かを変えて来るのか、それとも何も考えて来ないのか。
鹿島は伝統的にブラジル人監督に日本人コーチが付く形ですけど、戦術や攻守のバランスについて話し合ったりしているんですかね。
監督がすることを観て学ぶだけでは絶対に将来いい監督になれませんよ。
海外では監督ではなくコーチが戦術を担っているやり方をしているところもありますし、スカウティング情報を元に監督とコーチで意見を言い合うのは普通です。
最終的に決めるのは監督ですが、意見を言わないと監督としての力は磨かれないですし、話し合うことで気づく事も多いですから。
話し合っていたら大岩コーチが今の鹿島の攻守のバランスについて何も言わないわけないと思いますから、やっぱりセレーゾ監督が全部決めているのでしょうね。
戦術については名プレイヤーだったとか、監督や選手経験があるとか関係ないです。
海外の監督でも攻撃至上主義、守備の練習をしない監督などはDFに「近くの選手をマークして適当にオフサイドトラップをかけろ」なんて指示を出す人も本当にいますから。
勉強して研究して、自分だったら常にどうするか、セレーゾ監督の試合を観て何が上手くいったのか、ここをこうしないから失敗するんだとか、そういうのを観ていかないと成長しないです。
反町監督とチョウ・キジェコーチのコンビもお互い言い合っていましたからね。
鹿島はセレーゾ監督続投、来季以降もブラジル人コーチ路線で行くなら、戦術コーチを雇った方がいいと思いますよ。
FC東京とは昨季、2引き分けだったものの09シーズンからの対戦成績では6勝4分と負けていません。
フィッカデンティ監督は戦術の引き出しが多く曲者ですが、監督力で後れを取らなければ相性の良さを発揮できると思います。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→

【J1第9節】ローテーションにケガ人続出で苦しい布陣に…の甲府戦
結果
2015年05月02日(土)
鹿島0-1甲府(15:03/カシマサッカースタジアム/15,340人)
[得点者]
47分:伊東純也
[フォーメーション]
FW:高崎
MF:カイオ、中村、杉本
MF:梅鉢、柴崎
DF:山本、青木、植田、伊東
GK:曽ケ端

