鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

鹿島がJ優勝で、新たな戦いが勃発!?
鹿島怒とうの9連勝Vでも怒りの年棒(スポニチ)
鹿島「奇跡V」でも微増…選手サイドは不満爆発(報知)
パウリーニョや伊野波獲得とか威勢のいい話が出てましたけど、昨日の記事の最後にも書いた通りやっぱり鹿島はお金がないですね…(^^;)
観客動員アップのためにクラブ・選手もいろんな取り組みを行っていますし、今季優勝したことで観客増も期待できそうですが、それは来季以降に効果が出て来るでしょう。
今季はわずか806人増ですから、収益としては記事にあるとおり優勝賞金分くらいしかアップは見込めません。
プロ野球では巨人が人気があれば他の球団も儲かるので、かつては優勝した時の年俸アップが負担になるため、他球団幹部が現場の監督や選手に露骨に優勝しないようにプレッシャーをかけることもありましたからね。
サッカーでは放映権料は分配方式でチームの儲け方もプロ野球とは違うのでこういうことはないですが、なかなか難儀な問題です。
でも、こういう話題も優勝したからこその風物詩と言えるかもしれません。

2000万円アップ
オリヴェイラ監督、本山雅志
選手に自信を植え付けてリーグ優勝に導いたのは間違いなく監督の手腕が大きかったですし、本山は全試合にスタメンで出場し攻守においてMVP級の活躍をしましたから評価としてはもっとも高くていいと思います。
1500万円アップ
岩政大樹、曽ケ端準
今季はディフェンス力あっての優勝でしたからその中心となった岩政とソガが次点評価に値すると思います。
1200万円アップ
青木剛
前述した通り今季はまず守備ありきの試合運びでしたから、その中で大躍進を果たした青木の評価も高いと思います。
1000万円アップ
マルキーニョス、野沢拓也、内田篤人
助っ人外国人としては及第点の活躍をしてくれたマルキーニョス、ケガから復帰後チームを波に乗せた野沢、代表と掛け持ちながらも安定したプレイを披露した篤人。
間違いなく優勝に大きな貢献を果たした3人ですが、もっとやれたという気持ちもあるのでこのくらいでしょうか。
800万円アップ
田代有三、中後雅喜、大岩剛
この3人も優勝に多大な貢献をしてくれたことは確かです。
しかし、試合出場数を始め数字を考えるとどうしても期間限定感があるのでこのあたりのポジションだと思います。
500万円アップ
柳沢敦、小笠原満男
ヤナギは主将としてチームを支えたことは評価大ですが、やはり数字的にはぜんぜん物足りません。
小笠原も途中加入でチーム力をアップさせて精神的な支柱になりましたが、優勝最大の要因は開幕からやってきた一貫としたチーム戦術が浸透したことが大きかったですからシーズン中途の参加ですしこのくらいで我慢してもらいたいですね。
微増
新井場徹、増田誓志、興梠慎三、佐々木竜太
増田、興梠、佐々木はピンポイントでチームの勝利に貢献してくれましたね。
イバは移籍金に2億もかかってますし、これまでが活躍に比べて年俸をもらいすぎていたのでこのくらいでいいでしょう。
A契約
石神直哉
シーズン途中に晴れてA契約になったのでその分の年俸アップで満足してもらいたいです。
B契約相当
船山祐二
8試合出場で貴重なゴールを上げたことから、B契約相当の年俸にということで。
現状維持
小澤英明、杉山哲、當間健文、後藤圭太、遠藤康、小谷野顕治、大道広幸
出場数がない、もしくは少ないため現状維持となるでしょう。
ルーキーは来季の出場次第では十分A契約を狙えますし、そうなれば年俸アップですから問題ないでしょう。
マイナス査定
ファボン
マイナス査定はないということですが、ケガがあったとはいえ今季のパフォーマンスで1億円は高すぎです。
チーム1の高年俸でもありますからね。
8000万円くらいでも十分だと思います。
放出
ダニーロ、首藤慎一、吉澤佑哉、田中康平
ダニーロはまだ話が出て来ませんが、おそらく契約更新しないでしょう。
その他は戦力外、出番を求めての移籍などになりそうです。

