鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

【J1第21節】守乱に采配ミスでダラっとしたドロー…の甲府戦
結果
2016年07月17日(日)
甲府3-3鹿島(18:04/山梨中銀スタジアム/14,095人)
[得点者]
03分:稲垣祥
06分:杉本太郎①←西大伍①
28分:遠藤康③[FK]

50分:黒木聖仁
69分:ドゥドゥ
71分:中村充孝③←柴崎岳⑦
[フォーメーション]
FW:土居、金崎
MF:杉本、遠藤
MF:小笠原、柴崎
DF:山本、昌子、植田、西
GK:曽ケ端

[選手交代]
58分:杉本→中村
72分:植田→ファン・ソッコ
85分:遠藤→鈴木


試合の感想
先発とフォーメーション
甲府は3-4-2-1、登録が終わったドゥドゥが1トップに入りました。
鹿島は4-2-2-2、やはりメンバーを戻して来ましたね。
ただ、連戦先発の中村は休ませて杉本が先発、この試合を最後に五輪に旅立つ植田も起用されました。

嫌な予感がした前半
試合はいきなり動きます。
3分、鹿島は右サイドを田中に突破されてセンタリングを上げられます。
最終ラインは中央2対2になりながらもしっかり付いていたのですが、この試合をぶち壊したのはボランチでした。
後ろからフリーで稲垣が上がって来ていたのに誰も付いていなかったですね。
結局そこを狙われて、山本が自分のマークを捨ててクリアに行くも相手に当たってこぼれたボールを最後は稲垣に押し込まれてしまいます。
ボランチで言えば小笠原の方が低い位置にいたわけで稲垣に付いて行かないなんて有り得ないですね。
誰も入って来ていなくてもフォローのためにボランチは戻ってバイタルのエリアを埋めないといけないですよ。
後ろはしっかりマークに付いていたので小笠原が稲垣を観ていれば全然失点する場面ではないんですけどね。
こんな基本的な事をさぼっていたらいくら得点の少ない甲府相手でも失点して当たり前です。
G大阪に続いて小笠原が原因で失点、調子の悪いチームに元気を与えてしまいましたね。
ただ、今季の甲府はやはり守備が脆いです。
鹿島がすぐに取り返します。
植田のフィードを遠藤がスルーする形になって、パスを受けた抜け出した西が中に切り込みます。
マイナスの折り返しに飛び込んだ金崎は合わせられないものの、その後ろの杉本がフリー、落ち着いて決めて同点に追い付きます。
そこからは一進一退の攻防を挟んで次第に鹿島が押して行きます。
22分にはDFの裏に走った遠藤が柴崎のフィードを胸トラップ、そのままボレーに行きますが枠をとらえきれません。
26分には遠藤が直接FKを決めてあっさり逆転。
37分には土居が右サイドを突破してクロス、金崎がフリーで決めるだけという場面ですがヘディングシュートを浮かせてしまいます。
さらに終了間際には柴崎のCKからここも山本がフリーでヘディングシュートしますが、なんとはずしてしまいます。
小笠原の先制点献上でまず嫌な予感がしましたが、最後2発の決定機ヘッドをはずしたところでも再び嫌な予感が走りましたね。
逆転はしたものの自分達で首を絞める展開の前半でした。

三度、複数失点
後半もいきなりスコアが動きます。
甲府の左からのFKに黒木が頭で合わせて同点ゴール。
山本のマークだったんですが、バックステップで近づいて来た西がスクリーンになる形になってしまって黒木に寄せるのが遅くなってしまいましたね。
最初の交代カードは鹿島、杉本に代えて中村を入れます。
同点ということで58分と早目に1枚目のカードを切りましたね。
しかし、勝ち越しゴールは甲府に生まれます。
69分、植田が1対1の競り合いで負けてドゥドゥにボールを持たれると前を向かれ、さらには中に切り込まれて右足で外から撒くシュートを綺麗に決められます。
ここは植田の対応のまずさのみですよね。
競り合いのところでボールを持たれたのは仕方ないですが、その後のポジショニングがまったく意味が分かりません。
中央に入られないようなポジションを取って外に追い出さないといけないのに、何故か縦を切るような動きをしていますね。
恐らく、勝手に縦にドリブルするだろうと思いこんだのか、まったく何も考えてなかったかのどちらかだと思います。
ここも小笠原のミスと同じでちょっと有り得ないプレイですよね。
ついには逆転された鹿島ですが、決定機をはずそうとも攻撃陣は何とか得点してくれます。
71分に柴崎のアーリークロスにファーサイドからDFの裏に入った中村が頭で決めます。
同点に追いつくもここからは石井監督の采配がチームの足を引っ張ります。
植田に代えてファン・ソッコを投入。
この交代は植田の守備を観ていれば仕方ないのですが、これで得点を取りに行くための攻撃のカードがあと1枚しか切れなくなってしまったのは痛かったです。
そもそも懲罰交代するなら開始5分で小笠原を下げるべきですよね。
ここからは疲労もあってダラっとした試合展開になったので、なおさら早目に攻撃的な選手を入れて前線を活性化するべきでした。
しかし、石井監督が3枚目のカードを切ったのは残り5分。
しかも遠藤に代えて鈴木を2列目に入れます。
この采配でもう勝てる可能性はほぼなくなりましたね。
鈴木は得点力があるのでシンプルに土居か、この試合調子がよくなかった金崎に代えるべきでした。
得点を取るべく当然、鈴木はゴール前に行くのですがこれで鹿島の中盤の人数が少なくなり、甲府の守備陣を崩せなくなります。
ただFWは相手のDFラインに張りつくばかりで動きがなく、後ろの選手は結局最後は放り込むくらいしか手が無くなります。
しかし、パワープレイする程鹿島の前線は高さがあるわけではないですからね。
結局、チャンスどころかシュートすらろくに打てないまま試合終了。
夏場なので後半は運動量、特に攻撃の動き出しの回数が落ちるって事を考慮した采配が出来ていないんですよね。
途中から入った中村と鈴木は動いてボールをもらっていましたが、土居と金崎が動けなくなっていたのでそこからの出しどころに困っていました。
守備でもそうですが、夏場はどうしても普段と同じように戦えないですからそこを踏まえた起用をしないとダメですよ。
甲府は前半と後半でシュートは2本ずつ。
得点シーン以外はドゥドゥが右サイド遠目から放ったものだけですね。
シュート4本で3得点ですから、いかに鹿島守備陣に致命的なミスが多かったかを物語っています。
3得点して勝てないってことは完全に守備に問題があるって事ですよ。
ベテラン選手と監督が足を引っ張っていては勝てる試合も勝てないですね。
最低のドロー試合でしたが、上位陣が軒並み引き分けてくれて助かりました。

