鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

【J第33節】タイトル獲得の勢いそのままに完勝…の横浜FM戦
結果
2015年11月07日(土)
鹿島2-0横浜FM(14:03/カシマサッカースタジアム/22,755人)
[得点者]
10分:カイオ⑨←遠藤康⑥
64分:カイオ⑩←金崎夢生③

[フォーメーション]
FW:赤﨑、金崎
MF:カイオ、遠藤
MF:小笠原、柴崎
DF:山本、昌子、ソッコ、西
GK:曽ケ端

[選手交代]
69分:赤﨑→豊川
79分:遠藤→鈴木優
89分:金崎→山村


試合の感想
好調横浜FMを寄せ付けず
横浜FMは4-2-3-1の布陣です。
鹿島はすっかり定着した4-2-2-2ですが、中村がナビスコ杯決勝で負傷したこともあってカイオが久しぶりの先発となりました。
前からのプレス、球際での強さで試合は終始、鹿島がペースを握ります。
最初のチャンスはCKからのこぼれ球。
ファーサイドにいた昌子が押し込もうとしますが、ファビオに頭でクリアされてしまいます。
いつもは多くのチャンスを逃す事が多い鹿島ですが、早い時間に先制点をあげます。
鹿島のスローインから空中戦で一度は横浜FMにボールを取られるも、遠藤が素早く奪い返すとドリブルで2人をかわします。
この時点で4対3の圧倒的有利な状況、金崎が中央に走り込んで小林と中澤を引きつけて左サイドのカイオをフリーに。
遠藤のスルーパスを受けたカイオが左足で逆サイドを狙います。
ちょっとダフったシュートはポストの内側に当たりながらもゴールイン。
この1点で試合展開はさらに鹿島に有利になりました。
横浜FMの攻撃では斎藤のドリブルと中村俊のプレイスキックは怖かったものの、しっかりブロックを引いて守れていたので前半はCKも与えなかったですし、危ない場面はほとんどなかったですね。
横浜FMは前にいいボールが入らないので中村俊が下がって受ける事が多くなりましたが、そこもボランチがしっかり観てケアできていました。
横浜FMにシュート2本しか許さず鹿島のペース、鹿島のリードで折り返します。

来季を見据えた残り20分の停滞
後半は当然、横浜FMが得点を取りに来ますが鹿島ペースは変わりません。
50分には横浜FMのバックパスのミスから赤﨑がシュート。
攻撃ではテンポよくボールを回しながらチャンスを窺い、守備ではしっかりブロックを作って前から追い、ゴール前にクロスを入れられても跳ね返せていました。
変化の欲しい横浜FMはまず熊谷に代えて兵藤を投入して来ます。
しかし、横浜FMのチャンスになりそうなシーンは斎藤がものすごく頑張ってドリブルした時のみ。
64分に鹿島が追加点をあげます。
小笠原が相手のロングボールを跳ね返し、金崎が落とすとカイオがトラップで三門をかわしてそのままドリブルで中央へ切り込みます。
4対4だったのですが、横浜FMの選手は下がるだけで誰もカイオにプレッシャーをかけに行かなかったですね。
ペナルティアーク付近から落ち着いてニアサイドに決めました。
2点差になったこともあって石井監督も動きますが、赤﨑に代えて豊川を入れて来ます。
そして、カイオがトップに移動しました。
ここから鹿島のリズムが途端に悪くなりましたね。
以前にも言ったように豊川は4-2-2-2の2列目には向いていないです。
ボールを持てずに起点になれてないですからね。
また、トップはどうしてもDFを背負ってゴールに背を向けた状態でボールを受ける事が多くなるのでカイオも持ち味が出せなくなりました。
4-2-2-2で戦いたいなら、豊川ではなく杉本を優先的に育てて行くべきですし、豊川を起用したいならFWに置いてカイオは2列目で使うべきです。
守備でのプレスの寄せ方は上手いですから、なおさらトップの方がいいと思います。
もしくは豊川を入れた時点で遠藤、中村、柴崎あたりをトップ下にして4-2-3-1にするかですね。
この先、豊川が4-2-2-2の2列目としてアジャストする可能性もありますが、明らかに鈴木優や杉本の方が向いていますし、それを差し置いて優先的に起用する意味はありません。
恐らく石井監督は来季を見据えて豊川を使って行きたい気持ちがあるのでしょうが、この試合の残り20分の停滞感から誰をどのポジションで起用すべきか、正解を感じとって欲しいですね。
シュートを9本しか打たれていない試合で、残り20分で5本打たれていますし、それは明らかに前線が停滞してリズムが悪くなったのが原因ですから。
79分には遠藤に代えて鈴木優を入れます。
ポジションはそのまま右の2列目でしたね。
石井監督も前線の出来に不満足だったのか、89分には山村を投入して柴崎トップ下の4-2-3-1に変更します。
その直後にアデミウソンのドリブルから天野、中村俊に立て続けに狙われますが曽ケ端のセーブと枠外で失点を免れます。
ここがこの試合で一番危なかったシーンですね。
終了間際にはカイオのハットトリックのチャンス。
カイオ同様に途中出場でも必ず主体的にチャンスに絡む鈴木優が右サイドからドリブルで切り込むと、ドフリーのカイオへマイナスのパス。
しかし、左足でダイレクトで狙いに行ったシュートはわずかにファーサイドにはずれてしまいました。
アディショナルタイムも上手く時計を進めながら戦って鹿島の勝利。
ナビスコ杯決勝を最低限の試合にするのは大変ですが、あちらを最高、こちらを最低限にする事ができれば、それでも来季はぶっちぎりで優勝も可能だと思います。
鹿島の完勝となりましたが、横浜FMはさすが10戦負け無しだけありましたね。
そうでなければもっとチャンスを作れていたと思います。
これで鹿島はセカンドステージでは2位以上が確定。
しかし、年間順位は最終節の結果によっては7位まで落ちる可能性あります。
もう順位を上げることはかなわないですが、しっかり勝って5位キープと行きたいですね。

