鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

【J1第29節】芝に苦労でスコアレスドロー…の神戸戦
結果
10月22日(水) 2014 J1リーグ戦 第29節
神戸0-0鹿島(19:04/ノエスタ/9,375人)
[フォーメーション]
FW:赤﨑
MF:豊川、土居、遠藤
MF:小笠原、柴崎
DF:山本、昌子、植田、西
GK:曽ケ端

[選手交代]
74分:豊川→カイオ
75分:赤崎→中村
80分:遠藤→ジョルジ・ ワグネル


試合の感想
ピッチの悪さにズレとミスが生じる
神戸、鹿島ともに4-2-3-1の布陣。
ダヴィが負傷で長期離脱になったので1トップには赤﨑が入り、左サイドハーフはカイオではなく豊川が入っていましたね。
2試合連続逆転負けでセレーゾ監督もとりあえず何かを変えなくてはという事でしょう。
試合は最近にしては珍しくパスの繋がりが悪く鹿島が立ち上がりから押されます。
出し手と受け手のズレ、こぼれ球に対するポジショニングのズレ、パスミスなど多かったのですが、これは完全に芝の影響でしょうね。
芝がめくれている箇所が多く、滑っている選手もいましたし、踏ん張りが利かないので急な切り返しがしづらくこぼれ球に対する反応が普段より遅れていました。
さらにボールを蹴る時に軸足がズレたり、ピッチがデコボコなのでボールがイレギュラーしたりもあったのでどうしてもミスが多くなりますよね。
この試合は芝の影響が多大だったにも関わらず両クラブともインテンシティーは激しく戦っていましたので、中盤での潰し合いばかりでチャンスが少ないという展開を強いられました。
お互いにパスの繋がりが悪くて攻撃が組み立てられず、より精度が求められるゴール前ではさらにプレイが難しくなっていました。
序盤は神戸が攻めるシーンが多くペドロ・ジュニオールのシュートなどチャンスを作り、、鹿島はセットプレイからチャンスになりそうな場面がありました。
神戸はゾーンで守っているので待ちの守備、そのため遠藤、小笠原がいいボールを蹴って鹿島の選手が先に触れる事が出来ていたのですがしっかりミートはし切れませんでしたね。
26分にはボールを奪って植田から柴崎、その柴崎のスルーパスに赤﨑が抜け出してGKと接触して倒れます。
赤﨑が先にボールに触っていて飛び出した徳重も確かに少し接触はしているのでしょうが、徳重は手を出したりして赤﨑を倒すようなプレイはなかったですし、完全にファウルをもらいに行ったプレイ、簡単に倒れ過ぎですよね。
トラップしてGKに倒されようという意図が丸見えだから、逆に徳重はそのトラップを観てファウルをしないプレイに切り替えていました。
そうではなくてトラップしてどうシュートまで持って行くかを考えたプレイだったら、トラップの仕方も違って来ますしGKも焦ってファウルをしてしまったかもしれませんね。
30分には柴崎のスルーパスから豊川がシュートまで行きますが、しっかりミートできず。
この試合で先発に入った赤﨑と豊川はオフザボールの動きにやはりいいものを持っており、上手くボールを引き出していましたね。
しかし、ゴール前でのプレイでもたついたりミスが生まれることが多かったです。
それはやはり芝の影響も大きかったのでちょっとかわいそうな面もあり、また前半はレフェリーのミスジャッジにも足を引っ張られます。
明らかなハンドが2度も見逃されて、遠藤のスルーパスに抜けた赤﨑がオフサイドに取られた場面もありましたがオンサイドでした。
それでも徐々に芝にも慣れて来てリズムが出て来た鹿島は攻撃の時間帯を増やして行きます。
41分には右サイドからやや中に入った遠藤が逆サイドに上がって来た山本へクロス。
頭で落としたボールを中央に入っていた豊川がボレーしますがバーの上を越えてしまいます。
これが前半一番の、そして唯一の決定機でした。
ゴール前で迷ってしまうカイオや赤﨑に比べて豊川はそういうことがなく思い切りがいいですね。