[選手交代]
22分:植田→山村
HT:梅鉢→小笠原
60分:杉本→豊川


試合の感想
何だかんだで互角の前半
甲府は3-4-2-1の布陣、前節から4人メンバーを入れ替えていました。
鹿島は4-2-3-1、中2日でのFCソウル戦を睨んでの大幅6人のメンバー交代です。
昌子を起用しなかったのは驚きでした。
守備の要でありラインの統率も担っているわけですし、CBはローテーションしなくても大丈夫だと思いますけどね。
逆に柴崎、山本、カイオ、高崎は先発起用だったのですが、前線に関しては本山が別メニュー。
さらに退場後の練習に出て来ていなかったので気になってはいたのですが、金崎も筋肉に内出血があるということで大事をとって温存。
赤﨑という選択肢もあったと思いますが、ケガ明けですし甲府が5バックで守る展開になるので高崎の1トップはいたしかたなかったのかもしれませんね。
ただ、今の鹿島は遠藤、金崎がいないと攻撃を作れないのは明白ですし、これに本山、中村を加えた4人のうち2人は出ていないと厳しいです。
そのため、遠藤をもベンチに入れていなかったのは解せないですね。
苦しい戦いが予想されましたが、対戦相手の甲府は最下位、実際にミスも多くしてくれたので相対的に前半は決して悪い内容ではなかったです。
高崎のポストから柴崎のオープニングシュート、トップ下の中村のドリブルからスルーパス、右の杉本から左サイドに展開してセンタリング、杉本、中村、伊東の絡みで右サイドを崩してクロスなどシュートまでは行かなかったですが、やりたいことは伝わって来ましたね。
きちんと攻撃の形を作ってペナルティエリア内までは運べていましたが、そこで味方と合わない場面が多かったです。
特にサイドからのクロスは練習しているはずですが、レギュラーメンバーの時も中の選手と合っていないことが多いですよね。
19分にアクシデント、鹿島のCKの競り合いの所で植田が負傷、流血。
そして、1人少ない間に甲府のフィードに伊東純が飛び出して、飛び出した曽ケ端はボールにまったく触れずに無人のゴールにシュートを打たれますが、これを左にはずしてくれます。
植田はそのまま山村と交代、昌子がいない中でCBのコンビがまた変わってしまったのは大きかったですね。
しかし、とりあえずは選手に慌てた感じはなくこれまで通りのペースでボールを回して、25分に鹿島が決定機を作ります。
スローインからだったんですけど、伊東、柴崎、杉本、柴崎、中村、杉本、梅鉢、青木、梅鉢、柴崎、そこから伊東が杉本とのワンツーで抜けてセンタリング。
中央でカイオがボレーを狙ったのですが、惜しくもミートできませんでした。
ですが、ここはサイド変えながらボールをゆっくり回して、相手の守備を動かしながらスペースを作ってそこから早く。
緩急の効いたいい攻撃で、中央にもしっかり人数が揃っていましたし得点が入っていてもおかしくない場面でした。
29分にはカイオがボールを奪われてカウンターを受けます。
橋爪にドリブルで仕掛けられるのですが、山村の対応が有り得ないんですよね。
ここはサイドに追いやるようにポジショニングを取るのが基本、つまり守備では絶対にボールホルダーとゴールを一直線に繋ぐラインを開けてはいけません。
そうやっておいてサイド側にドリブルさせておいてから寄せて行くというようにしないと行けないのですが、そういう守備を意識出来ていないのでポジションを1,2歩右寄りに取り過ぎ。
そこを突かれて橋爪にクイックの切り返しをされてあっさり真ん中を抜かれそうになります。
しかも、この時橋爪に背中を向けているので相手を見失って確実にこの後の対応が遅れますよね。
これ、新井場もそうでしたし、日本人選手は当たり前のようにやっていますが、DFとしてやっちゃいけないプレイですから。
梅鉢がカバーリングに入ってカード覚悟で止めることが出来たので良かったですが、ポジショニングや体の向きがでたらめ過ぎます。
37分にはこの試合、最大の決定機。
カウンターから右サイドに流れていた高崎が柴崎の縦パスを受けると、左サイドに走っていたカイオへパス。
カイオはドリブルで中央に切り込んでからのミドルシュート、左ポストに跳ね返ったボールをフリーだった中村がダイレクトで押し込もうとしますが、何とゴール右にはずしてしまいます。
ボールスピードが速く難しいボールでしたし、余裕とスペースはあったのでトラップしてからでもよかったと思います。
ここは決めないとダメな場面でしたね。
41分には梅鉢からのフィードを高崎が落として、杉本がミドルを放ちます。
ここは高崎がDFラインの裏に走りながらハイボールを受けたので、しっかり味方に落とせましたし、こういうプレイは周りの選手も距離を詰めやすいのでボールを拾いやすくなります。
杉本も胸トラップからのボレーで難しかったですが、しっかり枠に飛ばしましたね。
甲府に危ない場面はほとんど作られず、決定機は少ないとはいえ中村や杉本のところで起点を作れてはいたので後半にそのチャンスを決めるか、どこかのタイミングで攻撃的な選手を入れて勝負を仕掛ければ十分勝てるという流れだったのですが、またセレーゾ監督が焦れてしまいます。

