鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

【J1第7節】足りないものと強さを示した惜敗…の新潟戦
結果
4月12日(土) 2014 J1リーグ戦 第7節
鹿島1-2新潟(15:04/カシマ/11,953人)
[得点者]
20' 川又堅碁(新潟)
31' 土居聖真③(鹿島)←山本脩斗②
74' オウンゴール(新潟)
[フォーメーション]
FW:赤﨑
MF:カイオ、土居、遠藤
MF:小笠原、柴崎
DF:山本、昌子、青木、伊東
GK:曽ケ端

[選手交代]
67分:土居→本山
70分:カイオ→ジャイール
75分:赤崎→ルイス・アルベルト


試合の感想
速さと強さの肉弾戦
新潟は4-4-2の布陣、このところ鈴木武蔵が川又と2トップを組む形でメンバーは固まって来ていますね。
鹿島はいつもの4-2-3-1ですが、ダヴィが出場停止のため1トップには赤﨑が入りました。
どちらも運動量が多く球際が激しい上に攻守の切り替えも早い特徴を持つクラブの対戦は序盤からガチガチやり合う肉弾戦となりました。
鹿島は懸念の1トップも早い動き出しからボールを引き出したり、ポストプレイもしっかりこなすなど赤﨑はいい入り方をしましたね。
立ち上がりからお互いにセットプレイでチャンスを得る展開も先にペースを掴んだのは鹿島でした。
この要因は個の能力の違いですね。
両クラブとも前線から組織的にプレスをかける中で、新潟の選手は鹿島のプレスに慌ててパスの精度が雑になっていました。
そのため、ボールを奪った後のファーストパスの精度が低く、ほとんど鹿島の選手が拾っていましたね。
逆に鹿島は技術の高い選手が多いのでプレスをかけられても後ろでしっかり回してはずして前線に繋ぐ事が出来ていました。
さらにマンツーマン気味で守って来る新潟に対して、遠藤を中心にドリブルでマークをはずして攻め上がるシーンが目立ちましたね。
赤﨑のポストプレイから土居がシュート、12分には遠藤が上手いフェイントからペナルティエリア内まで切り込んでフィニッシュまで行きます。
しかし、レオ・シルバの脅威的なボール奪取力を中心に新潟の固い守備に阻まれます。
やはり何度も言うように赤﨑、土居、カイオら若い選手はいいプレイはしてもアタッキングサードでのプレイの判断、精度はまだまだであまり決定的な仕事ができないんですよね。
遠藤をもっとゴールに近い所でプレイさせたいのですが、どうしても攻撃の起点になるために下がってボールを受けざるを得ません。
土居が本山のように起点になるようなプレイができれば遠藤も高い位置まで行けるのですが、まだそこまではできていないですからね。
先に先制したのは新潟でした。
バイタルエリアでボールを持った成岡の浮き球パスからファーサイドに逃げる動きをした川又にボレーで決められてしまいます。
ここは小笠原の成岡への守備が甘いのもありますね。
レオ・シルバだったらあそこでボールを奪って自分たちの攻撃に繋げるプレイをしますから。
しかし、ここの守備で一番問題だったのは青木です。
ポジションが入れ代わっていたので最初のマークは青木が川又に、伊東が岡本についています。
その後、新潟がボールを下げたので鹿島はDFラインを上げているんですね。
この時点で伊東はきちんと岡本を捕まえていますし、DFラインも昌子に合わせています。
しかし、青木は無意味に1人で後ろに下がってDFラインにギャップを作ってしまっている上に川又のマークもはずしてしまっているんですね。
その青木のミスにいち早く気づいた伊東が慌てて川又のマークに行って、持ち前のスピードで追いついてシュートブロックまでは行ったのですが、上手く決められてしまいました。
青木が昌子にラインを合わせていたら何の問題もなくオフサイドを取れていたシーンでした。
ラインを上げるのか、マークにつくのかどっちつかずでどっちも疎かにして若い伊東にしわ寄せが行ったという失点シーンでした。
ボールホルダーにプレッシャーがかかってない状態でDFラインにギャップを作ったらやられてしまうのは当たり前ですね。
先制を許して新潟にペースを握られる時間も多くなりますが、鹿島もいい攻撃は見せていました。
しかし、そのすべてにレオ・シルバがいるっていう感じで悉く阻まれていましたね。
そんな流れでも31分に同点弾を奪います。
