鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

日本らしさ、いや反町らしさの低空飛行で五輪予選突破!
結果
北京オリンピック2008最終予選
11月21日(水)19:20KICK OFF/国立/42,913人
U-22日本代表 0-0 U-22サウジアラビア代表
[得点者]
なし

感想
序盤の劣勢をしのいだのが大きかった前半
開始からサウジが積極的なプレスで五輪出場への意気込みを見せて来ました。
日本はサウジの勢いにタジタジで決定機を作られますが、青山、細貝の好守備でなんとか事なきを得ます。
そして、20分を過ぎた頃からサウジのプレスが弱まって試合が落ち着きます。
終わってみれば、この20分を耐えしのいだのが勝負の分かれ目となりましたね。
試合が落ち着いてからは日本がボールを持つ時間が増えますが、反町監督自慢の3-5-2は機能せず、結局チャンスは李のヘディングシーンだけ。
前半のシュートはサウジ7本に対して、日本はたったの4本でした。

立場が逆転した後半
後半は日本が攻勢に出ます。
プレスの勢いは前半とはまったく逆になり、その影響がそのまま試合に出ましたね。
柏木や岡崎が動いてボールを引き出し、サイドからの攻撃でチャンスを作るも最後はシュートに精度を欠いて得点は奪えません。
頼みのセットプレイも所詮はベトナム、カタールレベルに通じる程度もの、W杯常連国であるサウジの守備陣にはいいシーンを作れません。
後半のサウジは完全に疲れており、さすがに技術の高さはありますが連携はチグハグ、パスが合わなくて自滅するシーンが目立ちました。
中盤にフレッシュな選手を2人入れてからはやや盛り返しますが、シンプルにセンタリングを上げるタイミング、シュートを打てるタイミングで迷いがあり、結局シュートは0本でした。
監督が代わった3試合目で、日本同様まだ明確な攻撃戦術がなく、探り探りの攻撃というのが丸見えでしたね。
強引に打ってくる選手やドリブルを仕掛けてくる選手がいなかったため、怖さはなかったです。
終盤、日本は当然守りきる事に意思統一されていましたから、サウジの迫力のない攻撃をしのぐにはまったく問題ありませんでした。

やっぱり機能しなかった3-5-2
サウジが2トップということで反町監督は3バックを選択しました。
序盤はサウジの攻撃意識が高く3トップ気味に張り付くシーンがあり、右サイドバックがかなり高い位置を取ることもあり、日本の左サイドのスペースは水本、本田、細貝がケアに回ってほぼ4バックになっていましたね。
しかし、守備に関しては後半は機能していたと言えるでしょう。
問題は攻撃です。
前半はご覧の通り。
後半は日本が押していたとはいえ機能していたとはとても言えません。
柏木は少し古いフランス代表で言えば、ジダンタイプではなくジョルカエフタイプのトップ下です。
柏木がサイドによく動き、本田と水野もサイドに張り付いてプレイして中央に入って来ませんから、ボールをキープする人がいません。
ベトナムのようにプレスがないなら2トップに簡単に出せばいいのですが、プレスが厳しいとポストに入っても収まらず、何より周りに選手がいないんですよね。
だから、日本の攻撃はサイドや裏のスペースを狙うくらいしかありませんでした。
チャンスになりそうなシーンもサウジDFのバックパスやクリアミスが多かったですからね。
惜しいシーンまで行っても決めらるのはベトナム戦のようにゆるい守備とレベルの低いGKのときだけ、シュート際に少し厳しく来られるともうシュートを打てないか、枠に飛ばないか。
まぁ、この試合は相手GKのナイスセーブもありましたけど、攻撃が機能していないのでチャンス自体がそれ程多くありませんね。

相変わらず深刻な決定力不足
決定力に関しては選手がゴール前で落ち着いてシュートするというのがもっとも大事でしょう。
監督が直接決定力不足を改善するのは難しいですが、だったらチャンスの数を増やすようにしなければなりません。
五輪本選までまだ時間はありますが、これまでにはそれ以上の時間があったわけですから、反町監督ではこの課題の克服はもはや望めないでしょうね。
あと選手交替での時間稼ぎも稚拙すぎです。