最終戦、残された可能性は……
広島がG大阪に2対0で勝利したため勝ち点は3差のまま、得失点差も変わらず12と開いています。
そのため、鹿島のセカンドステージ優勝の可能性は限りなく0に近い数字となってしまいました。
01シーズンからの15年で鹿島が5点差以上で勝利した試合は4試合だけ。
05年20節で新潟に7-2、11年24節で福岡に6-0、12年12節で札幌に7-0、14年26節で徳島に5-0です。
同じ期間の13シーズン(J2の03、08シーズンは除く)で広島が5点差以上で負けた試合は3試合。
07年23節FC東京戦が0-5、09年30節川崎戦が0-7、10年11節C大阪戦が0-5となっています。
つまり鹿島は4/493の確率で5点差以上で勝つ事ができ、広島は3/429(1/143)の確率で5点差以上で負ける可能性があるという事です。
しかし、実のところ鹿島の6点差勝ち、広島の6点差負けで得失点が並んでも総得点でも10点差ありますから上回る事はまず出来ないんですね。
5点差を含めた試合でもこの確率ですから6点差、7点差以上となるとさらに厳しいですし、それが両方の会場で同時に起こるとなると確率は天文学的な数字になると思います。
しかも、鹿島が5点差以上で勝利したゲームはすべて昇格したばかり(新潟は昇格2年目)のクラブです。
ここに現在の広島の強さ、好調さを含めると逆転優勝の可能性はないに等しい訳です。
可能性がある限りそれを信じて応援するのは自由ですし、可能性のある限りそこを目指して戦うのがプロと言えるかもしれません。
ただ、こーめいが言いたいのはそのわずかな可能性のためにプロ集団がギャンブルをしてはいけないということです。
つまり、大量得点するために布陣を攻撃的に変更したり、序盤からリスクをかけて攻めに出てに行くなどの戦い方をしてはいけません。
もっと数字的に現実味があれば別ですけど、わざわざ今のいい状態のスタイルを崩してそんな事をする必要はまったくありませんね。
ここは石井監督も新米とは言え、プロなので分かっているでしょうし、いつも通りの戦いをしてくれるでしょう。
それに大量得点するならその方が近道ですからね。
名古屋のDFラインは決して固くはないですし、今の鹿島なら多くの決定機を作れると思います。
脅威的な決定力を見せる事ができればですが、7点くらい取れる可能性もなくはないかと。
ただ、名古屋の攻撃陣は個の力が高いので守備をおろそかにしてしまえば逆に失点しまうでしょう。
名古屋は4-4-2の布陣で戦っていますが、このところはずっと闘莉王が前線に入っていますね。
永井の速さ、ノヴァコヴィッチの上手さ、小川の動き出し、闘莉王の高さには気を付けないといけません。
DF陣にはナビスコ杯決勝でパトリックを抑えた時と同じくらいの気持ちで闘莉王に挑んでほしいですね。
ホーム最終戦ですしまずはしっかりこの試合を勝つ事が最重要事項です。
むしろもう今シーズン最後の試合と思って出し切って戦った方が多くの得点を取る事が出来るかもしれませんね。
ちなみに08シーズンからの名古屋との対戦戦績は7勝2分6敗とほぼ五分。
Jリーグ創設からホームでは名古屋相手に無敵でしたが、近年では2勝1分4敗と負け越しています。
2週間空きますし、石井監督が最低限に設定したナビスコ杯の決勝くらいのパフォーマンスを期待しています。
あの試合はタイトル関係なしに観ていて楽しいですし、1年を通してコンスタントに出来れば観客も増えて行くでしょう。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

いつも楽しく読ませていただいてます。

好調マリノスに完勝。
充実期で、次のステージに進めないのは、
非常に無念ですね。
可能性はありますが。。。

セレーゾの追試3試合が無ければ、
1stの内容で十分、切れましたよね。
タラレバですけど。

最後、勝って終わりたいですね。
【2015/11/11 18:21】 URL | しかくん #- [ 編集]

しかくんさんへ
コメントありがとうございます。
横浜マリノス戦、完勝でしたね。
本当今の勢いでチャンピオンシップに出れば優勝の可能性は十分あるのに残念です。
シーズンが終わって第2次セレーゾ政権を振り返るつもりですが、やっぱりおかしな采配が多くてもはや今の時代ではタイトルは取れない監督でしたね。
【2015/11/12 14:43】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/1134-2b929820
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する