まあ、あくまでこーめいだったらこんな感じの査定にするっていう独断と偏見による個人的な意見ですけどね。
かけるところにはお金を掛けて、かけないところには掛けないっていう方針です。
極端な話、フロントとしては不満だったら移籍してもいいよっていうスタンスで交渉に当たる選手が1,2人くらいいてもいいと思います。
大雑把に計算したら全体で1億5000万円の年俸アップになります。
優勝賞金の半分は優勝ボーナスとして、残り半分の1億円は年俸アップ分に使えます。
残り5000万円は中田浩二獲得資金から出すとか、何とか他から捻出するとかしたら大丈夫なんじゃないですかね。
来季はACLもあって選手層を厚くし、石川や羽田らが復帰すれば彼らの年俸も払うことになりますから、フロントのない袖は振れないっていう主張も分かります。
しかし、少しくらいリスクを負って自分たちを追い込んで来季の観客増へのモチベーションにするっていうくらいの気概も必要だと思います。
ただ、日本は久しく年功序列社会だったためかJリーグもある程度試合に出場していれば年を負うごとに年俸がアップしていき、タイトルを取ってないシーズンでもそれほど下がるっていうことはないですからね。
移籍システムが独特で若い選手はあまり移籍が頻繁に行われず、逆に30歳を越えると移籍しやすくなるというのも理由の1つですが、そういうことを考えると選手側もあまり強い事を言えないのかなとも思います。
まあ、最初の提示金額なのでフロントとしても最低金額を提示しているというのもあると思いますが…。
これからの交渉がどうなるか気になるところですが、何はともあれ1サポーターとしてはすんなりまとまってくれるにこしたことはないですね。

おかげさまで19位から一気に5位にランクアップO(≧∇≦)O
最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

優勝後の風物詩とも言われているようですが。
この件を思うと伊野波(2億円)の名前が挙がってることに
若干の違和感も正直出てきました。最初はアリとも思ってましたが。
中田浩二が既定路線であるならば相当被ってくる訳で、
プラス中後の更なる成長+石川・羽田の復帰で
伊野波分は十分との見方もできるので。
ガンバ&浦和の一体感の無さを思うと金満寄集めも一長一短だなとの印象。
大義として、イバ・大岩のような鹿島としての明確なポジション不足と
先方での行き場の失い加減がある選手に絞った方がよい気がしますね。
中後がチームを出ることの方が全体への波及効果として怖いです。
最近は行き場を失った前目の選手の代表格、
家長の方が同じコストならいいような気がしてきました。
本山の後継者、無風状態の2列目活性化として最高の人材。
っていうかリーグ屈指のタレントですね。無理か。
【2007/12/06 01:31】 URL | 初心鹿 #WCSj23LI [ 編集]

初心鹿さんへ
コメントどうもです(^_^)
優勝したのだからできれば全選手にドドーンと年俸アップしてあげたいですけど、こればかりはね…。
こーめいも資金面を考えると伊野波獲得には少し違和感がありますが、別の見方もできると思います。
昨季浦和でも阿部獲得に4億使うなら今いる選手の年俸アップしてほしいと言ってる選手がいました。
でも、リーグ終盤の惨状を見れば逆にもっと獲得に動いても良かったと思ってる選手もいるんじゃないでしょうかね。
移動ルートや対戦相手など綿密なリサーチに加えて川崎もACL対策にけっこう補強しましたがやはり終盤はきつそうでしたし、選手層では質と量の両方が必要となってきそうです。
そう考えると、ユーティリティなプレイヤーの獲得は必要だと思います。
まあ、浦和と違って鹿島には監督のメンタルコントロールとフィジカルトレーナーとしての手腕、若手の成長という武器がありますし、あとはターンオーバーをうまく使えば、それで乗り切ることもできるのではないかとも思いますけどね。
何にせよなんとか観客動員数を増やして、資金不足という根本的な問題の解決をしたいです。
そのためにもサポーターもがんばらなければ!
【2007/12/06 09:10】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


ユーティリティなプレイヤーの獲得は必要だとは私も思います。
しかし現実問題として伊野波を獲得してなお、
中後はチームに残ってくれるでしょうか?
中田浩二の獲得も見えているのであれば
レンタルであれなんであれ中後はチームを出ると思うのです。
ボランチで5番目の位置づけに満足できるでしょうか?
伊野波と中後に2億の差があるとは思えないのです。
補強したつもりが補強にならない典型になりそうで。
まぁ杞憂に終わると思うのですが。
伊野波がレギュラーポジション保証されないチームに来るとも・・・。
【2007/12/06 18:56】 URL | 初心鹿 #szRLcx2. [ 編集]

初心鹿さんへ(2)
お返事ありがとうございます。
うーんf(^^;)、根本的な考えの違いがあると思うのですが、こーめいは伊野波や浩二が加入しても中後が5番手なんて思っていません。
伊野波>中後だとはまったく思いませんし、むしろ鹿島はサイドバックとセンターバックの選手層が薄いので、ポジションを失うのはそっちの選手ではないかと…。
中田浩二が左SBに入って伊野波はCBの控えになりそうな予感がします。
つまり、中後はボランチの3番手のままですね。
そもそも3番手でも試合にはなかなか出られないわけですから、3番手だろうと5番手だろうと結局は青木と小笠原のどちらかを越えないといけないのですから、状況は変わらないと思います。
>伊野波がレギュラーポジション保証されないチームに来るとも・・・。
今シーズンの伊野波は東京でも決してレギュラーと呼べる存在ではなかったですが…。
まあ、ぶっちゃけ結局は伊野波獲得はないと思いますよf(^^;)
【2007/12/06 23:42】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/411-d7002fc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する