鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

【J1第2節】祝!Jリーグ最速400勝達成…の仙台戦
結果
3月8日(土) 2014 J1リーグ戦 第2節
鹿島2-0仙台(19:04/カシマ/15,033人)
[得点者]
31' 遠藤康②(鹿島)←ダヴィ①
90' 遠藤康③(鹿島)←ダヴィ②

[フォーメーション]
FW:ダヴィ
MF:豊川、土居、遠藤
MF:小笠原、柴崎
DF:山本、昌子、青木、伊東
GK:曽ケ端

[選手交代]
68分:豊川→中村
80分:土居→野沢
84分:伊東→植田


試合の感想
持つ者と持たざる者
仙台は4-2-3-1のフォーメーション、角田がケガで欠場のためボランチコンビは鎌田と冨田になりました。
また、代表戦のあったマグリンチィがベンチスタート、代わりに武藤が左サイドに入りましたね。
鹿島も布陣は4-2-3-1、先発メンバーは開幕戦と変わりありません。
立ち上がりにいきなり左サイドを突破されてセンタリングを中央のウイルソンに合わせられそうになりますが、何とか伊東が体を寄せてシュートはさせず事なきを得ます。
ここは小笠原と柴崎が前にプレッシャーに行きすぎて梁が完全にフリー、そこで起点を作られてサイドに展開されてしまいました。
山本が前に出てチェック、その後ろを豊川がケアしたのですが裏を取られてしまいましたね。
鹿島としてはここで失点していたらかなり難しい試合になっていましたが、伊東のファインプレイもあって失点せずに助かりました。
攻撃では前節同様にセットプレイからチャンスを窺います。
ショートコーナーから小笠原がセンタリングを入れてニアで青木が合わせますが、ゴール左にはずれます。
さすがに甲府戦のように簡単にフリーにはしてくれないですし、前節の3,4点目などは特に難しいシュートが枠のいいところに行ったのですが、そうそうバックヘッドがゴールの枠に飛ぶということもないですよね。
序盤は仙台のポゼッションが多かったのですが、若返った鹿島は前からプレスに行くと豊川が2度いい形でボールを奪います。
1度目は土居がすぐにボールロスト、2度目は遠藤と柴崎で右サイドを攻め上がりますが2人の意図が合わなくてパスが通らずチャンスにならなかったですが、この守備から鹿島が落ち着いて後ろでボールを回す時間もできるようになります。
10分にはカウンターから遠藤がボールを運ぶとスルーパス、ダヴィがDFをかわしてとぅキックでGKの股を抜こうとしますが防がれてしまいます。
仙台は監督が代わって、鹿島はメンバーが若返って、いずれもチームを構築中ですが、持つ者と持たざる者の明暗が分かれます。
仙台はウイルソンが中央では孤立、サイドに流れると中が薄くなる状態で明らかに連動性や攻撃の形が未成熟。
選手も迷いながら手探りながらビルドアップしている様子でした。
立ち上がりのミスからピンチを招いてしまったバイタルエリアの空白は柴崎が意識してバランスを取って埋めるように気をつけると梁もフリーになる時間が減りました。
これで仙台の攻撃をしっかり抑えることに成功しましたね。
対する鹿島もDFラインからのビルドアップは上手く行かないですし、ボランチの2人も甲府戦程好きにさせてもらえません。
また、バイタルエリアのプレッシャーも開幕戦より強いので土居と豊川にボールが収まらず、なかなか攻撃の形を作れずにいてシュートまで持って行けない時間が続きます。
しかし、鹿島にはセットプレイの他にダヴィの突破、遠藤の起点という武器があります。
相手のクリアボールを小笠原が頭から行って当てるとそのこぼれ球を伊東が素早く拾って遠藤に繋ぎます。
ドリブルで運ぶとスルーパス、ダヴィは一度しっかり中を観てからマイナス気味にグラウンダーのクロスを入れます。
相変わらずいいポジションに入っている豊川がスルーすると、中央に走り込んでいた遠藤がトラップ、少し流れて土居と被りそうになりますが落ち着いて逆サイドに流し込みました。
連動した形からの攻撃はこのくらいでしたが、これは鹿島が昨年から得意とする右サイドからの攻撃の組み立てですよね。
また、小笠原がボールに頭で行った時に仙台の選手の足が高く上がってファウルだったのですが、東城主審が流したのもファインプレイでした。
これで勢いに乗った鹿島は相手のパスミスに乗じて柴崎がボールを奪い、ショートカウンターをするもダヴィのシュートは大きく外れてしまいます。
37分には伊東のスローインをダヴィが胸トラップして反転シュート、角度のないところから狙って行ったのですが惜しくもニアポストに弾かれてしまいました。
さらに遠藤のスルーパスからダヴィが三度シュートを放つもGK正面。
この時間帯は仙台の選手にパス、トラップのミスが多くなっており鹿島は高い位置で簡単にボールを奪えていましたからチャンスが増えていましたね。
守ってはシュートすら打たせてなかった鹿島ですが、42分に決定機を作られてしまいます。
ウイルソンにDFラインの裏に抜け出されますが、曽ケ端がファインセーブ。
裏を取られてしまった伊東も最後のところまで諦めずにスライディングに行ってシュートコースを限定していました。
これがあるからGKもコースを読みやすくなりますし、失点の多寡に大きく関わってきますよね。
最初と最後に決定機を作られるも仙台の攻撃をほぼ完璧に抑えて1点リードしたまま後半に入ります。