赤﨑が小笠原の縦パスを引き出すと、そこにもちろん意図したわけでないでしょうが、山本が赤﨑から強引にボールを奪うと、これには新潟のDF陣も混乱して反応が遅れます。
山本がそのままドリブルで切り込んでぎりぎりのところで折り返すとニアに詰めていた土居が押し込みました。
同点に追いついて折り返します。

レオ・シルバの壁
後半になってもどちらかというと鹿島の方が優位に試合を進めます。
55分にはロングボールを相手がクリアしたこぼれ球を拾った柴崎がスルーパス。
いいタイミングで裏に抜けた赤﨑が決定機を迎えますが、シュートは飛び出したGKに当てられてしまいます。
ここは決められなかった赤﨑よりも、スルーパスが長過ぎた柴崎のミスですよね。
完全にフリーだったのできちんと転がすいいボールを出して欲しかったのですが、浮かせてしまった分長くなってしまいました。
58分には土居、遠藤と繋いで外を勢いよく駆け上がった伊東へ。
ファーサイドへのセンタリングにカイオが飛び込んでヘディングシュートしますが、GK真正面へ。
なかなか得点を奪えない鹿島は67分に土居に代えて本山を入れます。
68分には昌子のインターセプトから柴崎、本山と繋いで赤﨑へ。
DFと絡んでこぼれたボールをカイオが拾って抜け出し、ペナルティエリアまで切り込んだはいいのですが、もう1つ中に切り込んでしまって戻った新潟のDFの中に突入してしまいましたね。
ここはもうシュートでしたし、ドリブルするならせめて縦に切り込んでセンタリングという選択肢を狙って欲しかったです。
角度がなかったのでシュートを躊躇ったのでしょうが、ファーサイドに巻くように転がせば十分決められていたチャンスはあったと思います。
この後も新潟のCKからボールを奪った柴崎がドリブル、5対2の局面になりますがドリブルが長くなってレオ・シルバに奪われてしまいます。
柴崎のミスなのですが、レオ・シルバも下がりながら絶妙な距離間を上手く保っているんですよね。
そのため、ボールホルダーはついドリブルを大きくしてしまったり、周りの選手を観てミスをしてしまうことになります。
逆にレオ・シルバは右サイドに流れた赤﨑の位置をしっかり把握してパスが出たらすぐ守備に行けるようにしながらも柴崎の方もしっかり観ていて、ミスを見逃さずボールを奪いました。
セレーゾ監督はさらにカイオに代えてジャイールを投入して得点を獲りに行きます。
そのジャイールから中央の本山、さらに右サイドでフリーになっていた遠藤にパスが渡りますが、ここも角度があったせいかシュートを躊躇ってしまいます。
本山のパスももうちょっとゴール寄りに出してくれていたら迷いなくシュートに行けていたのでしょうが、ちょっと距離があって逆に時間はあったので確実にと考え過ぎてしまいましたね。
ここもドリブルなら中に切り返すより縦に行ってセンタリングの方が良かったです。
新潟もチャンスを作ってキム・ジンスのクロスに川又のヘッド。
前半の青木が川又のシュートに最後まで付いていったシーンがありましたが、昨年と違って鹿島はこういう所で簡単にやられなくなったのは大きいですよね。
しかし、ピンチは続きます。
74分に山本が高い位置でボールを奪われるとカウンター。
ここは伊東、青木、昌子に小笠原、柴崎と残って数的優位だったのですが、鈴木に小笠原が競り負けて岡本に拾われます。
さらに小笠原が一か八かの安易なタックルでかわされると、数的優位だったのが一気に3対3の状況に。
伊東が何とかスライディングで相手のワンツーを阻止するも、そのこぼれ球を青木がクリアする前に岡本に触られると川又がサイドの鈴木へ。
鈴木のセンタリングを何と青木が合わせてしまってオウンゴール、勝ち越しを許してしまいます。
G大阪戦では後半途中から運動量の落ちて来たボランチの穴をDFラインが頑張って埋めていたのですが、この場面では相手の動き出しの早さの方が勝ってしまいましたね。
失点の原因は完全に小笠原のミスです。
数的優位なのにギャンブル的なタックルで突っ込んで数的同数の危機的状況を作ってしまいましたから。
小笠原が簡単に飛び込んでかわされて失点というパターンは昨年から無くなりませんね。
鹿島は準備していたルイス・アルベルトをそのまま3枚目のカードとして使いますが、最初に投入すべきはどう考えてもボランチの選手でした。
