鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

【天皇杯決勝雑感】優勝は何度振り返ってもうれしい…の広島戦
結果
1月1日(火) 第87回天皇杯決勝
広島 0 - 2 鹿島(国立/46,357人)
[得点者]
08' 内田篤人(鹿島)
89' ダニーロ(鹿島)


雑感
いや~、やっぱり優勝というものは何度振り返ってもいいですね。
ということで、遅ればせながら雑感です。
第1印象はΣ( ̄□ ̄;)でしたね。
扇谷主審の登場におそらくほとんどの鹿島サポーターが、同じ顔をしたと思います。
今季もっとも被害を受けた主審ですからね。
思えば優秀主審に選ばれた岡田主審は、昨季はまだまともなジャッジをしてくれましたね。
それでも優秀主審に選ばれるほどのいい仕事だったとは思えませんが…。
初めて扇谷主審を観た人は早くも正月太り?って思ったかもしれませんが、あの体型が仕様です。
もっと絞らないとまずんいじゃ…?
この試合のジャッジはイバへの遅延イエローなど相変わらず意味不明なジャッジもありましたが、全体的には無難だったと思います。
でも、それも広島の選手が最後まで紳士的で試合があまり激しくならなかったことが大きく影響していますね。
おそらく準決勝の川崎-鹿島戦の笛を吹いていたら、その激しさに無駄にテンパって試合を荒らしていたことでしょう。
試合が始まってからのこーめいの最初の印象は、体が重そうだな~でした。
両チームとも中2日のスケジュールのせいで、準決勝に比べたら動けてなかったですね。
それでもお互いに持ち前のプレスで守備を展開していました。
鹿島は広島のそんな守備をマルキーニョスと篤人のワンツーでうまく抜けましたね。
今季得点がないことを何気に気にしていた篤人の思い切りのいいシュートで鹿島が先制し、いきなり試合を有利な展開に持っていきました。
この試合の次の印象は、イライラでした。
こーめいは川崎戦ではまったくイライラしなかったのですが、決勝戦はお互いに仕掛けがなく見ていて気持ちが焦らされるような展開でした。
岩政のコメントにあるように、「少し慎重になりすぎてしまった」と思います。
広島も積極的に来なかったため、お互いアクションがなく、それ故にリアクションもないという流れになりましたね。
逆に言えば、鹿島の守備がよかったとも言えますし、田代のコメントにあるように、「トーナメント戦を勝つサッカーをした」とも言えるでしょう。
川淵三郎会長が相変わらず低レベルなコメントを発してサポーターの反感を買ってますが、それならまず中2日開催をどうにかしろと言いたいです。
鹿島としてはコンディション的にもよくはなかったですし、1点あれば勝てるという自信のある試合運びをここのところはしていましたからね。
セットプレイなどからチャンスを作っていたのは鹿島でしたし、悪くない試合運びだったとは思います。
後半に入っても前半からの流れは続きました。
ただ、広島は駒野を高い位置に上げて1対1の仕掛け、早めのクロスで前半よりは怖い攻めを見せるようになりましたね。
鹿島はドリブルでの仕掛けには連携したプレスでしっかり対応し、クロスも中できちんとはじき返してこれはっていうチャンスを作らせませんでした。
終盤になって来ると疲れから、鹿島も広島もイージーミスが見え始めました。
鹿島はダニーロ、中後、ヤナギと投入してリフレッシュしつつ、カウンター狙い。
オリヴェイラ監督はナビスコ杯やリーグ戦もそうでしたが、プレッシャーのかかる試合はベテランを登用する傾向がありますから、川崎戦とまったく同じカードの切り方で来ました。
広島も李漢宰らを投入しますが、やはり攻撃的なカード不足は否めませんでしたね。
鹿島はきっちり守って最後は、本山→ヤナギ→ダニーロと繋いでダメを押しました。
あまり動きの少ない試合だっただけに、最後の最後での胸のすくようなゴールは気持ちがよかったです。
攻撃よりも守備の目立った決勝となりましたが、鹿島の守備はきちんと見ている人にはすごくおもしろく興味の惹かれるものだったと思います。
基本はマンマークですが、流れと状況によってはもっとも近い選手がそこを埋めに行くと言うディフェンスを、選手らの高い判断力のもとでやっています。
このブログでも以前から書いてきたように、ハマればペナルティエリア内に相手を入れさせないのでほとんどシュートすら打たせない(苦し紛れのミドルシュートが多くなる)守備となります。
この決勝戦を見て鹿島をイタリアのチームに近いスタイルと思った人もいると思いますが、こーめいはイタリアより04年の欧州選手権を制したギリシャに近いと思います。
見事2-0で広島を粉砕して、リーグ優勝からわずか1ヶ月で11冠目を手にしました。
天皇杯は鹿島にとって強さを見せると同時に課題も出た大会となったと思います。
鹿島は今季、オリヴェイラ監督のもとでレベルの高いディフェンス、勝負強さを手に入れました。
来季の課題は攻撃ですね。
もっとポゼッションしながら軽快なパスワークで崩せる強さも来季は必要になって来ると思います。
それには連携、ポストプレイ、外からのクロスと中の動きのリンクなどが大事となってくるでしょう。
まだオリヴェイラ政権の1年目ですから課題もありますが、それだけに今後どういった成長があるのかというのも楽しみですね。

