鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

【J1第12節】ステージ優勝が遠のく痛恨のドロー…の磐田戦
結果
2016年05月08日(日)
磐田1-1鹿島(19:04/ヤマハスタジアム/14,155人)
[得点者]
55分:金崎夢生⑤←カイオ③
56分 :小林祐希
[フォーメーション]
FW:ジネイ、金崎
MF:カイオ、遠藤
MF:小笠原、柴崎
DF:山本、昌子、植田、西
GK:曽ケ端

[選手交代]
:53分遠藤→鈴木
62分:ジネイ→土居
82分:山本→永木


試合の感想
先発とフォーメーション
磐田は3-4-2-1のフォーメーション。
神戸戦は4-2-3-1で大敗したので手を打って来ましたね。
ホーム初勝利を挙げた広島戦と同じ布陣ですが、こっちだと守備が固くなります。
鹿島は4-2-2-2、カイオと小笠原が先発復帰。
山本もケガから戻って西はいつもの右サイドバックに。
意外だったのはジネイが先発だった事ですね。
ジネイ起用は今後に向けて大事なものの60分くらいから途中出場で使って行けばと思っていたのですが、これまでコンディションが悪いと使ってなかったのに連戦で先発させてくるとは思わなかったですね。

サイドにこだわり過ぎの攻撃
序盤は鹿島は優勢に進めます。
ジネイのポストから山本、カイオと繋いでスルーパスに金崎が抜け出しますがシュートまで行けません。
7分には遠藤の左サイドへのパスにカイオが走り、グラウンダーのクロスにジネイが合わせますが大井のブロックに阻まれます。
序盤から磐田の選手は最後まで身体を張って守備していましたね。
最初はCBとWBの間に隙があったのですが次第に修正して安定して来ました。
ボールをポゼッションしてもなかなかチャンスが作れない鹿島は37分にカウンター。
カイオが独走してシュートまで行くもカミンスキーの足で防がれてしまいます。
今の鹿島の攻撃が上手く行っていないのはサイド一辺倒だからですね。
2列目がサイドに張ってそこに流れたFWやサイドバックが絡むという組み立てばかりです。
段々セレーゾ時代のつまんないサッカーと似て来ていますね。
そのため、サイドを塞がれたら攻め手がなくなります。
特に新潟、磐田とこの2戦はフォーメーションの相性もあってなかなかセンタリングも上がっていないですね。
サイドで起点を作るのはいいですが、そこから斜めにくさびのボールがまったく入っていないです。
昨年終盤の鹿島はもっと2列目が中でプレイして出来ていましたし、中央で起点を作るからサイドが空いてそこをサイドバックが駆け上がる攻撃が出来ていました。
重要なのは攻撃にどれだけの人数を掛けるかではなくて、いかに後ろから上がって人数を掛けられるかですからね。
今は中央でボールを持っている、中央にスペースがある場合も簡単にDFの裏やサイドに出してしまっているので、これは守る方からしたら楽ですよ。
はっきり言って練習でやっている事が間違っているからこうなるわけで、練習から見直さないといけないですね。
39分には左サイドからクロスを入れられてアダイウトンに頭で綺麗に合わせられます。
バーに助けられますが、失点していておかしくない場面でした。
42分には遠藤のCKから決定機。
ニアでカイオがすらしてファーで金崎が合わせますが、ゴール左にはずれます。
前半はスコアレスドローで折り返します。

セットプレイから得点が欲しい
後半開始早々にアクシデント。
遠藤が筋肉系のケガで負傷交代します。
石井監督はここで鈴木を2列目に使ってしまうんですよね。
これでもうこの後の得点を取りに行く攻撃が手詰まりになってしまいました。
55分にカイオとのコンビネーションで金崎が先制点をあげたので、このままリード出来ていればよかったのですが…。
そのわずか1分後には左サイドからのクロスを柴崎がクリアミス。
それを小林に豪快に叩きこまれてしまいます。
磐田の選手でブラインドになっていましたし、コースもパワーも素晴らしいミドルシュートだったので曽ケ端も反応できなかったでしょうね。
同点に追いつかれて石井監督はジネイに代えて土居を入れます。
その直後にカイオのパスミスからカウンター、アダイウトンにプレッシャーをかけられて昌子がバックパスをしたのですが、これが曽ケ端の頭を越える絶好のロングシュートとなってしまいます。
前半同様クロスバーに助けられ、ヤマハスタジアムに味方してもらっているようです。
結局土居が入ってもパスが回るだけでチャンスは作れないですし、鈴木は2列目で完全に消えていましたね。
次第に運動量で遅れをとって押し込まれ始めます。
3枚目のカードも足を攣った山本に使わざるを得ず、西が左サイドに回って右サイドバックに永木が入りました。
フレッシュな永木の方をボランチで使った方がいいと思いますけど。
こういうときセットプレイから得点が欲しいんですけど、もう1つ練習を観直さないといけないのはセットプレイですね。
いいボールは入っているのですが、中と合ってないですしもっとニアに飛びこませて先に触らせる動きをさせるべきです。
その後はたんにパスを回すだけで選手交代してからチャンスらしいチャンスもありません。
鈴木なんてFWで起用すれば1,2回は決定機に絡みますし、その回数を増やす工夫をすれば得点取ってくれると思いますけどね。
試合はドローのまま終了。
浦和と川崎がデーゲームで勝利していたため絶対に勝ち点3が必要でしたけど、相変わらず攻撃と選手交代に工夫がなくて失敗していますね。
3連戦、負けはしなかったものの1勝2分で勝ち点5しか取れなかったのは痛かったです。

