鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

【J1第34節】1点が遠く4連敗フィニッシュ…の神戸戦
結果
2016年11月03日(木)
鹿島0-1神戸(13:33/カシマサッカースタジアム/15,925人)
[得点者]
56分 :ペドロ・ジュニオール
[フォーメーション]
FW:鈴木、金崎
MF:杉本、遠藤
MF:小笠原、永木
DF:ソッコ、昌子、植田、西
GK:曽ケ端

[選手交代]
66分:杉本→伊東
83分:小笠原→ファブリシオ
90分:鈴木→赤﨑


試合の感想
先発とフォーメーション
神戸は4-4-2、レアンドロとペドロ・ジュニオールの強力2トップに前節活躍した若い選手達がベンチに入っていましたね。
鹿島は4-2-2-2の布陣です。
ファブリシオに代わって杉本、山本が離脱で左サイドにはソッコが入っていました。
CBは昌子と植田のコンビ、また中村も別メニューということでベンチにも入ってなかったですね。

サイドから攻めすぎ
最初のチャンスは神戸。
DFの裏を狙ったスルーパスにレアンドロを走らせます。
17分には鈴木が右サイドで縦パスを受けるとそれを中の遠藤へ。
遠藤からのスルーパスに杉本が走ります。
どちらもGKがいいタイミングで飛び出してシュートコースを塞いで守りましたね。
神戸はさすがに調子のいいチームだけあってしっかり守備してきますし、しばらく中盤のボールの奪い合いが続きます。
30分には右からの遠藤のフィードを杉本が落として金崎がいいタイミングで上がっていた左サイドバックのソッコに出します。
最後はフィニッシュまで行ったのですが、DFにも寄せられて中途半端なGK正面のシュートになってしまいましたね。
前節もそうだったんですけど、この場面もファーストトラップが意図したより遠くに落としてしまっているのでDFに詰められる隙を与えてしまいました。
川崎戦からこういうシーンが非常に多いのも得点ができていない原因ですね。
もう1つはサイドから攻めすぎです。
遠藤が復帰してトップに鈴木が入ったことで起点が出来て格段にチャンスは増えているのですが、最後のクロスがことごとく中と合わないですよね。
練習でもボックスの角を狙うというのをよくやっていますが、サイドから攻める意識を植え付け過ぎだと思います。
その弊害で中央から攻められる時でもサイドに自ら出してしまって、相手を楽にしてしまっている場面も目立ちます。
サイドから崩す練習をするのはいいですが、後ろの選手がいかにいいタイミングで追い越すかっていう形を作らないとなかなか崩せないですし、FWが流れてしまっているので中が薄いという事態になっています。
ゴールは中央にあるので当然真ん中から攻めた方が得点はしやすいのですが、なぜサイドから攻めるかというと守備ではまずやられやすい中央を固めるからです。
だからサイドから攻めて守備を引き出すのが有効になって来るのですが、流れの中ではサイドにDFが多くて中央が手薄っていうシチュエーションもありますから、そういう場面で自らサイドにボールを出したら非常にもったいないですよね。
中央からの攻撃に脅威があれば逆に今度はサイドが空いて攻めやすくなりますし、そこにサイドバックが入ってくれば効果的です。
カイオがいた時はドリブルで突破してくれていたんですが、今はそういう選手いないですから。
この試合、右の西よりソッコの方が意外にチャンスに絡んでいたのは上がるタイミングがいいからです。
ただ、この試合は杉本が入ったことで守備ではしっかり最後まで人に付いていましたし、攻撃ではいいポジショニングでボールを引き出していましたからファブリシオよりは良かったですね。
40分には遠藤のCKをGKがキャッチし損ねて鈴木がこぼれ球を狙いますが、ポストに嫌われてしまいます。
前節から本当に運もないですよね。
前半はほぼ互角の内容、スコアレスドローで折り返します。

