鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

【J1第1節】難易度高い開幕戦を勝利スタート…のG大阪戦
結果
2016年02月28日(日)
G大阪0-1鹿島( 14:09/市立吹田サッカースタジアム/32,463人)
[得点者]
鈴木優磨①←カイオ①
[フォーメーション]
FW:赤﨑、金崎
MF:中村、遠藤
MF:小笠原、柴崎
DF:山本、昌子、ソッコ、西
GK:曽ケ端

[選手交代]
69分:赤﨑、遠藤→鈴木、カイオ
93分:中村→三竿


試合の感想
フォーメーションと先発
G大阪は4-2-3-1の布陣。
他クラブの事なのでゼロックス、ACLに続いての3連戦としか認識していなかったのですが、8連戦の3戦目になるんですね。
このハードスケジュールですと長谷川監督が宇佐美、パトリックをベンチにしたのも納得できますが、鹿島との開幕戦ということでベストメンバーで来るかと思っていました。
パトリックが出場してなかったのは大きいですね。
鹿島は4-2-2-2、負傷の情報があった昌子は先発、鈴木も無事ベンチ入りしていました。
そして、何と言っても驚いたのは3日前に練習に合流したばかりの柴崎の先発ですね。
脅威的な回復です。
FWには金崎が入り、GKは曽ケ端。
石井監督は逆に昨年のベストの布陣で戦いたかったという気持ちがあったみたいです。
負傷のソッコに代わって植田が入った以外はそのままのメンバーですから。

頭が足りない
試合の入りを観た感じだとG大阪戦はやはり連戦の影響か予想したよりはテンション高くなく、プレシーズンに比べると鹿島は動きがかなりよくなっていました。
最初のビッグチャンスは5分。
中盤でボールを奪うと遠藤のパスを中村がダイレクトでスルーパス。
これが赤﨑への絶妙なパスとなって2対1の状況になります。
赤﨑は縦に仕掛けて右サイドの金崎へパス、狙い通り折り返しをフリーでシュートして決めるもののこれはオフサイドでした。
開幕戦で気合いが入り過ぎてしまったのか、結婚ゴールを早く決めたかったのか、いずれにせよ普段ならワンクッション入れてタイミングを調整していたところを気持ちが早って行っちゃったんでしょうね。
さらに11分には遠藤がミドルシュートを放つなど立ち上がりは鹿島が攻めます。
やはりトップ下のアデミウソンの守備が緩いんですよね。
このおかげで鹿島のボランチはボールを持ちやすく、上手くピッチの横幅を使って攻めることが出来ていました。
28分には赤﨑との絡みで丹羽が負傷。
左足が後ろを追いかける赤﨑の膝に当たってバランスを崩してしまったんですが、倒れ方が悪いと鎖骨が折れてしまう事があります。
プレイ続行不可能ということで、長谷川監督は井手口をボランチに入れて今野をDFラインに下げます。
G大阪は岩下に西野もケガでCB事情が苦しいんですよね。
33分には金崎とのワンツーから中村が左サイドを突破、米倉を振り切ってゴールを狙いますがはずしてしまいます。
鹿島はサイドから崩していいクロスが何本も入っているのですが、頭が足りないという印象でした。
これはアイデアという意味ではなく、ゴール前のポジショニングや高さですね。
守備では懸念のセットプレイではきちんと対応できていましたし、1トップの高さも抑えることが出来ていました。
アデミウソンにボールを持たれた時に手を焼くくらいでしたね。
シュートも40分まではキックオフ直後の長沢のロングからのみでした。
41分にカウンターからアデミウソンのクロスを藤本に狙われるもこれはバーに助けられます。
鹿島が押し気味に試合を進めながらもスコアレスドローのまま前半終了。
ただ、攻守に鹿島の方が明らかに良かったです。
シュートまで持っていけていないG大阪に、最後の所の頭が足りずに決定機までは行けていない鹿島という感じでしたね。
いいセンタリングが多く入っていたので後半にゴール前でターゲットになれるジネイか鈴木を入れれば得点も取れそうという内容でした。

