鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

少しはよくなってきてはいるU-22マレーシア戦
北京オリンピック08 2次予選
U-22日本2-1U-22マレーシア
[得点]
13平山相太(U-22日本代表)
76李忠成(U-22日本代表)
83キリル ムヒミン(U-22マレーシア)

感想
フジテレビの録画で観たのですが、カットされていたので試合の流れがイマイチ把握できず…。
ピッチコンディションもひどかったし、アウェイですから勝てたことでよかったとすべき試合だと思います。
マレーシアが2トップで来たことで、日本はいつもの3バック2シャドーのフォーメーションでしたね。
香港戦のおもしろくない試合に比べ、前半はボールを持った選手を追い越す動きがあっていい攻撃はできていたと思います。
ただ、ピッチがあの状態ですから流れるような攻撃とまではいきませんでしたね。
ここら辺りは次のホームのシリア戦でもっと確認したいところです。
時間が経つにつれて日本の攻撃で気になったのはゴール前に選手がいないこと。
2シャドーの増田が下がってボールをもらって展開する役目、また家長も両サイドに流れてボールをもらうため中央が平山1人になってしまいます。
増田はセンタリングに対してはストライカー並みの動きができる選手ですが、家長はゴール前では完全にパスを供給するプレイヤーです。
逆にカレンや李を並べると中盤がスカスカになります。
2点目のシーンも家長が右サイドから切り込んで行きましたが、増田がファー、そして得点した李も後ろから入ってきており中央には誰もいませんでした。
マレーシアのDFが家長の突破に慌ててくれたから得点につながりましたが、あれだけ真ん中にいないとそんなに慌てる必要はなかったんですよね。
もう1つレベルの高いチームとの対戦なら、おそらく抑えられていたでしょう。
このあたりの選手の組み合わせはもっといろいろ試してみるべきでしょう。
また、サイドでもっと起点が作れればゴール前も厚くできるはずです。
それには長い距離を走ってボールを持っている選手を追い抜くプレイが必要です。
サイドバックがいないフォーメーションですから、サイドで水野、家長がボールを持っても孤立する場面が多いですよね。
サイドに流れる動きはあっても、外から追い越す勢いあるプレイがあまりないのが問題ですね。
これはフォーメーションの問題でもあると思います。
こーめいは未だにこのフォーメーションの利点というものが、何なのかまったく分からないのですが、機能したら単純な4-4-2や3-5-2のフォーメーションより目に見えて優れているところがあるのでしょうか?
とてもそうは思えないのですが…(^^;)
例えば4-3-3でやっていたバルセロナやチェルシーは真ん中のトップにはエトーやドログバ、そしてクレスポがいました。
オリンピック代表と同じフォーメーションでやっていた浦和レッズではワシントンがやっていました。
こーめいが思うに、このフォーメーションでやるなら1トップにはかなりキープ力ある選手がいないとシステムとして機能しないのではないでしょうか。
平山は日本人の中でいえば1トップ向きのプレイヤーであることは確かですが、この試合を見てもボールキープ力をもっと高めて周りをうまく使うようにしないとかなりこの先きつい戦いになるでしょう。
こーめいは4バックの方が個人的に好きですし、そちらの方が先の戦いを考えると有効なフォーメーションだと思います。
右にディフェンシブで機を狙って上がっていく内田篤人、左はかなり攻撃的に行かせる家長。
守備重視のボランチ青山に梶山、本田、谷口を相手に合わせて組み合わせて、オフェンシブなポジションに増田と水野。
2トップは平山と李の組み合わせが一番役割がはっきりしてしっくりくると思います。
まあ、どうしても3バックでしたいなら、現在バルサが3-4-3のフォーメーションでやってますからそれを参考にするのもいいかもしれませんが…。

最後まで読んでくれた方はポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:サッカー五輪代表 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/165-59cf7404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガチャピンさんがブログで言語学習能力の高さ見せる

ガチャピンさん(5歳=恐竜のこども)のブログ「ガチャピン日記」は今や日本でも有数のPVを稼ぎ出す大人気ブログだ。ホワイトデーの3月14日、スケッチブックに大きなハートを描いて、読者への感謝の気持ちを綴っているのだが、この日の日記はガチャピンさんの言語学習能力が スーパーサイヤ人【2007/03/16 23:09】

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する