鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

京都サンガ編~08開幕前戦力分析~
京都サンガ
【08シーズン目標:J1定着】
3位 勝ち点86(J2)
24勝14分10敗 80得点59失点

補強度:☆☆☆☆
選手層:☆☆
攻撃力:☆☆☆
守備力:☆☆
監督力:☆☆
経験値:☆☆
序盤戦:☆☆


IN
GK水谷雄一(柏:完全移籍)
DFシジクレイ(G大阪:完全移籍)
DF増嶋竜也(F東京:レンタル)
DF中谷勇介(柏:レンタル→完全移籍)
MF佐藤勇人(千葉:完全移籍)
MF中村太亮(金光大阪高校)
MF加藤弘堅(市立船橋高校)
MFウィリアム・ロドリゲス(羽黒高等学校)
MFアタリバ(CRB:完全移籍)
FW柳沢敦(鹿島:完全移籍)
FW徳重隆明(C大阪:レンタル→完全移籍)
FW林丈統(磐田:レンタル復帰)


OUT
GK西村弘司(名古屋:完全移籍)
GK橋田聡司(未定)
DF秋田豊(引退)
DF三上卓哉(愛媛:完全移籍)
DF田村仁崇(栃木:レンタル)
MF中払大介(福岡:完全移籍)
MF米田兼一郎(徳島:完全移籍)
MF星大輔(栃木:完全移籍)
MF美尾敦(甲府:完全移籍)
MFアンドレ(未定)
MFチアゴ(未定)
FW小原昇(引退)


補強度:☆☆☆☆
的確な補強が光る
これまでどうも中途半端感があった京都の補強ですが、今季はピンポイントで計算できる戦力を獲得しています。
柳沢、佐藤、シジクレイは即戦力であることは言うまでもなく、増嶋、林の存在も確実にチーム力アップをアップさせるでしょう。
最後の外国人枠は02年に神戸に所属していたアタリバとなりましたが、こちらはやや未知数というところでしょうか。
チームを構成する上で重要なセンターラインをしっかりしたものにしようという意図が見て取れますね。
東京V時代もそうですが加藤久監督は人望があり、選手獲得に長けています。
昨季途中までは京都でフロント業務をしていたこともあって、当然ながら現場とフロントの見解が一体となっているということも今回の的確な補強を実現した要因だと思います。
これで残留できなかったら言い訳は難しいでしょう。
予想フォーメーション
京都予想布陣08
GK:①平井、②水谷
CB:①シジクレイ、②森岡
CB:①増嶋、②角田

SB:①手島、②平島、③渡邉
SB:①中谷、②手島

DH:①佐藤、②斉藤
DH:①石井、②アタリバ、③角田

OH:①中山、②倉貫
FW:①柳沢、②渡邉、③林
FW:①田原、②西野
FW:①パウリーニョ、②徳重

選手層:☆☆
残留を目指すには十分な戦力
昨季加藤監督が就任してからの基本フォーメーションは、4-2-1-3でした。
今季はキャンプから指揮を執るということで準備期間がありますから、別の布陣で臨むという可能性もあります。
広島との入れ替え戦では3バックもしていました。
ただ、効果的な補強をしたとはいえ、オフェンシブハーフの選手層はやや薄いように感じますね。
新加入選手のポジションを見ても、基本はこの4-2-1-3でいくのだろうと推測されます。
どちらにせよトップ下を置く布陣となるでしょうね。
右サイドバックに渡邉、左に手島という可能性も十分考えられますが、しっかりとした守備を基本とするコンセプトは変わらないでしょうから、中谷と渡邉を同時にサイドバックとして使うことはないでしょう。
攻撃的MFが少し薄いのと他のチームとの兼ね合いから☆2つとしましたが、目標である残留を目指すにはこと足りる選手層と言えると思います。

攻撃力:☆☆☆
トップ下の選手が鍵を握る
パウリーニョ、柳沢、田原、林、徳重、それに渡邉、中谷はサイドならどこでもできますから、3トップの攻撃力は十分でしょう。
ただ、これを生かすも殺すもトップ下に入ると予想される中山、倉貫がどれだけいいパスを供給できるかにかかっています。
トップ下というポジションは大きく分けると、移動型と展開型の2タイプあります。
移動型は柏木やジョルカエフなど、ポジションを固定せずに左右に動いてボールをもらう使われるのを好むタイプです。
展開型というのは、リケルメやジダン、広島の高萩のような選手ですね。
ボールを集めてもらってキープ、パスを展開して周りの選手をうまく使っていくタイプです。
中山もこちらのタイプに属しますね。
どちらにせよものすごく難しく運動量も必要とするポジションですが、展開型は特にキープ力、パスセンスが要求されます。
J2で通じたからと言って、J1で同じことができるかというと…。
昨季の上位陣のチームのトップ下は、浦和のポンテ、川崎のマギヌン、清水のフェルナンジーニョ、柏のフランサと実力確かな外国人の名前が挙がります。
中位、下位を見ても、横浜の山瀬、千葉の羽生、大分の梅崎、広島の柏木と代表クラスの名前が並びます。
名前だけ見てもどれほど重要なポジションかが分かりますね。
トップ下が簡単に潰されると前線が孤立し攻撃が展開できないどころか、カウンターの餌食になってしまいます。
この最重要ポジションに補強がなかったということで、J1における京都の攻撃力は現時点ではなかなか厳しいところもあると思います。
中山はまだ若いので、成長に期待というところでしょう。