シュート3本、課題の後半
後半になると当たり前ですが、仙台の遠藤へのプレッシャーが強くなります。
前半は遠藤のところで起点を作れていたので伊東のオーバーラップはありましたが、それ以外では前線でほとんどタメが作れていなかったのでボランチがなかなか深いところまで入って来る攻撃はできなかったです。
後半は遠藤の所を警戒されると次第に攻め込まれる時間が増え、こぼれ球も拾えずに防戦一方になります。
トップ下の土居がボールを収めて試合を落ち着かせてくれると遠藤の負担も減って助かるのですが、やはり相手のプレスが強くなると消えてしまいますね。
目立ったシーンは62分にカウンターからダヴィが強引にシュートに行った起点になった場面くらい。
この試合ではボールを持てるところでダイレクトでパスしてミスをしたり、パスを出した後の動き出しが無くてリンクマンとしても機能出来ていませんでした。
鹿島はこのダヴィのシュート1本に抑えられてしまい、攻撃の形すら作れません。
こうなって来ると監督の采配が勝敗を分けて来る流れになるのですが、先に動いたのはセレーゾ監督でした。
中村投入のチョイスはいいのですが、交代選手は存在感の消えていた土居ではなく守備で効いていた豊川。
鹿島はダヴィの1つ手前、中央で起点を作りたいのに中村をトップ下ではなく左サイドで起用、守備は豊川>中村なのでわざわざ守備力を下げる交代をするのは疑問です。
中村のところでボールが落ち着く時間も増えたのでそういう意味では効果もあったのですが、そこから先があまり繋がらないんですよね。
プレッシャーがきつくなりながらも遠藤もよくボールをキープしていたので中村を近くに置けばもっと自分たちの時間帯を作れたと思います。
アーノルド監督が右サイドにマグリンチィを入れて来たこともあって、左サイドから押し込まれる時間が増えます。
鹿島として助かったのはアーノルド監督の動きが遅かったことです。
そもそも最初の交代カードが1点リードしているセレーゾ監督より遅いというのは相当腰の重い監督と言えますし、鹿島にとって一番嫌な赤嶺投入でももたついていましたからね。
鹿島はようやく土居に代えて野沢を入れるも甲府戦同様に流れを変えることはなく、最後は植田を投入して逃げ切りを図ります。
昌子と青木が1つずつ左にずれて山本が右に回る形ですね。
押し込まれていた鹿島は植田のフィードからようやくダヴィに繋がって後半2本目のシュートを放つと、90分には今度は青木からダヴィへ。
反転してのドリブルは1度奪われますが競り勝って取り戻すと突進、センタリングも1度DFに引っ掛かりますが、こぼれ球を拾うとセンタリング。
ファーサイドに上がって来ていた遠藤が右足ボレーでたたき込んで試合を決めました。
やはり単純に仕掛けてセンタリングを入れるプレイなら両足使えるダヴィは今の鹿島では一番ですよね。
甲府戦同様に攻め込まれた後半の戦いは課題ですが、開幕から幸先良く2連勝。
Jリーグ最速400勝達成となりました。

