鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

またサッカー誌に先を越されてしまった…
Jリーグ07シーズンの日程が発表されましたね。
今日はそのことにはまったくふれません。
思えば深井の新潟移籍の正式発表があった時も、別の記事を書いていました(笑)
相変わらずマイペースに自分の書きたいことをかいております。

サッカーマガジンのNo.1120で、Jリーグに所属した外国人特集をやっています。
実はこーめいも今季鹿島にやって来るダニーロファボンに思うところがあって、Jリーグの外国人選手のことを書こうかなって思ってたところなんです。
もちろん、サッカーマガジンのように全チーム歴代の外国人を網羅っていうことはできないですけどね。

それでざっとJリーグの外国人を振り返ってみます。
リーダーシップに溢れるプレイでチームを強くしたドゥンガ(磐田)、ブッフバルト(浦和)。
プレイ自体は地味だったけど、うまくてサッカー選手のお手本のようなジョルジーニョ(鹿島)やサンパイオ(横浜F)。
ドリブルが印象的なジーニョ(横浜F)、エジミウソン(柏)。
FKに度肝を抜かれたエドゥー(横浜F)。
いつも陽気でダンスが魅力?のモネール(横浜F)。
名前だけじゃピンとこないですけど、顔を見たら一発で思い出すボリ(浦和)。
スパイダーマンシジマール(清水)に、スーパーマリオジルマール(C大阪)の名物GKコンビ。
華麗なプレイで観客を魅了したピクシーことストイコビッチ(名古屋)。
規格外の神様・仏様・エムボマ様(G大阪)。
優勝請負人ビスマルク(鹿島)。
鹿島創成期にサッカー普及に貢献してくれたジーコ、サントス、アルシンド
Jリーグ史上最高と言われるゴールを決めたレオナルド(鹿島)。

列挙したのはすごい選手の中のほんの一部ですけど、サッカーマガジンを読んでいて懐かしくて思わずほくそ笑んでしまうような、個性豊かな選手がいましたね。
特にサッカーマガジンに掲載されているレオナルドの写真は、ほんとかっこいい。
立ち居振る舞いといい、1人別次元のオーラを放ってます。

他にもまだまだすごい外国人選手がいますけど、懐かしい顔ぶれを思い出してみて、こーめいが思うことは現在Jリーグに所属している外国人に比べるとずっと魅力があったなということです。
もちろん、現在のJリーグの外国人もうまい選手やいい選手はいっぱいいます。
ワシントン(浦和)やマグノアウベス(G大阪)、鹿島にいたミネイロだってそうだし、ジュニーニョだってすごい(川崎)。
ヨンセンハースは上手くていい選手だし、ルーカス(東京)やウェズレイ(広島)は、Jで長年コンスタントに結果出しています。

でも、やっぱりドゥンガみたいなリーダーシップを発揮している人はいないし、エジミウソンジーニョのようなドリブルで魅せてくれる選手もいない。
FKだってエドゥーのインパクトに勝てる選手はいないし、個性で言えばモネールのような強烈なものもないし。
ワシントンマグノもすごいんだけど、ワクワク感がないっていうか、他サポからみるとただのいい選手。
つまり、他チームの試合を見てみたいって思わないんですよね。
昔はピクシーがいた頃は名古屋の試合を見てたし、エジミウソンがいた柏も同様。
プレイは華麗ではなかったですけど、ドゥンガだって見ていておもしろかった。
サントス(広島)のプレイに魅せられて、広島サポになりかけてた時期もありましたしね。
今は時間がないっていうのもあるかもしれないですけど、こーめいの場合だったら鹿島の試合以外は見てもおもしろくないなぁ~って昔に比べて思います。

まあ、バブルが弾けて、欧州マーケットの高騰もあって、外国人も堅実な選手を連れてくる傾向になり、Jリーグのサッカーも堅実なものになっていったということでしょうかね。
ややエンターテイメント性に薄れてきているかなって感じます。

それで今季やってくるファボン、ダニーロがどんな選手なのか気になるところなんですが、サッカーマガジンの同ナンバーではオズワルド監督の記事で少し触れられています。
あまりいいように書かれておらず、期待する鹿サポからするとけっこう内容にはカチンと来ますね。
アウトゥオリ監督が連れてきた選手ということになるのですが、2つのパターンが考えられます。
Fサントス、シルバはブラジルもシーズン途中だったため、とりあえず呼び寄せた選手で、ファボン、ダニーロは優勝するために呼んだJリーグに合う戦力と考えていた。
②単純にアウトゥオリ監督がJリーグに合う外国人選手のタイプをわかって(考えて)おらず、いい選手だから呼び寄せた。