采配ミスからすべてに相手を下回った後半
ハーフタイムに梅鉢に代わって小笠原を投入。
神戸戦に続いてファーストボランチに代えて後半頭から小笠原を入れますが、この交代が完全に失敗します。
後半早々に失点してしまいます。
曽ケ端からのゴールキックを何を思ったか高崎がヘディングで真ん中に返します。
CBがフリーだったら分かるのですが、真ん中にバックパスしたらダメですよね。
その後の山村の対応も案の定、最悪です。
ラインをあれだけ下げている意味が分からないですね。
伊東純に付いて下がるなら分かるのですが、マークにもなってないですし、スルーパスのコースを切っているわけでもないですから。
単にオフサイドラインを自ら下げて甲府の選手にプレイしやくしているだけですね。
山村と伊東の2人で伊東純を観れば何の問題もないところですが、あんな動きしたらちょっと周りはびっくりしてあっけに取られてしまいますよ。
多分伊東はオフサイドトラップかけると思ったんじゃないですかね。
あのポジションに下がる意味って強いて挙げてもそれくらいしかないですから。
当然、簡単に裏を取られますし、伊東純をまったく観れていないのでトラップも簡単にされてしまいます。
その後の対応がまた酷いですね。
ボールホルダーに行かずにただ観ているだけ。
少しでもプレッシャーをかけるなり、シュートコースを塞ぐなりしたら全然結果は違って来るんですけどね。
失点はしてしまったものの、それは今シーズンに入ってから見慣れたもの。
問題は小笠原を入れたのに攻撃がまったく出来なくなったことですね。
もっと縦パスを入れさせて中村や杉本を使ってチャンスを作って行くのかと思ったのですが、何故かロングボールを蹴る回数が増えます。
その結果、69分までのシュートは杉本のミドルシュートたったの1本。
セレーゾ監督も試合後に、「後半に関しては負けに値する内容だった」と言っていますが、これって自分の采配が失敗だったってことを意味するのを分かっているのか…。
「期待していた選手が期待通りにいかなかった」というのは小笠原のことですよね。
杉本に代えて豊川を入れるも内容はまったくよくならず。
ロングボールでの攻撃は正確性に欠いてしまい、山村のフィードをDFの裏を突いてペナルティエリア内で受けた豊川が狙うも詰めていたGKに防がれます。
これが後半ようやく2本目のシュート
この辺りからやっと2列目の選手にボールが入りだすと豊川がドリブルで仕掛けてファウルをもらいます。
しかし、小笠原のFKはコースは良かったものの完全にGKの荻に読まれていました。
この後、青木まで負傷してしまい、治療で一旦はずれます。
この間にカウンターからアドリアーノに決定機を作られますが、ゴールバーに助けられます。
ここで青木が戻って来ると、残り10分を鹿島は山村を上げてのパワープレイをするもたいしたチャンスを作れずに逆にカウンターからアドリアーノ、マルキーニョス・パラナ、伊東純に決定を作られます。
いくら得点を取りに行っていると言ってもカウンターから100%決定機を作られる守備なんて有り得ないです。
いずれもはずしてくれて助かりましたが、決められていたらそこで終わりですからね。
鹿島のパワープレイはぎこちなく、可能性を感じたのは右サイドからのカイオ、中村のクロスに山村が頭で合わせた場面くらい。
いずれもGK正面となりゴールを奪えません。
この形でもっとサイドから簡単に入れればよかったのですが、カイオがボールを持ち過ぎてノッキング。
苦し紛れに上がって来た山本に出すも、左足で上げられないので結局右足に切り返してセンタリング出来ずに時間を無駄に使っていましたね。
この後、2枚目のイエローカードで稲垣が退場するも7分近くあったロスタイムも活かせずに試合終了。
金崎が出場できずに遠藤をベンチに置いていない時点で厳しい状況でした。
さらには植田と青木の負傷、極めつけはセレーゾ監督の采配からの後半の大失速。
これでは勝てなくても仕方ないですね。

