鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

増田残留、そして柳沢は…、あと非公開練習
複数オファーも増田が鹿島残留決断(スポニチ)
増田が鹿島残留へ「一番成長できると思う」(サンスポ)
増田残留「鹿島で成長したい」(報知)
大分、仙台への移籍話が上がっていた増田誓志が鹿島残留を決めました。
監督、フロント、チームメイトなどの話を聞いて、自分でこれからのサッカー人生を考えたら鹿島に残ることがもっとも成長できると決断したようですね。
来季はACLもあることですし、鹿島にとっても本人にとってもよかったと思います。
それにボランチに比べて明らかにオフェンシブハーフの選手層の方が薄いですから、来季はボランチで使われるということもないんじゃないですかね。
笠井健太が加入するとなるとサテライトでサイドバックをせざるをえないという状況も回避されるでしょう。
ポジションを奪えるかどうかは、あとは本人のがんばりしだいですね。
このブログでもこれまで書いて来たように、戦術理解度、判断力というのはまだぜんぜんです。
攻撃的なポジションで使われることとなっても、そういったところの課題は変わりませんから、来季もこーめいは増田に対して厳しいことを書いていくと思います。
でも、その分いいプレイがあれば、それを見逃さず褒めまくりますからね。
攻撃的なポジションで伸び伸びやって自信を取り戻せば、鹿島といういい環境も手伝って大きく成長することもできると思います。
今回の移籍騒動で本人もふっきれて腹をくくることができたのなら、それはきっとプレイに表れてくるでしょう。
来季は増田の良さをたくさん記事にしたいです。

東京V柱谷監督が柳沢獲得に自ら出陣(ニッカン)
ヤナギの方は東京Vと京都からオファーが来ており、去就は天皇杯が終わってからになるでしょう。
鹿島との契約は今季で切れるのでしょうか。
それなら違約金も取れずに移籍金もないということになります。
ヤナギのことを考えれば、残留が一番だと思いますよ。
鹿島でも十分レギュラー争いできる実力はあるのですから。
どうしても新天地を求めるというのなら、京都がいいと思います。
なぜなら、東京Vの場合はいくら直接交渉されても戦力として考えてもらえるかどうかは信用ならないからです。
あそこは選手をできるだけ多く集めておいて、使えない選手を切っていくというやり方をします。
だから、いくら監督から直接口説かれてもポジションは保証されませんよ。
あのチームはフロント主導であって現場主導ではないですからね。
つまり、監督の希望=チームの方針ではないわけです。
それにお金のあるチームですから、少しつまづけばすぐに戦力補強、お払い箱になる可能性もありますし、下手したら外国人FW2人を相手にポジション争いをしないといけないということもあり得るわけです。
かなり戦力が流動的なチームですから、勝負の1年を過ごすには適さないでしょうね。
それなら鹿島に残って勝負した方が、絶対いいです。
逆にもし鹿島とヤナギの契約がもう1年残っていて、ヤナギのことをまったく考えないのなら、鹿島としては東京Vと交渉した方がいいです。
東京Vは気前のいいチームですから、違約金を多くもらえるでしょうからね。
ヤナギはW杯出場したいという意向から、出番のなかったメッシーナから06シーズン頭に鹿島が移籍金を払って買い戻しました。
温情移籍とも言われましたね。
まさにその言葉通りの意味合いは強かったと思います。
ちなみにヤナギがメッシーナに移籍したときの違約金は1億8000万円といわれています。
完全移籍という形だったものの共同保有だったので、鹿島がメッシーナから受け取った金額は9000万円程度でしょう。
そして、買い戻したときの金額は1億1000万円といわれています。
今季は主将として優勝に貢献してくれましたが、やはりそういう経緯がある以上、どうなのよっていう気持ちにはなりますね。
もちろん正解なんて誰にも分からないですから最後はヤナギが決めることですが、本人も悩んで迷っているでしょう。
残留か、移籍か、移籍するにしてもどこにするか…など。
それでこーめいが今回本当に言いたいのは、ヤナギがどうすべきとかそういうことではなく、人生の一大事をこんな状況で決断しないといけないということです。
上述したように移籍というものには本来、所属チームやオファーチームの思惑、環境、チーム構想、方針、そしてそれに選手自身が置かれた状況などが複雑に絡み合います。
それなのに、あまりにも選手が考える時間が短すぎます。
鹿島はまだシーズン中ですし、しっかり移籍のことを考えられるのは天皇杯が終わってからとなります。
しかし、来季構想のことを考えると鹿島にもオファーを出しているチームにも迷惑かけないようにしないといけないですから、早く決断せねばならずほとんど時間がないんですよね。
海外の基準では、所属チームとの契約が切れる半年前から接触できます。
今季はすでに梅崎の浦和への移籍も決まり、柏には菅野、茂原、神戸は須藤、東京Vは那須など市場の動きが早いです。
それに巻、水本、家長、黒津、我那覇などもオファーがあるという話も出ています。
浦和、G大阪、柏、神戸、東京Vなど昔に比べて選手獲得ににお金を使うチームが増えていますからね。
この傾向はこれからも強くなっていくでしょう。
そうするとオファーを出せる時期、オフに入るタイミングが異なる原因となる天皇杯の開催時期を考え直していかないといけないですね。
そもそもJリーグの移籍に関しては、移籍係数という独特の制度があるので30歳未満の選手の放出に当たっては移籍金が保証されています。
それなら、オファーの時期を半年前にしても何の問題もないと思いますよ。
まぁ、夏に来季のチーム構想を考えることができるJチームってそんなにいないでしょうけど、10月にはだいたい順位も固まって来ますからね。
その頃にすでにオファーを出せるようにしておいたら、選手ももっとゆっくり考えられます。
それに現在はチームとしても主力選手に出て行かれると、その穴を埋めるための補強をする期間がないんですよね。
放出が決まってからリストアップし、他の選手にオファーを出してもそんな時期に移籍してくれる選手なんてほとんどいないですからね。
そこでオファー出される選手なんてさらに考える時間がないわけで、どうしても移籍に対して前向きに考えることはできないです。
Jリーグの移籍環境が変わってきた以上、そのシステムももう一度見直す時期に来ているということでしょう。