天皇杯が終わってから、本山のパフォーマンスを賞賛する記事がサッカー誌やWEBでも多くなっています。
鹿島サポからすれば、何を今さらという内容ですけどね。
選手の素晴らしいパフォーマンス→そのチームのサポーター→Jリーグをよく見ている人→結果→マスコミ→一般人
現在のJリーグの選手が評価されるにはこういう流れになっていると思います。
これに対してもう1つの流れがあります。
選手のパフォーマンス→代表監督→代表での露出→マスコミ→一般人
こちらの流れの方が手っ取り早く伝わりますから、鹿島サポからすればここに来てようやく本山の今季の活躍に注目が集まって来たか…という感じですね。
しかし、ベストイレブンの選考委員会のメンバーが一般人レベルでしかサッカーを見れてないというのは実に嘆かわしい事態ですね。
我那覇のドーピングの件、川崎のベストメンバー騒動(柏戦→セパハン戦は中2日だった)、天皇杯決勝が中2日など、選手を大事にする気持ちが少しでもあったらこんなことはできないと思いますよ。
選手を大事にする気持ちがないから選手を見てない、選手を見てないから選手を大事にする気持ちもない。
悲しいかな、これが現在のJリーグ幹部の実態です。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

あけましておめでとうございます。今年もこーめいさんの記事を他サポながら楽しみに拝見させていただきますね。
そして、天皇杯制覇おめでとうございます。内田の判断、思いっきりのよさは本当にいいですね。ガンバの安田といい、広島の柏木といいこの世代の選手は積極的で素晴らしいですね。
Jリーグはクラブ単位では徐々によくなってる傾向があるのに、協会幹部はその進歩に追いついていないですね。ベストメンバー規定の件も本当に飽きれるばかりでした。いつまでこの茶番劇が続くのか不安です。
思えば発足してから協会トップが実質代わっていないのは異常ですよね。
環境だけでも世界レベルにならないとこの先厳しい予感がします。
こうなればJサポ全体でデモでやりますか(^^
今年こそ鹿島さんに勝たせてもらいますよ。では
【2008/01/05 15:53】 URL | オレンジの木 #- [ 編集]

オレンジの木さんへ
明けましておめでとうございます。
>天皇杯制覇おめでとうございます。
ありがとうございます。
今年はW杯予選とオリンピックもあるので、また楽しみな1年となりますね。
>こうなればJサポ全体でデモでやりますか(^^
我那覇の件では、選手会でも募金をしてますので、まずはJリーグへの抗議も込めて、こーめいも微力ながら協力しようと思っています。
同件で新しく立ち上がったHPを見ましたが、Jリーグのやり方の酷さ、対応のまずさには閉口します。
千葉の移籍話を見ても、もともとの元凶は日本サッカー界のトップでふんぞり返っている人ですからね。
早く退かないかなぁと思います。
新年早々、暗い話になってしまいましたが、今季もサッカーを楽しみましょう\(^-^)/
今年もよろしくお願いしますね。
【2008/01/05 16:12】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

天皇杯優勝
鹿サポです。  拝見させてもらってます。  天皇杯優勝やりましたね。 ベストイレブンやMVPなど我々から見るとおかしなことがあり、Jリーグ協会の方々はリーグよりACLに力入れろってメッセージ発したいのか?と感じたりしました。  浦和は特別賞を設けて表彰してやり、Jリーグアワードは普通にやるべきだったと思いますから。 天皇杯優勝できなかったらリーグもまぐれ、アワードも正しいで終わってたかもしれない。  Jリーグに一番の価値を置かないとダメでしょうし。 でも天皇杯も優勝して見せつけてくれて溜飲を下げさせてもらいました。  あんなアワードにしたJ協会の連中も立場ないでしょうね。  選手には本当にありがとうすごいと言いたいです。  
【2008/01/05 17:40】 URL | ロシツキ #- [ 編集]

>天皇杯優勝
ロシツキさん、コメントありがとうございます。
リーグ優勝への雑音は昨季の浦和と同じ勝ち点での優勝だったので、こーめいはあまり気にはしてませんでしたが、やっぱり天皇杯優勝でその実力を知らしめてくれてうれしかったです。
本当に選手には感謝です(^_^)
リーグの勝ち点も天皇杯優勝も昨季の浦和と同じですから、これでもマグレなんていう者がいたら、昨季の浦和の2冠もマグレってことですからね(笑)
そんな雑音を発していた人は、サッカーを観る目をきちんと養ってほしいですね。
【2008/01/05 23:02】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

藤口社長のお買物
今年の鹿島の2冠は大変うれしい。あの強さが藤口社長のお買物につながっていると思います。阿部、梅崎に続き高原。ある意味次誰を獲りにいくか楽しみです。      今年も鹿島は全タイトルとりましょう。
【2008/01/06 08:52】 URL | かわち #- [ 編集]

我那覇選手
我那覇選手のブログ見ましたが、沖縄でお寿司食べたりとても元気そうでした。昨年はドーピング問題、こしてこれから裁判とかで大変でしょうが、ブログ見る限り、本人がとても元気そうで安心しました。http://ameblo.jp/ganakazu/
【2008/01/06 21:43】 URL | 水色スピード #s.Y3apRk [ 編集]

>藤口社長のお買物
かわちさん、コメントありがとうございます。
高原の浦和入り、決定しましたね。
エジミウソン、梅崎、三都主(復帰)、高原で一応終わりのようです。
この大型補強は、今季国内タイトルを1つも獲れなかったことが確実に影響しているでしょう。
鹿島もいい補強をして、今年のタイトルを全部狙いにいきたいですね。
A3は消滅の危機にありますが(^^;)
【2008/01/06 23:15】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

>我那覇選手
水色スピードさん、コメントありがとうございます。
オフィシャルサイトができたって噂になってましたね。
地元に戻ればやっぱり元気出ますよ。
元気を補充して、ドーピング問題の方もJリーグの横暴に屈せずがんばってもらいたいです。
【2008/01/06 23:17】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/437-81e07a7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する