3戦連続決勝ゴール
後半も流れは同じですね。
52分に鹿島は小笠原のCKから植田のヘッド。
いいタイミングで入って行ったのですが、これは東口の真正面に飛んでしまいます。
さらには右サイドを遠藤と金崎で崩してセンタリング、サイトは赤﨑が何とか折り返すところまで行きますがやはり最後のゴール前での力強さが足りないですね。
62分にはG大阪のDFとGKの間で連携ミス。
その間に柴崎のダイレクトパスを金崎が拾ってシュートに持って行こうとしますが、トラップが少し足元から離れて東口に抑えられてしまいます。
プレシーズンでもそうでしたが、鹿島の危ない場面はカウンターからですよね。
66分に柴崎がフリーの柴崎が難しいパスを選択して奪われます。
そこから一気に逆サイドの藤本まで運ばれてシュートを打たれますが、曽ケ端が何とか触って掻き出します。
昌子も慌てずによくシュートコースを限定していましたね。
先に動いたのはG大阪。
大森に代えて宇佐美を投入します。
これに対して石井監督は鈴木とカイオを入れます。
しかもカイオを右サイドに置いて宇佐美を出来るだけ守備に回す作戦です。
さっそくカウンターからカイオが中央をドリブルで上がって左サイドの金崎へ。
ダイレクトで狙うも東口に防がれますが、同時にオフサイドでもありました。
交代が当たったのは鹿島でした。
スローインから右サイドを西、金崎と繋いでカイオがセンタリング。
これをゴール前にいいタイミングで迫力を持って入って来た鈴木がヘッドで決めます。
やはり必要なのはこれでしたね。
鈴木は試合後に決めるだけのボールだったと言っていましたが、そんな事はありません。
前半からこういうクロスはいくつも入っていたのですが、G大阪も人数を揃えて守っていました。
そんな中、DFとDFの間にタイミング良く入ってなおかつ競り勝つ。
前半からゴールを奪うためにこの頭が欲しかったんですよ。
プレシーズンマッチから続く3試合連続途中出場のゴールとなりました。
しかし、ここからの試合運びは良くなかったですね。
終盤押し込まれるのは仕方ないとしても、前線でボールが収まらずにチャンスが作れなかったのはいただけないです。
それだけに長谷川監督が鹿島のイエローカード量産機になっていたアデミウソンを下げてくれたのは助かりました。
ロスタイムにはCKから今野に合わせられるものの右にはずれます。
さらにはキープでいいところを柴崎が無理にゴール前にボールを入れて奪われて、カウンターを潰した小笠原もイエローカードをもらうはめに。
柴崎は判断ミスが多かったですね。
それでも最後まで守りきって開幕戦を勝利。
新スタジアムでのアウェイG大阪戦ということで、ここ6年間で間違いなくもっとも難易度の高い開幕戦だったと思いますが、きっちり勝ち点3取れたのは何よりの結果です。

次は鳥栖戦
ホーム開幕戦は鳥栖との対戦になります。
鳥栖は開幕戦を福岡に勝利。
今季からフィッカデンティになりましたが、戦術は鳥栖のチームカラーと合っていると思います。
守備重視の戦い方で攻撃では人数をあまりかけて来ませんが、豊田がいるのでカウンターには
ただ、相変わらず4-3-1-2のフォーメーションが好きなので鹿島としてはやりやすいですね。
プレスをかけられづらいサイドバックを起点に攻め、サイドに振りながら3ボランチの横のスペースを上手く利用して行ければと思います。
おそらくまた途中で布陣を昨年FC東京でもやっていた4-4-2、もしくは鳥栖の得意とする4-2-3-1にして来ると思いますが、そうなった時にこれまでやっていたことが上手くいかなくても相手の変化に応じて慌てずやれれば問題ないと思います。
ナビスコ杯はまだ先なので連戦でもないですし、メンバーは大きくは変えないでやっていきそうですね。
気になったのはG大阪戦で柴崎のパスミスが非常に多かった事です。
まだコンディションは良くないんだと思いますが、1週間で上がらなければ肉弾戦得意の鳥栖相手なら三竿の選択肢もあるかもしれません。
プレシーズンマッチに比べてG大阪戦は間違いなくインテンシティーが高くなっていましたから、鳥栖戦でもそれ以上の激しさで戦って欲しいです。
鳥栖との対戦成績は3勝2分3敗の五分です。
昨年の2連勝で追いついたので、ここで勝ち越したいですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

いつも楽しく読ませて頂いております。
カイオなぜ右に!
と一瞬思いましたが、宇佐美が消えていたので、
狙いはこれだな!と思いました。
ナビスコ同様に采配で勝てて満足です。

ユーマはスーパーサブ本山を彷彿とさせます。
後半30分で引き分けなら勝ちこせる
という雰囲気があります。
非常に頼もしいです。

永木、千葉との練習試合出たみたいですね。
チームにも馴染んでそうなので、
柴崎は無理せずに三竿や永木に任せて欲しい。

この調子で次節め勝ちましょう。
【2016/02/29 18:53】 URL | しかくん #- [ 編集]


ゴール裏、家族で参戦してきました。サポも気合い入ってて、応援も凄く良かったです✨

岳のスタメンにはびっくりしました💨(笑)
けど、みんな戦えてて、0-1勝利でほんと気持ち良かったです✨

大阪在住なんでホーム参戦は厳しいですが、ホーム開幕戦の鳥栖にも勝ってそのまま上昇(常勝)気流に乗って欲しいですね。
【2016/03/02 16:00】 URL | Love鹿島 #- [ 編集]

しかくんさんへ
コメントありがとうございます。
鈴木はタイプは本山とはタイプが違いますが頼もしい存在ですね。
真中に近い感じですが、強いチームにはこういった計算できる攻撃の選手がいるものです。
ケガが再発で鳥栖戦は出場できるか分からないですが、ジネイも調子良さそうなので楽しみです。
永木も復帰しましたし、DFライン以外はコンディションのいい選手を使って行ってほしいですね。
【2016/03/04 12:13】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

Love鹿島さんへ
コメントありがとうございます。
吹田スタジアム観戦はアウェイと言えどやはりいいスタジアムなのでテンション上がったと思います。
カシマも屈指の好スタジアムですし、ホーム開幕戦もこの勢いで勝利してほしいですね。
【2016/03/04 12:16】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/1145-c133200a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する