守備力:☆☆
攻守の切り替えがポイント
相手にボールを持たれる時間はどうしても増えるでしょうから、前線からのプレスを組織的に継続的に仕掛けられるかが大事となってきますね。
加藤監督はDF出身ですからしっかりした組織で、まず守備からというチーム作りを目指すでしょうし、シジクレイを始めDFの駒も揃っています。
問題は攻→守への切り替え時ですね。
中盤や前線で悪いボールの取られ方をするとたちまちゴールを奪われるのがJ1です。
補強したとはいえ、昇格したチームは柏のような戦術を取らない限りなかなか固いディフェンスを築くのは難しいでしょう。
引いて守ってばかりではいつかはやられますから、前線に入ったボールはしっかりキープして攻撃はシュートで終わることを心がけていれば失点は抑えられると思います。
ボールを奪われた場合はすみやかに戻る、その切り替えの意識を徹底、持続できるかがポイントですね。

監督力:☆☆
実績はほとんどなく…
昇格を果たしたと言っても、昨季指揮したのはリーグ戦わずか8試合と入替え戦のみです。
こーめいはどうしてもヴェルディ川崎時代の印象が強いので、☆2つにしましたが未知の部分も多いです。
人望は間違いなくJリーグでもトップクラスで、多くの選手に慕われ求心力があります。
シーズン当初からチームを持って、しっかり戦術を浸透させ、的確な選手起用、選手のコンディション調整、柔軟な采配を見せられるかどうか、注目ですね。
広島との入れ替え戦では采配が光りましたから、期待できそうな雰囲気もあります。
まずは昨季のチームをベースに、新戦力をいかにスムーズに溶け込ませて機能させるかが重要となりますね。

経験値:☆☆
潜水艦チームからの脱却なるか
アビスパ福岡から潜水艦チームという異名を受けついた感がありますが、今季は目標に掲げるJ1定着を果たしたいところですね。
経験値というのはその目標を達成するだけの経験があるかどうかということです。
今季も降格争いに参戦する可能性が大いにありますが、その経験というのは3年おきに養っています。
しかし、だから十分と言えるかといえばそうではなく、降格癖が付いてしまっている感があるのでそれを払拭したいですね。
今季の補強を見るとまさにその想いが伝わってきます。


1節3月08日(土)名古屋グランパス(豊田ス)
2節3月16日(日)大宮アルディージャ(西京極)
3節3月30日(日)FC東京(味スタ)
4節4月02日(水)柏レイソル(西京極)
5節4月05日(土)川崎フロンターレ(等々力)
6節4月13日(日)ヴィッセル神戸(西京極)
7節4月19日(土)アルビレックス新潟(東北電ス)
8節4月26日(土)浦和レッドダイヤモンズ(西京極)
9節4月29日(火)ジュビロ磐田(ヤマハ)

序盤戦:☆☆
3節までに結果を出したい
1~3節までの相手は昨季の比較的後ろの順位との対戦となり、それからは上位陣との試合も多くけっこうハードになりそうです。
補強などもあって昨季の順位もアテにはなりませんが、川崎、浦和の実力は言うまでもなく、柏、神戸、磐田は京都と比べても互角以上の補強をしていますからね。
新潟戦もアウェイですし、是が非でもナビスコ杯を含む序盤で結果をだしてリズムに乗りたいところでしょう。
今季は柳沢が移籍したので、こーめいも注目したいチームです。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

京都サンガさんの分析ありがとうございますm(__)mまだ選手の顔も名前もあまりわかってないですが、徐々に覚えていきたいと思ってます。すごくためになりました(^^)ヤナギはもう練習試合でシュート決めたそうで、さすが馴染むのも早いんだなーっとちょっと安心。今季は特に注目度が上がっていると思いますし京都J1定着してほしいですね。
【2008/01/28 22:47】 URL | ヤナギ娘 #- [ 編集]

ヤナギ娘さんへ
コメントありがとうございます。
参考になったならうれしいです(^_^)
いいFWがけっこういるのでどんな組み合わせになるかも注目ですね。
今季はしっかり体作ってケガなく過ごして欲しいです。
【2008/01/29 00:13】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/452-f02f99b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「佐藤勇人」についてのブログリンク集

佐藤勇人 に関するブログのYahoo、Google、Goo、Livedoor検索による最新の口コミ情報をお届けします!… 最新ブログをまとめて検索【2008/01/29 02:21】

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する