鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

三冠超え越えと中田浩二の復帰
鹿島神宮でVパレード!1万人が集結(スポニチ)
鹿島神宮周辺優勝パレードに1万人が集結(報知)
中田浩二「鹿島でお世話になりたい」(スポニチ)
鹿島にビッグサプライズ!中田浩が来年6月にチーム復帰宣言(サンスポ)
まずは選手の挨拶でとりを飾った小笠原の頼もしい言葉。
まだ天皇杯があるのでそれも獲りにいきます。来年はアジアの大会もあるので、3冠を超えられるように頑張ります
年間2つのタイトルでもかなり難しいですからね。
2000年はよく3冠を獲ったなと思うと同時に、あの時のすごさというか選手の精神的な強さは相当なものだったんだなぁと改めて思います。
来季は細かい大会まで数えると、ゼロックススーパーカップ、A3、ナビスコ杯、ACL、Jリーグ、天皇杯、そしてACL(条件次第ではリーグ)を制すればクラブW杯も出場できます。
代表でもW杯予選と北京五輪と大事な試合がありますからね。
かなりハードなシーズンになるでしょう。
フィジカル的なコンディションももちろんですが、やはりもっとも大事なのは精神的な強さです。
今季の鹿島選手はアウトゥオリ前監督の撒いた種をオリヴェイラ監督が見事に実らせて、精神的に大きな成長をしましたからね。
来季も一回り大きくなって、ぜひ3冠超え越えを達成したいですね。
精神的な成長と言えば監督の手腕以外にも、本山、そして新主将の柳沢、途中加わった小笠原の存在も大きかったです。
特に柳沢、小笠原も海外移籍をしたことが決して無駄ではなかったことを見せてくれました。
何かと批判があり、確かにしばらくタイトルから遠ざかっていた原因の1つともなった海外移籍ですが、ここに来てその効果が鹿島に還元されたことは間違いないでしょう。
そして、来季途中には中田浩二が戻って来ることも確実のようですね。
シーズン途中に実力もあり精神的支柱となり得る選手が入って来るのは、今季の小笠原のケースを見ても効果は絶大です。
スペースシャトルに例えるなら、今季の鹿島は野沢が第一エンジンで、小笠原が第二エンジンと言えるでしょう。
本山は年がら年中点火していてくれましたね。
3冠超えを狙うならもちろんACLも勝ち残らなくてはいけないわけで、そうなるとハードな戦いがシーズン終盤に詰まってきますからね。
中田浩二はこの上ない補強だと思います。
わだかまりの種類が異なりますが、移籍時のサポーターのそれについては小笠原のときと同様、活躍すれば聞かれなくなるんじゃないですかね。
サポーターってそういうものだと思います。
こーめいは以前からこのブログでも書いているように特にわだかまりはありません。
もともと海外移籍したい選手はチャンスがあれば行けばいいと思ってます。
それに戻って来た柳沢や小笠原の効果、そして海外移籍組、本田元主将含めていなくなったあとの残された選手の成長という効果もあると思います。
これからはもう少し快く海外移籍させてあげてもいいと思いますけどね。
幸か不幸か海外で成績を残せている日本人選手ってほとんどいませんから、戻ってくる可能性高いですし、恩義を与えておくことも必要だと思います。
それに鹿島は選手の入替えがほとんどないですから極端に新しい風が入って来ることがないんですよね。
海外移籍した選手が戻って来るということは、新しい風が吹くっていうことですから。
海外のトップチームは優勝しても必ず新しくレベルの高い選手を迎えます。
そうやって新しい風を入れて、チームを活性化させないと長い期間ずっとタイトルにからみ続けるということはなかなか難しいですからね。
ということで、その他の補強も気になるところです。
今のところ中田浩二以外は伊野波、笠井健太の噂、そしてレンタル組の羽田、金古、石川、深井の動向ですね。
羽田はセレッソに残留しそうですが、石川、深井、金古らはどうなるのでしょうね。
今オフはストーブリーグにも注目です。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント
はじめまして
はじめまして。いつも楽しく読ませていただいております。
「海外移籍したい選手はチャンスがあれば行けばいいと思ってます。」というご意見には同意しますし、特に本山はそろそろ海外でプレーさせてあげてもいいのではと考えています。
一方、中田浩二が復帰するとしたら歓迎したいですが、中田個人のことを考えるとあと2,3年はヨーロッパでプレーした方がいいのではないかと考えています。
来年夏で契約が切れるので移籍金0で獲得できる、29歳という脂の乗った時期である、ヨーロッパでも貴重なセンターバックができる左利きの選手である、ヨーロッパの生活には慣れているということを考えると、特に日本人が実績を残しているブンデスリーガやリーグアンのクラブだったら興味を示しそうですし・・・。鹿島の一員としての中田もいいですが、西欧のレベルの高いリーグやUEFAチャンピオンズリーグで活躍する中田も見てみたいです。

長文になってしまいましたが、今後も宜しくお願い致します。
【2007/12/18 01:05】 URL | yukinho #NHhyAda6 [ 編集]

>はじめまして
yukinhoさん、コメントありがとうございます。
こーめいも中田浩二に欧州でステップアップできるなら、狙ってほしいという気持ちはあります。
でも、日本人の守備の選手で欧州4大リーグや、リーグ1、エールディビジに移籍できる可能性は今のところないに等しいですからね。
スイスリーグではトップリーグが10チームしかおらず、レベルもJリーグと比べても特に高いというわけではないので、中田浩二も物足りなさもあるんだと思います。
そして何より加藤あいのことがありますからね(笑)
日本に帰りたいのでしょう。
【2007/12/18 23:56】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/420-24fbfd01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【 中田浩二 】について最新のブログの口コミをまとめると

中田浩二に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。 プレサーチ【2007/12/17 02:43】

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する