鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

【J1第6節プレビュー】コンディションと勝負強さが鍵…の浦和戦
明日は16:00から埼玉スタジアムで浦和戦です。
天候は雨ですが激しくはなさそうで、もしかしたら試合をする時間にはあがってるかもしれませんね。
しかし、ピッチは濡れていますからそれに対応したプレイが必要となってきます。
ファーストバウンドには特に要注意ですね。
選手もサポーターもやりづらいかもしれませんが、雨の試合がホームでなくてよかったとポジティブに考えて思い切り暴れたいところです。

これまでの対戦
リーグ戦の通算成績は23勝3分8敗となっており、鹿島が圧倒しています。
しかし、浦和が闘莉王や三都主など大型補強をし始めた04年からは勝手が違います。
04:2敗
05:1勝1分
06:1分1敗
07:1勝1分

2勝3分3敗となっており、06シーズンの天皇杯では準決勝でも敗れています。
結局、千葉同様浦和も相性どうこういうより単純にそのときの戦力やチーム状態が勝敗に大きく影響してきそうです。
そうなると現時点では鹿島の方が勝っているでしょうが、今回は連戦による選手のコンディション、雨によるピッチコンディションという未知の部分も多くあります。
そして何より昨季優勝を逃す大きな原因となった33節の直接対決の敗戦のリベンジと燃えてくるでしょう。
こういう怨念みたいな感情は意外と手強いです。
大宮も昨季のNACKスタジアムのこけらおとしで大分に負けたリベンジといき込んで臨んだ今季5節大分戦ではいい試合をして勝利しましたからね。
両チームともここ数試合立ち上がりが悪いって言われてますから、浦和がリベンジの意識を高く持って入って来ると、鹿島も序盤がこれまでのようなリズムでは出足の差に繋がってくる可能性もあります。
連戦による疲れはあるでしょうが気持ちだけは負けないようにしないといけません。

不在メンバー
鹿島:篤人、野沢(微妙)
浦和:ポンテ、三都主、田中(微妙)

鹿島小笠原が久しぶりに練習参加(ニッカン)
ケガが心配された小笠原ですが久しぶりに練習参加し、大丈夫そうです。
篤人はご存知の通り北京国安戦のケガで全治2~3週間、出場できません。
野沢は昨日から練習には出てるようですが、今日の状態を見てオリヴェイラ監督が判断するようです。
浦和は昨季からポンテ、開幕前に三都主が長期離脱しています。
腰痛の永井は磐田戦でも途中出場しており、スタメンで出るかもしれません。
田中達也も回復してきており、ベンチに入るかどうかという話もちらほらあるようですがどうなんでしょうね。

フォーメーション
鹿島アントラーズ
フォーメーションはいつもの4-4-2のボックス型です。
田代、マルキ
本山、野沢
青木、小笠原
イバ、大岩、岩政、伊野波
曽ケ端

鹿島、負傷の内田代役は伊野波(報知)
篤人に替わって右サイドバックには伊野波が入るようですね。
予想通り、最良の選択だと思います。
イバが好調ですから右サイドは攻撃よりもまずは守備重視が大事になってくるでしょうからね。
控え選手は小澤、石神、中後、増田、ダニーロ、興梠、佐々木でしょうか。
野沢が出場できない場合はダニーロがスタメン、遠藤がベンチ入りすると思います。
浦和レッズ
フォーメーションは3-6-1というか、3-4-2-1という形ですね。
前節の千葉も前半は同じ布陣でしたから、多少はやり慣れている感はあるかもしれません。
エジミウソンがトップでその下におそらく梅崎と永井の2シャドーになると思います。
注目の闘利王は引き続き鈴木とボランチを組むのではないでしょうか。
磐田戦を観たのですが、浦和の攻撃で気をつけることは主に3つです。
まず永井です。
1番ボールがおさまりそうな選手なので、ここを潰しておけば浦和のたいていの攻撃は防げると思います。
その次は個人の力です。
前線がどういう組み合わせになるにしろエジミウソン、高原、梅崎と最低2人は新加入選手ですから、連携はまだまだできていません。
しかし、個人の力はある選手が揃ってますからそのケアは大事ですね。
特にカウンターからの突破、そして明日はピッチがスリッピーなのでミドルシュートには要注意です。
鹿島はいつも通り攻守の切り替えを早くして、プレスをしっかりかけて、数的有利を作ってボールを奪いたいですね。
最後はパワープレイです。
磐田戦の2得点はどちらも闘莉王を使ったパワープレイでした。
試合展開によっては終盤、放り込まれるでしょうから、ガンズ中心にきちっと競って闘莉王を自由にさせないことですね。
浦和の守備に関しては、昨季と比べるとびっくりするくらい弱くなっているという印象ですね。
まず、サイドからのクロスに対応できておらず、ほとんど危ないシーンまで持っていかれてました。
好調のイバがガンガン上がって質の高いクロスを入れたいですね。
伊野波もチャンスと思ったらオーバーラップして、持ち前の丁寧なクロスを生かしたいです。
ピッチがスリッピーだとグラウンダーの早いボールも有効でしょうね。
それから攻守の切り替えが遅いので、カウンターが非常に効きそうです。
ここも鹿島はいつも通り攻守の切り替えを早くして突いていきたいです。
また、積極的なプレスでなるべく高い位置で奪うシーンを多く作りたいですね。
そして終盤に投入されるであろうスピードのある興梠に特に期待です。
磐田戦は1週間の3戦目ということで浦和も本調子の動きではなかったのでしょう。
1週間のインターバルがある浦和に対して、鹿島は2週間で5戦目ということでコンディション次第というところが大きいですね。
ただ、磐田のプレスより北京国安戦の鹿島のプレスの方が上でした。
特に磐田は70分過ぎに極端に運動量が落ち、その時間帯に失点も多いですからね。
そもそもそれまでに得点できそうなシーンがいくつもあったので1つでもゴールに結び付けることができていれば逆転負けなんてことはなかったんでしょうけど。
コンディションを考えると鹿島はどうしてもきついですが、こういうところで結果を出していかなければなりません。
それには勝負強さが大事になってきますね。
今季はまだFKから直接というゴールがないので、復調してきている小笠原にビシッと決めてほしいです。
こーめいとしては根本的なところで中盤の構成も気になるところですが、コンディションと勝負強さ、この2つが鍵になってきそうな一戦です。
開幕から5連勝と言っても明日負けてしまえば首位転落ですから、オリヴェイラ風に言うとまだまだ何も成し遂げてないわけです。
1つ1つ全力で戦って、1つ1つ勝利を積み上げていきましょう。

