鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

【J1第5節プレビュー】新世代チームのお披露目…の千葉戦
明日は14:00からカシマスタジアムで千葉戦です。
天気は晴れ、気温も15度くらいまで上がりそうで過ごしやすい1日ですね。
風もなくサッカーをやるにも見るにも最高のコンディションになりそうです。
またまた中2日でのきつい試合になりますが、それは千葉も同じです。
それに今節はホームですし、最高のコンディションなのできっといい試合をしてくれるでしょう。

これまでの対戦
リーグ戦の通算成績は24勝2分10敗となっており、この数字だけを見ると相性のいいチームということができます。
03:1勝1敗
04:2敗
05:1勝1分
06:1勝

しかし、03シーズンから06シーズンの1戦目までは3勝1分3敗と五分の成績となっています。
これはいわずもがなオシム千葉との対戦成績です。
06:1敗
07;1勝1分

アマルにバトンタッチされてからはリーグ戦では1勝1分1敗とこちらも五分となってますが、ナビスコ杯決勝での悔しい敗戦はインパクトが強いですね。
というわけで近年は千葉が力を付けてきたこともあって、特別に相性がいいというわけではありません。
ですが、相性が悪いというイメージもなく、この両者の対戦はその時のチーム力、チーム状態がそのまま成績に現れるという印象です。
昨季の対戦も1戦目はお互いに監督(アマルは06途中からですがキャンプからは初めて)、外国人が替わってチームとしてまだ形になってなく、勝ち星のない状態で対戦した結果引き分け。
中後のFKは素晴らしかったですね。
2戦目は鹿島は上位、千葉は降格争い足を突っ込みそうなところで対戦し、オウンゴールで先制されるも逆転して勝利しました。
鹿島はこれまで4連勝、千葉は昨季と同様に勝ち星がない状態で鹿島との対戦となりました。
実力=結果ということになると、現在は鹿島の方が確実に力があります。
本山が出場停止で、かつ中2日で体力的に厳しいですが、鹿島本来の実力を出すことさえできれば自然と結果も付いてくると思います。
この1年強の間に培ったチーム力を見せ付けたいところですね。

不在メンバー
鹿島:本山(出場停止)、小笠原(ケガ)
千葉:新居、苔口、青木良、池田(以上ケガ)

鹿島ピンチ…小笠原 左太腿肉離れか(スポニチ)
今季の鹿島は大きなケガ人がいない状態でスタートできましたが、ここに来て大黒柱に黄信号です。
新潟戦はやや精彩を欠くように見えたのですが、すでに試合中から痛めていたのかもしれませんね。
ACLや浦和戦も控えてますし、肉離れは無理して悪化させたら長期離脱にもなりかねません。
オリヴェイラ監督はどう判断してきますかね。
本山も出場停止ですからいてほしい存在ですが、無理は禁物だと思います。
千葉はキャンプ時からケガ人が多く、ここに来てようやくレイナウドらが戻ってきたところですね。

フォーメーション
鹿島アントラーズ
4-4-2のボックス型のフォーメーションを変更することはないでしょう。
田代、マルキ
ダニーロ、野沢
青木、中後
イバ、大岩、岩政、篤人
曽ケ端