鹿島らしい守備の復活
後半は攻められっぱなしでしたが、よく中央で跳ね返していましたし最後の所は体を張って守れていました。
昨年、というかシーズン前のプレシーズンマッチや練習試合と比べても確実にマークを掴む意識、体を張る意識、DFラインを押し上げる意識、球際の強さ、機動力が高くなっていますし、それが実際にタックル数というデータにも表れていますよね。
目立った活躍はしていないですが、土居、野沢、中村も昨年より確実に守備意識は高くなっています。
もともと鹿島は危ない場面を作られる回数は少なくないものの、最後の所で体を張ってブロックしたり、シュートコースを限定してGKが守るというスタイルでその往年の守備が戻りつつある感じです。
結局ゴール前の体の張り具合いが決定力に大きく影響しますから、そこでの差が勝負強さに表れて来るんですよね。
特にこの試合のMVP級の働きをした昌子はミスもなく、空中戦、カバーリングと迷いなく奮闘して仙台の攻撃を防いでいました。
ウイルソンにもファウルしない範囲で相当厳しく行っていました。
DFラインも右の伊東が攻撃的、左の山本が守備的に振舞ってバランスを取れていますし、山本は守備重視でプレイさせるなら前野より身長があり、中田より機動力に優れているので使い勝手がいいのでしょうね。
それに前の豊川があれだけ守備をしてくれたらそうそう危ない場面は作られないですから。
このDFラインで問題があるとしたら2つ。
1つはビルドアップ、もう1つは屈強な外国人や代表クラスのFWと対峙した時に競り合いで勝てるかどうかです。
この試合、仙台の攻撃は工夫がなく押し込んでいる時間もサイドからセンタリングを放り込むだけでしたし、センタリングを跳ね返せていたのは仙台の前線に空中戦の得意な選手がおらず、ポジション取りの上手い赤嶺の投入が終了間際だったというのもありますからね。
真価が問われるのはこれからと言えるでしょう。

進化の真価が問われる首位決戦
次節の鳥栖はその進化の真価を計るにうってつけの対戦相手となります。
しかも勝点6、6得点無失点で並び早くも首位決戦となりますね。
昨シーズン後半17試合の首位は新潟、2位は鳥栖でした。
三門と東口が抜けた新潟に対して、林と菊地が完全移籍で残留、安田、谷口、そして5位と躍進した昇格年の主力だった岡本を再び広島からレンタルしています。
確実に戦力アップしているんですよね。
鳥栖は前からは追って来ずハーフウェイラインまで下がってブロックを作って守ります。
鹿島のダブルボランチにボールが入るのをスイッチに激しくプレスをかけて来ますからね。
さらにDFラインも低く設定することを厭わないので、甲府戦や仙台戦のようにDFラインの裏を狙ってダヴィを走らせるボールも狙いづらいです。
さらにバイタルエリアのプレッシャーはかなり厳しく来るので、昨年のホーム戦ではこれで完全にビルドアップを封じられました。
豊田の強さ・高さに藤田のロングスロー、3アシストと好調の安田の上がり、キム・ミヌの仕掛けなど警戒すべきところが多いですね。
ただ、昨年のリーグ戦の2得点はいずれもセットプレイからだったようにゾーンで守っているセットプレイには隙があります。
何とか先制点を奪って試合を優位に進めたいですね。
この鳥栖相手に球際、ゴール前の高さと強さ、体の張り具合いで互角以上に渡り合えればJクラブどことやっても渡り合えると思います。
ビルドアップ、前線での起点をどう作るかが重要となって来ますが、セレーゾ監督は何か手を打って来るのでしょうかね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

いつも楽しく読ませて頂いてます。

ウィルソンに決定機に対する
伊東と昌子の守備。
非常に良かったですね。

ボランチの裏が気になりますが
柴崎がバランスを見てケア
しているんですかね?
彼の持ち味が消えてますが、
チームとしてはいいですね。

それとラインを上げてボランチ
の裏をケアしているんですかね?
ディフェンスラインが足速くなった
のでコンパクトでいいですね。

豊田相手に昌子が勝てば、
かなり勢いつきますね。
昌子期待してます。
【2014/03/10 21:49】 URL | しかくん #- [ 編集]

