鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

【J1第31節】調子のいい相手には勝てない…の大宮戦
結果
2016年10月01日(土)
鹿島1-3大宮(14:04/カシマサッカースタジアム/20,086人)
[得点者]
13分:奥井諒
41分:横谷繁
59分:横谷繁
61分:OWN GOAL
[フォーメーション]
FW:赤﨑、金崎
MF:土居、柴崎
MF:小笠原、永木
DF:山本、植田、ソッコ、伊東
GK:曽ケ端

[選手交代]
HT:赤﨑→鈴木
62分:小笠原→ファブリシオ
86分:土居→杉本


試合の感想
先発とフォーメーション
大宮は4-4-2、家長はちょっと下がり目なポジションですね。
鹿島は4-2-2-2、昌子のケガに続き新潟戦からまたDFラインのメンバーが代わりましたね。
CBは植田とソッコのコンビ、右サイドバックには負傷から復帰の伊東が入りました。
ブエノは前日のケガでベンチに入ってなかったです。

昌子不在が響く
大宮はセカンドステージそんなに順位は高くないですが、リーグ戦7試合負け無しと調子がいい相手なので苦戦は予想されましたね。
最初のチャンスはCKから山本のヘッドでした。
最近のパワーダウンした鹿島はセットプレイで得点を取れるか、前半を無失点で抑えられるかが焦点なのですが、この試合は早くもその目論見が崩れます。
13分に先制されてしまいます。
左サイドからのクロスに曽ケ端が中途半端に飛び出して難しい判断になりましたね。
江坂と交錯して曽ケ端はすぐ立ち上がったのですが、倒れたままの江坂に集中力を欠いて隙を作ってしまいました。
人数は揃っていたのですが、大山のパスを最後は奥井に決められました。
あの位置で倒れていたら普通レフェリーが止めますけどね。
クロスが入って来て空中の競り合いになったら非常に危ないですから。
ただ、プレイ続行でしたしレフェリーが止めなければ踏んづけても仕方ないくらいの気持ちでやるしかないですよね。
DFラインのコントロールや声出しなど昌子がいればなってシーンでした。
鹿島は19分に柴崎のクロスからペナルティエリア内で赤﨑が胸トラップで落としてシュートに行くもGK正面となってしまいます。
26分には金崎がボールを奪って永木が得意のミドルシュートを打ちますが、枠を少し超えてしまいます。
このまま1失点で後半に繋げられていたら鈴木を入れて反撃というシナリオもまだ機能したのですが、41分にFKから直接決められてしまいます。
小笠原が泉澤に簡単にかわされて倒してしまいましたね。
足の方は深く行ってなかったのですが、手で完全に抑えに行ってしまいました。
ソッコがフォローしていたのでまったく無駄なファウルでした。
横谷のFKに完全に曽ケ端は逆突かれましたね。
今の鹿島は前半で2点差をつけられると厳しく、実質ここで試合は決まった感がありました。

最悪の悪手
敗北を決定づけたのは後半開始の石井監督の悪手でした。
赤﨑に入れて鈴木を入れて来ます。
2点差なのでこのタイミングで動くのも投入する選手も正解なのですが、なにをとち狂ったか2列目に入れてしまいましたね。
ケガ人が多い中ここまでボランチの永木、2列目の柴崎、トップの鈴木で何とか勝って来たのですが、それを崩してしまいました。
2点差あるので鈴木をFWに、土居に代えてファブリシオを入れるくらいの采配をしてもよかったくらいですね。
ここでこの試合の勝利は無くなったと言っても過言ではないです。
永木のクロスに鈴木が飛び込むなどらしい形は見せますが、実はこれはもろ刃の剣です。
そして、59分に致命的な3点目を奪われてしまいます。
攻撃でも守備でも4トップな感じになっているので、単純に前にかかりすぎなんですよね。
だから失点場面も簡単に3対3の場面を作られてムルジャにクロスを入れられました。
家長のボレーは当たり損ねて助かりますが、こぼれ球を拾われてゴール前で繋がれると横谷にミドルを決められましたね。
まだここまでバランスを崩して攻める必要はなかったですよ。
赤﨑、土居がボールにほとんど絡んでなかったので鈴木をトップに入れてファブリシオを2列目にして前線のバランスを改善すればチャンスは作れていたはずです。
それで、2点差の間に1点返せば分からなくなっていたわけですから。
直後には伊東のいいランからからクロス。
最後は山越えに当たってオウンゴールで1点返しますが遅かったですね。
2枚目のカードはファブリシオでしたが、小笠原に代えて柴崎をボランチにさげたのも悪手でした。
右サイドから鈴木がゴリゴリドリブル突破してチャンスを作り、伊東のオーバーラップから再三いいクロスもはいりますが、ゴールにはなりません。
残り5分を切ってようやく土居に代えて杉本を入れますが時すでに遅し。
前半で2点リードされた上に悪手、悪手では勝てないですよね。

インターバル明けはFC東京戦
リーグ戦も残り3試合ですね。
中断明けは相性のいいFC東京との対戦となります。
セカンドステージも年間順位も中位という感じですが、このところは神戸、浦和とセカンドステージで好調なチームにしか負けていません。
フォーメーションは4-2-3-1みたいですが、両サイドの中島と河野には気を付けないといけません。
特にドリブルですね。
1トップは平山やネイサン・バーンズが入って来るのかもしれませんが、ここで競り負けたりボールを収められたりしないようにしないといけないです。
攻撃の形としては大迫トップ、サイド遠藤、トップ下土居でやっていた頃の鹿島の4-2-3-1に近いかと思います。
トップがボールを収めたり、サイドで起点を作ってトップ下の東が自由に動くって感じですね。
ご存じのようにトップがダヴィに代わって土居が死んだようにトップを抑えればトップ下の東も機能しなくなるでしょう。
チャンピオンシップに向けて残り3試合は結果だけでなく、内容も重要になって来ますね。
セカンドステージ首位の浦和と2位の神戸の差が勝点5、年間順位3位の鹿島と4位のG大阪の勝点差が8あるので、チャンピオンシップは年間順位上位3位がそのまま出る可能性が高いです。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

いつも楽しく読ませていただいてます。

こうまでファブリシオ使わないのは?
なぜでしょうか?
能力の有無はまた別の話です。

取ってきたフロントか使わない監督か
どっちかに責任取らせないと!
なぁなぁでやっていると、
取り返しがつかないことになる。

守備に不安があるから勇気がなく使えない。
そんな感じでしょうか?

CSに向けて隠しているなら、
マジで神采配なんだが。
それなら石井を神と呼ぶが、
そんな事ないですよね?
【2016/10/12 18:08】 URL | しかくん #- [ 編集]

しかくんさんへ
いつもコメントありがとうございます。
ファブリシオ一時ケガもありましたが、やっぱり守備が気になって使えないんじゃないですかね。
でも2点差ついた時点で使わないとダメですよね(^_^;)
もう今季限りという話も出ているようですし、そうなったらなったで補強した人の責任にもなりますし、来季は気合い入れていい外国人を補強してほしいです。
【2016/10/21 11:46】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/1183-cf233c1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する