収穫と課題とジネイ獲得
まず数少ない収穫ですが、杉本は良くなっていましたね。
もともとトップ下タイプの選手で、セレーゾ監督もサイドに張るのではなく中に絞るように指示を出していましたけど、前半は攻撃の組み立てで幾つかいい絡みが出来ていました。
ボールを受けるポジショニングはいいですし、パスのセンスはありますからね。
また、フィジカルでも重心を低く保って体を張れていましたし、ボール奪取も度々していました。
もちろん上位クラブとの試合や90分でのプレイに課題はありますが、これからは対戦相手をみながらちょくちょく使って行くのはありだと思います。
中村は決定機を決められなかったので持ってないなと思いますが、やはりトップ下で起点になれるのは大きいですね。
相手に寄せられてもしっかりキープしていましたし、土居よりもボールを持て、ドリブルで仕掛けてスルーパスも狙えています。
あの辺りは試合で継続して使って行けば、周りとのコンビネーションやパス出しのタイミングも合って来ますし、金崎と遠藤と一緒にプレイしていたらフィーリングはもっと合っていたでしょうね。
課題についてはまず高崎。
ポストプレイでのキープですよね。
縦パスを受けようと動いていますし、実際にそういった場面はこれまでより増えているのですが、なかなか収まりきりません。
ダヴィもそうですが、フィジカルに頼る選手はその場でボールを持ち続けようとします。
しかし、それは守る方からしたら自分のタイミングでファウルにならないように相手にぶつかっていけるので、バランスを崩させてボールを奪ったりミスさせたりしやすいんですよね。
ダヴィはスピードと突進力あるドリブルという武器があるのでいいですが、高崎にはないのでもっとポストプレイはしっかりしてほしいところです。
柳沢も大迫もそうでしたが、ポストプレイの上手い選手はボールを受けてスペースに運ぶのが得意ですね。
自分から味方選手に近寄ればパスしやすいですし、スペースに出てボールを持てればサイドに展開したりもできます。
それにCBは自分のポジションを空け過ぎてまで付いて来ないですからね。
アシスト数で分かるようにパスは割としっかり出せているので、大事なのはその状況に持って行くまでのプレイです。
この試合もカイオのポスト直撃のミドルが入っていたらアシストついていましたから。
伊東は残念ながらあまり変わっていないですね。
運動量とスピードは武器なのですが、ビルドアップに関しては物足りないですし、仕掛けに関しては絶望的です。
1対1の場面、絶対仕掛けずバックパスなんですよね。
タイミングのいいオーバーラップや走って相手の裏を取るなどスピードを活かしたプレイをするなら、遠藤のような選手を前で使わないと活かしきれないと思います。
あれでは5バックで守る相手には苦しいですし、だからこそこーめいはこの試合は伊東より鈴木隆の方を出して欲しかったです。
鈴木隆はドリブルで積極的に仕掛けられますし、そのまま利き足でセンタリングを入れられるのも大きいです。
山本やカイオは切り返すか、ドリブルで抜き切らないとクロスを入れられないので、この試合のパワープレイの時間帯でも分かるように攻撃が遅れるんですよね。
高崎の1トップにするなら尚更鈴木隆の方を起用して欲しかったです。
山村に至っては守備の基本がまったく出来ていないですし、成長も観られないですね。
岩政、青木のCBコンビだった時は若さとフィードがあったので、試合に出ながら守備が良くなればと思っていましたが、昌子と植田のCBになってからはもう山村を起用するメリットは薄くなってしまいました。
セレーゾ監督ではどうしようもないですから、FC東京のフィッカデンティ監督に一から守備を教えてもらうのがいいと思います。
そして、いよいよジネイ獲得が決まりましたね。
2週間という様子見期間が一度延びたものの、セレーゾ監督が希望していたのでもう獲得する事は分かっていました。
ボックスタイプの選手ということで、期待するのは決定力とシュートセンス。
ただ、ブラジルではあまり攻撃の組み立てには参加してなかったようですが、フィジカルはありますし、ダヴィと違って足元の上手さもありますからね。
ペナルティエリア内でDFを背負いながら縦パスを受けて、落として味方のゴールをアシストした場面もありましたし、周りと合うまでは少し時間がかかるでしょうがフィットするんじゃないかと思います。
試合勘を取り戻すためにもファーストステージで積極的に起用して、セカンドステージまでに馴染ませて欲しいですね。

FCソウル戦に勝ちさえすれば…
甲府に負けてしまったとはいえ、最初からセレーゾ監督にローテーションやターンオーバーをして勝つ事を期待するのが間違っていましたね…。
普段から2,3人選手を入れ替えて勝つ事が出来ていないわけですから、負けられないFCソウル戦を前にして付け焼刃のメンバー入れ替えが功を奏すわけありません。
しかも、ケガ人が多い上に試合中に植田、青木らもケガ(ついでに言えばレフェリーも体調不良で交代)なんてアクシデントがあっては同情してしまうレベルです。
甲府戦のメンバーは相当悩んだそうですが、はずしたらいけない選手、誰がいないと機能しないのか、何かあった時にベンチに置いておくべき選手、そういうのが分かっていないから余計に迷うんですよ。
しかし、FCソウル戦に勝ってACLのグループリーグを突破できればこの敗戦にも意味を見出せます。
金崎も復帰するでしょうし、セレーゾ監督の考えるベストメンバーで戦うことになりますから言い訳はできません。
FCソウルは今季複数得点がなく、Kリーグの成績も2勝3分4敗の10位と調子がよくないです。
ACL含めてやたら引き分けが多いので、勝たないと行けない鹿島はそこだけは気を付けたいですね。
やることはJリーグの戦いとあまり変わらず、失点は1に抑えて得点をしっかり取っていきたいところ。
3戦3敗という相性の悪さは気になりますが、相手の調子は決して良くないですから4度目こそ勝利といきましょう。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→

