鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

【NYC1戦目】今シーズンもいよいよ始まったという感じ…の福岡戦
結果
2016年01月31日(日)
鹿島2-0福岡(14:03/ KIRISHIMAハイビスカス陸上競技場/4,285人)
[得点者]
04分:垣田裕暉
68分:昌子源←赤﨑秀平
[フォーメーション]
FW:ジネイ、垣田
MF:中村、遠藤
MF:柴崎、平戸
DF:田中、町田、昌子、西
GK:曽ケ端

[選手交代]
62分:遠藤→赤﨑
62分:ジネイ→高崎
62分:中村→鈴木
69分:垣田→山本
69分:柴崎→小笠原
69分:西→久保田
72分:町田→ブエノ
76分:昌子→青木


試合の感想
先発とフォーメーション
福岡は昨シーズン途中から定着した3-4-2-1の布陣ですね。
鹿島は4-2-2-2、新人研修で途中からチームを離れることになるユース昇格の4人を石井監督は先発起用して来ました。
そういう事情があるとは言えタイトルもかかる初戦にこの起用は大胆ですね。
五輪組の3人は不在でカイオ、土居、永木、ファン・ソッコはケガでベンチ外となっていました。

攻守の切り替えが際立った前半
そのユース組の垣田が4分に先制点を奪います。
前からしつこく、しつこく追って相手選手のクリアをブロックしたボールがゴールに決まりましたね。
試合はお互いしっかり守る意識が高く中盤の攻防が多かったですが、驚いたのは今季加入のユース4人が入っている状態ですでに攻守の切り替え、前線からの守備がかなり浸透していたことです。
トップチームと同じカラーで戦うなどユース強化の賜物でもありますが、昨年4-2-2-2に移行した時も石井監督の守備戦術の浸透のさせ方は早かったですね。
今季はこの守備が戦いのベースとなるでしょう。
逆に攻撃はまだまだですね。
守備より攻撃の方が時間がかかりますし、この試合の先発のジネイと垣田に関わらず実質赤﨑以外は新加入みたいなものですから。
まだまだ連携が取れていないですし、この時期なので動き出しやDFとの競り合い、ドリブル突破など個の部分では無理してない感じでしたね。
特にトップがくさびを収める回数が少なかったです。
2列目の遠藤、中村までは収まるのですが、そこからトップに出すパスをFWが収めないとなかなか奥行きのある攻撃は生まれないですよね。
12分には柴崎のパスがひっかけられてカウンター、金森にシュートまで持って行かれますが、お互いに中盤でボールを奪い合う膠着状態が多かったです。
27分にはCKからの2次攻撃から決定機を迎えます。
こぼれ球を平戸がループパス、ペナルティエリア内で昌子がトラップ&ボレーしますが上にはずしてしまいました。
その後は西からいいクロスが幾つか上がっていましたがシュートまでは至らず。
鹿島が1点リードで折り返します。

多くの選手を試せた後半
鹿島は選手交代なく、福岡は1人交代でスタートしました。
後半も立ち上がりに決定機を作ります。
後方からのボールをジネイがヘッドでDFの裏へ流して、飛び出した垣田が逆サイドの遠藤へパス。
少し緩くなってGKに詰められたのですが、トラップで上手くかわしてシュートするもDFにブロックされて防がれます。
ジネイが入った場合は足元へのくさびのパスももちろんですが、こういった頭を狙って落としたボールに反応するっていうパターンも武器になりますね。
57分には冨安にいいミドルシュートを放たれるも曽ケ端がセーブ。
60分過ぎに福岡が2枚、鹿島が3枚交代カードを切ります。
これで前線は高崎、赤﨑、鈴木、垣田になりました。
68分にはまたもや前線からのプレスで得点を奪います。
インターセプトで前に出ていた昌子が執拗なディフェンスでボールを奪うと右の赤﨑へ。
そのままペナルティエリアに侵入して折り返しをゴールに流し込みます。
シュートは当たり損ねでしたが、それによってGKのタイミングをはずす事ができましたね。
ここで鹿島はさらに3人の選手を交代します。
平戸が右サイドバックに回って田中がその前に入りましたかね。
さらには町田に代えてブエノを投入します。
76分には昌子に代えて青木を入れて8枚の交代カードを使い切ります。
2点リードも膠着時間が多かったのですが、選手を多く代えた影響もあってか、鹿島はスローインから鈴木、赤崎と繋いで田中のセンタリングを鈴木がヘッド、逆にCKの2次攻撃からブエノが裏を取られて危ない場面を作られるなど隙も生まれて来ました。
85分には追加点の決定機。
小笠原がボールを奪って左の赤崎に出すとそのままゴール前へ。
赤﨑のクロスを頭で折り返すとゴール前でいい嗅覚を見せる鈴木がボレーで枠に飛ばしますが、なんと高崎に当たってしまいオフサイドとなってしまいます。
ロスタイムにも山本のクロスから鈴木のいいヘッドがありましたが、そのまま試合終了。
ニューイヤーカップを勝利でスタートする事ができました。