再びリードされた鹿島は柴崎や本山がトップに入る0トップのような形で攻め、81分に遠藤のパスから飛び出して来たルイス・アルベルトが決定機を迎えますが、ここも守田の好セーブに合ってしまいます。
ルイス・アルベルトは縦パスも入れられますし、いい攻撃参加もしますね。
残り10分で運動量の違いを見せて得点して来た鹿島ですが、この試合では失点した時間帯が悪かったです。
その後も遠藤とルイス・アルベルトのホットラインからチャンスを作ったのですが、得点で元気になった新潟に最後まで走られて守られてしまいました。
そして、最後までレオ・シルバが大きな壁として立ちはだかっていましたね。
しかし、ダヴィがいない中で多くの決定機を作れていましたし、選手のパフォーマンスも全体的に良かったです。
いい試合をしていただけに負けたのは非常に悔しいですが、攻撃についてはダヴィがいない時にどうするのかという問題、得点力が落ちるのは分かっていたことです。
それよりも2失点したことが問題ですし、敗因は鹿島にはレオ・シルバがいなかったからですね。

敗戦から学べ
Jリーグは走れば勝てるリーグではありますが、それだけではタイトルは手に入りません。
岡田監督は「サッカーの神様は細部に宿る」と言っていましたが、しっかりミスを検証してディティールを追求していくことが重要、ミスから目をそむける事はタイトルを放棄するのと同じです。
ただ、いい試合をしたけど負けたというだけでは進歩はないですから。
それには敗戦から学んで修正して行くことが必須ですね。
①ダヴィ不在時の中盤
ダヴィ不在の試合となったのですが、このペースではイエローカード累積8枚もあり得るわけで、そうなると今度は2試合出場停止になります。
この試合では赤﨑が1トップに入ったわけですが、思った以上にやれていましたね。
とは言っても土居やカイオと同じようにJ1でのゴール前での相手の寄せの早さにまだ適応できていないのは明らかです。
考える時間もなければちょっとしたミスが出ても相手に詰められてしまいますからね。
その辺りを改善するためにも常にベンチ入りさせてチャンスがあったら途中出場で経験を積ませることが必要ですね。
さらに赤﨑の1トップの時はその特徴を活かすためにトップ下にはもっと起点になってスルーパスを出せる本山、中村、ジャイールの方が合っていますし、サイドも縦に仕掛けてセンタリングのカイオよりペナルティエリア内に入ってゴールを狙えるオフザボールタイプの豊川や野沢の方がいいでしょうね。
また、多くのセットプレイがあったにも関わらず迫力不足だったのはダヴィ不在の影響も大きいです。
そのため、ダヴィがいない時はボランチにルイス・アルベルトを入れて柴崎を1つ上げるという選択もありでしょう。
②ボランチ問題
この試合を観ればこーめいがレオ・シルバを獲れば優勝できると言っていた意味が分かったと思います。
ファーストボランチの守備がどれ程重要か誰の目にも分かるくらいのパフォーマンスでしたが、首位相手だからではなくこのくらいのプレイをコンスタントにして来ますからね。
バイタルエリアであれだけボールを取れればDFラインの選手は相当助かりますし、ボールを奪った分攻撃に繋がる回数も増えます。
それにレオ・シルバの守備範囲が広いので2列目が守備に戻る負担も減っていますし、それもあって新潟は4-4-2でやれているんですね。
鹿島が昔は4-4-2でやれていたのはそういったファーストボランチがいたからですし、今は4-2-3-1でないと難しいのは小笠原と柴崎のボランチでやっているのが主原因です。
それでも今季は全体的に運動量が多くなったこともあって、小笠原と柴崎の守備も良くなってはいるのですが、60分くらいになるとバイタルエリアが空いて来てしまっています。
これは前節のG大阪戦もそうだったのですが、失点しなかったのは相手の攻撃力の低さとDFラインの選手が踏ん張って守っていたおかげです。
バイタルエリアが空いてしまう原因は疲労なのですが、2列目に上がった柴崎は最後まで走れています。
要するに小笠原も柴崎も攻撃的な選手なので疲れていても攻撃では走るのですが、守備になるとさぼりがちになってポジションの修正を怠り、寄せが遅くなってバイタルエリアが空くことになっています。
そして、この試合の2失点目のように一か八かのいい加減な守備が増えて来るんですよね。
