鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

【J1第5節】若い力で走り勝っての逆転劇…の横浜FM戦
結果
3月29日(土) 2014 J1リーグ戦 第5節
横浜FM1-3鹿島(14:04/日産ス/27,764人)
[得点者]
42' 栗原勇蔵(横浜FM)
54' 土居聖真②(鹿島)←伊東幸敏①
80' 野沢拓也①(鹿島)←柴崎岳①
87' 柴崎岳①(鹿島)←カイオ①

[フォーメーション]
FW:ダヴィ
MF:中村、土居、遠藤
MF:小笠原、柴崎
DF:山本、昌子、青木、伊東
GK:曽ケ端

[選手交代]
59分:遠藤→野沢
70分:中村→カイオ
84分:土居→ルイス・アルベルト


試合の感想
守備強度と体力の削り合い
横浜FMは4-2-3-1の布陣、斎藤がケガで欠場して左サイドには兵藤が入った以外は今季の主力、いつものメンバーという感じです。
鹿島も4-2-3-1、こちらも左サイドの豊川がケガで欠場、そこには中村充が入ってあとはいつものメンバーですね。
お互い運動量が多く球際も激しい守備をして、武器はセットプレイというチームということもあってガチガチとやりあって潰し合う展開となります。
鹿島も一週間のインターバルが空いたことでFC東京戦やC大阪戦より断然動きが良かったですね。
そんな中、横浜FMはセットプレイから、鹿島は中村充のドリブル突破からシュートでチャンスを窺います。
最初の決定機は横浜FMでした。
遠藤のパスを受けた土居がドリブルで持ち上がってダヴィにパスを出したのですが、シュートまで行けずに奪われたところからのカウンター。
昌子が相手の攻撃を遅らせて鹿島の選手もしっかり戻って人数はいたのですが、小林のクロスを藤本に合わせられてしまいました。
しかし、横浜FMの選手の押し上げもなく鹿島の守備陣に対して人数も少なかったので難しい態勢からのシュートとなり藤本は打ちあげてくれましたね。
お互いに攻撃のスイッチが入らずにシュートは少ないですが、前半の本質は守備強度と体力の削り合い。
少し押し込まれる展開ながらも互角に戦えていたのですが、均衡が破られたのはやはりセットプレイからでした。
42分に中村俊のCKから栗原にヘッドで豪快に決められてしまいます。
マークに付いていた青木は栗原でなくボールにアプローチしたのですが、中村俊のボールがあんなに曲がると思わなかったのかポジションがボールにかぶり気味になってしまいます。
クリアとマーク、どっちつかずの対応になって結局栗原に上から入られてやられてしまいましたね。
警戒していたセットプレイから先制点を奪われたのは痛かったものの、運動量とインテンシティーは負けておらず、この試合では土居も多くボールに触れていましたし横浜FMの守備力を考えたら決して悪くはない内容でした。

