鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

【J1第18節】失点は気になるものの連敗は避ける…の広島戦
結果
2016年07月09日(土)
広島2-4鹿島(19:04/エディオンスタジアム/16,551人)
[得点者]
33分:遠藤康②
49分:金崎夢生⑨←中村充孝①

54分 :浅野拓磨
56分 :土居聖真⑦
58分 :中村充孝①

82分:浅野拓磨
[フォーメーション]
FW:土居、金崎
MF:中村、遠藤
MF:小笠原、柴崎
DF:山本、昌子、ソッコ、西
GK:曽ケ端

[選手交代]
69分:中村→永木
87分:遠藤→鈴木
93分:金崎→赤﨑


試合の感想
先発とフォーメーション
広島は少し形を変えて3-1-4-2でやっているんですね。
ファーストステージから3連勝中ですが、ケガ人は多めです。
水本、佐々木、青山、森﨑浩が負傷欠場、ミキッチがケガ明けでベンチに入りました。
鹿島は4-2-2-2、金崎が戻りCBにはファン・ソッコ。
このところセットプレイの守備の悪さが目立っていましたし、五輪で不在となるので備えておきたいという狙いもあるのだと思います。

典型的な夏場の戦い
前半はこれぞ夏場の戦いって感じでした。
立ち上がりこそ動きは良かったですが、蒸し暑さからすぐに両クラブとも動きが鈍くなります。
そのため、パスのずれも目立つミスの多い落ち着かない展開になりましたね。
そんな中、ゴールに迫れていたのは鹿島でした。
14分には土居とのワンツーから遠藤が決定機を迎えますが左にはずしてしまいます。
この前から感じていましたが、広島はバイタルエリアからの守備がルーズでけっこう簡単にパス入れさせてくれていましたよね。
これはフォーメーション変更で後ろが手薄になっている影響が大きいでしょう。
前は中央に4人置く事で攻撃力は増すと思いますが、この布陣だと守備に手薄感がありますし後から繋ぐのもちょっと難しくなりますね。
21分にも右サイドからチャンスを作ります。
西のパスを遠藤がスルー、土居がトラップでDFをかわしてシュートしますがGKに防がれます。
広島の攻撃ではピーター・ウタカが自由に動いてボールを受けるのが本当にやっかいでした。
守備では最終ラインまで戻ってボールを奪ったりもしていましたからね。
お互いチャンスは少なかったですが、33分に鹿島が先制ゴールを奪います。
塩谷のトラップミスを金崎が奪ってシュート、GKのはじいたボールを遠藤が右足できっちり決めました。
塩谷の単純なミスからではありますが、3-1-4-2だとどうしても後ろから繋ぎ辛くプレスかけられるとこういうシーンは多くなると思いますよ。
あとは単純に人数が少ないのか、動きが鈍いのか、こぼれ球に対する反応も広島はこの試合遅かったですよね。
シュート数は4本ずつと両クラブとも少なく、相手のミスで鹿島が先制する蒸し暑い展開の前半でした。

