鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

14シーズンの戦い方【攻撃編】
前回の守備編に続いて攻撃編です。
獲得に動いている新外国人によって大きく変わる可能性はありますが、基本的にダヴィをどう活かすか、鹿島らしい攻撃をするにはどうすべきかという観点が重要なことは変わりません。
フォーメーションは前回と同じく予想というより理想フォーメーションとなっています。
[予想フォーメーション]
FW:ダヴィ
MF:土居、中村、遠藤
MF:アルベルト、柴崎
DF:前野、山村、青木、伊東
GK:曽ケ端


大迫が抜けた攻撃をいかに再構築すべきか
①2トップor1トップ
攻撃を構築するにあたってまず4-2-2-2か、4-2-3-1で戦うのかという問題があります。
基本は4-2-3-1の路線だと思いますが、獲得予定の新外国人のポジションとタイプによっては4-2-2-2のフォーメーションを採用する可能性も出て来ましたね。
ダヴィを先発起用する前提で考えれば、機能しやすいのは2トップです。
4-2-2-2の布陣でしたらダヴィ以外の前線の3選手を足元の上手い選手で固めれば攻撃の形は作れます。
ただ、もう1人のFWには高いポストとパス能力、2列目の選手には攻守にレベルの高いプレイが要求されます。
さらに2列目の選手の守備負担を減らすためにボランチには幅広い運動量と危機察知能力、計算できる守備力でボールを奪うか、相手の攻撃をディレイするプレイが求められます。
4-2-2-2を機能させるにはレベルの高い選手と連携構築が必要ですが、鹿島は常にこの昔からの鹿島らしいサッカーをやるための選手を獲得して来ていますから、あとは監督がそれを理解して思い切って若い選手を起用していけるかどうかですね。
多く組まれている試合で連携を高めて欲しいところです。
4-2-3-1の場合は、くさびを受けに下がったりサイドに流れてボールを引き出して攻撃の組み立てに貢献していた大迫と違って、ダヴィが動かない上に足元が下手なのでトップを使った奥行きのある攻撃の組み立ては難しくなります。
そのため、4-2-3-1のフォーメーションでは以下の2つの戦術が考えられます。

②守ってカウンター
1つは甲府がダヴィの1トップでやっていた戦い方です。
ダヴィを残して他の選手は引いて守ってボールを奪ったら前線のダヴィに当ててドリブルをさせるか、サイドのフェルナンジーニョ、柏を走らせて突破、センタリングから中央のダヴィがゴールを奪う攻め方です。
これが一番手っ取り早くてリスクも犯さない戦い方なので、守備も安定して堅実かつ確実に勝点を望めるでしょうね。
また、この戦法でしたらボランチはルイス・アルベルトと梅鉢、サイドバックには昌子を起用する方が効果的です。
しかし、これは何と言っても鹿島らしくない戦い方です。
実は昨季も2列目にボールの収まらないジュニーニョと野沢を起用していたシーズン前半、ダヴィの1トップだった試合はこれに似た状況になっていました。
ただ、鹿島の場合はフェルナンジーニョと柏のいた甲府と違ってサイドで縦に仕掛けるタイプの選手がジュニーニョくらいしかいないので、ひたすらダヴィにロングボールを入れるだけの超絶つまらないサッカーになっていましたけどね。
しかも、意図的に守備を固めているわけではないので失点も多かったです。
つまらなくても勝つためには有効な戦い方であることは確かですが、結局勝ち続けるには一貫としたスタイルを築いて継続して行くことが大事になってきます。
鹿島が今後も引いて守ってカウンターに頼るチーム作りをしていくならこの戦い方もありですが、そもそもそういうスタイルを求めていないですし、それに適した選手を揃えてもないですからね。
勝ち続けるには鹿島らしいサッカーを復活させるか、チームカラーをガラっと方向転換するくらいの覚悟が必要です。
降格圏に沈んでいよいよヤバくなったら堅守速攻の戦術を採用したらいいと思いますが、そうならないことを願います。