デジャヴ感に期待感なしの選手交代
後半に入っても攻撃の組み立てが上手く出来ず、どちらも煮え切らない、元気がない試合展開が続きます。
60分になってようやく決定機。
右からの遠藤のクロスがDFに当たってちょうど豊川の前に。
ここでも迷うことなくシュートを狙いますが、DFに少し当たってポスト直撃。
後半の決定機はこのシーンだけでしたね。
67分には西のパスを受けて土居がトラップで相手をかわしてシュートまで行きますが、枠をとらえることはできず。
何とか選手交代で展開を変えたいところですが、セレーゾ監督の交代は相変わらず。
1枚目は豊川に代えてカイオでしたが、2枚目、3枚目のカードはいつも通り。
赤﨑に代えて中村のトップ、そして遠藤を下げてジョルジ・ワグネルの投入です。
ところがこの交代策は効果が出た事がほとんどなく、むしろチームの機能性を下げる事が多くなっています。
ここからはこの2戦同様に攻守のバランス、出し手と受け手のバランスが崩れて押し込まれる時間が増えました。
81分には攻撃にかかりすぎて昌子とペドロ・ジュニオールが最終ラインで1対1の状況、カウンターからまんまとそこにスルーパスを出されます。
昌子が何とか追いすがりますが、ペドロ・ジュニオールのフィジカルの強さに振り切られると曽ケ端もかわされてゴールは無人に。
角度がきつかったこともあってペドロ・ジュニオールがサイドネットにシュートをはずして助かりましたが、両クラブ合わせてこの試合で一番の決定機でしたね。
さらに83分にもペドロ・ジュニオールに切り込まれて危ない場面を作られますが、パスを受けたマルキーニョスがオフサイド。
ここはよく植田と西が、中に切り込んだペドロ・ジュニオールに昌子が喰らい付いている間にラインを上げましたね。
試合はこのままスコアレスドローで終了。
芝の悪さが横やりというか下槍を入れた試合となって今季3試合目の無得点試合となりましたが、ピッチ状態が良ければ得点は出来ていたでしょう。
ただ、その場合相手のミスも減りますから失点もしていたと思いますけどね。

