鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

【J1第13節】相変わらず守備でのミスが目立って痛恨の逆転負け…の浦和戦
結果
2015年05月23日(土)
浦和2-1鹿島(19:04/埼玉スタジアム2002/41,269人)
[得点者]
67分:OWN GOAL
71分:武藤雄樹
83分:関根貴大
[フォーメーション]
FW:ジネイ
MF:カイオ、土居、遠藤
MF:小笠原、柴崎
DF:昌子、ソッコ、植田、西
GK:佐藤

[選手交代]
67分:土居→金崎
79分:カイオ→中村
89分:遠藤→高崎


試合の感想
我慢強く優位に進める
浦和は3-4-2-1の布陣、前節FC東京に勝利したメンバーとまったく同じ先発でしたね。
鹿島は4-2-3-1、山本が負傷のため昌子が左サイドバックに入ってCBはソッコと植田のコンビ。
練習では左サイドバックに鈴木隆を試していたようですが、やはり浦和のような特殊なシステムで戦う相手だといきなりはちょっときついという判断になったのかもしれませんね。
さらに前節のウォーミングアップ中のケガか失点を招いたミスの影響か曽ケ端がベンチスタート、佐藤がゴールマウスを守ります。
1トップはやはりジネイになりましたね。
鹿島は広島戦とやることは変わりません。
ボランチが浦和の2シャドーを観て数的優位を作って対応、サイドに出されたらサイドバックが出てマークするというやり方ですね。
しかし、DFラインとGKが代わっているせいか立ち上がりは中央を簡単に使われそうになります。
それでも徐々に守り慣れて来ると、ジネイの前からの守備と後ろからのボールを収める力によって次第に鹿島がペースを握って行きます。
12分にこぼれ球を拾った遠藤のクロスからニアに入ったジネイが頭で合わせて最初のチャンスを作ります。
これは森脇が体を寄せていたので枠に飛ばせなかったですが、ジネイが入ったことでサイドからのセンタリングも確実に入れやすく合わせやすくなっていますよね。
18分には昌子のロングキックをジネイが胸でトラップ、右サイドの西に振ります。
そこからのくさびのボールを遠藤がスルー、土居がサイドにはたいて遠藤がクロス。
これはDFに当たってしまいますが、こぼれたボールを柴崎がミドルシュート。
当たり損ねて左に逸れてしまいましたが、中央で起点を作れるとやはり攻撃の組み立てが全然違って来ますよね。
この場面は逆サイドに上がっていたカイオを含めて6人が絡んでいるのですが、中央でボールを収めることが出来たら守備側はまずそこを締めて来るのでサイドが空きます。
こうなると鹿島らしいサイドバックを絡めたいい攻撃が出来ますし、後ろに4人残して6人の攻撃でも十分チャンスを作れます。
4-2-3-1のフォーメーションでやっているので本来ならトップ下がこういう仕事をできないといけないんですけどね。
また、ジネイの胸トラップは武器になります。
ケネディやノヴァコヴィッチもそうでしたけど、ハイボールを胸でトラップして正確にコントロールできる選手っていうのはDFからしたらかなり怖いですからね。
特にペナルティエリア内だと普通は頭でシュートを狙うか折り返すなどの選択しかないところをトラップして好きにプレイされたら溜まったものではありません。
やっぱりハイボールを頭で落とすのは精度が落ちますし、味方と動きが合わないと相手ボールになってしまう可能性も高くなりますから。
それにしてもジネイは頭での落としも正確に味方に落とす場面が多かったですし、その前のボールを受ける動き出しとポジションがいいですね。
21分には中央で受けたジネイが右にはたいて、上がって来た柴崎、西と繋いで最後はシュート性のグラウンダーのクロス。
GKがはじいたボールを柴崎が拾って最後は遠藤がミドルシュートを放ちます。
ここも中央でジネイがDFを引きつけているので柴崎、西がフリーで上がれて来ていましたし、こぼれ球を拾って分厚い攻めが出来ていましたね。
36分にも右サイドからのチャンス。
西のボールに飛び出した柴崎が低いボールの折り返し。
これをジネイがトラップ、体をひねって逆サイドにシュートを持って行きますが、西川のセーブに合ってしまいます。
タッチの柔らかさ、懐の深さ、シュートまで持って行く技術とセンスを持っていますよね。
その直後には右サイドからの柴崎のクロスを中央でカイオが合わせます。
森脇と競りながらだったのでわずかに右にはずしてしまいますが、ここもその前でジネイが潰れているからファーサイドでチャンスを作れていますよね。
左サイドバックで起用された昌子は関根を抑えていましたし、浦和にチャンスらしいチャンスも作らせていませんでした。
スコアレスドローの折り返しとなりましたが、攻撃でもチャンスを作れていましたし鹿島ペースの前半でしたね。