次節はホーム浦和戦
浦和は3-4-2-1、広島と違ってシステムや戦い方を変えて来る事はないでしょう。
この試合から鹿島は植田、櫛引、浦和は確か興梠と遠藤が五輪で不在になりますね。
影響が少ないのは鹿島です。
ここからはまた1週間のインターバルが空くのでメンバーはベストで組んでくるでしょう。
ただ、浦和戦まではいいですけど次節からは失点の原因になりまくっている小笠原に代えて永木をレギュラーにした方がいいですね。
このところ小笠原と植田は軽い守備から試合をぶち壊す原因になっていますし、恐らくセカンドステージ唯一無失点の名古屋戦もこの2人が先発していたら失点していたと思います。
しかも小笠原に至っては調子の悪いチームに同点ゴール、先制点を献上して勢いづかせて、勝ち点を落とすという最悪の災厄になっています。
植田が懲罰交代させられるのに小笠原だけはどんなしょーもないプレイをしてもレギュラーで起用されては、鹿島の強さの根源が揺らぎますからね。
甲府戦は本当に情けないドローでしたが、幸いなのは今節は引き分けが多く他クラブとの勝ち点差が付かなかった事です。
浦和戦に勝てれば上位を叩いて自分達が上に行ける事になりますからね。
ホームですし足を引っ張る選手がいなければ十分勝てると思いますよ。
ただ、守乱はどうにかしないといけません。
原因は特定の選手のさぼり、ポジショニングの悪さ、セットプレイ時に集中力と基本的な事なんですけどね。
まだ、夏場で前からプレスを掛ける、危ない場面はしっかり戻るという事を続けられないならある程度引いて跳ね返してカウンターを狙う時間帯も想定した方がいいです。
セカンドステージは名古屋戦以外複数失点している事をもっと重く受け止めて戦って欲しいですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

毎週欠かさず読んでいます.

鹿島が勝てないときは, 力負けというよりも自滅によるものが多いですから,
どうにも文句が絶えませんね.
植田の懲罰交代は当然だと思いますが, 失点に絡んでいるボランチは気付かれにくいんですかね.
これだけミスを重ねてもスタメンにいるんですから, 永木のモチベーションに影響が出ないか心配です.
新外国人選手獲得よりも, まずスタメンを変えるべきです.
夏場に入るならなおさらです.

次節は浦和戦ですが, 去年のカシマでの試合のせいか良い印象がありません.
あのときは本当に怒りが爆発しました.
浦和にシーズンダブルを達成できれば少しは今節の憤りが和らぐと思います.
【2016/07/19 15:43】 URL | こばけい #- [ 編集]


いつも楽しく読ませて頂いてます。

最近のCBのローテはリオで抜ける
植田を考慮してでしょうが、
何故?最後に使ったんでしょう?
気持ちが地球の裏側に行ってる
選手を使った采配ミスでしたね。

小笠原と永木の件は諦めました。
小笠原をピッチの監督にして、
細かな指示を丸投げしてるんですね。
それ以外、永木スタメンにしない
理由見つからないです。

とはいえ、他も取りこぼしてくれたから、
今回の失態の傷は浅いですね。
次の浦和に勝てばOK!
開幕5試合の対戦相手で勝ち点10
1試合勝ち点2ペースなら
最低限ではありますね。

【2016/07/21 08:03】 URL | しかくん #- [ 編集]

こばけいさんへ
コメントありがとうございます。
勝てる試合を落とし続けていますね。
浦和戦も結局敗因はまったく同じでしたから、鳥栖戦はさすがに変えてくると期待しておきますよ。
【2016/07/26 15:22】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

しかくんさんへ
コメントありがとうございます。
壮行試合の気持ちで使ったんでしょうね。
浦和戦は内容結果ともさらにひどくなって、上位陣との差は開いてしまうという最悪の結果でした。
浦和戦の小笠原のやるきのなさを見ればさすがに次は永木スタメンでしょう。
【2016/07/26 15:24】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/1171-f08fdea3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する