鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

【J1第29節】2つの正解で手堅く勝利…の磐田戦
結果
2016年09月17日(土)
鹿島3-0磐田(18:34/カシマサッカースタジアム/15,787人)
[得点者]
25分:昌子源①←柴崎岳⑧
74分:鈴木優磨⑧[PK]
77分:オウンゴール

[フォーメーション]
FW:赤﨑、金崎
MF:土居、柴崎
MF:小笠原、永木
DF:山本、昌子、ブエノ、伊東
GK:曽ケ端

[選手交代]
64分:赤﨑→鈴木
79分:昌子→植田
88分:小笠原→三竿


試合の感想
先発とフォーメーション
磐田は3-4-1-2のフォーメーションといった方がいいですかね。
名波監督が現役の頃は3-2-3-2の布陣で戦っていた時期も長かったですが、今の磐田はウィングバックが少し下がり目という感じです。
2トップはジェイとアダイウトンの強力外国人コンビ、その下に川辺が入る形ですね。
鹿島は4-2-2-2、この試合では柴崎が2列目に入ってボランチは小笠原と永木のコンビになりました。
天皇杯の富山戦から書いているように今の鹿島は柴崎の攻撃の質の高さを2列目で活かした方がいいですし、ボランチも永木が入った方がバランスが良くなりますね。

死んでる左と生き返った右
立ち上がりは磐田がシンプルに2トップに当てようという意図で押し込む時間もありましたが、次第に鹿島がボールを持つ時間が長くなります。
しかし、お互いシュートまでは行けずに20分が過ぎます。
23分に柴崎がいいミドルシュートを放ってそれで得たCKを自ら蹴って昌子が頭で決めました。
シュートがなかったので打って行った判断は良かったですし、CKのボールも精度が高かったですね。
ここからはさらに右の2列目に入った柴崎が存在感を出して来ます。
伊東や永木、右に流れた金崎らと上手く絡んで周りを使いますし、自らも動いて味方がパスを出したくなるようなポジションを取りますから活性化しますよね。
ただ、磐田もWBが下がって5バックで守りますし、鹿島の左サイドが死んでいたのでなかなか決定機までは行かなかったです。
もっと左からも攻められていたら磐田も守備の対応に困ったでしょうけど、ちょっと右一辺倒過ぎました。
44分には伊東のスルーパスから赤﨑がDFの裏に抜けます。
エンドラインぎりぎりで角度がなくなりましたが、GKのカミンスキーを引き出してセンタリング。
逆サイドには土居が入っていましたが、ヘディングは当たり過ぎて真下に叩きつける感じになってしまいました。
さらにはカウンターから土居がドリブルで持ち込んでシュートを放ちますが、これも大きく枠をはずしてしまいます。
このタイミングで追加点を上げられれば良かったですが、セットプレイから先制点を取れたのは大きかったですし、柴崎の2列目起用が正解だったと言える前半でした。
守備でも途中からは磐田の2トップにボールを入れさせないよう上手く守っていましたね。