ゴールの確率が高いのは中央から
後半も引き続きサイドから攻めますがなかなか突破できなかったり、突破してもクロスが合わなかったりが続きます。
そして、チャンスに繋がったのは中央から。
植田からのフィードに金崎が抜け出して胸トラップしてDFと競り合って倒れながらもシュート。
GKが触ってなければ入っていたんですけど、防がれてしまいましたね。
54分には昌子のロングシュートが炸裂しますが、ここもGKが触ってバー直撃でした。
この2試合は内容も良くなって決まっていてもおかしくないチャンスが幾つもあるのですが……。
決め切れないと得点されるのがサッカーあるあるです。
56分にペドロ・ジュニオールとレアンドロのワンツーで中央を割られると、橋本がシュート。
曽ケ端がはじきますが、こぼれ球をペドロに決められて先制されてしまいます。
鹿島がサイドから得点を取ろうと躍起になっていたところ、中央からの攻撃でコロッとやられてしまいましたね。
やっぱり中央で仕掛けられたり、ワンツーやシュートを狙われると怖さがありますから。
もちろん中央一辺倒ではいけないですが、鹿島の攻撃にはそういう怖さがなかったですよね。
石井監督の1枚目の交代カードは杉本に代えて伊東を投入。
西を左サイドの2列目に入れます。
69分にはその伊東からビッグチャンスが生まれます。
縦に走ってDFラインの裏を狙うとそこへ遠藤からパスが出ます。
クロスは金崎に合ったんですけど、高橋に当たってCKへ。
ここも決まるかどうかは紙一重の場面なんですけどね。
さらには永木の縦パスを鈴木がフリック、ソッコのシュートがDFに当たって流れたボールを西が拾います。
DFをかわしてかわして右足で逆サイドに持って行きますが、ここでもGKキム・スンギュの大きな壁が立ちはだかります。
残り15分を切るとどうしてもリスクをかけてでも得点を取りに行くようになるので、カウンターからピンチを招く事も多くなります。
76分にはレアンドロ、78分には渡邉に決定機を作られますが、いずれも曽ケ端が防ぎます。
この後負傷で小笠原に代わってファブリシオが入り、レアンドロもケガで交代となりました。
これで鹿島は中盤ダイヤモンドに近い形になりましたね。
86分にはファブリシオのドリブルから金崎がシュートを打ちますが、これは左にはずれてしまいます。
最後は足のつった鈴木に代えて赤﨑を入れますが、最後まで1点が遠く敗戦。
これで結局リーグ戦は4連敗で終了。
お払いに行った方がいいかもしれないっていう選手のコメントがありましたけど、本当そうですよね。
戦術や選手起用に改善の余地はもちろんあるんですが、この試合は選手交代は悪くなかったですし運がないのも確かです。
セカンドステージは11位という順位に終わりましたが、まだチャンピオンになれるチャンスがあるのはサプライズなラッキーと言えるかもしれません。
でも、チャンスがあるならそれを最大限活かすことが大事ですね。

ここからが本番
前哨戦はどちらも負けてしまいましたけど、ここからが本番です。
天皇杯の神戸戦、チャンピオンシップ川崎戦と続きますが、どちらもアウェイでの戦いとなりますね。
その上、チームはリーグ戦4連敗フィニッシュですから普通に考えて勝てそうな要素がないのですが、これだけゴールが決まらないと本番ではボコボコ決まってくれると思いたいです。
内容はよくなっているので戦い方は継続ですが、ちょっとサイドを意識し過ぎているのでもっと中央から攻めないといけないですね。
サイドから攻めて崩してはいるのですが、最後のクロスが中となかなか合いません。
FWが流れて来るとどうしても中が薄くなりますし、中央にスペースがある場面でも相手選手がいるサイドに出している場面があるので相手からしたら怖くないんですよね。
サイドから攻めるならもっとサイドバックがタイミングよく追い越さないといけないですし、中央が空いている状況の時は中から攻めて相手に脅威を与えるようにすべきです。
そうすれば今度はサイドへの警戒が落ちますし、後手に回るのでもっと攻めやすくなりますね。
相変わらず離脱者が多くなっていますが柴崎、中村、山本が早く戻って来れればと思います。
それ以外は特にメンバーを代える必要性を感じませんし、山本が戻って柴崎を2列目に入れれば勝てるチャンスも出て来るでしょう。
あとは多くあるセットプレイのチャンスからゴールを期待したいですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

いつも楽しく読ませて頂いてます。

これだけケガ人が出るのは
キャンプでの体作りが悪いか
スタッフによるリカバリーが悪いか
もしくは両方か

まずはそこを変えないと
誰を補強しようが
何も変わらないかと。

石井他スタッフ全解雇は
来季に向けて必須かと思います。

いつから鹿島は監督とスタッフを
育成するチームになってしまったのか?
悲しい限りです。
【2016/11/07 19:42】 URL | しかくん #- [ 編集]


更新お疲れ様です。
いつも楽しく読ませていただいております。

離脱者が戻り、早く鹿島らしいサッカーを観たいと思いますが、8番の選手のスタメンは絶対やめてもらいたいです。(特に2列目での)
確実に攻撃の質が落ちそうですから(>.<)
昔いたフェリペガブリエルが思い出されます(^^;
【2016/11/07 23:17】 URL | motorhead #- [ 編集]

しかくんさんへ
コメントありがとうございます。
天皇杯神戸戦でも鈴木が負傷交代しましたからね。
キャンプのことはけっこういろんなところでサポーターに言われてますが、G大阪の長谷川監督も走り込みではなくボールを使ったトレーニング中心で3冠獲ってますしあまり関係ないと思います。
普段のトレーニングの負荷と選手のコンディションの見極め、そこのバランスなんでしょうかね~?
神戸も川崎もケガ人多いくて選手のやりくりは苦労していますね。
【2016/11/16 12:55】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

motorheadさんへ
コメントありがとうございます。
土居は天皇杯神戸戦で急遽トップで出ましたけど、やはりあまり存在感はないですね。
右からのいい仕掛けもありましたが、鈴木みたいにああいうプレイをもっと増やさないと。
ただ、それ以上にチャンスでの判断ミスが多いのは気になります。
終盤遠藤からスルーパスが出た時に縦に行って奪われたシーンがありましたが、あれだけ中央自分の後ろにスペースがあったなら縦に行くと見せかけてそのスペースを使ってキープするのが正解ですね。
DFはまっさきに縦にいかれるのを防ぎますから、そこでいったんキープすれば左サイドでフリーの選手がいたので数的優位で攻められて得点確率はグンと上がっていました。
この判断1つで得点できた場面がいくつかあったのですが、こういう判断ミスが多すぎですね。
【2016/11/16 13:02】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/1187-122a66e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する