非公開練習のお知らせ(鹿島オフィシャル)
今日の練習は非公開でした。
鹿島は伝統として練習は公開という方針ですけど、要所ではときどき非公開にすることが増えてきています。
こーめいは練習を見に行くということはできないというのもあるのですが、気持ちを引き締めるための非公開練習というのは賛成です。
ここでの非公開練習はいいタイミングだと思います。
これまで苦戦したものの対戦相手はJ2、降格チーム、JFLで、今度はいよいよ強敵の川崎というところでギアチェンジが必要だと思いますし、本気で天皇杯を取りに行くというメッセージになると思います。
練習内容としては特別なことをするわけじゃないと思いますが、気持ちが引き締まると思います。
気持ちを引き締めるための非公開練習なんて頻繁にやってたら逆に意味ないですから、たまにするのはいいんじゃないですかね。
特に今季は小笠原が言ってたように、昔みたいにぴりぴりしたムードで普段から練習をやってるわけでなく、リラックスした雰囲気での練習が多いですから一層効果があるんじゃないでしょうか。
明後日の川崎戦での選手の気合いの入り度に期待です。

なんだか今日は勢いで書いた感じがあって文章がまとまってないですが、
増田残留を祝してポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

こんちは。去年の国立は小野伸二のゴールで先制され、岩政のゴールで追いつくも、最後はポンテに決めらて敗退でした。「わずかの差なんだけど……大きい差でもあるなあ」なんて考えながら、国立をあとにしたような記憶があります。早いもので、あれから1年。鹿戦士たちはたくましくなり、リーグ制覇をかなえました。勝つこと(優勝)は選手だけでなく、サポーターにも大きな勇気と自信を与えてくれるんですね。そんな思いをもって、明日は国立に参戦です。天気は危ういけど、ゲーム結果は晴れ晴れとしたものになるでしょう。今年最後の応援に力を込め、新春最初の応援に力を込めている自分を想像してます。
さて、移籍についての話題は、各チームとも連日盛んですね。とくに、東京V、神戸、京都、浦和と次々にオファーを出し、草狩り場となってる千葉はどうするんでしょうね。他チームのこととはいえ、崩壊状態をまねくのではないかと気になります。
我が鹿島に目を向ければ、増田の残留は良しとしても、ヤナギの問題は心を痛めます。知人から聞いた話によると、契約の際にヤナギの評価が低く、それが原因だとか。マスコミ報道の前に、すでに京都と話し合いをしたとか、しないとか。どうも複雑な要因がありそうです。そうであれば、「社長が直に話をする」というのも単なるパフォーマンスなのかな? いずれにしても出て行く可能性のほうが高そうです(天皇杯は天皇杯、移籍は移籍と割り切って、応援も難しいなあ)。
そうしたら、ファボンの移籍話が出ましたね。なんでもサントスからのオファー。おいおい、どうすんだよ。CBの構想が早くも崩れてしまいます。羽田だって気持ち的にはすんなり戻りそうもないような感じを受けるし……。伊野波だってどうなるかわからない。しばらくイライラが募りそうです。
【2007/12/28 14:51】 URL | andy #- [ 編集]

andyさんへ
コメントありがとうございます。
昨年の天皇杯準決勝の感想はまったく同じです。
今季は対戦相手に同じ想いを抱かせたいですね。
ヤナギの件に関しては、チームの評価、世代交代の風も原因なのかもと想像はしていました。
でも、評価に関しては皮肉にも天皇杯を観れば高くないのはしようがないと思います。
昨年の清水戦も途中出場でゴールをあげました。
途中出場だとゴール意識が高いから結果を出せるんですけど、スタメンになるとプレイスタイルが変わるんですよね。
普通の選手ならスタメンとベンチスタートでもぜんざいとおしるこくらいの違いなのに、ヤナギの場合はぜんざいとショートケーキくらい違いますから。
そこを克服できれば鹿島でも十分スタメンで活躍できますし、克服できなければどこに行っても変わらないとこーめいは思います。
他チームの移籍確定話が多く出ており、鹿島は放出話がたて続いていますから少し心配になりますが、天皇杯を勝ち進んでるところはやっぱりまだどこも遅いんですよね。
準々決勝で負けた清水の選手獲得ニュースがここに来て出てることを見ても、鹿島フロントもきちんと動いていると思います。
だからそっちは任せておいて、こーめいも心おきなく元日まで一生懸命応援しようと思います。
【2007/12/28 17:03】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/429-312a0acc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する