もう1つの正解
後半も鹿島が試合を優勢に進めます。
51分には金崎のポストプレイから柴崎、伊東が絡んでクロスを赤﨑がシュート。
これはミートしきれずに止められますが、やはり右からの攻撃が鍵となっていますね。
ただ、危ない場面はそれ程作られていないと言っても試合は1点差のまま推移していたので、何が起こるか分かりません。
そこで監督がどういった手を打つかが注目だったのですが、まず名波監督が山本康に代えて上田を入れて来ましたね。
石井監督も直後に赤先に代えて鈴木を入れて来たのですが、そのままトップに入れたのはこの試合2つ目の正解でした。
65分には守備が少し緩くなったところをアダイウトンに右から切り込まれてミドルシュートを打たれますが、バーに救われます。
66分にはカウンターから再び右を柴崎、伊東で攻めてアーリークロスに金崎、さらに68分にも右サイドに流れた鈴木のクロスから金崎が合わせるシーンを作ります。
72分には伊東がボールを奪って右の柴崎に的確に繋ぐと、そこからキラーパスが鈴木へ出ます。
パパドプーロスの長い足も届かず、鈴木が抜け出して完全にGKと1対1となり抜きにかかるのですが、カミンスキーが落ち着いて右足で防ぎましたね。
しかし、松尾主審はこれをPKとジャッジ。
後半開始早々にも金崎に当たって出たボールをCKとジャッジしたり、ゴール前のプレイは見えてなかったですね。
ただ、鈴木の気持ちの切り替え方は素晴らしく早いです。
自分の取ったPKは自分で蹴るって事ですぐボールを拾ってセット、PKも落ち着いてGKの逆を突いて決めました。
次の1点をどっちが取るかという試合展開をレフェリーが台無しにした感がありますが、鹿島としてはこの追加点が大きかったですね。
77分には小笠原のFKを磐田の選手が頭で後ろに流してそれがゴールに入って3点目。
これで試合が決まりましたね。
この直後にはいろいろ負傷を抱えながらだましだましやっている昌子に代えて植田を投入。
86分にはパパドプーロスに2枚目のイエローカードが出て退場となります。
看板に当たって跳ね返ったボールが金崎の手にすっぽり収まり、パパドプーロスに渡さずに後ろに捨てたことで少し突き飛ばされましたね。
金崎は変に時間使っているわけではないですし、普通こういう場合素直にボールを渡す事なんてまずないですからこのくらいで相手に突っかかっていたらサッカーやってられないですよ。
警告も出すレフェリーもいるでしょうし、退場は仕方ないですね。
鹿島は小笠原に代えて三竿を入れます。
90分にはカウンターから鈴木がDFと1対1の形になって、中の金崎へパス。
フリーだったんですが左足のシュートはカミンスキーに防がれてしまいます。
さらにロスタイムには柴崎のスルーパスから鈴木が抜け出して今度はしっかり決めるもののオフサイド判定。
しかし、これはオンサイドでしたね。
芝の刈りこみのラインで副審も分かりやすかったと思いますから、ミスジャッジしたらいけないところです。
さらなる追加点は取れなかったものの、試合はこのまま鹿島が無失点に抑えて勝利。
磐田は5-3-2で守っているバイタルエリアがやはり3人だとカバーしきれずに横に振られると弱いですね。
しかも2トップがあまり守備しないので簡単にそこまで運ばれてフリーの選手を作られてしまうので、そこら辺りが失点が多い原因だと思います。
鹿島は柴崎の2列目起用と鈴木のトップ起用の2つの正解で快勝となりましたが、昌子のケガと金崎のゴール欠乏症がちょっと心配ですね。
金崎はポストプレイや流れての起点などチャンスメイクの仕事は十分に果たしてるだけに、やはり久しぶりのゴールが欲しいです。

天皇杯岡山戦
リーグ戦はいつも通り週末ですが、中日に天皇杯がありますね。
3回戦は岡山との対戦となります。
岡山は3-4-2-1のフォーメーションで戦っていますから、磐田と違って守備時は5-4-1になって守られると崩すのはやっかいだと思います。
この試合のように早目にセットプレイあたりから先制したいですよね。
木曜日に試合があって中2日で週末のリーグ戦になるので選手起用も重要になって来ます。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

いつも楽しく読ませて頂いてます。

柴崎の右SH、ユーマのトップを
采配的中とか言われていたが。。。
当たり前なんだが。。。
むしろ逆になぜ今までやらぬ?
なんですがね。

あと伊東の右SBいいですねぇ。
運だけはあったセレーゾと一緒で
西がケガしないと伊東をスタメンで
使えない石井の勇気の無さは
情けないですが。

中断明けからケガ人戻って
戦力が整うのはいいが、
間違った使い方しないで欲しい。

2列目復帰したら、
柴崎ボランチ戻して、
永木ベンチになりそう。。。

こーめいさんのベスメンどうです?
【2016/09/19 23:43】 URL | しかくん #- [ 編集]

しかくんさんへ
コメントありがとうございます。
仕事や歯痛でダウンしていて返信が遅れてすみません。
人を使うのがうまい柴崎と伊東の相性はいいですよね。
けが人戻った後のメンバーはこんな感じがいいと考えております。
鈴木、金崎
柴崎、遠藤
小笠原、永木
山本、昌子、ブエノ、伊東
ブエノ→ソッコでもいいと思いますし、伊東と西は併用しつついい方でチャンピオンシップへ。
切り札的な存在がいないなら鈴木はベンチで土居先発でもいいですが、鈴木先発でファブリシオを途中で入れたり、勝ってたら途中から中村トップ下に入れて4-2-3-1もありかなと思います。
【2016/10/07 11:26】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/1181-e3b7ce2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する