③超重要なサイド攻撃
もう1つの戦術は2列目の3人とサイドバックやボランチのオーバーラップで攻撃を組み立てていく方法です。
ダヴィが攻撃の組み立てに加われない以上、2列目がタメを作って後ろからの追い越しで人数をかけて攻撃を作っていくしかありません。
これは4-2-3-1だけでなくダヴィを起用する場合、4-2-2-2でも言えることですが、特にサイド攻撃が超重要になって来ます。
12シーズンのC大阪ではケンペスが1トップを担っていましたが、こちらもダヴィ同様に攻撃の組み立てに参加できる選手ではなかったのであまり機能していませんでした。
しかし、ゴール前に入って行く動き、タイミングは良く高さと強さはあったのでサイドからのセンタリングからチャンスに絡んでいました。
やたらとシュートをポストやバーに当てていたので7得点しかしてないですが、千葉への移籍が決まったのでこーめいは活躍するだろうと思っていました。
なぜなら千葉は木山監督もその後を継いだ鈴木監督も中央はあまり使わ(使え)ず、サイドから攻撃を作っていくタイプだからです。
波があるところが難点でしたが、ケンペスは得点王になりましたし、J2で得点王を獲った選手はJ1でも活躍する可能性が高いのは過去のJ2得点王を観れば明らかです。
要するに千葉のチームスタイルには合っていて、C大阪にはあまり合ってなかったということですね。
それは何故かと言うとC大阪の2列目の3人はシャドー(トップ下)タイプで1トップを加えて細かいパス回しで中央を崩していく攻撃が多いからです。
クルピ監督は両サイドバックを攻撃参加させるのも好きなので、もちろんサイド攻撃もあるのですが中央から攻撃する割合が千葉よりずっと多いってことですね。
鹿島はというと4-2-2-2を想定して選手を獲得しているので、やはり2列目にはゲームメイクやシャドーストライカー的な選手が多いです。
サイドハーフタイプと言えるのは退団したジュニーニョくらいで、今季ではカイオがもっともその役割に近いですかね。
むしろ縦に突破してセンタリングを入れるだけならダヴィの方が向いています。
土居もサイドに置けばけっこうドリブル突破してくれそうですが、遠藤が右からのカットインを得意としている以上、土居にしろ中村にしろ左サイドハーフに置くことになります。
ジュニーニョはブラジル人らしいセンスと培われた技術で簡単にこなしているように見えますが、右利きが左サイドで縦に仕掛けるのは実はけっこう難しいです。
常にDFに近い方にボールをさらしながら持たないと行けないですからね。
そうすると左利きの適任者がいないので、遠藤を左に持って行って土居や中村を右に置くという選択肢もあるのですが、もともとサイドハーフタイプの選手ではないのでやはりカットインさせるために利き足と逆サイドに置いた方が有効です。
それに鹿島のサイド攻撃がここ数年機能していないのではサイドバックの質の低さが原因です。
アレックス、西は追い抜かないですし、中田に至っては攻撃参加すらできませんでした。
ここを改善することがダヴィ先発起用では最重要事項になります。
2列目がカットインしてタメを作ってその外をサイドバックが上がって行く鹿島本来の形ですね。
そして、その任務をもっとも遂行できるのが前野と伊東になるわけです。
西が右サイドバックの時のサイド攻撃は、遠藤がタメを作って西がオーバーラップ。
しかし、追い抜かずに止まってスルーパスを出したがるので遠藤がサイドの(本来サイドバックが上がるべき)スペースにフリーランして西のパスを引き出すという二度手間をやっているんですね。
しかも西はグラウンダーのセンタリングでないとまともに入れられません。
昨季終盤に伊東が出てからは遠藤のタメ→伊東のオーバーラップからのセンタリングとすごいサイド攻撃がシンプルに機能するようになりました。
そして、サイドバックでもっともクロスの精度が高く、ビルドアップが上手く、仕掛けられる選手が前野になります。
鹿島はクルピ監督と違って両サイドバックを同時に上げる戦術は採らないので、つるべの動きでバランスを取ってオーバーラップした後ろのスペースはファーストボランチがカバーするのが鹿島らしいサッカーであり、ルイス・アルベルトを獲得したことでそれを実現できるピースは揃ったわけですからあとは監督の選手起用次第です。

というわけで新外国人がどういう選手かにもよりますが、攻撃に関しては鹿島らしいサイド攻撃の復活が成せればダヴィを活かせると思います。
実際は昨年にも前野、伊東、本田とサイド攻撃を機能させるためのピースは揃っていたわけで、セレーゾ監督がそれをできなかっただけなんですけどね。
昨年のような中央を使った攻撃をするとなると杉本や赤﨑、新外国人に期待せざるを得ないでしょう。
もちろんサッカーは攻守一体なのでいい形でボールを奪えばカウンターからの得点も増えますが、トップがダヴィだと佐藤、マルキーニョス、柿谷などがトップを務めていた昨季の上位クラブに比べると精度は落ちそうです。
セットプレイからの得点はルイス・アルベルト分上積みできそうですし、キッカーも徐々に若い選手に切り替わって行っていますからターゲットの山村を含めて成長に期待したいですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

アルベルトが動画で見る通りの動きをしてくれればJ屈指のボランチになるかと思います。両サイドバックを前野、伊東に固定し、ボランチにアルベルト、柴崎をスタメンとする事。こうする事でバランスとサイド攻撃の頻度がかなり改善されますよね。まさか今年は中田のサイドバックはやらないと信じています。ところで「予想フォーメーション」を書かれてますが、こちらは希望フォーメーションとは別でしょうか?僕はアツタカのところに赤崎を入れたいですね。ゲーム途中で行き詰まった時、柴崎を一列上げてダヴィ、赤崎の2トップにし、ボランチに満男を入れる布陣に変更する時にバランスを保ったまま可能かなと。満男とアルベルトも良さそうですし。ただ、アツタカは途中交代で流れを変えるタイプではないんですよねー。そこが難しい。カイオや太郎の方がジョーカーとしては有効な気もしますね。早くプレシーズンマッチが観たいものです。
【2014/02/03 00:25】 URL | 鹿リング #mQop/nM. [ 編集]

鹿リングさんへ
コメントありがとうございます。
中田は今季、ボランチをやってることが多いですね。
鹿島オフィシャルのレポートもサポーターの心配を察しているのではないかと思うようなところが多いです。
ルイス・アルベルトはやってくれると嬉しいですね。
しかし、ここ2年はあまり試合に出ていないので現在のパフォーマンスがどの程度のレベルになっているのか、そこだけは一抹の不安を感じます。
【2014/02/06 20:03】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/1019-72e5b6e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する