鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ぜんぜん悲観することはなかった川崎戦【Jリーグ第1節】
結果
川崎F 1 - 0 鹿島
[得点者]
21 マギヌン(川崎F)

前半
○序盤15分は鹿島ペース、プレスが効いていた
昨年は試合の入り方が悪いことが多かったのですが、この試合は開始からシステマティックにプレスをかけることが出来ていて川崎にボールを触らせませんでした。
×ダニーロが川崎DFの視界から消える動き
本来ダニーロはこういう動きが得意なのでしょう。
鹿島がボールを繋いでいるサイドとは反対のサイドに守備に目をかいくぐっていいタイミングでフリーになったり、上がっていく動きです。
昨季でいうとFサントスのような仕事ですね。
しかし、トップ下に入っている以上はビスマルクや小笠原、昨季の本山のように相手ディフェンダーをひきつけるのが仕事です。
そういう仕事ができる野沢がいればまだよかったのですが、ゲームを作る選手が本山1人ではだんだん苦しくなってくるのも当然です。
○ファボンのディフェンス
ポジショニング、読みもいいです。
特に相手ポストプレイヤーにボールが渡る前にカットする前からの守備もグッジョブ(⌒o⌒)b
こういう守備は世界のトップクラスでは当たり前ですけど、日本ではあまり多くは見られませんね。
相手選手が持っているボールを奪うより、渡る前にカットした方がより効率的という考えの守備です。
しかし、言うのは簡単ですがやるのは難しいですけど…(^^;)
○守備意識が高い
攻守の切り替えは早いですし、ファボン以外の選手も積極的にスライディングに行ったりとディフェンスの意識は全体的に高まっています。
特に昨年に見られなかったくさびに入った相手選手に厳しいプレスをかけ、自由にさせない守備が目立ちました。
×21分、失点
川崎スローイン→我那覇(3人プレスをくぐりぬけ)→ジュニーニョ→中村→村上(センタリング)→マギヌン(ヘディング)
こういう流れでした。
マギヌンのマークに行かなかった本山が批難されているようですが、これはどちらかというとイバのミスです。
あのシーン、我那覇に3人プレスに行ったため、鹿島のバランスが崩れ右サイドががら空きになっていました。
3人もプレスに行ってボールを奪えなかったことも問題なのですが、その後すぐ体勢を立て直しています。
センタリングに対して中央は3:3。
ジュニーニョにはファボン。
マギヌンのマークは直前まではイバがしていました。
センタリングに対して、マギヌンはファーに逃げるように動きました。
イバはそれに気付かず遅れて入ってきた我那覇につく形となったのですが、直前であんな風にマークを放棄されたら本山がつけるはずありません。
ボランチは中後、青木とも適正なポジションを取っており、中央は3:3だったわけでそこのマークのズレが失点の原因です。
岩政がニアで余っていたこともミスなのですが、最初にイバがマギヌンのマークに付いていたのだから、最後まで付いていくべきです。
むしろあのケースは本山は逆サイドからあがってくる選手がいたらそちらをケアすべきで、本人もそう考えていたでしょう。
×ロングボールで競り勝てない
やたら後方からのフィードが多かったのですが、前線の2人が勝ててないです。
×30分過ぎから川崎ペース
15分過ぎからはどっちつかずのペースで試合が続いていたのですが、30分過ぎから鹿島の中盤が下がりすぎるシーンもあり、川崎にペースを握られていました。
×くさびのボールが収まらない
ヤナギはダニーロのところで収まらなかったと責任転嫁してますが、FWに収まらなかったのも問題でしょう。
前半はダニーロはサイドに開くことが多かったです。
×ダニーロのスルーパス
カウンターから速攻を仕掛けるシーンがあったのですが、ダニーロからヤナギへのパスが2度ほどタイミングがずれていることがありました。
これはまだ味方の選手がどう動くのか把握できていないからです。
ダニーロのパスの精度の問題ではなく、完全に連携不足によるものです。
この場合はヤナギがもっとどこに出せばいいか動きながら要求すべきでしょう。