後半にギアを上げるための策
最近のセレーゾ監督のお気に入りの采配は赤﨑に代えて中村のトップ、ジョルジ・ワグネル投入です。
ところが中村はもともとFWではないのに赤﨑と交代させてしまうので、ゴール前に入っていく選手が少なくなってむしろゴール前にボールが入る回数が減ります。
また、ジョルジ・ワグネルの投入については、G大阪と柏戦で逆転負け、この神戸戦でもジョルジ・ワグネルが出場してチームのバランスが崩れて攻撃では交代前よりボールを持てなくなり押し込まれる時間が多くなって、実際にペドロ・ジュニオールにゴールを決められそうになるなどマイナス効果しか出ていません。
攻守のバランス、出し手と受け手のバランスが完全に崩れてしまっているんですよね。
ちなみに神戸戦でジョルジ・ワグネルの出場時間は7試合180分、つまり2試合分となったのですが、シュート8本で0得点。
先発した2試合(1分1敗)では出場している間にそれぞれ1点ずつ失点、途中出場5試合(2勝1分2敗)のうち2試合が出場してから失点しています。
ルイス・アルベルトは13試合(すべて途中出場)188分の出場、シュート6本で2得点(いずれも勝ち越し決勝点)。
特筆すべきはリーグ戦ではルイス・アルベルトが出場してから失点した場面はないということです。
FC東京戦の退場もルイス・アルベルトが出場してから豊川のゴールで追い付き、退場したのもロスタイムに入っての50分だったのでほとんど影響はなかったですからね。
ナビスコ杯では2試合先発1試合途中出場、いずれも出場時間中に1失点ずつしているものの先発の2試合は勝利。
自身も1得点していますし、途中出場の試合も0-3で負けた神戸戦の3失点目でした。
さらに言えばリーグ戦13試合で出場している間に生まれたゴールは自身の2得点を入れて9ゴール。
ナビスコ杯では5得点となっています。
たったの180分の出場で鹿島のリーグ総得点55のうちほぼ6分の1が入っているってことですからね。
しかもその試合には同点の状況で出場して決勝点を決めた清水、広島戦、負けている状況で出場して追いついたFC東京戦、逆転した名古屋戦もあります。
明らかにジョルジ・ワグネルが先発に使われた22節のFC東京戦から鹿島の歯車は狂い出し、その元凶はセレーゾ監督にあるということです。
もちろん2年目、3年目と在籍すればフィットして機能するようにはなるでしょうが、現時点ではまったく効果的な起用が出来ていません。
それをどうしてこだわって使うのか、フリークス10月号に掲載されいてる鈴木満常務取締役強化部長の言葉を引用すると、「ジョルジ・ワグネルの獲得についてはセレーゾ監督の意向が強く、実をいうと、今シーズン開幕前に交渉していたひとりです。そのときにはほぼ合意していたのですが、最終的にブラジルを離れられないという事情が出てきて白紙に戻りました。でも今回、晴れて交渉成立となりました」とあります。
これを観ればセレーゾ監督がジョルジ・ワグネルを贔屓して使う理由が分かりますよね。
要するにチームの勝利よりお気に入りのブラジル人選手を起用することが大事、そして勝てなければ若い選手のせいにしているんです。
こんなことされていたら選手だって腹が立ちますよね。
確かに監督だってミスはありますが、最大の問題は何の反省も工夫もなく、そのミスを繰り返してしまっていることです。
前述したように赤﨑に代えて中村の1トップ、ジョルジ・ワグネルの投入を繰り返していますが、効果が出ていないのにそれを何度もやってどうするんだってことですよ。
①梅鉢投入で柴崎をトップ下に
②中村のトップ下起用
③赤﨑と中村の2トップ
④ジョルジ・ワグネルではなく本山投入
⑤山村を入れて、植田を上げてパワープレイ
⑥遠藤を交代カードの切り札に
どうして機能していない交代にこだわるのか不可解、上述したように考えられる選手起用はいくらでもあります。
ルイス・アルベルトを入れて柴崎をトップ下に上げていた采配は攻守に効果が大きかったですし、ルイス・アルベルトがケガをしているなら梅鉢を入れる手もあります。
ボールタッチが少なく消えてしまっている土居に交代して中村のトップ下、もしくはくさびのボールの収まる中村をトップで起用するなら裏抜けが上手い赤﨑とコンビを組ませる4-4-2の方がやってみる価値はあるでしょう。
もっともこの場合は練習である程度試してみてからの方がいいと思いますけどね。
そもそもベテランのフィットしていないジョルジ・ワグネルを起用するなら同じベテランのフィットしている本山を交代で入れた方がいいのは明らかです。
そして、この試合のように芝の状態が悪いなら山村をCBに入れて植田を上げてパワープレイという選択肢もありますよね。
結局、選手交代をすると2列目に起点になれる選手がいなくなるのが問題なわけですから、連戦では2列目の先発メンバーを中村、土居、カイオにして遠藤を途中投入する方法もあります。
遠藤のケガ明けの時期はそうやっていましたし、ルイス・アルベルトと共に非常に強力な切り札になっていましたからね。
ただ、これもジョルジ・ワグネルが入ったことで遠藤を先発からはずした時のセレーゾ監督のファーストチョイスがジョルジ・ワグネルになってしまうのが問題、そのためもう使えなくなってしまっている策になります。
ということで2列目に起点を作る交代としてはやはり柴崎、中村、本山をトップ下に入れるというのが現実的でしょうね。
このまま選手の交代策を工夫なく続けていくと後半にギアが下がる試合が続いてしまいきつくなるので、残り5試合はまともな采配とは言わないので工夫を見せてほしいです。
泣いても笑っても鹿島は残りたったの5試合なので、どういう結果に終わろうとそろそろ監督の今シーズン限りの退任の発表と後任探しをしてもいいタイミングだと思います。