本山のポジションには最近調子がいいダニーロが入ると思います。
これからの長いシーズンを考えてもスタメンでどれだけやれるか見ておきたいところですからね。
小笠原は大事を取るという前提で考えると、ボランチは青木と中後のコンビになりそうです。
守備でもかなり貢献してくれている本山がいないとなると、ボランチのチョイスは自然と守備力がある選手になりますからね。
増田、船山はどちらかというと攻撃的な選手ですし、伊野波はユーティリティ性があって使い勝手がいいのでベンチに置いておきたいところです。
昨季は小笠原の不在試合は22節の横浜FC戦、32節の柏戦とありましたが、どちらも勝利しました。
そのときもファーストチョイスは中後でしたらかね。
柏戦は確か中後がケガをしてたと思います。
小笠原以上に昨季からリーグ戦すべてスタメン出場していた本山の不在も大きいんですよね。
ただ、そこはダニーロが埋めてくれると思いますし、やってくれないと困ります。
普段の鹿島の中盤は小笠原、本山、野沢、青木の4人がかなり流動的に動いてポジションはあってなきが如くです。
しかし、4人のうち1人は必ず後方に残しておくという決まりごとは守られており、それをかなり高度な各選手の戦術眼でこなしています。
中盤のメンバーが2人替わって同じことができるかというとやや疑問です。
しかし、何もやり方をいつもと同じにする必要もありません。
青木と中後でしっかりブロックを作ってバイタルエリアを守り、ダニーロにはできるだけ攻撃に専念してもらって(当然守備時はプレスをかけてもらいますが)、ひたすらチャンスメイクをっていう方法もあります。
その方が役割がはっきりしてやりやすいかもしれませんね。
ここら辺りはオリヴェイラ監督が通常通りにさせるのか、もしくはやり方を少し変更してくるのか注目したいところです。
控え選手は小澤、伊野波、船山、増田、遠藤、興梠、佐々木と予想しておきます。
ジェフ千葉
千葉の試合はまだ1試合も見てないので、詳しいことは分かりません。
フォーメーションは4-4-2のようですが、トップの巻とレイナウドは縦関係になるのかもしれないです。
クゼ監督は開幕前からまずは守備からということを言っており、リーグ戦4試合で2得点5失点ということをからもそれは分かりますね。
守備意識を高くしてある程度は守れるというところですが、攻撃の形はまだまだという感じです。
鹿島戦も守備重視でおそらく自陣に引いて守る展開になるのではないでしょうか。
ただ、攻撃の時間が少ないとどうしても後ろは辛抱しきれなくなって破綻してしまいますよね。
引いて守られたら新潟戦のようにサイド攻撃、ミドルシュートを駆使して得点を狙いにいきたいです。
田代の高さも存分に生かしたいですね。
千葉の守りにリズムができたらやっかいなので、序盤から積極的に行って決めるところはきちっと決めることが重要でしょう。
千葉の攻撃はレイナウドをしっかり潰してタメを作らせないようにすればかなりの部分封じられそうです。
両チームともミドルシュートが鍵になりそうな予感がします。
鹿島は前節バーに当てた青木、また調子のいいダニーロの豪快なシュート炸裂を見たいですね。
千葉は新外国人のフルコビッチがいいようで、ミドルを打たせないようにバイタルエリアでプレッシャーを厳しくいきたいです。
さて、柳沢が移籍して、本山が出場停止、小笠原がケガとなると千葉戦はいわゆる鹿島の黄金時代を経験しているフィールドプレイヤーがまったくいない新世代メンバー(年齢的にはベテラン選手もいますが)となります。
精神的支柱となる選手がいないのは確かに大きいですが、キーワードは「黄金世代がいないから勝てなかったとは言わせない」です。
特に彼らに替わって出場する選手はアピールのチャンスですよ。
昨季のダブルを皮切りにこれからは自分たちが新しい黄金時代を作っていくつもりで、気持ちを出して戦ってほしいですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

これだけ、鹿島が強いと日本代表も鹿島勢中心に組んでよいのではないか。
曽ヶ端、楢崎
中沢、ツウーリオ、岩政、大岩
小笠原、俊輔、稲本、中田、松井、山瀬
田代、森本、大久保
これでどうじゃろか?


【2008/04/05 17:54】 URL | おかだ #NV6rn1uo [ 編集]

おかださんへ
コメントありがとうございます。
これでどうじゃろか?と聞かれても困りますが、鹿島中心で組むなら4バックの方がいいと思います。
【2008/04/05 22:55】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/509-e0eea3a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する