後半
×サイドバックの上がりが遅い
昨年がかなり攻撃的だったのに比べて、この試合はサイドバックの上がりが遅かったです。
上がれるタイミングはあるのですが、特に右サイドのイバに目立ちましたね。
×サイドバックの孤立
サイドバックがハーフウェイラインあたりでボールをもらってから展開ができていませんでした。
前線の選手の顔出しやボランチのフォローなどがなかったですね。
×イバの守備の悪さ
中村からのスルーパスに我那覇がシュートまで行ったシーン。
これは右サイドからだったのですが、イバがボールを持った選手にプレスに行けばいいところ、ラインを揃えようと下がってしまったために起こりました。
あのシーンでラインをそろえる意味はまったくなかったです。
また、右サイドをジュニーニョが度理ぶり突破してシュートまで行くシーン。
戻ってきた本山がジュニーニョの後ろからプレスしても何の意味もないことは分かるでしょ?
右サイドに川崎の選手がフリーで上がってきていたわけでもなく、あそこもイバがプレスにいくところです。
イバがなぜか下がってしまったので、ファボンが慌ててスライディングで停めようとしましたがシュートまで行かれてしまいました。
○田代投入
田代が入ってロングボールに競り勝てるようになりましたね。
1トップ2シャドーのようなフォーメーションはそのこぼれ球を拾わせるためでしょう。
そこからの展開でチャンスになりかけるシーンは出来てきていました。
また、田代は不恰好ながらもくさびのボールをなんとかキープしてきちんと繋いでいましたよ。
×岩政の退場
ジュニーニョのユニフォームを引っ張ってましたからね。
これはイエロー出るでしょう。
前半で1枚もらっているので、軽率なプレーとしか言いようがありません。
○ダニーロの攻撃・守備
監督の指示があったのでしょうか。
後半に入ってから中央にポジショニングすることが多かったです。
カウンターからいくつかいいパスは出していました。
また、田代が入ってからは少し下がり目になっていました。
よく戻って左サイドのイバの守備の穴を埋めてボールを奪っていましたね。
×シュートが少ない
7本は少なすぎます。
連携不足、ゲームメーカー不足でチャンスをなかなか作れなかったのは確かですが、全体的にシュートの意識が低すぎます。
○終始、攻守の切り替えは早かった
運動量はがくっと落ちることはなかったです。
心配されていたダニーロも最後までよく走ってました。
スピードはないけど…(^^;)
それに10人になったことを感じさせなかったです。

感想
全体的にはそれほど悲観する内容ではなかったと思います。
守備に関して言えば、監督はきちんと決まりごとを選手に指示しているのが見えました。
昨年の守備とはまったく違いますよ。
DFラインは前からプレスをかけていました(特にファボンが)し、サイドからのセンタリングにもきちんと横に連動してシフトしていました。
失点シーンとジュニーニョのシュート以外は対応できていました。
ボランチのポジションも及第点です。
2,3度プレスがかかってなくてミドルシュートまで行かれることはありましたが、これからまだよくなっていくでしょう。
それに決定機自体は少なかったですからね。
攻撃に関してですが、やはり直前で野沢がいなかったのは影響が大きかったです。
中央に本山と野沢がいればダニーロがサイドに流れてもいいのでしょうが、この試合は中央が薄すぎましたね。
ダニーロもプレシーズンでやっていたプレイをしていたのですが、それではゲームを作るのが本山1人になって苦しかったです。
後半は少しは中央でのプレイも増えましたが、フォーメーションが変わったこともあったにせよ柔軟性はあると思います。
これ以上悪くなることはないですから、これから連携が上がっていけばどんどんよくなるはずです。