我慢できないとやはり失点
後半に入ると浦和が運動量、攻撃意識を上げて来ます。
鹿島は前半と同じように戦って十分対応できていましたが、攻撃ではなかなかシュートまでは行けなくなっていました。
しかし、試合は膠着状態なので先にホームの浦和が動いて来ます。
ペトロヴィッチ監督は李に代えてズラタンを投入して来ましたね。
67分には試合を動かすべくセレーゾ監督も動きます。
土居に代えてトップ下に金崎を入れました。
その直後のスローインからリスタート、柴崎がジネイを目がけてフィードします。
これを競っていた森脇が頭でクリアミス、前に飛び出した西川の上を綺麗に越えてゴールに吸い込まれて行きました。
ジネイが空中戦で強さを見せてほとんど競り勝っていましたからね。
森脇はボールよりもそっちを警戒してジネイを抑えようとしたことでクリアが中途半端になりました。
オウンゴールといえど先制した鹿島はしっかり守ってカウンターを狙いたいところ。
ここで小笠原に代えて青木を入れる判断もあったと思いますが、広島戦に続いてすぐに同点に追いつかれてしまいます。
セルフジャッジという悪癖からでしたが、ズラタンには昌子が付いていましたし、中央には武藤に対して植田と西がいたのでこれで守れない方がおかしいんですよね。
確かに判定は微妙ではありましたが、勝手にオフサイドと決めつけて戻らず。
西は完全に武藤に置いて行かれていましたし、植田は戻ったもののどこを守っているんだっていう訳分からないポジショニングです。
それでもまだ同点なのでまずは守備を考えて引き続き同じ戦い方をして行けば良かったのですが、一度先制したことで色気が出てまたすぐに勝ち越さないといけないという精神が働いてしまいます。
このタイミングで2枚目のカードで青木を入れて先に守備の意識を高める選択もあったのですが、勝ちに行くためには攻撃的な選手ということでこの試合良くなかったカイオに代えて中村を左サイドに入れます。
こうなると鹿島の選手は全体的に攻撃に意識が行ってしまって守備が脆くなります。
疲労もあって守備が雑になって押し込まれて来るのですが、遠藤がバイタルエリアでタックルからボールを奪うと上手くジネイに繋ぎます。
しかし、ジネイは浦和の選手にあっという間に囲まれて奪われてしまいます。
何とその時点で後ろの状況は3対3、左サイドのフリーの関根に出されて植田がカバーに入りますが、切り返されてシュートを打たれます。
最後、植田とソッコも懸命にシュートブロックに入ったのですが、関根のシュートはGK佐藤の上を抜いてバーに当たって決まってしまいました。
ボールの取られ方が悪かったのはあるのですが、結局一番の問題は守備意識、リスクケアの在り方ですよね。
ジネイにボールが渡った時点で柴崎が追い越してボールをもらおうとしています。
これは早く攻撃に移るための動きでいいんですけど、ジネイがそこにボールを出せる状態ではなかったんですよね。
その後、遠藤、小笠原、西とボールを追い越す動きをしているのですが、攻撃のポジションの遠藤はいいとしても小笠原と西はバックパスを受けられるポジションを取ってフォローすべきです。
特に柴崎が上がった以上、小笠原はいち早くバイタルエリアを埋めるために戻らないといけないですね。
それを右サイドを小笠原、遠藤、西と上がって行って、左サイドでも少し遅れて中村が上がって行きます。
ジネイが1つ早いタイミングで中村に落とせていたら良かったのですが、浦和の選手のプレスも早かったですし、ボールを奪われた時点で何と左から中村、ジネイ、小笠原、遠藤、西がほぼ同じラインに並んでいる状態でした。
皆上がってしまうから、後ろがいきなり3対3なんていうとんでもない状況に陥ってしまうわけです。
ジネイがボールを持っていたポジションは低いのに、ボールより高いポジションに7人も行ってしまっては奪われたらかなりの確率で失点してしまうのは当たり前です。
もちろん誰もジネイはボールを絶対に取られないから守備は大丈夫なんて考えていません。
単純に勝つためにゴールを奪わないと行けないからという攻撃の気持ちだけで上がっているわけです。
攻撃的なポジションの選手ならそれでもいいですし、負けている状況なら分かります。
しかし、同点の状況でボールはまだ低い位置にあるのに守備の事をまったく考えずあれだけの人数を攻めにかける(=ボールより高い位置を取る)意味はまったくないです。
無駄なリスクを冒している、いや、リスクを犯してしまっているわけです。
それはチャレンジではなく、もはやクライムですよ。
こんな失点はボランチにしっかりリスクケアできる選手を置いておけばなくせる失点ですからね。
3枚目のカードに高崎を使ってツインタワーで勝負を掛けますが、まだまだ付け焼刃的なオプションでしかないです。
ジネイは相変わらず競り勝ってくれていましたが、CBからではなくせめてもう少しサイドから放り込みたかったところです。
パワープレイではチャンスを作れないままロスタイムも過ぎて試合終了。
痛恨の逆転負けとなってしまいましたね。

