鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

オリヴェイラ監督続投確定と選手の放出・補強話
なんだか優勝浮かれからか、天皇杯の甲府戦が水曜日にあると勘違いしていましたf(^^;)
明日は入れ替え戦の1試合目がある日でしたね。
甲府戦は土曜日ということなので、まだもう少し優勝の余韻を楽しんでもいいだろうと本日はサッカーマガジンとダイジェストを購入して、ニンマリしながら読んでいました。
とはいえ、すでに来季に向けてのストーブリーグの話題もぼちぼち出て来ているので今回はそのことについて書こうと思います。

オズワルド オリヴェイラ監督との契約を延長(鹿島オフィシャル)
続投はほぼ決まり状態だったのですが、昨季のアウトゥオリ監督のこともありましたからね。
完全に決まるまで安心できないところもあったのですが、オリヴェイラ監督との契約を延長が確定しました。
これで一安心です。
今季はまだ天皇杯も残ってますから、そっちでもうまく選手のモチベーションを高めて連続タイトルを目指して欲しいです。
そして、来季はまたリーグ戦など国内タイトルに加えてACLもあり、厳しいシーズンとなりそうですから補強も含めたしっかりしたチーム構想を作って準備をしてもらいたいですね。

鹿島 中田浩、パウリーニョ獲得へ(スポニチ)
中田浩二獲得は規定路線として、京都のパウリーニョを狙ってるみたいですね。
今シーズンは24得点していますし、J1で戦った06シーズンは31試合で14得点でした。
運動量が多く、守備にもよく貢献し、パンチ力があって、シュート数が多い選手で、マルキーニョスとタイプは似ていますね。
獲得できるかどうかは別としていい選手だと思います。
パウリーニョの他にもヴァスコ・ダ・ガマのFWレアンドロ・アマラルにオファーを出したという話もあります。
マルキーニョスは残留確定、ファボンは残留濃厚のようですから、ダニーロを放出して外国人FWを1人獲得する方針なのでしょう。
日本人FWはかなり苦しくなると予想されますが、おそらく外国人2トップというのはあまり起用しないのではないですかね。
ACLとケガ人などのことも考えると、FWに外国人枠2つを使うのはありだと思います。

鹿島がU22代表DF伊野波獲りに動く(ニッカン)
こーめいは現時点では伊野波をあまり買ってないのですが、守備的な選手ならオリヴェイラ監督のもとに来れば成長する可能性大だと思います。
今季の青木や岩政が一皮向けたように、精神的にも強くなれるんじゃないでしょうか。
伊野波はボランチ、CBにサイドバックもできますから、鹿島の補強ポイントでもありますからね。
しかし、獲得資金は2億くらいですか…。
鹿島がこれまで払った最高額は確かイバの2億円ですからね。
これは移籍金歴代ランキングでも14位なんですよね。
それに匹敵する活躍をしてもらえるといいですけどね…。

この外、レンタル中の選手では、石川と羽田が復帰濃厚。
深井と金古が未定。
中島は仙台の人になりそうですね。
石川と羽田はそれぞれ山形とC大阪でレギュラーとしてコンスタントな活躍を見せており、精神的にも成長しているのではないでしょうか。
戻って来たら楽しみです。

来季契約を更新しない選手について(鹿島オフィシャル)
残留、補強、復帰と来れば当然チームを去る人もいるわけで、こればかりは悲しいですがプロの世界ですから致し方ないですね。
吉澤佑哉と山本拓弥のユース出身の2人とは来季の契約を結ばないそうです。
吉澤は今季のG大阪戦で、山本も昨季サイドバックとして出場した試合ではいい守備を見せていたんですけどね。
特に吉澤は鹿島にあまりいない守備の人として期待していたのですが…。
ボランチには小笠原、中後、青木といて、さらに鈴木が加入、中田、伊野波の獲得の話があるので厳しいと言えば厳しいですね。
監督にはそれぞれのポジションで好みというか求めるものがあって、オリヴェイラ監督は守備専門のボランチというのはあまり好きではないのかもしれません。
機を見て上がっていける、ミドルシュートがある、ロングフィードが武器などそういう攻撃的な能力を求めているのかもしれませんね。
昨季のアウトゥオリ監督はサイドバックにそういった好みが出ていました。
「サイドバックはハーフウェイラインを越えたらFWだ」と言っていまいたけど、石川や内田潤らドリブルで仕掛けられない選手はあまり使いたがらなかったですからね。
まあ、こういうのもプロの世界では当たり前です。
しかし、石川と内田潤も移籍先で活躍しました。
特に内田潤は新潟でかなり貢献していました。
新潟は内田らケガ人が多くなってから失速していったくらいですから。
だから吉澤と山本もこの悔しさをバネにすることができるなら移籍先で活躍できる可能性も十分ありますし、今のまま鹿島にいるよりも移籍したことが結果的に成長に繋がるということもあるでしょう。
だからまずは少しでも早く次の所属チームが決まればいいなと思います。

ベガルタ、鹿島FW田中を獲得へ(報知)
こちらは請われての移籍ですから、がんばればきっと第2の中島になれるでしょう。
そして活躍すれば萬代のようにJ1からの引き抜きという話も出て来るでしょうからね。
来季の鹿島はFWのポジションをマルキ、田代、新外国人、ヤナギ、興梠、佐々木の6人で回していきそうです。
GKでは首藤が移籍する方向のようですね。
今季は素晴らしい活躍を見せた曽ケ端がレギュラーであることは変わりないですし、ベテランで常に安定感のある小澤が控えています。
そして、ルーキーとしては川俣のユースからの昇格が決まっていますから、バランス的にはいいんじゃないでしょうか。

来季はACLがあるのでこのオフは珍しく鹿島も積極的に動きそうですね。
優勝したのでマイナス査定なしというだけでも心配になってくるのに、獲得資金は大丈夫なのかな!?

早くもランキング急上昇で、ご協力本当にありがとうございます。
最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント
ACL
自分は来期のACLに大変不安を抱いていたのですが、
オリベイラの経歴を振り返ると非常に楽しみになってきました。
大学で体育学を修め、フィジカルコーチとして頭角を現わし
約20年にわたってUAE・カタール等、中東でコーチ・監督を勤めた。
しかも選手のメンタル・モチベーションコントロールに長けている。
まさにACLを戦うに最高の監督ではないでしょうか。
監督は既に今期の浦和失速について冷静に分析してそうですね。
【2007/12/04 23:40】 URL | 初心鹿 #WCSj23LI [ 編集]

>ACL
初心鹿さん、コメントどうもです。
こーめいも最初はACL出場には不安を持っていました。
2位とか3位での出場ではアジアで戦えるとも思えなかったですし、10冠が遠のくことになりますから。
でも、リーグ制覇しての挑戦となると話は別で、チームとして最後はメンタル的な成長も見られましたし、10冠してのチャレンジですからすっきり応援できそうです。
また、初心鹿さんのおっしゃるようにオリヴェイラ監督のメンタルコントロールのうまさと中東での経歴も頼もしいですよね。
フロントも補強に動いてるみたいなので、なんだかACLが楽しみになってきました。
【2007/12/06 00:18】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/410-b5baa0bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する