鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

お【家】騒動で終わり名古屋
噂の名古屋戦の感想です(笑)

ジャッジについて
最初はまだまともだったのですが、前半の終わりくらいから殿、ご乱心です(´д` ;)以降、家本のあまりのヘボさに敬意を払って殿と呼ばせてもらいます(笑)
・鹿島のFKが相手の壁に当たって出たのにゴールキック。
これはひどいですね。殿も線審もどこを見てるのでしょう?ボールの軌道で分からんか?「今日の晩ごはん、何だろう?」とか考えてたのかな?この他、まったく接触してないのに名古屋のファウル取ったシーンもありました。
・増川にイエロー
これは何でカードが出たのかまったく分かりません。
・ダ・シルバへのスライディングがファウル
これは名古屋の選手が綺麗に奪ったのですが、スライディングの足を上げたということでファウルを取ったようですΣ( ̄□ ̄;)確かにファウルのプレイかもしれませんが、あの時点でどっちがボールをキープしてるか考えてジャッジしないと。
・青木の退場
アフターで行ったという判定でしょうね。ただ、タイミング的にああいうことはあります。前から行ってたら相手選手もある程度来るなってわかるから見た目ほどたいしたファウルじゃないんですよ。後ろからとかドリブルで抜かれるのをアフターで止めたっていうならイエローですけどね。あのシーンは流した方が名古屋にとってもよかったでしょう。
・秋田のファウル
ユニフォームを引っ張ったっていうい判定ですね。確かに引っ張られてなかったら岩政はキーパーの前でボールに触れていたかもしれません。でも、あの程度でPK取られたらDFとしてはやってられませんよ。秋田もベンチから殿のジャッジを見てたから、早めに離していたのに…。
・PKやり直し
選手が蹴るまでペナルティエリアに他の選手は入ってはいけません。それでやり直しでした。でも、ペナルティエリアに入ってたのは名古屋の選手ですからΣ( ̄□ ̄;)
・帳尻合わせの判定
大森退場後はやたら鹿島ファウルを取っていましたね。帳尻合わせのジャッジは最低な行為です。

まったく殿には困ったものですね(;-_-;)後半から特に杓子定規な判定が目立ちました。もっと臨機応変に笛を吹かないと。誰もお金出して、レフェリー見に行ってないのですよ。レフェリーが一番目立ってどうしようというのでしょうか?
今年はすぐ倒れるJリーガーに世界に通用するような意識をつけさせるよう、少々の接触では笛は吹かないっていうコンセプトでスタートしました。この試みのおかげで結果レフェリーが目立つ試合が少なくなって大成功だったんですけどね。選手の怪我を助長するとか言われて、また昨年のレフェリー主役の試合が増えて来ています。それとともに観客と選手らのストレスも↑。選手をイラだたせる方がケガの確率が高くなると思いますが…(・_・。)
プレミアなんかはヨーロッパのリーグの中でも激しくてファウルをあまり取らないのですが、激しいプレイと汚いプレイは違うということをJのレフェリーは学ぶげきですね。プレミアはレフェリングのおかげで結果的に選手はフィジカルが強くないといけませんが、Jの選手はレフェリングのせいで忍耐力がないとやってけませんね(笑)
結果的にホームびきいのジャッジだったというのがせめてもの救いでしょう。昨年の名古屋のホーム試合でも鹿島は柏原(カスわらと読む)に被害に合ってますから、お互い様ってことで(笑)

鹿島の試合内容
・メンバーが違うということでパスが繋がりません。特に前半。繋がらないロングボールばかりでした。ダ・シルバが下がってもらうようになってだいぶよくなりました。
・ダ・シルバはFWでは生きません。ボールを持ってパスを供給する仕事ならもっと力を発揮してくれるでしょう。アイデアあるしボールの持ち方も独特でいいです。ヤナギ、野沢、本山、ミネイロと一緒にやればもっとテンポよくからめると思います。
・篤人は後半、いい攻めがありましたね。あの仕掛ける意識は今の鹿島にあまりなく大事です。前半は中後も含めて、中盤があの状態では上がれなくても仕方ありません。
・中後のサイドバックは不安。たびたび裏を取られてましたね。ジーコが秋田をサイドバックで使わせたようにスピードをつけるっていう意図で使ってるのかな?ちゃんとした意図があるならまあいいですが…。
・一番ひどいのが田代です。90分消えていました。サイドに流れてボールをもらってましたが、もっと体張ってポストプレイすべきでは?前半ボールがトップに入らなかった原因です。そんなことではヘディングだけの選手っていうイメージになってしまいますよ。
・守備はよくなっていました。ボールを取られてもプレスで自由にさせずに攻撃を遅らせるシーンが見られました。1対1の対応も距離をあまり開けすぎず、最期まできっちり相手についていっていました。全体的に見ればまだまだ、徹底されてませんが改善しようというところが見られたのはいいことです。

まあ、内容はともかく勝ったのは大きいです。この1勝でいい方向に向かってくれれば(^_^)
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/20-bddf95ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する