鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

鹿島の現状分析【守備】編
鹿島最大の悩みであるディフェンスを考察します。
今年の鹿島は失点が多いですが、最近の失点パターンはミドルシュート、サイドからのセンタリングというものが多いです。あと終盤の息切れも問題で終了間際の失点につながっています。

【問題点①】
相手に中盤でボールを持たれると誰もプレッシャーにいかず、最終ラインがズルズルと自陣ゴール前まで下がってしまう。
○このため、ミドルレンジからいいシュートを打たれると失点してしまいます(例:川崎戦の谷口、東京のルーカス×2)。
○また、サイドからセンタリングを入れられるとマークがずれてたり高さで競り負けると失点してしまいます(例:磐田戦の前田、浦和戦の小野、ワシントン)。
○もうひとつの弊害は、中盤が攻守の切り替え時に運動量が多くなることです。特に守備に切り替わった時にDFラインが下がるので、問答無用でかなりの距離を走らされます。これが終盤の息切れに繋がっているのです。

【問題点②】
サイドのディフェンスに問題あり。
○サイドバックとボランチのマークの受け渡しが不確か。特にイバサイドはフェルと譲り合って相手をノーマークにしてしまうことがよくあります。
○マークについても距離を取り過ぎて、簡単にいいボールを入れられる。これは両サイドともいえるのですが、ボールを持った相手選手と1.5mくらい距離を取って対峙しています。この距離は致命的でこれではマークについてる意味はないです。
○浦和戦の篤人に多かったですが、サイドでボールを持った選手に対峙した時にペナルティエリア内まで下がってしまう。これは絶対やってはいけません。浦和戦ではドリブルされなかったからよかったものの、ペナルティエリア内でドリブルで突っ込まれたらPKの可能性が高くなるので止めようがありません。

【問題点③】
守りきる時間帯で切るカードがない。
○終盤、運動量の落ちた中盤の守備力を上げれるような控え選手がいればいいのですが、中後は怪我だし、本田もDF自体はそんなにうまくはありませんし、どちらもちょっと役不足です。増田、小笠原では守備力強化にはなりません。

【問題点④】
プレスに連動性がない。
○単独でプレッシャーに行く選手はいるのですが、チームとしての意思統一がされていないのであまり効果が出ていない。つまり、プレッシャーにいくもののその運動量に見合ったディフェンスができていません。

【問題点⑤】
ボールを奪いに行くディフェンスが多い。
○どの選手も自分がボールを奪ってやろうという守備ばかりです(例:東京戦のルーカスの2点目)。

【解決策】
これら問題点を踏まえてどうすればいいか。
①ボールを奪われたら一番近くにいる選手(前を向いている選手)が、まずプレッシャーをかけにいきます。無理にボールをとるディフェンスはしない。極力、簡単にファウルで止めるようなこともしない。
②他のDFはボールを持った選手より前にいる相手選手のマークを優先しつつ、あまった選手はラインを整えます。つまり、前にボールを出させない。後ろや横パスならOKです。
①②をすれば相手の攻撃を遅らせることができます。ディフェンスで一番大事なのは相手の攻撃を遅らせること。これができれば8割がたディフェンスは成功です。当然、できるだけ高い位置で攻撃を止められればより効果的です。
③その間に前線の選手が戻って、数的優位を作ってボールを奪います。もしくはディフェンスの人数が揃ったら、一人がボールを取りにいきドリブルで抜かれた時のためにもう一人がカバーリングします。
④両サイドを使われたら、声を出してマークを確認。マークに行く選手は必ずセンタリングを入れられない距離を取る。
⑤守備のうまいボランチ(できれば今野や明神)を獲得する。

①~③が理想のディフェンスです。これができたらかなり失点は減るでしょう。中盤の運動量も減るし、苦し紛れにロングボールを入れられてもボールの出所にプレッシャーがかかっているので、DFラインをあげることができます。タイトルを獲っていた時の鹿島はこのディフェンスが出来ていました。

最期に甲府戦のジャッジについて。
2失点目のオフサイド、小笠原がペナルティエリアで倒されたシーン。オフサイドは確実に誤審だったみたいですが、こーめいは甲府戦はアウェイだし鹿島選手の動きが悪くてジャッジがどうこういう試合ではなかったと思います。
ただ、1つ言いたいのは序盤に小笠原が取られたファウルのことです。小笠原が相手エンドで、ボールを持っている甲府選手に後ろからいってボールを獲ってカウンターのチャンスになりかけたところでファウルを獲られました。
いい加減、「相手のエンドで後ろから行って、ボールを獲りビッグチャンスになったらファウル」っていう固定概念は捨ててください。あのシーンの小笠原は相手の死角から近寄って(甲府選手は完全に油断していた)、ボールと相手選手の間にうまく体を入れて奪取したのです。あんなプレイでファウル獲っていたら世界に物笑いにされますし、一生懸命やっている選手がかわいそうです。レフェリーはもっと海外の試合を見た方がいいでしょう。ただ、現状を見る限りレフェリーのレベルが上がることはないでしょう。向上心のかけらも見られない連中ばかりですから。それなら下手は下手なりにホームびいきに吹くということで全員、統一してください。それなら観客は「アウェイだから」である程度のジャッジなら納得できますし(Jリーグ好きならそのくらいの耐性はついています)、ホームで勝つ確率が増えて見に行った観客も喜ぶでしょう。甲府戦は鹿島にとってしてみればアウェイですが、あのジャッジをカシマスタジアムでもして、試合を台無しにすることが頻繁にあるからたまったものではありません。お金を出して見に行っているサポーターをバカにしているとしか思えません。
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/18-67842e2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する