【J1第8節】鹿島らしさは乏しくてもセットプレイとカウンターで勝点3…の仙台戦
結果
2015年04月29日(水)
仙台1-2鹿島(14:03/ユアテックスタジアム/17,011人)
[得点者]
43分:昌子源①←柴崎岳⑤
68分:カイオ②

90分+2:金園英学
[フォーメーション]
FW:高崎
MF:カイオ、土居、遠藤
MF:小笠原、柴崎
DF:山本、昌子、ソッコ、西
GK:曽ケ端

[選手交代]
68分:ファン・ソッコ→青木
80分:高崎→梅鉢
84分:遠藤→赤崎


試合の感想
疲れている時のセットプレイ
仙台は4-1-4-1のフォーメーションで来ましたね。
富田がアンカーのポジション、ウイルソンの1トップに2列目は左から野沢、奥埜、梁、茂木の並びです。
鹿島は4-2-3-1、出場停止の金崎に代わって高崎。
ボランチには小笠原が入りました。
鹿島はやはり運動量が上がらず、インテンシティーも低くて立ち上がりからホームの仙台が攻めます。
最初の決定機は9分、梁のCKに渡部が頭で合わせますが、曽ケ端が反応して掻き出します。
マークに付いていたのはファン・ソッコでした。
ファン・ソッコは今季から加入して球際強く、カバーリング範囲も広くて確実に鹿島のDFラインに厚みをもたらしてくれているのですが、守備はそれ程上手くはありません。
簡単に手を使ったり、ファウルをしたりする場面が目立ちますし、ここもユニフォームを引っ張っており、下手したらPKを取られていた可能性もあります。
こういう所を直していかないとこの先上のレベルには行けないですよね。
仙台はさらに右サイドのグラウンダーのセンタリングから中央で野沢が合わせます。
これは左にはずしてくれますが、鹿島は仙台のフォーメーションに苦しんでいましたね。
本来だったら昌子とファン・ソッコでウイルソンを観て、ダブルボランチが奥埜と梁。
両サイドバックが仙台のサイドハーフを観れば問題ないです。
しかし、ウイルソンがサイドに流れたり下がってボールを受けたりかなり動いていましたし、サイドハーフの野沢と茂木も頻繁に中に入っていました。
こうなるとサイドバックは中央まで付いて行くわけにはいかないので、マークの受け渡しのところで混乱してしまいますね。
17分には小笠原の不用意なファウルで与えたFKを梁が直接狙います。
決まったかと思いきやここはポストに助けられます。
しかし、いつ失点してもおかしくない攻められっぱなしの時間帯が続いていましたね。
というのも、鹿島はボールを奪ってからカウンターを狙いたいところですが、ここまでの時間だけでも土居のところで3回くらいボールロストがあってチャンスどころか攻撃の糸口も見出せず。
ただ、鹿島にとってラッキーだったのは攻められっぱなしだったので、攻から守へ切り替わるシーンが少なく、小笠原が低い位置にいる事が多かったことですね。
これで小笠原と柴崎のボランチでも攻守のバランスが崩れることは少なくなっていました。
28分には小笠原のスルーパスに高崎がラインの裏を取りますが、滑ってしまってシュートならず。
しかし、高崎は割とDFラインの裏を取るいい動きをするんですよね。
岡本と同じで本来得意なプレイはこっちなのかもしれません。
そうなるとトップ下の選手が起点を作ってスルーパスを出せる選手ならもっとチャンスを作れそうなんですけどね。
次第に押し返し始める鹿島は36分に柴崎のCKから得意のサインプレイで低いボールを出して遠藤のボレーシュート。
これはサイドネットになりますが、やはりこういう運動量が上がらず苦しい試合はセットプレイからっていうのが鉄則ですよね。
43分には柴崎のCKを昌子が頭で上手く合わせて先制ゴールを奪います。
仙台はセットプレイをゾーンとマンマークの併用で守っていて、昌子には茂木が付いていましたが、マークが下手な上に身長168センチでは完全にミスマッチ。
鹿島は柴崎のプレイスキックの精度が上がっているのもありますが、負け無し期間に入ってからはゾーンで守る相手には100%得点しているんじゃないですかね。
逆に言えば、マンマークで守る相手からは思うように得点できていないのでそこは課題です。
とは言え、こういう内容の悪い試合でセットプレイから先制できたのはやはり大きいですね。
前半を1点リードで折り返します。

