鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

【J1第16節】逆転勝利でついに首位奪取…の神戸戦
結果
2016年06月18日(土)
神戸1-2鹿島(19:03/ノエビアスタジアム/18,875人)
[得点者]
24分:北本久仁衛
45分:土居聖真⑤←金崎夢生④
50分:遠藤康①←カイオ④

[フォーメーション]
FW:土居、金崎
MF:カイオ、遠藤
MF:小笠原、柴崎
DF:山本、昌子、植田、西
GK:曽ケ端

[選手交代]
76分:小笠原→永木
80分:遠藤→杉本
87分:土居→鈴木


試合の感想
先発とフォーメーション
神戸は4-4-2、レアンドロとペドロ・ジュニオールの強力2トップですね。
伊野波は直前に離脱となったようで北本と高橋がCBを組んでいました。
鹿島は4-2-2-2、やはり先発メンバーは入れ替えて来なかったですね。

45分神戸のリズム
試合はホームの神戸のリズムで始まります。
というか、前半はずっとそうでしたね。
神戸はここ4試合勝てていないチームとは思えない程良かったです。
布陣をコンパクトにしてしっかり2トップ外国人からプレスをかけていましたし、特に後ろのインテンシティーが高く鹿島の選手にボールを持たせまいと激しく来ていましたね。
ボールを奪ってからも2トップが上手く身体を使ってボールを受けていたのでそこで起点を作られていました。
CKから北本がヘディング、左よりからの渡邉のミドルやFK直接などシュートを打たれます。
CKやFKでチャンスを多く作られていましたね。
そして24分にCKから失点してしまいます。
北本に頭で綺麗に決められましたが、植田が高橋にスクリーンされる形となってマークをはずされてしまいましたね。
この前にもフリーで打たれる場面を作られており、セットプレイの動き出しの部分で北本に上を行かれていました。
ただ、今の鹿島には後半だけでも十分逆転できる力はありますし、神戸の運動量がこのままってこともないですからね。
1点差のままならと思っていたら終盤に危ない場面を作られます。
40分頃にはペドロ・ジュニオールに決定機を作られますがポストに助けられ、44分には鹿島のFKのカウンターからレアンドロに起点を作られて最後はペドロ・ジュニオール。
ここを何とか守り切ると2度の決定機を決められなかったということで神戸の集中力が一瞬切れましたね。
今まで布陣をコンパクトにして球際を潰しに行っていたのに、2トップの戻りが遅くDFラインと中盤の間にはスペースが出来ていました。
そこで土居が容易にボールを受けると金崎とワンツーする形になってゴール左に上手く流し込みましたね。
攻守一体のサッカーではビッグチャンスの後に切り替えが遅くなって失点することはよくあることですが、これもある意味神戸のリズムから生まれた綻びでした。
鹿島はここまでロングシュート3本しか打てておらず、前半で初めて神戸守備陣が見せた隙をものに出来たのは大きかったですね。

逆転、そして守り切る
後半は立ち上がりから鹿島がポゼッションする時間が多くなります。
前半はなかなかアタッキングサードではボールを持たせてもらえなかったのですが、次第にゴール前に迫れるようになってきていました。
そして、逆転ゴールが50分に生まれます。
左サイドでカイオと絡んだ山本がそのままゴール前へ。
カイオは北本を引き出す動きをしてきた金崎に一度当ててリターンをセンタリング。
それを山本がスルーする形になって逆サイドから飛び込んで来た遠藤が左足を伸ばして決めましたね。
これで勢いに乗った鹿島がさらに攻め立てます。
神戸は後半になると2トップの守備の動きがぱったり止まりましたよね。
逆転された事によって得点を取るために攻め残りを意識するようになってからはなおさらです。
これで鹿島は自分達のリズムでボールを繋げていましたが、最後のところで身体を張って守られていましたし、スルーパスの精度も低く決定機をあまり作れませんでしたね。
しかし、リードしてからは今季の強みである守備陣が力を発揮。
76分には小笠原に代えて永木を入れて守備を強化します。
80分には杉本、87分には鈴木を入れますが、もうちょっと早く前線の選手を替えていたら追加点も狙えていたと思うんですけどね。
それでも後半は決定機もほぼ作らせず、終盤の押し込まれる時間帯も耐えて首位浮上となる大きな逆転勝利を手にしました。

