鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

岡田ジャパン、消極的な初陣…のチリ戦
結果
1月26日(土)キリンチャレンジカップ2008
日本代表0-0チリ代表(国立/37,261人)

感想
お通夜みたいな試合でしたね。
日本代表は4-1-3-2というまたまた未知のフォーメーション。
これがほとんど機能していませんでした。
前半10分にテンポよくパスが繋がって巻にいい形でスルーパスが通ったシーンがありました。
ああ、こういうサッカーをやりたいんだろうなというのは分かったのですが、それができていたシーンはあまり見られませんでしたね。
もちろんチリの方がビエルサ監督の指導で組織だったいい守備ができていたというのもあるのでしょうが…。
チリは当初4-3-3ということだったのですが、日本が2トップということで3-3-1-3にシフトして、中盤のプレスは特に激しかったですね。
前半は完全にチリペースでした。
日本も高原を筆頭に明らかにコンディションがよくない選手も多かったです。
トップにボールがなかなかおさまらず大きなサイドチェンジも皆無でしたね。
2トップの下に3人置いているのですが、山岸、遠藤、中村と鈴木の間でプレスがまったくかかってない時間帯も多かったですし、サイドバックが上がってセンタリングを上げても中央に1人しか入ってないシーンも目立ちました。
そして何より山岸、遠藤、中村の3人はサイドに開いて1対1の勝負をして守備を崩すっていうタイプではないですからね。
ショートパス一辺倒っていうすごく戦術を狭めるフォーメーションと人選だったと思います。
見ていて思いだしたのが反町五輪の2シャドーのフォーメーションです。
あれも同じような現象を生み出していましたよね。
水野、家長が仕掛けられる分まだ五輪の方が攻撃に幅があったように思いますが…。
こーめいは岡田監督が就任した時に、オシム前監督のやり方にとらわれることなく自分の色を出せばいいと言ったのですが、今回は消極的な判断が招いた失敗だと感じました。
確固たる方針があって4-1-3-2で臨んだのならまだいいですが、4-3-3がどうもしっくり来なくて、4-4-2もいい感じではなくて、結果このようなフォーメーションになったっていう感じですね。
そのため代表戦デビューの篤人の右サイドを始め、全体的に連携もいまいちでした。
いろいろ試して結局ぐだぐだなフォーメーションを選択するというのは、反町監督の専売特許とばかり思ってましたよ。
オシム前監督がようやく4-4-2で固めてきていたのに、どうしてメンバーはほとんど同じでやるサッカーもショートパスを繋ぐという同じやり方なのにフォーメーションを変える必要があったのかと疑問に思います。
タイ戦を仮想して攻撃的にいきたかった?
タイ相手なら4-4-2でも十分押し込めますよ。
時間がなかっただけにフォーメーションはシンプルに、メンバーを変更して自分の色を出して欲しかったですね。
後半は大久保が入ってチリDFラインの裏を積極的に狙うプレイでらしさを見せてチャンスを立て続けに作りました。
まぁ、最後は日本らしさまで見せて決定機を決められなかったわけですけど…。
こーめいはこの試合も先発は大久保と思っていたので、ボスニア戦では先発で使ってほしいですね。
そうしたら結果を出してくれるんじゃないでしょうか。
この時期はどうしても選手のコンディションが落ちているのは仕方ないですし、監督も変わりテストマッチの意味合いも強いということでこんなものでしょうか。
ここはひとまずボスニア戦での岡田監督の修正力に注目したいと思います。

岩政は出場なく、篤人はフル代表デビューを飾ったわけですが、まぁ無難なプレイだったかなと思います。
前半は普段ならこのタイミングで上がって来るのに、という時にオーバーラップがなかったので心配していたのですが、後半はまだ積極的に上がって来ていましたね。
全体的には中盤での悪いボールの取られ方も多く、そうなったらサイドバックはなかなか上がっていくこともできませんからね。
それにチリは攻守ともに左サイドの方が強かったです。
日本が中盤でボールを失ってカウンターを喰らったときもスピードを武器によく戻って守備していましたし、中盤でプレスがかかってないときもポジショニングをうまく取ってインターセプトしてましたから。
右サイドに顔を出すことが多かった中村との連携が悪い中ではよくやっていたと思います。
これからフル代表でやっていけるかどうかはまったく心配してないですが、鹿島サポとしてはケガが心配です。
膝を痛めて交替したわけですが、接触後も普通にプレイしてましたし大丈夫と思うんですけどね。
鹿島の大事な選手なので無理はしないでほしいです。
ボスニア戦では岩政もデビューできるといいですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

