鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

【第32節分析】驚異的な守り勝ち…の柏戦
結果
鹿島1-0柏(カシマ/18,887人)
[得点者]
42' 船山祐二(鹿島)

前半
□鹿島は4-4-2
いつも通りのボックス型です。
出場停止の小笠原に代わって船山、U-22の篤人の抜けた右サイドバックにはイバが回って、左に石神が入りました。
曽ケ端はこのゲームでJリーグ200試合出場となりました。
□柏は4-2-3-1
前線はトップに北嶋、その下に鈴木、左右に谷澤、太田という布陣でした。
△立ち上がりは守備から
鹿島は36失点、柏は30失点とお互い守備がいいチームですから、予想通り序盤はどちらも守備から入った感じですね。
ボールがどちらに落ち着くという事もなく、立ち上がり10分くらいは両チームとも明確な攻撃戦術を見せられませんでした。
○少しづつ鹿島ペースへ
そんな守備意識が高い試合の入り方から、段々ホームの鹿島が押し始めます。
完全にリズムを掴んでいたという時間はありませんでしたが、セットプレイと速攻を中心に柏ゴールに迫って行きました。
本山、青木と惜しいシーンがありましたね。
△再び膠着状態
残り15分くらいになるとゲームの流れが再び固まります。
どちらもプレス、マークがよくて、トップにボールを収めさせていなかったので、速攻とセットプレイから相手の隙を突くという展開でした。
☆船山のプロ初ゴール
そんな中、セットプレイの流れから船山が気迫のゴールを奪いました。
前半終了間際のいい時間帯での貴重なゴールでした。
○いい守りから隙を窺っていた前半
両チームとも守備意識が高く、攻め手は速攻とセットプレイが中心でした。
どちらも精度で鹿島が勝っていたので、どちらかと言うと鹿島が押している印象の前半でした。
その流れが得点にも繋がりましたね。
守備では寄せがすごく早くて、永井のミドルシュートにはヒヤッとさせられたものの、他には北嶋にペナルティエリアで振り向かれてシュートを1本打たれたくらいでほぼ完璧でした。

後半
△攻撃↓守備↑
後半の立ち上がりはやはりまず守備をもう1度しっかりして入るという感じでした。
前半から引き続いてプレスはいいですし、寄せも早かったです。
何より集中力がありました。
ただ、攻撃意識がその分下がって守→攻への切り替えは前半に比べて少し遅かったですね。
前線でボールキープする選手がいてもそのフォローに走れていませんでした。
×ポストプレイで後ろを楽にしたい
田代とマルキーニョスではなかなかトップにボールがおさまらないですよね。
よく走って前線からプレスをして守備では後ろを助けていたので、攻撃時もポストプレイでタメを作れたなら後ろはもっと助かったんですけどね。
前半に比べてその意識は出ていましたが、後ろの選手ももう少し田代の頭を狙うボールを増やしてもいいかもしれません。
○柏の時間帯も冷静に対処
前線にボールが収まらず、当然のことながら少し運動量が落ちてきたこともあって、柏が鹿島陣内へ押し込んでくる時間帯を作ってしまいました。
コーナーキックを中心に柏のセットプレイが続いたのですが、鹿島選手はまったく慌てずやるべきことをやって冷静に守っていましたね。
○リスクを犯さず守りきる意思統一
鹿島はすでに25分くらいから1点を守るという方向で意思統一されていたように思います。
集中力は相変わらず高かったですし、危ないところには素早く寄せていました。
その意識がきちんと全員に浸透していました。
プレスもしっかり連動していたため、柏がボールを支配していても鹿島選手に寄せられると後ろに下げるシーンが多かったですからね。
その証拠に25分からは柏にたったの2本しかシュートを打たせていません。
○ヤナギ投入
引き続き調子はよさそうですね。
オフザボールの動きは秀逸で、ボールを引き出して前線でタメを作っていたので鹿島の攻撃も回るようになりました。
それが残り10分間の攻勢に繋がりました。
ダニーロのボレーは決めてほしかったです。
○90分続いた集中力
この試合の選手の集中力には驚異的なものを感じました。
運動量もそれほど落ちませんでしたし、集中力に至っては90分間持続したと言ってもいいんじゃないでしょうか。
鹿島が攻めてもないのに相手にシュートを打たせないというのはなかなか後半のあの時間でできることではないですよ。
柏の選手が手数をかけすぎてシュートしなかったのではなく、鹿島の選手が打たせなかったですからね。
すごくいい守備ができている時間帯というのは普通にありますが、1試合を通して観せられると感嘆の念を抱くとともに選手の驚異的な勝利への意欲を感じました。

