鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

【J1第14節】追い風も手伝って連戦を3連勝で締める…の甲府戦
結果
2016年05月29日(日)
鹿島4-0甲府(15:04/カシマサッカースタジアム/14,289人)
[得点者]
45分+2分:土居聖真③←柴崎岳④
47分:土居聖真④
51分:柴崎岳②←金崎夢生③
73分 :金崎夢生⑦←伊東幸敏①

[フォーメーション]
FW:土居、金崎
MF:カイオ、遠藤
MF:小笠原、柴崎
DF:山本、昌子、ブエノ、伊東
GK:曽ケ端

[選手交代]
54分:小笠原→永木
69分:遠藤→鈴木
81分:カイオ→ジネイ


試合の感想
先発とフォーメーション
甲府は3-4-3のフォーメーションです。
ケガ人が5人と多く松橋が出場停止の苦しい布陣となっています。
鹿島は4-2-2-2、金崎と遠藤先発に復帰。
離脱者が戻って来ましたね。
西は大事を取って欠場、右サイドバックには伊東。
名古屋戦で負傷交代したジネイもたいしたことなかったようでベンチに入っていましたね。

磐田戦の好影響
立ち上がりから鹿島がボールを回して甲府が5バックで守るという構図になります。
鹿島は甲府相手にはしっかり守られて苦戦する事も多いのですが、この試合ではこれまでと決定的に違うことが2つありました。
1つは甲府の事情ですね。
これまでは得点は少なくても失点も少なく抑えて勝ち点を拾って残留して来た甲府ですが、今季は失点が非常に多いです。
開幕戦の神戸戦を完封してからはそこからなんと13試合連続失点。
さらには現在5試合連続複数失点となっています。
ケガ人が増えている影響か、試合を観ても明らかに守備が緩いですね。
もっともそれが顕著に観られたのがFWへのくさびのボールです。
5-4のブロックの間で金崎や土居が受ける事が多かったですが、プレッシャーがなく簡単にボールを持てるシーンが多かったです。
その上山本が10分に負傷交代、早々にDFリーダーを欠くことになりました。
これで得点できないわけがないのですが、鹿島の方にも1つ大きな違いがありました。
それはくさびのボールが多く入るようになっていた事ですね。
そして、それに伴って2列目の選手が真ん中でプレイする時間が多くなっていた事です。
これは明らかに磐田戦で若い選手が見せた鹿島らしいサッカーの影響を受けていますね。
磐田戦の流れるような美しい攻撃は前線の4人がいい距離感でプレイ出来ている証拠でしたし、特に杉本のポジション取りがよかったです。
こういった試合は昨年の終盤には出来ていたのですが、今季は何故かサイド一辺倒。
サイドで崩してセンタリングは入るものの、中で合わせる人がいないという状況が続いていました。
今週は練習でも様々な攻撃の形をやっていたということですから、恐らく石井監督が磐田戦を観て改善して来たのでしょう。
ただ、それが出来たのは甲府の守備のまずさ故ですけどね。
前線からのプレッシャーがないからボールを自由に持って出せていましたし、くさびのボールを受ける選手にも厳しく来てなかったのでそこで起点が作れていました。
理想は前からプレッシャーに来るチームでもいなして縦パスを入れ、球際厳しく来られても前線の選手がしっかり収めるっていうことですね。
それが出来れば上位のクラブ相手にも勝てますし、優勝も十分狙えます。
現在の甲府相手では結果が出せて当たり前です。
現にどこのチームも得点という結果を出しているわけですから。
前半は鹿島が遠藤や柴崎のミドルで惜しいシーンを作り、甲府も河本がいいミドルでゴールを狙うシーンもありましたが、多くの時間は鹿島が攻め立てていました。
ロスタイムには遠藤のスルーパスから土居のループ、浮いた球を金崎が頭で押し込もうとしますが、ギリギリの所でDFにクリアされます。
ビッグチャンスを逃してしまいますが、先制点が生まれたのはそのロスタイムでした。
柴崎とのワンツーから前を向いてゴール右に決め、鹿島がリードして折り返します。