ボディブローが効いて来た残り10分
後半になると鹿島がギアを上げて攻めに出て行きます。
セットプレイの数が増えていたのですが、同点ゴールは54分の流れの中から。
柴崎の縦パスを遠藤がワンタッチでサイドにはたくと、伊東がこれまたダイレクトで縦に入れます。
伊東はしっかり土居の前のスペースに出しているんだと思いますが、相手からするとちょっとダヴィと土居のどちらに出したのかどっちつかずのボールでもあったので、中澤が本気でダヴィに釣られましたね。
それでCBの間に少しギャップが出来て、そこを土居が上手く突いて栗原をかわし、GKとの1対1も冷静に決めました。
ここは柴崎、遠藤、伊東のトライアングルで攻撃を作っているのですが、やはり3人が良い距離間で繋げるとチャンスになります。
そして、土居のポジションが明らかに前節より下がり目、ダヴィとの縦関係、距離間も良かったです。
追いついた鹿島は勢いを増して攻めて行き、59分にイエローカードをもらっている遠藤に代えて野沢を投入。
70分には中村に代えてカイオを入れて攻守に負担の大きい両サイドハーフにフレッシュな選手を置いて活性化させます。
樋口監督が普段から動くのが遅いというのもありますが、今季のセレーゾ監督は選手交代が早いですね。
徐々に足の止まって来た横浜FMに対して鹿島は途中交代で入ったカイオ、野沢、そして足を余らせていた柴崎がよく動きます。
体力が無くなると今度は集中力が切れて来るのですが、前半からガチガチやりあっていたボディブローの効果が残り10分で顕著に出ましたね。
横浜FMの選手はバイタルエリアでのチェックに行けなくなっていましたし、クリアした後のDFラインの押し上げも出来なくなっていました。
そのため山本に簡単にドリブルでボールを運ばせてペナルティエリア内にいたカイオに縦パスを出させてくれます。
ゴール前でごちゃごちゃして一度はクリアされるのですが、DFラインの押し上げがなく、柴崎への対応も遅くなっていました。
そこを柴崎と野沢が上手くついて逆転ゴール。
柴崎の浮き球スルーパスも見事でしたが、後ろからのボールをダイレクトでシュートという離れ業をいとも簡単に行う野沢のこの辺の技術はさすがですね。
リードした鹿島はルイス・アルベルトを入れて守備固めを行うとともに、柴崎を1列上げます。
このオプションはジョルジーニョ監督の時から結果が出ていたので、できれば毎試合やって欲しい采配でしたね。
横浜FMはカイオのドリブルに誰も付いて行けず、プレッシャーにも行けずにズルズル下がるだけの対応となります。
カイオのスルーパスに上手く裏に抜け出した柴崎が左足で逆サイドに流し込んでダメ押し。
ルイス・アルベルトの大きなクリアをダヴィが落として小笠原からカイオに繋げたのですが、横浜FMの選手はどこの局面でも誰1人として守備に行けてないですし、ゴールまでの一連の流れを終始鹿島の選手はノープレッシャーでプレイできていました。
さらにこの場面は柴崎が欲しい1つ目のタイミングでパスが出なかったのですが、よく縦に行くのをこらえて横に走りましたよね。
よく焦って縦に行ってオフサイドになるか止まってしまうFWが多いのですが、柳沢が得意だったように相手のDFラインに沿って横に走ればオフサイドにもなりにくいですし、スピードを殺さずに加速してDFを置き去りにできます。
試合を決めたのは途中出場の選手ですが、当然横浜FMが前半からこんなヘロヘロだったら遠藤や中村、ダヴィも結果を出していますよ。
シュートが少ないながらも球際でやりあって体力を削っていた前半があったからこそ、残り10分で相手を仕留められたという試合でした。
小笠原は相手が勝手に崩れただけで守備を崩せたわけではないと戒めており、その通りではあるのですが、今は若い選手が多くなっているだけにそれを活かして走り勝つことで結果を出していけばいいんじゃないですかね。
それにしても横浜FMはマルキーニョスがいないくなって攻撃のヴァリエーションが確実に減っていると前回書いたのですが、前節の甲府戦がシュート4本、この試合が6本だったように斎藤がいないと攻撃のスイッチの入る回数が極端に落ちるというか、ほぼなくなりますね。
相手の攻撃の脅威がないので攻撃に集中できたというのも、鹿島が逆転するのに大きな要素となったと言えるでしょう。

反省を活かした修正点
この試合ではこれまで(特に前節)の反省点を活かした修正点がいくつか見られました。
まずMVP級の活躍をした土居のポジショニングが良くなっていましたね。
前節は運動量が少なく相手のDFラインに張りつくばかりでボールにほとんど絡めずに消えていたのですが、この試合ではきちんとトップ下の位置に入って下がって受けたり、遠藤や中村充の近くに寄ってポジションを取れていたのでパスも繋がっていました。
ダヴィを含めて周りといい距離感を保てていたので、それが同点ゴールに繋がりましたね。
また、横浜FMの守備がいいので最終的に土居とダヴィのところでボールを奪われてチャンスにならなかったので目立たなかったですが、前半から土居がボールを持っている時に猛然と柴崎が上がって行っていたんですよね。
やはり一番味方に囲まれたポジションにいるトップ下が多くボールに触れると周りと連動した攻撃がしやすくなります。
これだけ継続して使ってもらっていたら少しずつでも良くなっていかないといけないですし、最低でもトップ下がこのくらいはボールに触れないと攻撃が成り立たないですから。
左サイドハーフで先発した中村も昨年より中央にポジションを取るようになって、自分らしさを出して行けそうな雰囲気になって来ていますし、守備意識がかなり上がっていますね。
ACミランの本田もサイドで起用されて苦労していますが、サイドだとスピード、ドリブル、運動量のいずれかが突出してないとフィットするには時間がかかります。
本田もこの3つは乏しいのでACミランで機能せずに選手OBやイタリア人記者などからもサイドではなくトップ下が適正と散々議論されていましたね。
それでもセードルフ監督が起用し続けているのでだいぶ良くなっていますが、この冬に加入した本田はすでに昨年鹿島に加入した中村より起用時間が長くなっています。
監督が適正ポジションを見極める目を持つことは言うまでもないですが、他のポジションで起用するなら継続して起用することがいかに大切かということですね。
このどちらも出来ずに選手が機能しない場合、それは監督の責任ということになります。
適正ポジションを見極めてそこで選手を起用するのがもちろん理想であり一番ですが、そうでないなら土居のように我慢して使い続けるのは常識。
日本は戦術のことなどに疎いサポーターや記者がほとんどなので、こういうことでイタリアみたいに監督が批判されることは少ないですけどね。
それから前節ワンツーで柿谷に裏を取られた伊東は、この試合では相手の裏抜けに対しては相当警戒していました。
横浜FMの攻撃に迫力がなかったのもありますが、前節失点に絡んだ昌子も含めてこの試合ではC大阪戦で2失点した反省から全体的に集中して守れていましたね。
そして、すでに交代カードの切り札的な存在となっているカイオは吸収力の高さを見せています。
これまではドリブルで仕掛けてシュート、センタリングではいいプレイを見せていましたが、この試合ではスルーパスから柴崎のゴールをアシスト。
周りを使う事も覚えて来ている証拠ですし、スペースがある時間帯だと攻撃の起点になっていけそうです。
疲労のある終盤にカイオのスピードに対応しないといけないのは相手からしたら相当嫌でしょうね。
今季中にスーパーサブの立ち位置を確立できると思いますし、あとは守備の課題やスペースがない時のプレイなど改善できれば先発も見えてくるかもしれません。