得点シーン
☆船山のプロ初ゴール
野沢(FK)→田代(ヘッド)→本山(シュートミス)→船山(左足)
岩政のヘディングでのクリアボールを田代がポストプレイしたことが大きかったと思います。
やはりポストプレイは大事です。
そこから右サイドを崩して野沢がセンタリングを上げたのですが、それが柏DFの手に当たってフリーキックとなりました。
副審はナイスジャッジ、きちんとコミュニケーションを取って適切な対処をしてくれたと思います。
そのFKからだったのですが、本山に落としたのは実はDFのクリアではなくて頭1つ飛びぬけていた田代でした。
たぶんシュートを狙って前に入りすぎて後ろにこぼれたのだと思います。
本山は確実にシュートを狙っていましたが、当たり損ねでした(^^;)
自分のところにこぼれてくると確信して準備をしていた船山が、先輩二人のゴールへの想いを受けてきっちり決めました。

感想
分析の中でも書きましたがこの試合の鹿島の守備は驚異的だったと思います。
プレス、マーク、集中力、守備への切り替えと90分ほぼ完璧、柏にボールをもたれていた時間も危ないシーンはそれほどなかったですからね。
その分、攻撃の方はまだまだという感もありますが、小笠原が戻ってきたらタメを作ることもできますし、大きな展開も増えて来るでしょう。

選手評
岩政大樹・大岩剛
ハイボールはことごとく跳ね返し、トップの北嶋にはボールを収めさせず仕事をきっちりこなしていましたね。
安心して見ていられました。
石神直哉
速攻が多かったためサイドバックは出番の少ない試合だったのですが、石神は無難にこなした感はあると思います。
前に出ていたときと違ったのは周囲との連携の成熟度でしょうね。
この試合は全体的に守備の連携はよかったです。
石神もやりやすい面があったんではないでしょうか。
新井場徹
相変わらず調子の良さが窺えます。
ミドルシュートは惜しかったですね。
ルーキー2人が出ているということで中央に絞ってのカバーリング、マークに気を遣っていました。
大人なプレイが多かったように思いますね。
ただ、セットプレイ時相手を完全に抱きかかえて押さえてたシーンがあり、ペナルティ取られないかとヒヤヒヤしましたが…。
ダニーロ
すごくやる気がみなぎっていましたね。
イエロー1枚目はアフターで足の裏を、2枚目は後ろからのスライディングでした。
特に2枚目をもらう原因となったパスミスは判断ミスでもありましたね。
船山が倒れて鹿島ボールだったのだから、時間のことも考えてタッチに出した方がよかったでしょう。
ちょっとやる気が空回りしましたね。
青木剛
体を張ってきっちりボールをキープする姿が頼もしかったです。
この試合の相棒は船山だったのですが、積極的に右サイドに上がってました。
青木の右サイドからのセンタリングは実はけっこう精度高いです。
でも、シュートは枠に行かないんですよねぇ…(^^;)
本山雅志
この試合ではカウンターからの縦への展開でいいスルーパスを出していました。
今シーズンはずっとハイパフォーマンスを保ってチームに貢献していますね。

今日のみどころ
船山のゴールへの意識です。
出場したらゴールを決めるっていう気持ちを強く持っているのがいいですね。
そういう気持ちがボールを呼び込みますからね。
そして、ゴールを狙うこと以外でも自分の中でやることを整理できていたのもよかったと思います。
プレスと球際の激しさ、自分の特徴をよく理解して長所を生かすことを心がけていたことで、いい結果が生まれたんじゃないでしょうか。
船山は初スタメンですが落ち着いて自分のできることをきっちりやっているという感じでした。
球際は激しく行こうという意識がありましたし、終盤でもあれだけプレスできるのはすごいと思います。
決勝点も挙げましたし、今後に期待大です。
とかく若い選手は考えすぎるきらいがあるので、やることを整理して自分らしさを出していけば成果は出ると思います。

監督
小笠原と篤人、興梠がいない中でルーキーの選手をうまく試合に送り込んだと思います。
展開的に動きづらい試合でしたから選手交替はあんなものだと思います。
ダニーロ、柳沢が入ってからリズムもよくなりましたからね。
むしろ試合を見ていて思うのは、相手分析や選手に自信をつけさせたりモチベーションを高めたりという試合前の作業が見事だということです。

少し時間に余裕があったのでしばらくぶりの試合分析をしてみたのですが、久しぶりだとどうも調子が出ないですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/407-293449a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する