オリベイラ監督過去最長2時間作戦会議(ニッカン)
大事な試合の前はミーティングが長くなるオリヴェイラ監督です。
稀代のモチベーターである監督がきっと選手たちの戦う気持ちに火をつけてくれていることでしょう。
疲労をモチベーションアップでぶっ飛ばしたいところですね。

鹿島の“2枚岩”闘莉王止める!(スポニチ)
岩政は昨季から数字にこだわってプレイし、そして結果を出しています。
今の鹿島の攻撃陣なら1得点くらいはしてくれるでしょうから、失点0に抑えれば勝利できる可能性も高いです。
苦しい試合は後ろがいかに耐えられるかが勝敗を左右しますからね。
ガンズに来るボールはすべてガンガン跳ね返してもらいたいです。
しかし、こーめい推奨のガンズって呼び方は流行んないな…(^^;)

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

こんにちは。去年は、鹿島で負けてしまったので対戦成績は1勝1敗。
ここ4年間は2勝2敗4分けですよ。
しかし、2勝はサイスタというのも事実。明日も勝ちましょう!
【2008/04/12 22:40】 URL | たろろん #- [ 編集]

ガンズ推奨・継続希望
ガンズ・・・私は、この呼び方好きですよ。
ガンズと言えば、海外ロックバンドやゲームを連想する方もいるかと思いますが。。。

お陰様で、、、
私の中では、ガンズ=鹿島の二枚岩です。 (^_^)

浦和は引いて守る傾向にありますが、高い位置で攻撃の起点を作る為にどこかで中盤のプレスを激しくかけてくると思います。ご存知の通り、高い位置でボールを奪うと一気にパワープレイにも似た強引な攻めに転じます。ガンズがいるとは言え、先ずは中盤での攻防により、いかに連動したプレスをやらせないかがKeyだと思っています。ここに連戦の影響が出ると怖いですが、逆に浦和のプレスの連動を崩せば、必ずスペースができますし、浦和はプレスがかからなければ、攻撃の起点が下がるため鹿島有利になるはず。それでも。。。パワープレイのKeyが闘莉王、カウンターのKeyは永井、前線の個人能力も危険な存在。
こーめいさんの挙げられた三点、永井・個人・パワープレイは特に的を得ていると思います。
誤審と怪我人無き良い試合になることを祈ります。。。
【2008/04/13 03:15】 URL | サムライ #- [ 編集]

たろろんさんへ
ご指摘ありがとうございます。
なんか猛烈な勢いで間違えてましたかね…(^^;)
時間があったらもう一度見直して修正しておきます。
【2008/04/13 23:55】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

>ガンズ推奨・継続希望
サムライさん、お気遣い溢れる優しいお言葉ありがとうございます。
こーめいはこれからもがんばって「ガンズ」の呼称を地味に押して行きたいと思います。
ただ、浸透させるには大岩にあと3年くらいはがんばってもらいたいところですf(^^;)
【2008/04/13 23:58】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/515-ad27fc63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する