この問題解決は早目にルイス・アルベルトや梅鉢を入れて引き締めることが必要ですし、ゆくゆくはルイス・アルベルトに先発になってもらってレオ・シルバ級とは言いませんが、それに次ぐくらいの活躍をしてもらえればと思います。
③スーパーサブカイオ
先発になってからなかなか突破も上手く行かないシーンも目立って来ていますが、この試合では完全にレオ・シルバに抑えられてしまいましたね。
誰が出ていてもレオ・シルバにはかなわなかったでしょうが、試合終盤に元気なカイオをぶつけたら可能性はあったと思います。
そもそも途中出場に本山、ジャイールと入れると攻撃を作って相手を崩すサッカーになるのでどうしても遅い攻撃になってしまいます。
それでもこの試合ではよく崩してチャンスは作れていましたが、カイオをスーパーサブに使ってスピードを活かした早い攻撃をする方がいいと思いますね。
④アタッキングサードのプレイ精度
これは何度も書いていますが、若い選手のゴール前での判断力とプレイの質ですね。
土居は運動量多く最近はよくボールに絡んでいますし、低い位置からドリブルで運ぶことも出来ていますが、アタッキングサードで何かするってシーンは本当に少ないですよね。
これはカイオも同じでいい仕掛けからチャンスになりそうなところまで行くのですが、バイタルエリア、ペナルティエリア内で判断ミスすることが多くなっています。
赤﨑もいい動きでボールを引き出して前を向いてボールを持つことは出来ていましたが、そこからのプレイですよね。
これは試合を経験して感覚を掴んで行くしかないので先発で起用するのはいいのですが、もうちょっと工夫してメンバーを入れ替えて相手の疲れる時間に使ってプレイしやすくさせることも大事です。
この試合だと攻撃を作って相手の守備を崩して行く本山やジャイールを先発で起用して、スピードのあるカイオをスーパーサブとして使えばもっと試合を有利に進められていたはずです。
⑤パワータイプに弱い青木
ご存じの通り、青木はパワータイプのFWに弱いです。
この試合でも前半のセットプレイで川又にいいポジションを取られて、手で倒した場面があったのですが、PKを取られなかったのが不思議なくらいでした。
昨年よりゴール前の守備は良くなっているのは確かですが、本職ではないこともあって競り合いの弱さを見せることもあります。
パワー型の植田を試合で起用して育てることもちょっと早めにやっていかないといけないですね。

やっかいな相手が続く…
前回、新潟は鹿島と並んで運動量の多いクラブと書きましたが、仙台、神戸と似たタイプの相手が続きます。
その次は広島ですから本当にやっかいな相手が続きます。
仙台は試合内容も悪く結果が出ていなかったですが、監督が交代してさっそく横浜FMに勝利しました。
これがカンフル剤の一時的な効果なのかは分かりませんが、はっきりしているのは目指すは原点回帰ということです。
しっかり前から守備をして運動量と球際の激しさで戦うって感じですね。
横浜FM戦の2得点はいずれもセットプレイからで流れの中からの攻撃はまだ課題ですが、守ってリスタートから得点するのは仙台の勝ちパターンです。
試合を観た限りは昨年くらいの状態に戻っているものの、まだ手倉森監督時代の全盛期程ではないですね。
そのため鹿島は走り勝つことは十分できると思いますが、ナビスコ杯の後のリーグ戦は日曜日のはずなんですが神戸戦は土曜日。
つまり、中3日と中2日で試合が続くことになります。
前回の連戦と同じように5人くらいはメンバーを入れ替えて運動量を保ちたいですね。
ダヴィの復帰は当然ですが、連戦で疲労が溜まってミスの多くなる山本、小笠原、2列目の選手を2人入れ替えるか、青木に代えて植田を使うのもいいと思います。
仙台は早く降格圏から抜け出したいでしょうからリーグ戦重視でメンバーをごっそり入れ替えて来るか、監督が代わったので戦術を浸透させるために同じメンバーで戦うか分かりませんが、可能性として高いのは前者でしょう。
いずれにせよ角田は負傷で再び出場できなさそうです。
開幕して1カ月半が過ぎてそろそろ疲労が蓄積されていっている頃ですし、GWの連戦もあるので勝つことはもちろんですが総力戦で戦う態勢を見出しておきたいですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/1034-f0b9bfa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する