ネ申戸の鹿(笑)さん
こーめいさん、こんばんは。いつも楽しく読ませていただいています。

ところでネ申戸の鹿(笑)さんのコメントですが…仙台の話題から入るのはおかしいですか?仙台に角田がいなかったのは、言い方は良くないですが鹿島にとってはかなりのアドバンテージだったと思いますよ。また、まだセレーゾも戦術としての最終ラインしか固めきれてないのは見ていてわかると思いますが…。オフェンスの交代策は僕もこーめいさんの言う通りだと思いますよ。中村にサイドの適性は今のところ見られない。試合に出ている時間が短いので、可哀想だと思いますが、土居と中村の交代が遠藤を抑えられたときの切るべきカードだと思います。これから中村が左サイドで化ける可能性はゼロではないですが、本山の後継者として土居と共にトップ下で育てる方が本人にもクラブにも利益が大きいと思います。むしろ、左は赤崎にやらせてもいい。大迫も以前左サイドハーフを鹿島でやってましたよね?試合経験を積ませないと、ダヴィが出場停止の時に怖くてしょうがないです。

ここまでの2連勝はセレーゾのサッカーで結果が出たと言うより、相手に恵まれたのはこーめいさんの言う通り。次の鳥栖戦である程度今期が占えるのもこーめいさんの言う通り。鳥栖がJ1昇格してから鹿島は一度も勝ててませんが、ここ2年の鳥栖より今の鳥栖は強いですよ。ショートカウンターからサイドを走らせて豊田で仕留める。後はガチガチに守って勝ち点を重ねる。ある意味、昔の鹿島のような守り勝ちができるチームです。僕は浦和が大嫌いですが、それでも今の浦和は強いと認めざるをえない。その浦和があれだけ攻めて点がとれないのは今の鳥栖の強さをよく出せている証拠だと思います。

ここのところ勝ててない広島、浦和を倒すためにも鳥栖戦は真価が問われるし、攻め手がわかっている鳥栖をクリーンシートで抑えられないなら、去年は大勝したもののリーグ屈指の攻撃力を持つ川崎はもちろん、同じように攻め手がわかっている浦和にも広島にも今年もまた勝てない可能性が高いということです。

私もこーめいさんの意見に必ずしも全て賛同というわけではないですが、しっかりこーめいさんの文章を読んでJリーグ全体を見てコメントされた方が他の読者の方も楽しめるのではないでしょうか。私もJリーグ観戦歴は長いだけで全体を見られているとは言いがたいですが…。

こーめいさん、長々とコメントして失礼しました。ご容赦下さい。
【2014/03/10 23:55】 URL | 足立区の鹿 #g0aIJZ7g [ 編集]

しかくんさんへ
コメントありがとうございます。
全体的に運動量、機動力が上がった分守備にいい効果が現れていますね。
前線からプレスをかけられるようになっている分、DFラインも高く保てていますが、甲府、仙台ともに攻撃の組立がまだできてない状態でしたから危ない場面は少なくてすみました。
ボランチは小笠原もバイタルエリアをケアしていますが、どうしても状況を考えずボールに食いつきすぎる癖があるので柴崎がバランスをみることが多くなっていますね。
守備陣形が整っている時やボールホルダーにプレッシャーをかけられる時の小笠原のプレスにはかなり助かっているのですが、柴崎が上がっている時やボールホルダーと距離があるときもとにかく前から行ってかわされて後ろを突かれてしまいますし、逆にDFラインを押し上げないといけないときは自分の近くにボールホルダーがいないとのんびり歩いて残っていたりするのが目に付きますし、ずっと改善されないですね。
【2014/03/11 11:15】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

足立区の鹿さんへ
コメントありがとうございます。
春になると必ずああいう頭の痛いお花畑な人が湧いて来るので相手しない方がいいですよ。
少し読んで相変わらず頭の悪さ爆発にこーめいはほとんど読まずに削除しました。
1000年前の今日の天気がどうだったか考えるより無駄な時間にしかならないですからね。
鹿島のことをメインに書くので繋ぎやすいようにまず対戦相手のことから書いて鹿島のことを書くのはずっと続けているこーめいのスタイルなのに理解する頭がないというのはもう頭が悪いを通り越して本当に哀れです。
まだ昨年の13位と15位、しかも大きな補強もなく戦力が落ちている相手にホームで勝っただけですからね。
と言っても連勝したことで若い選手が自信を持って鳥栖戦に臨めることになったのは鹿島にとってよかったです。
【2014/03/11 11:32】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


負けたら監督の戦術批判と強化批判を書いて記事を成り立たせ、

買ったらテレビの生中継かと突っ込みを入れたくなるような細か過ぎるレビューを書く、

文章力があってサッカーを知ってる素人強化部長のこーめいくん、

開幕3連勝、無失点の好調鹿島をどう書くのかな!?笑

あそこまで批判して、心配だ心配だとネガティブキャンペーン。サッカーの見る目がない鹿島ファンの読者に守られてここまで来たけど、決して相手が悪かったとは今回は流石に言えないだろうしね。どっちが笑うことになるのかな?