初対戦の松本戦
次はホームでの松本戦です。
27日にナビスコ杯があるのですが、その節は松本は休みなのでインターバルは同じ一週間となります。
といっても松本は湘南戦のようにナビスコ杯がほぼメンバーを入れ替えて戦うと思うので、どのみち大きな影響はなかったでしょう。
初対戦なのでデータはありません。
しかし、5月最後に対戦になりますね。
5月の成績は1勝1分2敗、FCソウル戦を入れると3敗でした。
何とかリーグ戦の成績だけでも五分に戻して終わりたいところです。
松本は3-4-2-1の布陣、非常に運動量が多く体を張って守るイメージですね。
引いて5バック気味に守ってボールを奪うと前線に出して少ない人数で攻めるというスタイルです。
特に気を付けたいのはセットプレイですね。
J2で昇格を決めた年は空中戦勝率1位でしたし、J1でもセットプレイからゴールを多く決めています。
鹿島はゾーンで守るようになってからは失点していないですが、まだ危なっかしさもあるので集中力が大事ですね。
特にオビナにはセットプレイ、カウンターとも注意が必要です。
先発メンバーはどうなるんでしょうかね。
この試合途中出場だった金崎はケガ明けでコンディションが良くなさそうですし、セレーゾ監督のことなので変更して来そうな感じはないですが、左サイドバックは鈴木隆を起用して欲しいです。
やはり昌子はCBに使いたいところですし広島、浦和戦以外でしたら鈴木隆も十分やれると思います。
それに前線にジネイがいたら左足のクロスは武器になると思います。
そのジネイはコンディションがどうかと思いましたが、十分90分やっていけそうです。
ただ、どうしてもまだ周りとのコンビネーション不足が目立ちますからしっかり意思疎通して、早めに連携を高めてほしいですね。
そうすればこの試合ではミドルシュートが多かったところを、ワンツーで相手のDFラインを突破するとかのヴァリエーションも出て来ると思います。
今の鹿島にとって一番重要なのは攻守の意識ですね。
リードしてしっかり守らないといけない時間に簡単に失点しています。
リードしたのでまずは守備という意識より、得点を取れたことで攻め気が増して守備が疎かになっていますよね。
ジネイが入ったことで前線だけでも崩してチャンスを作れるようになるので、やはり後ろはファーストボランチを置くべきでしょう。
攻守のバランスを改善しないとなかなか成績は安定していかないですよね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

いつも楽しく読ませて頂いてます。

ジネイのための実戦練習以外に
価値を見出せない1stになってしまいました。
残留に向けて松本との大一番!
必勝ですね。

どうやって攻めるかとどうやって守るか?
サッカーはこの二つしか無いと思うのですが、
セレーゾの場合はどちらもノーアイデア
だから2失点目のような事が起きますね。

もう少しなんとかならないですかね。
1億も払っているんですから。

【2015/05/25 08:54】 URL | しかくん #- [ 編集]


いつもありがとうございます。
それにしても、毎回同じ様な形で敗戦するのは、学習能力がないと言わざる負えないですね。
ちまたでは、世代交代の失敗だとか言われていますが、監督の問題でしょ!
あたり前の事(守備的MFを配置)をするだけで、無意味な失点が改善されるはずです。
スタメンをいじれなくても、勝ち越したタイミング、疲れが見えたタイミングなど早めに動くだけでも違うと思います。

それと、ビハインド状態での選手交代もなんとかして欲しいですね。
高崎をいれてどうなるんだ、技巧派の金崎、中村が中盤では簡単に掘り込んだりしないでしょうに、だったら赤碕をスーパーサブとして形を作っていくとか、あまりにもいきあたりばったり采配な気がします。
【2015/05/25 22:20】 URL | hide #- [ 編集]

しかくんさんへ
コメントありがとうございます。
実家に帰っていたので返事が遅くなってすみません。
松本戦はいきなり失点してしまいましたが、赤﨑が結果を出してくれてよかったです。
ジネイも一応アシストした形になりましたからね。
まだ順位は低いですが何とか5位を目指してほしいです。
それでいい流れでファーストステージを終えたいですね。
【2015/06/01 19:35】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

hideさんへ
コメントありがとうございます。
実家に帰っていたので返事が遅くなってすみません。
ファーストステージも気づけばあとたったの4試合ですね。
松本戦は勝ちましたが、次の中日のG大阪戦が真価を問われます。
相変わらず失点はしていますし、セカンドステージに向けて改善点を含めていい内容と結果がほしいところです。
【2015/06/01 19:45】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/1103-794c6fa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する