鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

オシムジャパンから岡田ジャパンへ
日本代表・岡田監督 7日正式決定(スポニチ)
正式発表は明日みたいですが、もう岡田監督就任は決定のようですね。
以前にオジェックやトルシエらと一緒に岡田監督の名前が挙がったときに、こーめいはこの3人なら別に誰でもいいって言っていました。
その時の考えは変わらず、岡田監督を支持します。
最初からあまり興味がなかったというか、そもそも岡田監督になるだろうというのは予想が付きましたからね。
日本を知る外国人、そして西野朗や反町康治、大熊清氏ら日本人の名前が挙がっていましたが、現実性や能力を考えると岡田監督が明らかにベストだと思います。
こーめいとしては果たして岡田監督がこのオファーを受けるかどうかというのが、気になっていました。
監督という職業にいろいろ考えるところがあって現場を一旦離れる決断をして、実際にリーガの解説なども楽しそうにしていましたからね。
もう少し冷却期間を取りたいと考えてるのかなぁと思っていたのですが、かなり乗り気なようであっさり決まりましたね。
もちろんオシムジャパンによる南アフリカW杯を楽しみにしていたという気持ちはありますが、オシム監督がああいった形で退くことになって、白羽の矢が立ったのが岡田監督というのは、こーめいとしては楽しみのある人選だと思います。
かなり大変な仕事だとは思いますが、がんばってまずはアジア予選突破を目指してほしいですね。

もっとも妥当だがベストな人選!!
あまりに無難ゆえに、それを批判する意見も出ていますよね。
こーめいは決してサッカー協会の普段の仕事ぶりを評価するものではないですが、今回は単純にベストな選択がもっとも無難な選択だったというだけだと思います。
優秀な外国人監督を招聘するという選択肢もあったのではないかという声もありますが、こーめいもベンゲルやヒディンクが来てくれるならそっちの模索をきちんとしろとサッカー協会に言いたいです。
でも現実路線では不可能ですからね。
韓国だって監督探しに苦戦していますし…。
それにこういう形で引き継ぐなら、近年のJリーグを知る監督であることが理想です。
そうなると現Jリーグ監督の引き抜きという選択があり実際にオジェックの名前も出ていましたが、オシム監督時のゴタゴタとタイミングを考えると難しいでしょう。
ブッフバルトには断られましたし、そもそもオシム監督の名前は日本より欧州での方がよっぽど知られてしますから、外国人監督なら彼の後任というやりづらさに抵抗があるでしょうね。
Jリーグを知っているということ、そしてコミュニケーションのことを考えると日本人という選択肢はいいと思います。
そうなるとはっきり言って人材不足な日本人監督ですから、もう岡田監督しかいないですからね。
それに日本代表、札幌、横浜と監督をして来て、その都度確実に成長しており、そういう点でも日本人監督の中では数少ない有能な人材だと思います。
まあ、欧州選手権が終わればフェリペやアラゴネスなどフリーになる監督もいるでしょうから、リスクマネージメントとして動向を探っておくことは必要だとは思いますけどね。

オシム路線継承は!?
オシム監督の後を引き継ぐということで、「ボールも人も動くサッカー」と表現されるオシム路線はどうなるのかということが取りざたされていますね。
オシム路線を継続するなら、岡田監督という選択は正しいのかという議論があります。
もともと岡田監督はリーガ好きで、ポゼッションからの攻撃的なサッカーを理想としています。
つまり、オシム路線に重なるところは多々あるということです。
実際に札幌での1年目、横浜FM就任時も自らの理想とするサッカーを追い求めて、その結果失敗しています。
そして、逆に結果を追い求めるために強固な守備をベースにしたカウンターサッカーに移行して、札幌をJ1昇格、横浜FMをJリーグ連覇に導きました。
攻撃サッカーを目指して失敗したのなら、ダメじゃんって思うかもしれませんが、逆に言えば結果を出すサッカーには長けているということです。
そして、フランスW杯アジア予選で加茂監督更迭を受けて日本を初のW杯に導いたことからも、途中からの軌道修正力というのはかなり優れていると言えるでしょう。
そもそもこーめいは、オシム路線継承なんていうのははっきり言ってどうでもいいです。
なぜなら、オシム監督の代わりなんて誰にもできないですから。
Jリーグを見てもこれまで幾人もの日本人監督が、運動量をベースにした攻撃サッカーを標榜して大失敗しています。
1シーズン通してそれを貫けた監督は、G大阪の西野監督と甲府の大木監督くらいですよ。
甲府のあくまでおもしろいサッカーにこだわる姿勢は賞賛ものですが、結果は降格というものでした。
理想と現実の差が出ましたよね。
G大阪はここ数年上位にいますが、それは優秀な外国人FWがいればこそです。
選手個人のレベルの差もありますが、甲府との決定的な差はそこです。
もし今季も甲府にバレーもしくは同等レベルの外国人FWがいれば、降格はありえなかったでしょう。
日本代表に有能な外国人FWは今のところいませんからね。
オシム路線と言えば、息子である千葉のアマル監督、弟子である広島のペトロヴィッチ監督がいます。
しかし、その2人でさえJリーグ下位に低迷し、広島はただいま降格の崖っぷちですよね。
日本代表のスタッフということで反町監督も名前が挙げられていましたが、U-22のサッカーを見れば、代表スタッフだからと言ってオシム路線継承にはならないことは明らかでしょう。
要するにこの状況においてオシム路線継承なんて、すでにナンセンスなんですよ。
岡田監督は南アフリカW杯出場のために、何事にとらわれることなく自分の考えでチームを作ればいいだけです。
そもそも準備期間が少ないわけですから、理想よりもまずは結果が求められますし、他人の土俵で相撲を取るようなマネをしてそれで結果がでなければ岡田監督としても不本意でしょう。
オシム監督のサッカーは難しくてにわかサッカーファンには解かりづらく、反町監督のサッカーは何がやりたいかまったく解からない。
岡田監督は比較的誰にでも解かりやすいサッカーをするんじゃないでしょうかね。
そういう意味では観ていておもしろいチームになるのではないかという期待はあります。