選手評
ファボン
予想通りの選手です。
危険察知能力が高いです。
周りの選手はまだまだ昨季のようにプレスに行かなかったりするのですが、ファボンがそれに気付いて抑えに行ってくれてました。
それでかなり助けられてしましたよ。
守備の連携ももっと上がっていけば、リーグ屈指のディフェンスになるでしょう。
ダニーロ
なにかと批難が多いですが、使い方次第かな?と思っていたら意外と柔軟性もあるようです。
本来ならサイドが得意で使われるタイプなのでしょうが、キープ力とパスの精度はあるので中央でも力を発揮してくれるはずです。
それにはまず鹿島選手、特にFWがどんなプレイが得意なのか、どんなボールを欲しがるのかを把握することが大事ですね。
そうすればプレイの判断も早くなっていくでしょう。
横浜FMのマグロンや川崎のジュニーニョだって、最初は周りと合ってなかったわけですから、まだまだこれからです。
言っておきますがファビオ・ジュニオールとはまったく違いますよ。
ヤナギ
90分を通して見事に消えていましたね。
目立ったところは打てるところでのスルーと、精度のないセンタリングでしょうか(;-_-)
田代有三
ヤナギに比べてぜんぜん足元はうまくないのに、なぜかキープできてきちんと繋げていましたよね。
ロングボールのヘディングの落としは精度が高く、競り勝ちながらしっかり味方に落としていました。
田代が入った方が、周りの選手も何をやればいいかはっきりして攻撃に芯ができますね。

今日のみどころ
攻守の切り替えの早さです。
ボールポゼッションからの攻撃が出来なかったためよけいにカウンターが目立ちましたが、これも攻守の切り替えのなせる技。
フィニッシュまで行くにはもう一工夫と連携が大事になってきますね。
守備に関してもボールを取られたら戻ってくるが早かったです。
キャンプから監督がもっとも選手に徹底させていたこの攻守の切り替えがこれだけできているということはすごくいいことです。
監督の戦術を選手が理解しているということだし、これからどんどん他の戦術も浸透していけばググっといいチームになっていくでしょう。

監督
負けていたので攻撃的な選手交代はいいと思います。
1トップ2シャドーにしたのも意図があるのでいいのですが、選手にそれが伝わっていたかは疑問。
ヤナギはサイドに流れることが多かったし、田代の落としを拾うならボランチはもっと前に出ていた方がよかったです。
興梠慎三の投入は遅すぎました。
連携が拙い以上個の力での突破は必須であり、もっと早くにヤナギと替えてもよかったでしょう。
一番の心配はやたらとヤナギにご執心なのではないだろうかところですが…(^^;)
あと中後と青木のポジションは逆の方がいいですね。
それなら青木より増田の方がいいかもしれないです。

相変わらず長くなってしまいましたが、
最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

訪問、ありがとうございました。
実は、私の実家が鹿島なので、最初、タイトルからブログへお伺いをさせて頂きました。
でも、まだ、試合に行った事がありません。
でも、地元なので、応援はしています!
【2007/03/09 21:33】 URL | nowbest1 #- [ 編集]


こちらこそコメント、ご訪問ありがとうございます。
実家が鹿島だなんて、こーめいからしたらすごくうらやましいです。
こーめいも折を見てスタジアムに行く予定です。
開幕は負けてしまいましたが、まだまだこれから。
一緒に応援していきましょう。
【2007/03/09 21:42】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


最近は、自宅で仕事をしているのですが、
忙しくテレビが見られていない状況です。
なので、リンクさせて頂きました!
なので、試合状況お知らせくださいね!
【2007/03/09 22:28】 URL | nowbest1 #- [ 編集]


nowbestさん、コメントとリンクありがとうございます。
試合の分析ならお任せください。
そういうの好きなので(^_^)
スカパーがあるともっと早くにアップできるのですが…。
それは来年からになりそうです。
【2007/03/10 22:55】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/159-5368c975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する