鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

【J1第3節プレビュー】気合いを入れて連戦スタート…の横浜FM戦
明日は16:00からカシマスタジアムで横浜FM戦です。
雨が心配されたのですが、何とか降らずにすみそうですね。
しかし、天候は曇りで最近温かい日が続いていたため、少し肌寒いかもしれません。
雨だと確実に観客動員数に響きますし、昨季序盤はチーム状態だけでなく天候にも悩まされました。
雲が多い日になりそうですが、降水確率は0%というのは天にも味方されてるのかもしれません。
開幕戦に続いて20,000人越えといきたいですね。
少しインターバルも空いたので、きっといい試合を見せてくれるでしょう。

これまでの対戦
リーグ戦の通算成績は17勝3分16敗となっています。
03年:1勝1敗
04年:1勝1敗
05年:2敗
06年:2敗
07年:1勝1分

ここ数年は相性が悪くて05、06シーズンの連敗でリーグ戦での星はまったくの五分になり、昨季に再び勝ち越したという状況です。
昨季のホームは雨の中の戦いでした。
先制された後に中後のゴールで追いつき、そのまま引き分け。
アウェイはマルキーニョスの活躍などで04シーズンぶりのリーグ戦勝利となりました。
ただ、ホームではここ3シーズン勝利していないので、明日は是が非でも勝ちたいですね。

不在メンバー
鹿島:なし
横浜:河合

鹿島は興梠が戻り、後藤も完全復活しているということでケガ人は0の状態だと思います。
各クラブのケガ人のニュースがいくつも出てる中で、もっともスケジュールがきつい鹿島にケガ人がいないというも決して偶然ではないでしょう。
パワープレート、電気治療と氷風呂に加えて、今季から本格導入されたアンクルフォースの効果のおかげです。
しかし、開幕前はFWがたった4人の鹿島の選手層が心配されてましたが、7人もいたチームが危機に陥るとは、フッキの退団も含めて本当に何が起こるか分からないですね。
横浜もケガ人は開幕前からの河合くらいでしょうかね。
しかし、これには松田をボランチ起用するということですでに対応しています。
あとはバーレーン戦に出場した中澤と山瀬の体調がどの程度かというところでしょう。

フォーメーション
鹿島アントラーズ
4-4-2のいつものベストメンバーです。
田代、マルキ
本山、野沢
青木、小笠原
イバ、大岩、岩政、篤人
曽ケ端

控えには小澤、伊野波、中後、増田、ダニーロ、興梠、佐々木で決まりだと思います。
休養は十分のはずですから、いつも通りのことをやっていいサッカーを魅せてほしいです。
特に攻守の切り替えとプレス、この2つが大事になってくるでしょう。
マルキーニョスとイバは相変わらず絶好調だといいですね。
この2人のプレイは今観ていてすごくおもしろいですよ。
鹿島FW田代は代表遠征中にひざ回復(ニッカン)
田代は膝を痛めて精彩を欠いていましたが、日本代表に同行しつつも試合には出ることなく休養できたのがよかったのかもしれませんね。
かなり回復している模様です。
最近はプレイスタイルもよりゴールを意識して変更中で、その影響もあって少し動きがぎこちないのかもしれませんが、膝がいい状態なら空中戦は勝ちまくってくれることでしょう。
全勝対決、序盤の天王山ということでオリヴェイラ監督も非公開練習を実施し、選手も気合いを入れて臨んでくれると思います。
横浜FM
今季から桑原監督が就任し、フォーメーションは3-5-2です。
新外国人のロニーと大島が2トップを組み、主にロペスと山瀬がゲームを組み立てます。
山瀬はボランチですが、松田に比べて少し高い位置を取る模様です。
そして、中盤で作ってサイドの田中準と小宮山を効果的に使って来ます。
3バックは中澤を中央に左右に田中裕と栗原が並びます。
2節のアウェイ札幌戦を観たのですが、シュートは多いもののけっこう札幌の守備に手を焼いたという印象です。
ただ、失点してスイッチが入ってからは格段に動きがよくなりましたね。
底力がある証拠でしょう。
ロニーは出場停止で出ていなかったのでよく分かりませんが、この試合は山瀬→坂田のDFラインの裏を狙った攻撃、大島のポストプレイから中盤を作ってサイドに展開という攻撃が目立ちました。
鹿島としてはいつものプレスと攻守の切り替えが出来ていたら、それほど危ないクロスを入れられるという事はないと思います。
しっかりプレッシャーをかけて上げられたら中央で跳ね返したいですね。
ゴール前では大島のポジショニング、山瀬、松田の上がりに気をつけたいです。
そして、ロニーの特徴も早いうちに掴んで、うまく対応したいですね。
交替カードに関しては鹿島に分があると思います。
特にダニーロは調子よく、復活した興梠、開幕戦ゴールを上げた佐々木、中後の安定感、代表経験もある伊野波、増田など、経験と勢いを兼ね備えています。
横浜FMは代表で中澤、山瀬が不在だったこともありますが、ナビスコ杯では熟成よりも若手の起用を取り、メンバーを変更して挑んでいました。
この辺りの桑原監督の決断がどう出るかも注目です。
鹿島は熟成度の違いを見せて中盤を支配したいところですね。
そして、イバ、篤人の両サイドを高い位置で使って相手のサイド攻撃を封じれば、試合を俄然有利に進められるでしょう。
この横浜戦から始まって、中2日で2試合、中3日で2試合と計5試合が立て続けにあります。
明日はホームですし、絶対に勝っていいスタートをきりたいですね。

鹿島 Jタイ6連続完封へ非公開練習(スポニチ)
鹿島、J記録6戦連続完封狙う(報知)
記録よりもとにかく横浜戦、久しぶりのホーム勝利を熱望します。
5点くらい奪って大勝してくれるなら1失点くらいなんともないですから。
しかし、東京V戦後の岩政のコメントにあったように、ここまで4連勝と言っても昇格組とレベルの低いアジアのチームです。
開幕前の対戦はJ2の2チームでした。
ここで完封勝利できれば自信にもなりますし、今季の展望も見えてこようというものです。
攻守の切り替え、プレスの速さのギアを1つ上げてスカイラインをぶっちぎりましょう。
ピッチの上ではスピード違反は取られませんから。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/503-0fe820eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する