全体的な感想
3試合観た上で書いているのですが、福岡戦は初戦だけあって先発のチョイスは問題なかったですね。
コンディションはまだまだですが、この時期にキレキレだと逆に不安になりますし守備に関しては全体的によく走ってプレスしていたと思います。
ベースとなる守備から奪って2得点していますし、コンディションと攻撃は開幕に合わせて上げていくって感じですかね。
とはいえ優勝を狙うようなクラブは開幕にコンディションをトップ状態に持って行くような調整はしないですし、いばらきサッカーフェスティバルも勝ってもいい試合だったってことはあまりないですから。
多くの選手を試しながらも勝ってスタート出来たのは良かったと思います。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

いつも楽しく読ませて頂いております。
今年もよろしくお願いします。

私は金崎まだ諦めて無いですが、
今年はジネイ次第のシーズンですね。

昨年の最終戦のように赤崎とカイオだと、
起点になれずに苦戦しますよね。
ケガ前のジネイが全試合出れれば、
かなり期待できるのですが。
状態が気になります。

トップの起点と左サイドのバックアップ。
ここが肝ですね。

いい状態で開幕迎えたいです。
【2016/02/05 23:17】 URL | しかくん #- [ 編集]

ニュー・イヤー・カップ
気になったのは2点でしょうか。


① 杉本の活用 

落ち着いてオフェンスの組み立てができて、流れの中で中央に進入できた時はアクセントをつけれてますが、石井監督になってからも、あまり持ち味が出せていませんね。
4-2-2-2の2列目は守備時にサイドをカバーし、攻撃時に中央に侵入する流動性を担いますが、守備時のサイドのカバーの仕事が、かなりパフォーマンスの足枷になっている印象です。
遠藤や中村が得意とする相手を背負ってタメを作るプレーが不得手なのも、4-2-2-2でのプレーを難しくしている要因でしょう。
吉武ジャパンの時のように、杉本を出場させる場合は杉本用のシステムを採用する方が効率的かもしれませんね。


② 高崎の活用

石井監督が2トップの選手に求める仕事は、攻守における切り替えの早さとアグレッシブさ+ボックスの脇で起点になるプレー、それともちろん得点ですが、得点の部分以外は高崎には難しい要求になるんですよね。
どうしても、チーム全体の切り替えの早さとプレースピードに付いていけない部分が出てきてしまいます。
鈴木優磨の方が多彩な役割をこなせているので、高崎よりも彼を先発で使う事がベターになっていくのではないでしょうか。
高崎を出す場合は、ボックス内に留まってもらって、チームとしてもボックス脇を崩すのではなく、アーリークロスを放り込んでいくような攻撃に変化させたいですね。
役割を限定してあげて、ストロングポイントを上手く活かしたいところです。

ただそうなると、前線に先発としてチームコンセプトを変えずに使える選手が、もう一枚欲しいところなんですけどね。
【2016/02/07 21:43】 URL | ハル #- [ 編集]

しかくんさんへ
コメントありがとうございます。。
金崎戻ってくれたら鬼に金棒ですね。
ジネイはあまり自分が自分がってタイプではないので、金崎がいないメンバーだとカイオはできるだけスタメンに起用した方がいいかもしれません。
【2016/02/09 14:28】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

ハルさんへ
コメントありがとうございます。
杉本は3試合とも先発していないですし、昨年終盤も豊川が優先されて起用されていたのでまだまだこれからでしょう。
身体は小さいですがオフザボールの動きは多くパスも出せるので出場時間が増えれば馴染んでいくのではないかと思います。
遠藤、中村が3試合先発、鈴木より高崎優先はちょっと解せない選手起用でしたね。
【2016/02/09 14:35】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

ありがとうございます。
コメントへのお返事ありがとうございます。

あのポジションへの適性が全くない訳ではないので、使っていけば馴染むでしょうね。
現在の中村や遠藤と同程度のパフォーマンスは出せるようになるでしょう。

ただし、何度かこーめいさんも触れているように、彼を鹿島の10番、つまり本気で攻撃の中心として期待するなら、資質を100%引き出せる使い方を早い段階から考えるべきという事です。
中村にしても同じ事が言えますが。

4ー2ー2ー2が様々な意味で鹿島のサッカーのベースである事を差し引いた上で、それだけの期待を彼にはかけたい所です。

高崎起用に関しては、特別に時間を与えた印象ですね。

それだけに、だいぶ見定めもできたのではないでしょうか。
【2016/02/09 20:59】 URL | ハル #- [ 編集]

>ありがとうございます。
ハルさん、コメントありがとうございます。
柴崎が虫垂炎で開幕絶望ってことですから、ボランチに限らずどのポジションでも1人でも多く先発で出場できるくらいの戦力になってほしいですね。
【2016/02/12 15:17】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


私は金崎諦めてませんでしたよ。
キックオフパーティー。
サプライズ再びですね。
【2016/02/12 21:17】 URL | しかくん #- [ 編集]

しかくんさんへ
コメントありがとうございます。
最大の補強となりましたね。
こーめいも欧州のオファー状況を聞く限り復帰ありそうだなって思ってました。
【2016/02/13 18:39】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/1139-69d44b36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する