4-1-3-2なのか。啓太の1ボランチで2列目をワイドに配して攻撃的にって戦略なんですかね?
にしては山岸が機能してなかった様な気がしますが。
問題は守備に顕著に現れてました。
啓太の両サイドというか両サイドバックの上の部分がポッカリと空いていてSBにとっては守りにくいし守備を考えるとおいそれとは上がれない布陣ではなかったでしょうか?
典型的な4バックに拘るならば中盤はBOXが一番最適ではないでしょうかね?
せめて両サイドの中盤が4-2-3-1よりはやや下がり気味になるダイヤの方が良かった。
但し1ボラというかアンカーを一人置くこのシステムはそこが運動量豊富なスーパーな守備専門家である必要があると思います。
啓太がそれを満たしているかは岡田監督が判断する事なのでしょうけど私見としては、そうは思えませんが。
パス廻しもサイドチェンジを多用する大きな展開とスペースに出して人もボールも動くというイビチャが標榜するものから一転して片方のサイドの狭い所で廻して狭い所を通して打開しようという甲府の様なサッカーに見えたのは大木コーチの入閣が影響しているのですかね?
世間では篤人の出来に目が向いているみたいですが初選出・初出場で周りとのコンビネーションを要求する方が無理というものではないでしょうか?
私が気になったのはむしろ逆サイドです。
LSBは世界的に人材不足なのは承知の上ですが駒野の選出は如何なものでしょうか。
実際出来は酷いものでしたが、出来・不出来に関係なく降格チームのDFを選出する行為自体に疑問を持ちます。
特に広島は寿人・猛犬というスーパーなFWを擁し実際二人とも結構な結果を残しました。
しかし降格したという事は得点以上に失点したという事です。
守備は組織で行う事は百も承知ですが、だからといって駒野に責任がない訳ではありません。寧ろ多大な責任を負うべきだと思います。
得点を数多く重ねるFWであればJ2からの選出もありうるという論理は納得できますが降格チームのDFの起用は有り得ないでしょう。
その一点で岡田監督を私は評価しません。
例えどんなに結果を出しても。
というか駒野を呼び続けるならば日本は2010年に南アフリカに行ける事は無いと断言しておきます。
【2008/01/28 14:14】 URL | 整形外来 #EBUSheBA [ 編集]


じゃあ、今左SBで駒野以上の選手がいますか?
それにしても内田はやられすぎだな~
【2008/01/28 15:44】 URL | ↓の方へ #- [ 編集]

チリ戦
山岸・中村・遠藤の起用は同じく?でした。 岩政じゃなく阿部なのもなんでだろうと。  あとSBがいないのなら3バックの浦和システムにすれば良いのでは。  篤人はまだ学ぶ段階で代表はオリンピックで十分。 加地で若手を使わず負ければ責任は岡田だけど、19歳の篤人を使えばダメでも批判されにくいという印象を受けます。 代表は育成場所じゃなく日本の最高の力を見せないと。 代表ではどんな試合でもオシム・岡田共に結果もとにかく出すべき。  自分からすれば選手選考からして不満だからなお更そう思う。    監督が?と思われても構わない自由な選手選考をしてるなら強さを見せろと言いたい。  鹿島ではクロスを上げさせて良い戦術だし、篤人のシーズン通してのパフォーマンスはまだまだなのに。    3バックにすれば駒野も使う必要もない。 トゥリオ・サントス・田中達と入る予定みたいだから、3バックで浦和勢でやればよいんですよ。 ジェフ勢+その他よりほとんど浦和でやってもらった方がまだ日本代表っぽいし、資格もあると感じる。  Jを見てるものとしては不満一杯の代表です。  山瀬も確か元浦和でしょうから。
【2008/01/28 19:31】 URL | ロシツキ #YYMZsI8c [ 編集]

