鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ACLはやはりプレーオフからがいい
AFCチャンピオンズリーグ2015 グループステージ 組み合わせ決定(jsgoal)
ACLの組み合わせが決まりましたね。
まだプレーオフからになるか、本選出場になるかは決まっていないですが、来季は久しぶりに鹿島が出場するので楽しみです。
東アジア
グループE
(1)全北現代モータース(韓国)
(2)山東魯能(中国)
(3)ビン・ズオン(ベトナム)
(4)東地区プレーオフ勝者2(日本/タイ/香港)
グループF
(1)ガンバ大阪(日本)
(2)城南FC(韓国)
(3)ブリーラム・ユナイテッド(タイ)
(4)東地区プレーオフ勝者3(オーストラリア/中国/ミャンマー/シンガポール)
グループG
(1)ブリスベン・ロアー(オーストラリア)
(2)第2代表(日本)
(3)水原三星ブルーウィングス(韓国)
(4)東地区プレーオフ勝者4(中国/タイ/マレーシア/インド)
グループH
(1)広州恒大(中国)
(2)ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)
(3)第3代表(日本)
(4)東地区プレーオフ勝者1(韓国/ベトナム/インドネシア)

組み合わせを見ると鹿島は天皇杯に山形が優勝してプレーオプからならグループE、G大阪が優勝して本選から出場する場合はグループHに入る事になります。
前回の記事でこーめいはG大阪に3冠をされたくないのでプレーオフからがいいと書きましたが、組み合わせを見てもやはりその方がいいと思えます。
なんとグループHに入ると13年に優勝した超金満クラブで有名な中国の広州恒大、それを準々決勝で破って今季優勝したウェスタン・シドニー・ワンダラーズと戦うことになります。
しかも、東地区プレーオフ勝者1が韓国のクラブとなると死の組と言っていいレベルだと思います。
どこのグループに入っても簡単ではないですが、グループEはちょっと異質なほどの激戦区ですね。
グループEですと、プレーオフをチョンブリFC(タイ)またはキッチー(香港)の勝者と戦うことになります。
ホーム&アウェイかと思いましたが、1発勝負なんですね。
そのため、懸念された日程もプレーオフが2月17日、グループステージ開幕戦が24日(火)、25日(水)なのでACL本選出場クラブと1週間しか違いません。
キャンプやいばらきサッカーフェスティバルの日程は調整が必要でしょうが、例年通りJリーグ開幕の1週間前に水戸との試合は行われるのでしょうかね。
また、鹿島縁の野見山氏が社長に就任したことで今季開催された福岡とのプレシーズンマッチが今後も行われていくのか気になるところです。
1発勝負の怖さはありますが、このプレーオフに勝てないようではグループHに入っても2以内には入れないでしょうから、やはりプレーオフからの参加が理想です。
明日はいよいよ天皇杯決勝戦、山形には石川、中島、當間など元鹿島の選手もいますし、田代や増田もレンタルでプレイしていたのでACLの出場権のことを抜きにしても、もとよりこーめいは山形を応援しますが、やはり下馬評では圧倒的にG大阪有利なのでしょう。
しかし、山形もリーグ終盤から昇格プレーオフでの勢いはものすごいので果たしてどんな決勝戦になるのか楽しみです。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

今更、コメントさせて頂く事になってすみません。

優勝できなかったのは非常に残念です。
ガンバを認める部分はありますがアントラーズの采配ミスの勝ち点ロスが非常にはがゆく感じます。

さて表題の件ですが、残念ながらトビ主の予想通りとなり、非常に厳しいグループに入ってしまいました。

でも、プラスに考えれば、厳しいグループを勝ち残れば自力がつくのではないでしょうか?
後は、適切な補強とローテーション含めた監督のマネージメントですかね

ルイスアルベルトの退団が濃厚の様なので、1stボランチの補強は必須ですね
あえて小笠原を否定するつもりはないが、年齢的に来年も同様のパフォーマンスがでる保障はないですし、チームバランスを考えれば、本職の1stボランチは必要です。

補強の状況を見ながら、来季についてのご意見をブログ上で頂ければと思います。

【2014/12/22 16:05】 URL | hide #- [ 編集]

hideさんへ
コメントありがとうございます。
ACLは非常に厳しいグループに入ってしまいましたね。
いい経験にはなるでしょうし、勝ち上がれば自信になるのは間違いないですが、過去2年は浦和、横浜FMと同じグループになったJクラブは決勝トーナメントに行けていませんから。
どういうチーム編成になるか鹿島も広州恒大も分からないので、どうなるか分からないですけど、今のところ鹿島の補強はうまくいってない感じなので、これからあっと驚く補強話があってくれればと期待したいです。
決まったものは仕方ないので広州恒大との試合を楽しみにしたいと思います。
【2014/12/22 16:29】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/1073-2d43d231
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する