連戦、再び
鳥栖戦でもそうであったように一週間のインターバルがあれば運動量、インテンシティーの高い相手でも戦えますね。
それだけに連戦をいかに戦うかが課題となって来ます。
もちろん相手より運動量とインテンシティーで上回ることができれば、同じメンバーで戦っても全然問題はないのですが、ナビスコ杯はやはりメンバーを入れ替えた方がいいでしょう。
特に攻守に運動量で負担の高い2列目(特に両サイド)は入れ替えたいところです。
これまでのプレイを観て守備と体力面を考えると2列目の先発候補は豊川、中村、土居、遠藤、杉本となり、途中交代候補はカイオ、ジャイール、本山、野沢となるんじゃないかと思います。
セレーゾ監督も試合後のコメントで言っているように野沢は守備が出来ないと先発では起用しづらいでしょうし、それはカイオやジャイールも現段階では同じことが言えますね。
本山は連戦でなければ先発でも行けるでしょうが、フィジカル的に相手の体力が十分でガツガツ当たって来られる時間帯で無理に使う必要もないかと思います。
やはり先発と後半の途中からでは相手のインテンシティーの高さが違って来ますし、プレイのしやすさは全然違いますからね。
初戦で負けているので勝たないと行けない試合でありメンバーをいじりづらいですが、サイドバック、ボランチ、2列目と最低でも1人ずつは入れ替えたいところです。
対戦相手はすでにリーグ戦でも戦った鳥栖となります。
鳥栖はグループリーグの1節が休みだったのですが、恐らく昨年と同じようにごっそりメンバーを入れ替えて来るのではないかと思います。
試合展開はそのあたり、両クラブの監督がどういう選択をするかによりますね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント
鹿島愛
今日でお終いですか?
笑っていいとものタモリさん同様、お疲れ様でした。
今までも、これからも、鹿島愛。
【2014/03/31 22:42】 URL | ランス #- [ 編集]


コメント欄なくしていいからブログの存続を希望します
【2014/04/01 19:22】 URL | 樽男 #- [ 編集]


他のブログでも、こーめい師と同様の事態を見ましたが、そのブロガーはコメントを受け付けることを止めて続けておられます。
今季のアントラーズは、こーめい師が主張されていた、ここ数年の課題であった「世代交代」に本気で取り組もうとしていると思われます。
今こそ、こーめい師の分析を待っている読者は私を始め、多いのではないかと思います。
今は心身ともにお疲れで、休載は仕方がないと諦めていますが、お疲れを取った暁には、必ず今季中の復活をお待ちしています!
全く、ジーコスピリッツの欠如した人には困ったものです。
【2014/04/01 22:36】 URL | 希望鹿 #- [ 編集]

>鹿島愛
ランスさん、コメントありがとうございます。
タモさんに比べたら全然ですし、もうご存知かと思いますが今までも、これからも、鹿島愛で続けていきますよ~。
【2014/04/03 20:25】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

樽男さんへ
コメントありがとうございます。
4月1日の記事にあるようにブログ存続です。
コメント欄は一応今まで通りですが、場合によっては承認制にしたり何か変化を加えるかもしれません。
【2014/04/03 20:27】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

希望鹿さんへ
コメントありがとうございます。
4月1日の記事でもコメントを頂いていますから、ご存知のように今季中の復活どころか継続です(^O^)
ご心配ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
【2014/04/03 20:30】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/1030-1b248005
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する