ステージ優勝をかけた最終節
川崎が福岡と引き分けたため鹿島が勝ち点1差で首位に立ちました。
川崎は今季守備への意識は高くなっているものの、どこかで躓くと思っていたらこのタイミングでしたね。
ただ、せっかく自力優勝のチャンスを得たのに最終節で鹿島まで躓いたら意味ないですし、ホームなので勝ってファーストステージ優勝を決めたいです。
最終節の相手は川崎に引き分けた最下位の福岡となっています。
かなり運動量とインテンシティーの高いいい試合をしたみたいなので自分達が川崎のように足元をすくわれる可能性もあるわけで油断はできないですね。
ここでしっかり勝ってこそ優勝にふさわしいチームになれると言えるでしょう。
福岡は4-4-2のような形で戦っています。
2トップは縦関係になる事が多いようですが、トップのウェリントンと左サイドの金森には特に注意しないといけません。
福岡は亀川が出場停止になりますかね。
2点早々に取った後に追いつかれた辺りはやはり守備には甘さはあります。
あそこでしっかり勝てるようだと降格圏にはいないわけで、今の鹿島なら十分得点取れるでしょう。
神戸戦で警告を受けた昌子とカイオが出場停止なのは気になるところですね。
CBにはソッコかブエノが入る事になりそうです。
DFラインの統率を考えたら昨年ずっと出ていたソッコだと思いますが、ウェリントンに身体能力の高いブエノをぶつけるのもおもしろいですね。
いずれにしてもDFリーダーの昌子がいないのはちょっと不安です。
2列目は中村がもう復帰できるようですが、しばらく試合から遠ざかっているので蓋を開けてみないとわからないですね。
こーめいは杉本を入れて遠藤と組ませればかなり鹿島らしいサッカーを出来るのではないかと思っています。
とりあえずはまずはしっかり守備する事ですよね。
川崎のように早々に2失点しては苦しくなりますから。
福岡はここまで11得点と攻撃力はリーグで一番低いですから昌子がいなくても抑えてもらわないと困ります。
ホームですし勝利してファーストステージ優勝を決めたいですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

いつも楽しく読ませていただいてます。

苦しい試合を勝ち切っていよいよ来ましたね。
前半は1失点で凌げれば御の字と思ってましたが、
追い付いたのが大きかったです。

マジック1です。
ホーム最終戦ですし、青木やジネイのためにも、
勝って優勝するしかないです。

やはり今季の収穫は杉本ですよ!
カイオ不在なので福岡戦の采配が不安ですが、
杉本をスタメン起用してくれれば、
土居のサイドという采配ミスなくなりますからね。

アツタカが健在ならいいのですが、
まだ間に合わなそうです。
杉本と遠藤がフルで出れればいいですが、
交代の采配が気になります。
ユーマをサイドに起用?
赤崎入れて土居をサイド起用?
どっちも嫌です。
永木入れて柴崎あげて欲しいです。

石井監督の采配に注目してます。
【2016/06/24 12:50】 URL | しかくん #- [ 編集]


カイオのところですが、杉本にしてほしいですね。
鈴木をベンチに残しておいた方がいいと思いますし、なにより鈴木はサイドじゃ生きません。
ただ石井さんは鈴木を使いそうな気がします(笑)
【2016/06/24 18:47】 URL | うざみき #- [ 編集]


仕事が一段落したので久々の投稿です。
1st優勝とりあえず良かったですね。
ここ3カ月ほどは全くJリーグをチェックできていないので内情はわかりませんが、失点数を見る限り植田の一本立ちによる4バックの安定が優勝の1番の要因なのかな、と推察してます。


鹿島以外にも、川崎、浦和、大宮と開幕直後から「チームとしての守備意識の徹底」をテーマとしたチームが安定した成績を残している印象で、そこは「裏切らないな」と改めて感じます。
昨年、全てのタイトル争いに絡んだG大阪の不調も予想通りで、鹿島としては本当にチャンスのシーズンですね。
【2016/06/27 23:12】 URL | ハル #- [ 編集]

しかくんさんへ
コメントありがとうございます。
采配ズバリその通りになりましたね。
最後はジネイに青木も出場してよかったです。
でも、あのジネイのゴールがオフサイドにされたのは本当に悔やまれます(*´Д`)
【2016/07/01 16:40】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

うざみきさんへ
コメントありがとうございます。
鈴木はベンチでしたけど出番なかったですね。
出場したジネイが得点したのにオフサイドで取り消されたのは腹ただしいです。
でも、手堅く勝ってファーストステージ優勝できてよかったです(*^^*)
【2016/07/01 16:41】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

ハルさんへ
コメントありがとうございます。
ファーストステージ優勝、チャンピオンシップ出場権を得られてなにはともあれよかったです。
しかし、年間チャンピオンにならないと意味ないですからね。
植田は代表では前からいいプレイしていましたが、AFC U-23選手権で優勝したのが自信になってひと皮剥けましたね。
最終戦でのブエノとのコンビは昨年代表で西野と組んだ時にカバーリングの役割をしていたのが活きたと思います。
伊東も代表帰りで自信つけて帰っていいプレイするようになったので、手倉森監督には五輪でいい結果を出してしばらくあの世代の監督を続けてほしいですね(笑)
【2016/07/01 16:47】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/1166-fdd6d6fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する