当然の大量得点
後半始まってすぐにこぼれ球を土居が決めて早々に追加点をあげます。
ここもペナルティエリアアークのところで、甲府はカイオと金崎に簡単に繋がれ過ぎですよね。
集中力の切れた甲府はバックパスをミス。
金崎が拾って中央に上がって来た柴崎にパス、右のアウトサイドで落ち着いて決めましたね。
点差がついたので両ベンチが動きます。
鹿島は永木を入れて小笠原を温存、甲府は石原を投入して来ました。
56分にはカウンターからカイオのパスを向けて遠藤が決定機を迎えますが、ループシュートをはずしてしまいます。
ケガ明けの遠藤はまだ調子はいまひとつという感じでしたね。
一時は肺炎になりかけていたという金崎の動きもあまり良くなかったですが、73分に結果を出します。
柴崎のフィードを田中が頭でクリアしたのですが、伊東がワンタッチで浮かせて真ん中に入っていた金崎が押し込みました。
プレシーズンではいいクロスを上げていた西より伊東に先にアシストが付きましたね。
この試合でもう1つ注目だったのは2枚目のカードで投入された鈴木のポジションです。
これまではこの2人が組む時はカイオ-鈴木が基本の並びだったのですが、逆になっていましたね
これは右利きの鈴木が中でプレイしやすいようにという狙いで、ここも明らかに磐田戦の影響を受けていました。
カイオはどっちに入ってもサイドに張る形が多いですし、スピードがあるのでサイドにプレイエリアが限定されてもそんなに困らないですからね。
80分には金崎が右サイドを突破してクロスしますが、土居がヘディングをはずしてしまいます。
ここもフリーでしたし、甲府の守備のまずさが目立ちますね。
最後の交代カードはカイオに代わってジネイ。
大量得点ということもあって主力を温存する交代策に終始できましたね。
試合はこのまま終わって鹿島が勝利。
前々回のブログで悲観的になることはないと書きましたが連戦もリーグ戦は3連勝でしたし、浦和が引き分けた事でファーストステージの追撃態勢も整いました。

ナビスコ杯大宮戦
次はアウェイ大宮戦です。
ナビスコ杯の最後の試合になりますね。
キリン杯があるので昌子、金崎は出場できませんが、磐田戦同様に若い選手を起用して戦うことになるので影響はありませんね。
消化試合ですけど磐田戦はおもしろい内容のあるものでしたし、今度はそこに勝利を加えたいですね。
ケガから復帰した遠藤あたりは起用して来るかもしれません。
大宮戦に出場しない選手は15節浦和戦までは2週間空く事になるので、練習試合をするなどして試合勘には気を付けておきたいですね。
大宮戦が終われば最大の山場である浦和戦です。
リーグ戦は残り3節、鹿島は現在2位となっています。
首位川崎に勝ち点1差、3位の浦和には3点差です。
浦和は2試合少ないですが、ここ2試合を2引き分けと停滞してくれたのは助かりましたね。
ACLの疲労もあるのかもしれませんが、正直三菱のゴタゴタが少なからず影響しているのではないかと思います。
鹿島としてはこの5連戦、リーグは調子の悪い相手との対戦ばかりだったこともナビスコ杯に敗退して若い選手を起用して鹿島らしいサッカーを取り戻せた事、浦和に三菱の不祥事によって動揺が生じた事は本当にラッキーでしたね。
直接対決に勝利すれば勝ち点差6、仮に浦和が消化していない2試合に勝利したとしても得失点差勝負に持ち込めるところまでは来たわけですから。
離脱者も復帰して来たことですし、追い風は吹いて来ていると思います。
しかし、結局は上位にいる浦和との大一番に勝てないとやはりリーグ制覇という今季の義務を果たすのは難しいでしょう。
守備が緩く自由にプレイできたこの甲府戦で勘違いしないで、プレッシャーの厳しい相手にもしっかり鹿島らしいサッカーをして勝てるチームを目指して欲しいですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

いつも楽しく読ませていただいてます。
この得失点差+4デカイですね。
得失点差でも並べましたのでいよいよ優勝狙えるとこに来ました。

浦和を撃破し、残り3つ勝てば、
神様からのご褒美ある気がします。
マリノスと大宮の神対応を期待し、
鹿島は残り全勝してもらいたいです。
【2016/06/03 22:03】 URL | しかくん #- [ 編集]

しかくんさんへ
コメントありがとうございます。
舞台は整いましたね。
ここのところの浦和の試合を観てないのでなんとも言えないですが、鹿島にはけっこう追い風が来てると思うので浦和戦の選手のパフォーマンスには期待です。
【2016/06/06 12:15】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/1163-70f207f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する