そして、連戦へ…
ナビスコ杯があるので1週間空いて5連戦となります。
その始まりは横浜FM戦ですね。
4-2-3-1で戦っていますが、新外国人が入ったもののまだフィットせず1トップが定まっていませんね。
そのため、攻撃が不安定です。
元来守備は固いですが、このところGKやDFの単純なミスから失点が多くなっています。
ここに来て1分3敗と調子を落としていますね。
鹿島はこの5月でナビスコ杯もリーグ戦も行方が決まると言っていいでしょう。
すべて勝たないとナビスコ杯のグループリーグ突破はもちろん、ステージ優勝の可能性もなくなってしまうでしょうね。
総力戦で挑まなければいけません。
ただ、山本は足を攣っただけみたいなので大丈夫そうなものの遠藤は筋肉系の負傷のようなので厳しいですね。
カイオと中村の2人を基本に戦うと思いますが、連戦を2人で乗り切るのはきついです。
鈴木、杉本が次候補になりますが、鈴木をFWより2列目に起用するのはここまでを観てもどうかと思いますしどちらも先発で起用するメドは立っていないですね。
柴崎を1列あげる手もありますが、そうなるとボランチが手薄になりますし柴崎自身のパフォーマンスも決していいわけではないです。
ボランチの控えの三竿もあまり使ってないですからね。
ジネイを含めて前線は単純にスーパーサブ→FW鈴木、2列目の4人目→杉本として起用していけばチームとしてバランスが良かったのに土居がケガから復帰してからいい流れが崩れてしまいました。
セレーゾ監督は土居起用にこだわって大失敗。
石井監督は土居が負傷離脱していたのでナビスコ杯優勝、戻って来たらその起用にこだわってチームバランスが崩れて失敗という形になっています。
前節も試合後コメントしていたように土居を入れて思うようにいかなかったのですぐカイオを入れたのに、また同じ失敗をしてしまうんですからね。
攻撃と選手交代の工夫のなさはどうにかした方がいいです。
5月の結果次第ではもうセカンドステージを睨んだ上での少しでもまともなチーム作りにテーマを切り替えた方がいいですね。
浦和は遠藤が入ってチーム力が1段上がっているのに対して、鹿島は新戦力や若い選手を活かせていないですからその差が出てしまっています。
ただ、横浜FMは調子が落ちていますしリーグ戦は名古屋、甲府と下位クラブとの対戦となるのでしっかり勝って来月に繋げたいですね。
6月はACL組が連戦となるのでそこで崩れてくれる可能性もあります。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

いつも楽しく読ませていただいてます。

痛恨の引き分けですね。
ナビスコは全勝しないと予選敗退だが、
磐田、大宮に勝てるのか?
非常に心配です。

今節も納得のいかない采配でした。
ユーマはもちろんですが、
伊東ベンチに欲しかったです。
ケガや足のツリは想定外ですが、
山本はケガ明けなので。
そもそも永木ベンチが納得いきませんが。

もう1stはジネイと永木のために
使って欲しいです。

ジネイ
カイオ、中村、金崎
永木、柴崎
山本、昌子、植田、西

こんな4231を見たいです。
【2016/05/11 12:47】 URL | しかくん #- [ 編集]

だんだんと試合内容にワクワクしなくなってきました
逆転するんじゃないかとヒヤヒヤしていました.
逆に勝ち越しの予感は正直ありませんでした.
ここ最近の試合は選手交代で失速していますね.
疲労交代でなく現状を打開するために交代していることが多い気がしますので, 自ら勝ち点を手放しているように見えます.

今一番気になっているのは, 土居の起用方法です. 
個人的には後半途中で起用するのはいいのですが, ジネイと交代するのは理解できないです. 
また鈴木のサイド起用の利点も正直わかりません. 
開幕戦のヘッドみたいにゴール前での活躍が見たいのでFWで起用して欲しいです.

去年の前半戦ではセットプレイからの得点が多かったのですが, 今年はどうして得点できないのでしょうか. 
去年の前半戦はキッカーは専ら柴崎で, 後半戦は小笠原が蹴ることが多かったのですがそれでも今年の前半よりは得点は取れていました.
以上のことを考えると石井監督になってキッカーが柴崎になってから得点が減ったように思えます.
セットプレーからの得点は鹿島の特長であるのでそろそろ見たいです.
【2016/05/11 16:00】 URL | こばけい #- [ 編集]

しかくんさんへ
コメントありがとうございます。
ジネイ1トップなら4-2-3-1もありですよね。
このところ後半に前線でボールがおさまらず苦しむことが多いので、4-2-3-1も視野に入れてほしいです。
【2016/05/16 12:01】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

>だんだんと試合内容にワクワクしなくなってきました
こばけいさん、コメントありがとうございます。
セレーゾ監督はセットプレイでトリックプレイなどもやっていましたが、石井監督になってからやらなくなりましたからね。
やっても味方と合ってなかったりと明らかに練習不足、練習の仕方が悪いんだと思いますよ。
選手交代は土居を無理に使おうとするようになってから悪くなりましたね。
横浜FM戦で2列目に杉本を使えたのはよかったです。
今季初先発であれだけ戦えるならFW→鈴木、MF→杉本でチャンスあればもっと途中起用していけば思いますけどね。
【2016/05/16 12:07】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/1158-16109842
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する