鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天皇杯4回戦、石川が活躍するも…
11月7日(水) 第87回天皇杯4回戦
G大阪2-2(PK5-3)山形(万博)
[得点者]
14' 豊田陽平(山形)
31' 石川竜也(山形)
51' 播戸竜二(G大阪)
75' 二川孝広(G大阪)
雑感
カウンターから元名古屋の豊田が先制、鹿島からレンタルの石川がFKを直接決めて追加点。
前半はいい形で折り返したんですけどね。
後半、失点するのがやや早かったです。
ただ、播戸のゴールは戻りオフサイドだったようも気もしますが…。
後半の山形エンドの副審はちょっと酷かったです。
終盤は山形の選手はもう動けなくなってケガ人も出ていたのですが、なんとか90分はふんばりました。
石川はよく守備をしていいクロスやサイドチェンジなども使っていましたし、何より運動量が多かったです。
このメンバーの中では落ち着いてプレイしていましたね。
延長戦はもう力尽きるのではないかと思った山形ですが、息を吹き返しいい攻撃を展開しました。
決定的なチャンスもいくつかあったのですが、ことごとく枠に行きませんでした。
G大阪も後半はプレスもよくてかなり動けていたのですが、全体的には7分程度の動きという感じでした。
延長戦になってから再びペースダウンしたので、山形に付け入る隙を作られてしまいましたね。
そのままPK戦に突入。
G大阪の1人目は当然、遠藤です。
相変わらず憎らしいほど冷静に決めました。
山形の1人目は石川。
この順番を見てもやはり山形では精神的に頼りにされている選手なのかなと思います。
肝心のPKはゴール右にはずしてしまうのですが、GKが早くに前に出てしまったため蹴りなおし。
このレフェリーの判断はよかったと思います。
石川はGKの動きに合わせてコースを切り替えて右に力を抜いた球を打ちましたからね。
GKの早すぎる動きがキックに影響したといえるでしょう。
蹴りなおしはきっちり決めました。
しかし、G大阪は全員決め山形は3人目だったかな、1人はずして惜しくも敗れてしまいました。
石川は鹿島に戻ってくるという話もありますが、ロングボールの精度は高いですし、守備もイバよりは上かなって言う感じです。
ただ、ロングボールはフリーの時でないと精度が高いわけではないですし、突破力がないのは難点なんですよね。
ただ、東京Vと山形でコンスタントに試合に出て精神的にたくましくなった印象を受けました。
来季の去就はどうなるのでしょうね。

川崎F3-0C大阪(等々力/4,888人)
[得点者]
09' ジュニーニョ(川崎F)
48' 森 勇介(川崎F)
68' 鄭 大世(川崎F)
雑感
こちらはナビスコ杯のショックもなさそうですね。
普通に快勝しました。
やはりACLの呪縛から逃れて調子を取り戻したようです。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

昨日の海豚のチームドクター後藤さんの辞任についてなんですけど、医者ってプライド高いんですよね。
高卒や大学出てもサッカーで入社した脳味噌筋肉の馬鹿にいいように振り回されるのが我慢ならないんでしょうね。自分としては信念に基づいていてWADAが支持する様な発言もしちゃってますから。
海豚のフロントとしてはこれ以上蒸し返してリーグや協会から睨まれたくないってのが本音なんでしょうね。
で、あの時は悪かったねってどこかで帳尻合わせの恩返しが来る事を期待してるのかもしれません。
普通の感覚ならば6試合の出場停止と1千万円の制裁金の支払という罰則を科せられているのですから名誉回復して制裁金の返還と慰謝料の要求は当然だと思います。
それを表向きはWADAの見解が100%正しいとは限らない、最悪は年単位の出場停止の可能性もなくはないのでスルーしたいと言っているフロントの真意はどこにあるんだろうか?
ビタミンBの静脈注射、通称ニンニク注射自体はドーピング規定に抵触する薬物ではないらしい。
問題は注射をしたという行為自体が正当な医療行為であったかという点であるみたい。
医者の理論からすれば医師が必要と判断して注射したならば、それは正当な医療行為であると言い切るだろうね。
注射するしないをいちいち上にお伺いを立てる必要があるなら、そもそもチームドクターなんて要らないだろうと。
現場の医師が必要と判断したから注射したのであって選手が勝手に注射したのではないのだから。
これで医師の行為が正当な医療行為ではなかったと判断される可能性はかなり低いとおもうんだけど、そうなる可能性を示唆して事を蒸し返すのを避け続けるフロントの対応ってどーなの?
多分リーグや協会に目を付けられると陰湿な有形無形の嫌がらせを受けるんだろうと想像されます。
海豚としては関塚さんの目に見えないなにか大きな力発言とか最近のベストメンバー規定問題とかで何かやられたり言われたりしてるのかも知れません。
また、関塚さんが鹿島在籍時代にリーグや協会に目を付けられて嫌がらせを受けた事をフロントが知っているのかもしれませんね。
今回、チ-ムドクターの後藤氏と海豚の武田社長しかこの問題にコメントを発していず関塚さんが沈黙している事もキナ臭さを感じます。
生来根性の曲がった私などは穿った見方しかできないので最近の劣頭のACL決勝進出でのJ’sの大本営発表の様な企画(流石に抗議が殺到して消したみたいですが)とか見てるとリーグや協会が劣頭を優遇しようと必死なんだなと思ってしまいます。
リーグで劣頭と対戦するチームは前節でカードを出されて主力選手が欠場するという都市伝説めいた噂があります。
これは劣頭を優勝させるために協会審判部が意図的にやってるんじゃないかという噂ですが一連の事件の流れを見ると信憑性を帯びてしまいそうです。
11/18の柏戦で今リーチかかってるマルキ・満男・本山あたりにカードが出たら噂ではなくガチと判断せざるを得ないでしょう。
そして、その時に吹いた奴こそ協会に尻尾を振る日本サッカー界にとっては癌となる人物に他ならないと言う事になるでしょう。
柏戦が俄然楽しみになってきましたよ。
【2007/11/08 11:35】 URL | 整形外来 #EBUSheBA [ 編集]

整形外来さんへ
コメントありがとうございます。
人間には本音と建前、社会や組織には裏と表がありますからね。
川崎にも整形外来さんがおっしゃるような本音はあるでしょうね。
シーズン前の医師への説明会でJリーグの説明が曖昧だった部分もあったわけですけど、それでも間違いを認めないリーグの方針に逆らっても無駄という気持ちもあるのかもしれません。
関塚監督は昨季のレフェリー批判の失敗がありますからJリーグ批判はできないと思いますよ。
J’sの大本営発表の様な企画はこーめいが見たときにはもう消されていましたが、他のブログで内容を知りました。
こーめいはこれっぽっちも浦和を応援してないですけどね。
コメントしたのはどこの鹿サポだったのでしょうか?
今季のスケジュールを見ても浦和優遇措置というのはこーめいも感じてはいましたけど、都市伝説については初耳でした。
柏戦は注意して見ておきます。
【2007/11/08 22:04】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/392-b2d8e74a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する