采配ミスで完封ならず
後半に入ると鹿島もポゼッションで押し返すことが出来始めます。
特に右サイド、遠藤と柴崎、西らがからんで仙台ゴールに迫って行きます。
60分には右サイドに出た柴崎から中央の遠藤に鋭いパス、左足のセンタリングはDFを越えてファーサイドの山本に出たのですが、バウンドが合わずにシュートまで行けず。
さらにそれで得たCKから柴崎のボールをファン・ソッコがヘッドで狙います。
これはポストに嫌われますが、前半に飛ばしていた仙台の運動量も落ちて来て上手くボールを回せるようになって来ていましたね。
68分には高い位置でボールを奪ったカイオがドリブル、そのままシュートまで行って追加点をあげます。
ここのところボールロストが多くてあまりいいプレイが出来ていないですが、試合終盤に相手が疲れて来るところでも動けているのでこの辺りの時間帯でいい仕事をしていますね。
ここでセレーゾ監督が動きます。
イエローカードをもらっていたファン・ソッコに代えて青木を投入。
ウイルソンと何度も競り合って退場しそうな勢いだったので、この交代はいい判断でしたね。
追加点を奪って勢いのある鹿島は、72分。
右サイドで遠藤が粘って西、柴崎と繋いで再び遠藤。
そこからサイドの裏に出た土居にパスが出ると中央へマイナスのクロスを入れます。
これをカイオがスルーして、柴崎がトラップならコースを狙ってシュートするのですが惜しくもGKに防がれてしまいます。
この場面は多くの選手が絡んで仙台守備陣を崩したいい攻撃でした。
このままの流れでいよいよ今季初の完封試合かと思いきや、リズムを壊してしまうのがバランスブレイカーのセレーゾ監督です。
高崎に代えて梅鉢を入れます。
前節に続いてまた後ろの選手を代えて来たわけですが、これで柴崎、土居が1つずつポジションを上げることになります。
その梅鉢が上手く試合に入れず、最初のプレイでボールを奪われます。
ここは小笠原がフォローしたのですが、ファーストプレイでミスすると選手って上手く試合に入っていけないんですよね。
だから最初は難しい事をせずにできるだけ簡単なプレイ、バックパスでもいいんで安全なプレイをしておけばいいんですよ。
この後、右サイドに流れた梅鉢のセンタリングから逆サイドのカイオ、さらに中央にふわっとしたボールを入れて土居が頭で合わせます。
ここは決めないといけない決定機でしたが、シュートはGKの正面に。
そもそもこの場面を観てもパス回しでミスの多い梅鉢が前に行って、小笠原が後ろというバランスも意味分からないですね。
守備固めになってないですし、わざわざお互い役割が合ってない所に置いてしまっています。
さらにこのブログでも何度も言っているように小笠原と梅鉢のボランチコンビは最悪、今まで機能したことがないです。
柴崎と組んでいる時の梅鉢は無駄に動かずに後ろに控えているのですが、小笠原と組むと高い位置を取り過ぎるんですよね。
ここまでパスを上手く回せていたのに、84分にも梅鉢から小笠原へのパスのところで奪われてカウンターを受けます。
2対2の局面になりますが、最後は何とか青木が体を張って守ります。
ここもボランチの2人が同じ高さにいること自体、ポジショニングがおかしいんですよね。
両サイドバックが上がっていたので小笠原はボールホルダーの梅鉢より下がってボールの受けられるポジションを取らないといけません。
それが基本ですから。
そもそも梅鉢はフリーだったので前にパスを入れられなくても、ドリブルはできましたし、小笠原にパスする必要もなかったので完全に判断ミスですけどね。
ただ、柴崎と組んでいる時は梅鉢がこんなにサイドに流れてビルドアップするなんてことは、セレーゾ監督がくだらない指示を出さない限りないんですから。
この試合、梅鉢はこれまで先発で出ていた試合と完全に違う仕事をしていましたよね。
さらに持ち前のボールキープを発揮して来てボール回しの中心になっていた遠藤に代えて赤﨑を入れます。
これで土居を左サイドに下げてカイオを右に回します。
まるで「赤上げて白上げて、赤下げないで白下げる」の旗揚げゲームのような采配で、むしろ鹿島の選手の方が混乱させられていましたね。
せめて入れるなら中村のようにボールを持てる選手にすべきでした。
こうなるとパス回しどころかボールキープも出来なくなって、残り時間を仙台に押し込まれます。
そして、ロスタイムについに失点。
ここはミスが重なりましたね。
まず、小笠原がクリアをゴール前に上げてしまったのがミスですし、先に落下地点に入っていた昌子が後から来た藤村に簡単に頭で後ろに逸らさせてしまったのもミス。
後ろから入って来たので見えてなかったのかもしれませんね。
梅鉢も何とか頭でクリアに行けなかったかなと思いますし、青木も逆を取られて簡単に前を向かせてしまいました。
青木の所はすでに完全に後手に回ってしまっていたので仕方ないですが、やはりその前の所で2回もゴール前にボールを運んでしまってはいけないですね。
失点試合は継続してしまったものの、そのまま逃げ切って勝点3を獲得。
やはり疲れていて運動量も上がらない鹿島らしさの乏しい内容でしたが、そんな中セットプレイとカウンターから得点して苦しい試合をものにできたのは良かったです。

