鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

予選突破危ないんじゃないの?のU-22アメリカ戦と流通経済大学戦
U-22日本代表 0-0 U-22アメリカ代表
昨年から思っていたのですが、チームとしてのコンセプトというかどうやって得点を獲りたいのかというのが相変わらず見えない試合でしたね。
この時期、選手はキャンプもあってコンディション的にきついでしょうが、逆にそのせいで全体の運動量が少なかったため、コンセプトのなさが際立ちました。
サイドにいい選手がいるのにセンタリングはほとんどなく、チャンスは時々つながった前の3人から平山相太の左足くらいでした。
まあ、3トップとも言われてましたけど試合を見てると昨年からあまり機能してない1トップ2シャドーでしたね。
さらにこの試合はカレンロバート、李忠成だったため、チャンスメイクできる選手もおらず単調な攻撃となった原因でした。
まあ、コンビネーションの問題もあるでしょうが、カレンの消えっぷりは見事でした。
攻撃で言うと本田圭佑、水野晃樹、家長昭博、この3人は別格で見ててもやはり技術は高いし、苦しい体勢になってもそう簡単にボールを失いませんでした。
でも全員サイドで使われてるんですよね。
中央でボールをキープできる選手がいないから、サイドも結局有効に使われることはありませんでした。
梶山陽平が本来その役割を任されているのですが、ボランチに入った時の彼は守備に追われて攻撃であまりいいところを出せないのは昨年で分かっているでしょう。
そこまで負担するのは酷というものです。
例えば、本田圭佑がボランチに入って水野晃樹がシャドー部分に、左サイドに家長昭博を配置すれば中央、サイドと基点にできてもっといい展開ができたと思います。
そもそもこの時期にまだメンバーが固定されてないというのも遅すぎると思います。
ここでいうメンバーというのは、レギュラー組みと控え組という枠ではなくポジションごとの役割です。
1トップならロングフィードの落としとポストプレイなどが要求されるプレイでしょうが、平山はサイドに流れることも多かったです。
2シャドーは明らかに増田誓志、梶山陽平が入ってた頃と違うタイプの選手が入っています。
つまり、違う仕事が要求されているということ。
ポジションごとの役割はある程度はっきりして、その仕事をこなせる、そのポジションで生きる同タイプ(+αの能力)の選手を2,3人競わせるというのが理想でしょう。
このままだと2次予選は楽勝としても、反町康治監督の戦術と想像力のなさで本選出場はかなりあぶなっかしいと思います。
おそらく2次予選は楽勝なだけにチームとしてうまく言っていると錯覚してしまい、最終予選で見えなかったというか、監督が気がつかなかった課題を突きつけられることになるでしょう。
2月28日、国立での香港戦を皮切りにシリア、マレーシアと合計6戦するので、その間になんとかチームとしての方向性を見せてもらいたいです。
鹿島の増田誓志選手は後半15分あたりから登場しました。
やはり彼も使われる選手で、アメリカに主導権を握られている時間帯だったためあまり機能しませんでしたね。
終盤には、やはり攻撃的なポジションでの起用が向いているなというところを見せてくれました。
内田篤人選手は残念ながら出番なしです。
見てみたかったという気持ちもありますが、鹿島としてはU-22に定着しなくてよかったかなという複雑な気持ちです。
本日は時間がなかったので、サラっとお茶漬けテイストの雑感で失礼いたします。

おっと、ちなみに本日の鹿島-流通経済大学の一戦は5-0で勝利です。
得点者はマルキーニョス田代有三×2、興梠慎三遠藤康です。
マルキはなんだかんだで毎試合得点。
田代は合計6得点で得点王。
興梠、遠藤は2試合連続得点ですか。
特に遠藤には新人ながらかなり期待してしまいます。
先日の記事で、こーめいが鹿島フロントに練習試合はサポーターがすごく関心高いので、せめてその日に結果をアップしてほしいとメールしたと書きましたが、それにすぐ対応してくれています。
もしかして単に平日だからっていうだけかもしれませんが…(^^;)

いつもご協力ありがとうございます。ベスト10が見えてきました。
最後まで呼んでくれた方はもれなくポチっとお願いします。→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

確か、最終予選は、4チーム中1チームのみ、五輪出場らしいですね。4チームの中に、1チームライバルがいたら、出場は分かりません。
ドイツ惨敗以降、日本サッカー『冬の時代』の再来を言われていますが、そうならないようにして頂きたいです。
【2007/02/22 11:36】 URL | イエロ #3KkTgjIc [ 編集]

仰るとおりですよ、ほんと
イエロさん、コメントありがとうございます。
そうなんですよね、最終予選は4チーム中1位だけが出場権を得られるそうで、かなり厳しいと思います。
いい選手は多いのに、昨年から見ていてどこもよくなっていない気がするので、余計心配になってきます。
もう主軸選手を決めてやるべきだと思うんですよ。
そうすれば自ずと戦術も見えてきますから。
予選敗退だけはなんとしても避けてもらいたいです。
【2007/02/22 15:07】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/144-cca57119
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する