攻撃は自由形か規定型か?
これまでの日本代表監督に言い換えると、ジーコorオシム型かトルシエ型かっていうことになります。
もともと岡田監督はトルシエまでは行かなくても、どっちかって言うと攻撃にある程度決まりを作るタイプだと思います。
岡田監督はけっこう話好きで横浜FMの監督を辞めてから、講演やテレビの解説で多く露出していました。
そのときに言っていたのが、横浜FM監督時に「攻撃時は一旦サイドに預けてから」と選手に意識付けしたら、パブロフの犬のようにサイドに展開するようになったそうです。
これは、「中央はDFが厚いからサイドに出せ」っていう意味なんですよね。
こんなものはサッカーのセオリーの1つに過ぎないわけで、当然ケースバイケースです。
中央でもドリブルで1人かわしてシュートまで持っていければ、サイドに出す必要はないわけです。
それが岡田監督の指示で、ある選手は自ら考えて判断することなく、まずはサイドに出すようになってしまい、自分がこの選手の才能を潰してしまったのではないかと悩んだそうです。
実際に成績の振るわなかった横浜FM監督時の終盤は、選手に考えてプレイさせることを心がけていたようですからね。
ここら辺の葛藤というか迷いが一旦現場から退いた理由の1つだと思うのですが、果たして日本代表ではジーコorオシム型かトルシエ型、どちらで行くのでしょうね。
これまでのやり方、そしてあくまで結果至上主義で行くなら規定型の攻撃になりそうですが、岡田監督の中で何か意識の変化などがあるなら自由形の攻撃で行く可能性もあります。

実績は十分!
岡田監督の強みとしてはなんと言ってもこれまでの実績でしょう。
前述したように札幌時代にJ1昇格、横浜FMでJリーグ連覇、そしてW杯予選突破という実績は他の日本人監督の追随を許しません。
何より実際にW杯予選、W杯本番で指揮を執ったという経験は大きいです。
岡田監督も惨敗に終わったフランスW杯で、「あの時にああしておけばよかった」という思いも当然あるでしょうから、ぜひ経験を生かしてほしいですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

遅れながらも…
優勝です!!やりましたね☆

やっぱり優勝って
最高だなあ~と改めて
思いました(^^)/
もっともっと応援したく
なりますね(^ω^)

サカマガの優勝号も
買ってしまいました~♪
【2007/12/07 09:47】 URL | ヤナギ娘 #zlAQJbYM [ 編集]


とても参考になりました。
また、遊びに来ます。
あと、優勝おめでとう御座います。最高の一年でしたネ。
【2007/12/07 19:23】 URL | pooh-tou #iGGafkzk [ 編集]

ヤナギ娘さんへ
コメントどうもです。
久しぶりの優勝、やっぱり優勝っていいものですねO(≧∇≦)O
天皇杯でもこの気持ちをまた選手や監督と共有したいです。
こーめいも今日、サカマガの優勝号買いました~♪
ニンマリしながらじっくり読むつもりです(^_^)
【2007/12/07 22:47】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

pooh-touさんへ
コメント、お祝いの言葉、ありがとうございます。
劇的な逆転優勝ということで、これまでの優勝ともまた違った感動。
最高の1年でした。
今回の記事、参考になったならうれしいです。
こーめいもpooh-touさんのブログを拝見し、いろいろ参考になりました。
フランスW杯のカズの件は、岡田監督も後悔してるところがあるんじゃないでしょうか。
ただ、1つ言えるのはカズを残すよりはずす方が、自身が背負う責任が大きくなることを覚悟した上での決断だったと思います。
まぁ、こーめいもあの選択には疑問でしたし、結果はあの通りでしたけどね…(^^;)
また遊びに来てくださいね。
【2007/12/07 22:55】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/412-7f056473
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する