整形外来さんへ
熱いコメントありがとうございます。
前線の人数を多くして、ショートパスを繋いでいこうという狙いだったんだと思います。
大木監督が甲府でしていたサッカーをしたかったんでしょうね。
ただ、あれは練習時間のない代表でできるかというと疑問ですね。
山岸はほとんど消えていましたね。
鈴木がサイドのケアに周ることもあり、中央が空くこともあって、守備もたいしてよくはなかったですよね。
駒野に関しては、本来サイドハーフをやっておりサイドバックというのはあまりしてないですし、代表さらに左だとパフォーマンスは落ちますね。
でも、サイドバックって本当選手がいないですから、現時点では他にいないですよね。
せめて競争相手は作るべきだと思いますが…。
広島での失点の多さはチーム戦術と本職でないCB陣によるところも大きいと思いますよ。
【2008/01/28 23:50】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

↓の方へさんへ
コメントありがとうございます。
名前のない方ってたいていコメントのレベルが低いですね。
しかも矢印の方向違います(笑)
本当に試合を見ていたのでしょうか?
篤人は1対1は抜かれてませんし、センタリングはあげられましたが最後まで付いていっていたのでコースは限定していました。
あそこまでやっていればあまりいいボールはあげられないですし、中も準備できるのでそれほど心配はないんですよ。
少なくとも鹿島レベルではね。
それに加地も短時間の出場でクロスは上げられてました。
また、チリは右サイドで溜めて左サイドにスペース、数的有利な状況を作ってそこに展開することが多かったです。
要するに篤人はそこをケアしていたわけですよ。
本来なら鈴木、中村と連携して守るべきところですが、慣れない布陣もあって連携は拙かったですね。
ボールを出されてからの守備は不利になるので、途中からは積極的にそこに出るパスをインターセプトする守備をしていました。
もう少しサッカーを観る目を養った方がいいでしょう。
【2008/01/28 23:59】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

>チリ戦
ロシツキさん、コメントありがとうございます。
確かに千葉、浦和勢を多く使うのなら3バックが1番いいでしょうね(笑)
こーめいは代表でもオシム監督が4年間かけてチームを作るなら、ボールも人も~っていうチームはできると思っていましたが、現時点で岡田監督が甲府のようなサッカーを代表で目指すのは無理があると思います。
メンバーはオシム流、戦術は大木流では間違った方向に行ってるのかなって思い始めています。
ここに来てオシム流を引き継ぎつつ、新たな理想を追い求めるのは無理があるんじゃないかと…(^^;)
ボスニア戦はどうなるんでしょうね…。
こーめいは代表の攻撃戦術はもうFWのタイプで決めてしまえばいいと思うんですけどね。
【2008/01/29 00:09】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

篤人
こんにちは。
いつも楽しんで拝見させていただいています。
私も26日の篤人はよくやったと思います☆
①中盤の底は啓太一人で、SBの前にはスペースがあった。
②左WGには早くて(少なくとも篤人と同じくらいのスピードはありました。)、テクニックのある選手が張っていた。
単純にこれだけの状況を考慮しただけでも、代表初キャップの選手があそこまで存在感を発揮できるのはすごいことだと思います。
ただし、篤人が上がったときには相手WGもマンツーで下がってきてました(それぐらいケアすべき脅威だったってことなのでしょう。)のでそれを考慮するともう少し積極的に上がれたかも知れないと思っておりました。
でも、スピードがある選手とやり合うことで、ポジショニングや上がり下がりのタイミングですとかももっと磨かれると思いますので、代表で試合に出てがんばってほしいです☆
あと、篤人の場合はキャンプで一年を考えたコンディション作りをがんばってほしいです。。
例年シーズン後半はパフォーマンスが落ちますし、今年はACL(すでに決勝T行ったつもりでいますが),代表となれば、負担は急増するでしょうから。
怪我をせずに鹿島と代表で一年間活躍してほしいです!
応援しています!
【2008/01/29 09:38】 URL | ぺる #1seCidEM [ 編集]

>篤人
こんばんは、ぺるさん、コメント・応援ありがとうございます。
篤人に関する見解、こーめいも激しく同意です。
もっとチームというものが形となっていれば、左右サイドバックも上がりやすかったと思います。
無難なデビューと言えると思いますが、もちろんまだまだ篤人はやれる選手ですし、やってくれないと困りますからね。
今季は鹿島でのポジションも安泰ではないと思うので、代表含めていい刺激になって、1年間テンションを高く保っていけるといいですね。
ケガもコンディションもメンタルが大きく影響してくる部分もありますから。
【2008/01/29 22:26】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/455-d00a9218
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する