北京五輪に向けて
なんだかんだで北京五輪の切符は手にしました。
そのことには反町監督に感謝したいです。
しかし、誰が見ても最後の最後までぴちぴち感はなかったですし、このままでは五輪本選で惨敗すると確信している人も多いでしょう。
監督本人がコメントで、「日本の悪い体質なんですが、『行って万歳』でその後、どうもしまらないというのがありますよね。『五輪は参加することに意義ある』ということわざ自体が非常に気に入らないんですが、参加する以上は、メダルに届くようにやるのが当然だと思います」と言っていますが、本当にそう思うなら辞任した方がいいと思います。
厳しいプレッシャーの中、本当にご苦労様でした。
五輪本選は選手の能力をきちんと引き出せる後任監督に任せて、ゆっくり休んでください。
今の状態では、基本的に一生に一度のチャンスである五輪の大会で選手が実力を出しきれるとは思えず、不憫でなりません。
でも、サッカー協会は続投させるんだろうなぁ…。
それはそれでいいとしても、もし予選敗退した場合はきちんと責任とってキャプテンと強化部トップは辞任してほしいですね。
でも、誰も責任とらないんだろうなぁ…。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:サッカー五輪代表 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント
まったくの同感
チームの立ち上げから、このチームを見て参りましたが
最低限の結果は出ましたが(なかば監督自身が開き直りのようですが)
見てるこっちは不満充満です。
貴兄のエントリーに大きくうなずきます。
なんだったんでしょうね?(すでに過去形)このチームは。
【2007/11/22 00:46】 URL | はじめまして #- [ 編集]

>まったくの同感
コメントありがとうございます。
試合後、はじめましてさんやこーめいのように感じた人は多いと思います。
ホイッスル後の水本の泣き顔を見て、開き直った監督の分まで、プレッシャーを背負ってがんばっていたんだなと感じ、切なくなりました。
本来あのメンバーならもっといい試合ができ、プレッシャーも少なくて済んだはずですが…。
【2007/11/22 01:04】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

ほんとにそうですね
こんばんは。私もテレビでテンション低く見ていました。
こちらを読んで、どこかのTVで興梠選手が「真ん中にどっしりいてくれる選手がいない」って言っていたのとつながりました。選手のほうがよくわかってますねぇ。

水本選手の涙に、選手にどれだけしわ寄せがきていたのかと感じずにはいられませんでした。おつかれさま、水本。
【2007/11/22 01:25】 URL | pingu #2Z5jlXfU [ 編集]


自分の涙が監督叩きのネタにされるんじゃあ、いくら嬉しくてもうっかり泣く事もできやしないなあw
【2007/11/22 08:59】 URL | 選手たちは #- [ 編集]

>ほんとにそうですね
pinguさん、コメントありがとうございます。
>興梠選手が「真ん中にどっしりいてくれる選手がいない」って言っていたのとつながりました。
こーめいはその番組見ていないので知らなかったのですが、選手たちも同じように感じていたのですね。
平山もサイドに流れることが多かったですからね。
磐田の前田や鹿島の田代は、監督から「お前の仕事場は中央だ」っていうことを言われてましたけど、反町監督はそういう指導はしないのでしょうかねぇ。
【2007/11/22 09:30】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

選手たちはさんへ
水本があれだけ大泣きしたのは、得点が取れないチームのため、それだけ守備で踏ん張らなかったという証拠でしょう。
それが3ヶ月間で6試合続いて、それだけ負担がかかっていたということです。
そして、攻撃が機能しなかった原因は確実に反町監督にあることは、少しサッカーが分かる人なら理解できると思うんですけどね。
自分のサッカーを観る目のなさを棚に上げて、水本の涙を見て思ったことを書いて批判されるんじゃあ、うっかり感想を書く事もできやしないなあw
【2007/11/22 09:38】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/406-7d8b2f20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する