君もわたしもアントラーズをサポートしていることは変わらない、しかし君の分析力が絶対ではないし、少なくともフロントも監督も良くやってるよ。くだらない批判的な駄文長文書かないようにね。批判をしたらそれだけ返ってくるし、批判は簡単だけど、気分は良くないからね。しかもそのスタイルを捨てて急に肯定されても今までとの矛盾だし、君の価値も問われるね。

チーム同様、君のブログ、考え方、変化も楽しく追っかけささてもらうよ。頑張ってね、エリートコラムニストさん。
【2014/03/15 17:19】 URL | ネ申 戸の鹿 #- [ 編集]

神戸の鹿は、神戸の恥
フロントや監督が思い切れずにチーム作りに失敗したから、鹿島は世代交代に失敗してここ数年は弱くなっていって、ついには昨年無冠におわったってことを知らないのか。
鹿島サポなら皆分かってることなんだけど、知らないってことはサポでも何でもないただの頭の悪い荒らしって証拠だよ。本当の鹿島をサポートする気があるなら馬鹿丸出しのコメントして粘着さないしお前は誰からもサポとは認められてないよ。
お前のせいで俺を含めてたくさんの人が楽しみを奪われることになったわけだけど、お前が何を書こうがたくさんの人がこのブログを楽しみにしてたし、お前なんか鹿サポ以前に人間として最低なだけだよな。
なんだ、こーめいさんのまともな教育を受けてないっての当たってるじゃん(笑)
最初のコメントを見たとき俺もそう思ったけどWWW友達が阪神大震災の時に死んだけど、何でお前みたいなしょーもない人間が生きてるんだろうな。お前が友達の代わりに死んでくれたらよかったのに。
神戸の鹿、お前は神戸の恥だよ。
【2014/03/18 11:32】 URL | 神戸のもの #- [ 編集]

通りすがったものですが
長く教職を務めさせてもらった者から言わせて頂けば、現代の日本においてまともな教育を受けていない子供はまずいません。日本の義務教育の水準は高いですから。
ですが、残念なことに同じ教育を受けても学力や常識力の差、まともな教育を受けてもそれを理解できるだけの能力を持っていない子もいるのです。
最近はネットでのトラブル事案も多く発生しているため、生徒にネットでのモラルやマナーを指導するところもあるのですが問題を起こす子の親はいわゆるモンスターペアレントが多いです。
たいていはどちらかの親(多くは父親)がまともなのですが、たまに両親とも話や常識がまったく通じない方もいらっしゃっいます。神戸の鹿という人もそういう類の家庭で育った方だろうと思われます。
残念ながらそういう方はどこにでもいますのであまりお気になさらぬよう。
普段は本音を言えずにいたのでこの場を借りて言わせて頂きました。
教職だって人間だもの。
【2014/03/18 18:04】 URL | 老婆心 #- [ 編集]

ゴキブリ神戸
ぎゃはは、どこにでもいるってゴキブリみたいだなWWW
神戸の鹿じゃなくて神戸のゴキブリって名乗れよ!
ここにコメントなんかしてないでゴキブリらしく中華街でもはい回ってろ!!
ゴキブリを産んだ母親はさぞ気持ち悪い顔なんだろうな!!!
【2014/03/19 15:33】 URL | 毒島 #- [ 編集]


神戸の鹿さんは本当に鹿島サポなんですか?
では東京ヴェルディとの練習試合は見に行きましたか?
見に行ったならきちんと最後まで見ましたか?
結果が出てからここに煽るようなコメントをするなんて誰にでもできることをやっていい気になってるんですか?虚しくないですか?
人のブログにケチをつけるくらいですからサッカーの知識はこーめいさんよりあるのでしょうね?
それならご自分でブログをやってみたらどうですか?
ぜひFC東京とセレッソ大阪の弱点、どんな試合展開になるか、結果が出る前に教えてください。
あれだけ偉そうに自分は分かってたみたいな事を言っていましたからこのブログを終了に追いこんだ責任をとってくれるんでしょうね?
【2014/03/19 18:03】 URL | キュー #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/1025-f5c45cf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する