中2日で甲府戦
連戦は続きますが、ここからは中2日の戦いになるのでさらに苦しくなりそうですね。
ACLのグループリーグ突破がかかるFCソウル戦が控えているので、甲府戦はメンバーをできるだけ温存したいところ。
調子が落ちて来ている仙台にアウェイで勝てたので、開幕からまったく調子もチームの機能性も上がっていない甲府にはメンバーを入れ替えても勝てるんじゃないかと思います。
FW:金崎
MF:豊川、本山、中村
MF:青木、小笠原
DF:鈴木隆、昌子、植田、西
GK:曽ケ端

出場停止の金崎は復帰するとして、次節出場停止のファン・ソッコのポジションも選手が入れ代わることは確実です。
しかし、負担の大きい中盤の選手を入れ替えたいですよね。
特に2列目は遠藤を中心にできれば全員休ませて欲しいです。
果たしてセレーゾ監督がどういう選手起用をしてくるのか、注目ですね。
甲府にはその守備力に苦しめられて来たので、決して油断はできないですが、やはり昨年の主力CB青山と佐々木が抜けた影響が大きいです。
補強はアドリアーノやブルーノ・ジバウ、レンタルから復帰の堀米と前線の選手が多く、また、今季から樋口監督になって自陣に引きこもるよりDFラインを上げて行くスタイルになっています。
浦和戦ではお馴染みの3-4-2-1の布陣で戦っていましたが、前線の選手を活かすために3-1-4-2のような感じにすることもあります。
ただこの布陣は群馬などJ2のクラブでやっているところはありましたが、あまり機能しているイメージはないですね。
降格時の磐田の森下監督も採用していましたが、アンカーのチョン・ウヨンを抑えたらまるきりビルドアップできずに苦しんでいました。
そのため、前線をフレッシュなメンバーに入れ替えて前からプレッシャーをかけに行くとショートカウンターでのチャンスを作れると思います。
もちろん鹿島がポゼッションして甲府が守る時間帯が多くなるでしょう。
甲府は守備時は5-4-1で守るのですが、やはり昨年程の固さ、粘りはないです。
前節の浦和戦はしっかり守る意識は高かったですが、危ない場面もけっこう作られており結局こじ開けられてしまいましたからね。
攻撃に至ってはまったくと言っていい程機能しておらず8節までの得点はたったの2、平均シュート数は5.5本となっています。
もともと樋口監督は横浜FMでも中澤、栗原、富澤、中町らがいたから守れており、攻撃では中村、ラフィーニャらがいないと得点できないってタイプでしたからね。
選手の能力に依存する所が大きく、城福監督のように選手の力量以上のものを引き出してチームとして機能させていくわけではないです。
それでも今の鹿島の守備はかなり不安定で、セレーゾ監督の采配でも混乱することが多いので、特にセットプレイには気を付けて、ボランチには小笠原と梅鉢を決して並べないようにして欲しいところです。
昨年も得点力の低いクラブには完封できていましたから、ここはきっちり無失点に抑えて勝利してFCソウル戦に繋げていきたいですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→



最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する