どっちになるかですごく今季の鹿島の命運が変わってきそうですね。
かつて鹿島には、ジーコが連れてきたアルシンド(成功)、モーゼル(大失敗)がいましたし、誰が呼んだか知りませんが大物ベベット(大失敗)や、ファビオ・ジュニオール(失敗)。
ビスマルクが連れてきたミネイロ(成功)などいました。
そもそも、鹿島の外国人は誰が連れてきているのでしょう?
Jリーグのチームは昔も今も外国人探しは代理人任せのところが多いらしいです。
昨季、川崎の谷口博之が10得点した頃こーめいは欧州サッカーには詳しいが、Jリーグのことはあまり知らない友達とこんな話をしました。
こーめい「川崎の関塚監督に来てほしい」
友だち「誰?それ」
こーめい「鹿島のコーチもしてて、川崎を昇格させて2年目で優勝争いしてるチームにした監督」
川崎のメンバーを見せて。
友だち「よくこんなメンバーで勝ててますね。知ってる選手がいない」
こーめい「うん、だから監督がそうとういいってことじゃない。若手もいい選手が育ってるしね。谷口なんて10点とってるしね」
友だち「それポジションは」
こーめい「ボランチ」
友だち「ああ、それじゃあ、確かにけっこうすごいですね」
こーめい「あと川崎はフロントもいいね。しっかりしてるし今季もマルクスが途中退団したけど、すぐマギヌンっていうけっこういい選手を連れてきたし、マルコンもいい。外国人はまずはずれをひかないね

大雑把に書くとこんな流れなのですが、今号のサッカーマガジンに、川崎はきちんと外国人を見て選んでると書いてああ、なるほどなと納得しました。
だから新加入のフランシスマールもそうとういい選手なんじゃないですかね。伸びしろもありそうですし。

で、このとりとめのない話にどう結論つけるかというとですね。
鹿島はずっと日本人をルーキーから育成して戦力にしていくチームですけど、若手の育成と外国人獲得っていうのは別個のものじゃなくて、リンクして考えないといけないと思うのです。
古くはジーコサントスがいて、小笠原満男中田浩二本山雅志ジョルジーニョビスマルクなどお手本となる偉大な選手と一緒にプレイしていました。
鹿島の選手というのは、これまで外国人選手をお手本にして育ってきたと思います。
今のJリーグにはそういう選手があまりいないですよね。
もちろん、昨年の鹿島や常にいい選手を育成してきたオシム千葉、シャムスカ大分など、監督が若手の成長をうまく促すチームはあります。
でも、悲しいかな、監督の影響力っていうのはピッチ上の選手に対してはすごく弱いですよね。
プレイだけでなく、サッカー選手としてお手本となる選手と一緒にプレイするっていうのは若手育成のもっとも有効な肥料だと思うのです。
だから、時代に逆行するようですが、鹿島は外国人選手にお金を使ってそういう選手を連れてくることで他チームと差をつけられるんじゃないかと思います。
鹿島がどうやって獲得する外国人を決めてるのか、これからどういう風にしていくのかは知りません。
監督に全部任せるのか、クラブの人間が実際に見て獲得するのか、代理人に任せきりなのか。
ですが、ただ連れてくるだけじゃなくて、何か一貫した方針が必要なんじゃないかと。
浦和やG大阪はストライカーはJリーグで実績のある選手を獲るという方針にしています。
鹿島はお金ないですからそれは無理ですけど…(;-_-)
①Jリーグに合う
②即戦力となる
③若手のお手本となれる
④移籍金がかからない
とりあえず条件としては上記の4つですね。
代理人に言わせると、どんな選手かは監督に聞くのが一番いいらしいです。
練習態度や試合への取り組み方などクラブに聞いても分からない情報を持ってるのは監督だそうです。
となると、アウトゥオリ監督の連れてきた2人は期待できるかもしれませんね。
鹿島としては、外国人は監督のコネクションを生かすか、そうでないなら全部ビスマルクにお願いするのが確実だと思います。
ファボン、ダニーロの加入が決まって以来、2人が若い日本人選手のお手本となるような選手だったらなとこーめいはずっと考えつつ密かに期待を抱いているわけです。

うむ、一理ある、と思った方はポチっとお願いします( ^o^)φポチッ→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/122-4bff210c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する