絶対に勝たねばならない浦和戦
次節は再び中3日での試合となります。
ホームでの浦和戦ですね。
浦和はお馴染みの3-4-2-1のペトロヴィッチサッカーですから、戦い方は広島戦とまったく同じ。
基本的にDFラインの4人で1トップ2シャドー、WBをサイドハーフが観て状況によってはボランチもDFラインに入って5バック、6バックで守るやり方です。
その戦い方で今季は広島に2勝、浦和に1分と結果が出ていますから変える必要はないでしょうね。
首位浦和とは残り5試合で勝ち点差7ありますが、そんなことは関係なしにホームの浦和戦ですから絶対に勝たなければなりません。
何しろリーグ戦で勝利したのは10シーズンのホームが最後。11シーズンからの成績は3分4敗とまったく勝てていません。
結果が出ている戦術があるわけですし、運動量とインテンシティーで相手を上回れれば十分戦えるでしょう。
あとはこの所の敗因になっているセレーゾ監督の采配ですが、浦和は特殊な戦術のチームなので上述した4-4-2は使わない方がいいです。
それに赤﨑と中村の2トップをするなら事前に練習でやっておいた方がいいですからね。
中村の1トップ、ジョルジ・ワグネルの投入という最近のお気に入りの采配で効果が出てないですから、柴崎、中村、本山のいずれかをトップ下に入れる戦術を試みるなど選手交代にも変化がほしいところです。
お互いにこの5試合は2勝1分2敗と調子が落ちているだけあって、ここで勝利して再びチームの勢いを上向きにして行きたいですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

鹿島の試合を観ているほとんどの人が明らかに不可解なセレーゾ采配にストレスを溜めてますよね。
柏戦、鈴木退場後にワグネル投入で押し込まれ、最終的に敗れてしまったあの試合でワグネルには見切りつけるかなとも思ってましたが、さすがのセレーゾでした。
神戸戦、中村がカウンターに入ってドリブルで持ち込んだシーンがありましたが、あそこで中村の近くにいたワグネルが追い越すなり何らかのアクションを起こせば、数的有利が確実に作れてたのに、カウンターに入った瞬間にちんたらジョグしてる姿には絶望と共に怒りを覚えました。
最後、小笠原がセレーゾとワグネルに激昂してましたが、本来ならああいうシーンはファンとして見たくない光景なのにも関わらず、小笠原がファンの気持ちを代弁してくれたかのような感じがして、何故か少し救われた気がしました。
あれでセレーゾ采配が変わるとは思えないですが、浦和戦どんな形でもいいから勝ちたいです。
【2014/10/24 14:46】 URL | アント #- [ 編集]


いつも楽しく読ませて頂いてます。

ワグネルじゃなくて豊川スタメンでよかったです。
試合感の無さか?シュートはミートしなかったが、
いい形は作れてました。
決定機は決めて欲しかった。

セレーゾのコメント。
終盤はバランスを崩したって。。。
あなたが崩したんですよ。。。
何よりもこのコメントが残念でした。
【2014/10/24 18:15】 URL | しかくん #- [ 編集]


ジョルジワグネルが途中交代で入って負けて、
負けてるから何かを変えようとして、スタメンにジョルジワグネルが入り負けてってことが、
セレーゾ監督だと起こりえるかもと思わせるのが凄いですね。。。
【2014/10/24 19:16】 URL | どら #- [ 編集]

アントさんへ
コメントありがとうございます。
自分が希望して獲得した選手なので使わないと何で獲ったのってことになりますし、自分の目が節穴であると証明してしまうので無理にでも使ってるのでしょう。
ジョルジ・ワグネルは運動量が少ないですし、守備しようという意識はあるのですがどこを守ればいいか分かってないので動けていないという部分もありますよね。
5トップで攻撃する浦和戦は普段以上に守備が重要、特にサイドハーフがポイントになってくるので起用したら命取りになりかねません。
【2014/10/25 16:50】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

しかくんさんへ
コメントありがとうございます。
豊川は久しぶりの先発でしたが、思い切りよくプレイできていましたね。
ゴール前のプレイはダヴィも含めてどの選手も精度が低いですね。
一番高いのは土居ですが、ゴール前に入るのか、ボールを受けて起点となるのか、つまり受け手と出し手のどちらの役割をするのかはっきりしないので消えている時間が多いです。
本人は香川のプレイを参考にしているといっているので受け手のプレイをしたいのでしょうが、チーム事情からしたら起点の仕事をしてもらわなければなりません。
ということでトップ下に中村を入れて左サイドに土居を入れるのが一番いいと思いますけどね。
そういうバランスを考えずに意図のない起用、選手交代をしているのでバランスを崩すことになります。
【2014/10/25 16:56】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

どらさんへ
コメントありがとうございます。
ジョルジ・ワグネルを先発起用したFC東京戦、大宮戦で結果が出ずに先発からはずしたわけですが、実際にそれと逆のことが起こりそうなので怖いですよね(^_^;)
そうならないことを祈ってます。
【2014/10/25 17:00】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/1066-722c0146
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する