勝敗を分けたのはオフ・ザ・ボールの動き
後半は鹿島の方が動きが活性化します。
おそらくハーフタイムに石井監督からオフ・ザ・ボールの動きが乏しい事を指摘されていたんだと思いますね。
動きがないとどうしても近場の選手へのショートパスばかりになってしまいますから、相手からすれば守りやすくなります。
追加点はまさにそのオフ・ザ・ボールの動きからでした。
右サイドで遠藤、小笠原、西で繋いでいる間に柴崎がスプリントして上がります。
そこへ西からパスが長いパスが出ます。
柴崎が反転して上手く落とし、中央に走った中村のおしゃれな落とし。
金崎がフリーでもらってニアに豪快に決めましたね。
やはり柴崎が長い距離走ったのが大きいですし、右サイドで繋いでボランチの丸谷も引きつけたので広島のバイタルエリアがガラガラでした。
広島の新布陣の穴をついた非常に狙いのあるチームプレイでしたね。
ところがここでバタバタしてしまうのがセカンドステージの鹿島です。
54分に1点返されます。
丸谷に中央でフリーで持たれてスルーパスを出されると、最後は浅野にドフリーであっさり決められてしまいます。
CBにプレスに行くよりも丸谷にはトップのどちらかが降りてマークに付いていかないといけないですし、最終ラインもオフサイドを取ろうとして失敗したのか、浅野に誰も付いていませんでした。
G大阪戦同様に嫌な流れになりそうでしたが、鹿島以上に集中力がないのは広島の守備です。
小笠原、中村から左の山本に展開。
グラウンダーのクロスを土居がシュート、クロスバーに当たりますが林の背中に当たってラッキーな形でゴールしました。
ここも広島のDFラインの前の守備がガラガラなんですよね。
57分にはCKの2次攻撃から遠藤がミドルシュート、林のはじいたボールを中村が押し込んで3点差。
これで完全に試合は鹿島の流れになったわけですが、監督の動きでちょっと差が縮んでしまいましたね。
森保監督が宮吉、ミキッチを入れて来るのは当たり前として、点差がついている夏場の戦いなので石井監督はもっと早めに交代カードを切って行って良かったです。
1枚目の永木投入が69分ですからね。
ここからはさすがに前線の運動量も落ちて前から追えず、ボールもキープできない状態になって押し込まれ始めます。
そして、ミキッチのセンタリングにピーター・ウタカに頭で決められそうになりますが、曽ケ端が掻きだします。
この後もピーター・ウタカに切り込まれて打たれますが、昌子のカバーリングからシュートブロック。
選手交代して運動量を活性化しないと失点しそうな雰囲気は漂っていましたね。
案の定、82分に中央で繋がれるとこぼれ球を宮吉に拾われてスルーパス出されると、再び浅野に抜け出されて決められてしまいました。
2枚目の鈴木投入は87分。
1人冷房の効いた部屋で采配ふるっているのかと思うくらい遅すぎです。
遠藤をこのタイミングでさげるなら連戦になるので早めに代えるとか意図を持って交代すべきです。
この後柴崎が退場になるかと思うような場面もあり、楽な試合展開を本当に采配で台無しにしてしまいましたよね。
とはいえ、4得点もあるのでさすがに勝ちは揺るがず鹿島がセカンドステージ初勝利をあげました。
広島はケガ人も多いからなんでしょうけど、3-1-4-2の布陣では守備が安定しなさそうですね。
この試合では途中システムを変更していましたが、今後森保監督がどういう風にしていくのか気になるところではあります。
鹿島は金崎がいればやはりって試合でしたけど、前線の4選手が得点できたのは大きかったですし、連敗を避けられたのは何よりです。
ただ失点は気になりますね。
2試合ですでにファーストステージの半分の失点数ですから。
セットプレイの守備は改善されていましたけど、2失点はどちらも中央でフリーで持たれてDFラインの裏を取られるという同じ形でしたから。
バイタルでの守備のマークの受け渡しや連携、DFラインの意思統一は改善が必要です。

次は名古屋戦
名古屋はリーグ戦10試合勝なしですね。
やはり失点が多いですし、年間順位でもついに降格圏に落ちました。
夏場の連戦できついでしょうが、名古屋は非常にリスクあるビルドアップの仕方をするので前からのプレスは有効です。
金崎も引き続き出場できるでしょうし、ホームですし相性もいい相手なのでしっかり勝たないと行けない試合ですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
とにかく連敗しなくてよかったですね
最近の広島の陣容は、ディフェンス陣に怪我人が多いのもありますけど、一番の理由は五輪本戦を控えた浅野を試合に出したいが故でしょうね。
寿人は体調に問題がなければ先発で起用されますし、ウタカと柴崎もここのところ好調で外せませんからシステム変更で、という事でしょう。
浅野がいなくなったら元に戻すんじゃないかな。

石井監督の采配はターンオーバーを見越しての起用でしたね。
最初から水曜の試合に出すつもりのない選手に関しては変えないイメージだったのでしょう。
ただ、ミキッチが入った左サイドに柴崎をまわした判断は悪手でして、もう少し工夫というか状況判断が欲しかった所ですね。
【2016/07/14 13:03】 URL | ハル #- [ 編集]

>とにかく連敗しなくてよかったですね
ハルさん、コメントありがとうございます。
それもあるかもしれませんね。
広島の柴崎はシャドウに入って良くなりましたが、前線にタレントが揃っていてボランチにケガ人が多いことも考えると下げる手もあると思うんですけどね。
今度どういう采配するのか気になるところです。
できるだけ他クラブは苦しめてほしいですね(笑)
【2016/07/16 11:49】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/1169-b02698d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する