鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

【J1第7節寸評】これぞ相性のよさ…の清水戦
雑感
清水に押し込まれる時間帯が多い印象がありましたが、見ごたえのあるいい試合でした。
こーめいは昨日のエントリーで「鹿島はディフェンス力を試すいいチャンス」と書きました。
そして、「鹿島の守備はおそらく上位陣にも十分通じると思います」とも書きました。
16:30にネットで今日の試合のメンバーを観て、ファボンがリザーブにも名前がないことに愕然とし失点は覚悟していましたが、危ないシーンもありましたが、後半は確実に鹿島のペースで守れていました。
昨季はずっと守備が不安定で、調子のよかった終盤も1点差で勝った試合はないですし、あれだけ押し込まれる中1点を守りきって勝つという試合は久しぶりのような気がします。
もう1つ守備でおもしろかったのが、前半の終了間際の清水の怒涛の波状攻撃です。
鹿島はボールを失うと誰もプレスにはいかず、ゴール前までずるずる下がってシュート、センタリングとやられ放題でしたね。
跳ね返しても全員が下がってしまっているので、こぼれ球を拾われまた攻められるという悪循環でした。
そんな中、失点してしまったわけですが、あのディフェンスはまさに昨年の悪い時の鹿島の守備です。
この試合でも清水がワンタッチでテンポよく繋いでマークが後手後手になると、ついには混乱してあの最悪の守備が出ました。
アウトゥオリ前監督がメンタルの問題と再三言っていたのですが、それが後半の守備でまさに証明されたと思います。
選手、監督はよくハーフタイムで修正しましたね。
あと、後半早々のヤナギのゴールも大きかったです。
ただ、あの最悪の守備はファボンがいれば姿を現さないと思います。
昨年も岩政、青木のコンビの時に起こることが多かった現象ですからね。
前半のあの時間帯に逆転されなかったのは、これぞ相性のよさと言えるでしょう。
被シュート16本と清水にかなり押し込まれたイメージが強い試合でしたが、鹿島の攻撃に関してはシュート11本はこれまでの試合と比べてもあまり変わりません。
決定的なシーンを確実に決めれたかどうかの差でしょうね。
でも、もっとシュート数は増やしていかないといけませんが…。
ボール支配率は清水が49%、鹿島が51%なんですよね。
これ、ほんとかな?
きっと得点後のボール回しの時間帯が鹿島のボール支配率を押し上げてるのでしょうね。
心配だった得点力ですが、野沢が入るとやっぱり違います。
今日の出場は短かったですが、約2ヶ月90分の出場をしてないわけで仕方ないと思います。
これで暫定で9位、得失点差も±0となりました。
野沢の出場時間は徐々に長くなってくるでしょうし、それに比例して攻撃陣もどんどんよくなってくるでしょう。
これからが楽しみです。
書き忘れてましたが、清水は後半途中で息切れして運動量が落ちたように思えました。
鹿島は前半の守備に比べれば、後半はずっと同じいいペースで守れていましたし、これまでリーグ戦もナビスコ杯もメンバーを替えずに来たという効果もあったのではないでしょうか。

一言評
GK 21 曽ケ端準
好セーブ連発の本領発揮でチームの勝利に貢献。
失点シーンはブラインドになるも、シュートを予想していれば止めれたか…。
DF 2 内田篤人
代表合宿のせいか、序盤からコンディションの悪さを露呈。
しかし、悪い時でもそれなりのプレイができるところは評価。
DF 3 岩政大樹
頼りないDFラインの中で獅子奮迅のディフェンス、ハイボールをことごとく跳ね返す。
日本代表が見えてきたか。
DF 5 青木剛
相変わらず判断力が悪くヒヤヒヤさせられるが、結果は出したことを評価したい。
DF 7 新井場徹
時折、守備で奮闘するシーンもあるが、全体的には精彩を欠いた。
MF 8 野沢拓也
今季初スタメンで1アシストと結果を出す。
ボールのもらい方、持ち方、パス、ミドルシュートとやはり攻撃面での存在感は素晴らしい。
MF 14 ⇒増田誓志
遠征疲れもあったと思われるが、何かしていたのか…?
そのプレイからはどのような指示で投入されたのかは不明だった。
MF 10 本山雅志
試合展開の影響もあるが、あまり前にはからめず。
しかし、運動量は多く中盤のバランスを取ることに砕身した。
MF 4 ⇒大岩剛
時間稼ぎ+清水のパワープレイ対策で出場。
時間は短かったが、やはりいるとピリリと締まる。
MF 11 ダニーロ
こちらも試合展開の影響もあるが、攻撃面ではあまり力を発揮できず。
前半途中にトップ下から左サイドにポジションを下げ、試合終盤では市川を見事に抑える。
MF 16 中後雅喜
持ち味はところどころ出すも、攻守両面に精彩を欠いた。
FW 13 柳沢敦
これぞストライカーという仕事ぶり、少ない決定機を確実にものにする。
今季のヤナギはマジで違う!?
MF 17 ⇒興梠慎三
出場時間は長かったが、試合展開に恵まれず。
もう少しクサビのボール、こぼれ球を体を張ってキープして後方を楽にしたかった。
FW 18 マルキーニョス
相変わらず運動量が多く1アシスト。
得点はなかったが、古巣の清水相手に気合いを見せた。

ファボンは木曜日の練習での接触プレイでケガをしたということで、欠場でした。
遠征には帯同していたのでそんなたいしたケガではないと思います。
接触プレイでのケガですからね、それだけ激しいいい練習ができてると前向きに考えたいです。

詳しい分析は後日ということで。

いつもご協力ありがとうございます。
鹿島の勝利を祝ってもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/202-32029eed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する