鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

大道、船山酒気帯び運転と駄馬磯Tシャツにやっぱりな
所属選手の酒気帯び運転に関して(鹿島オフィシャル)
弊クラブ所属選手・大道広幸(20歳)が酒気帯び運転をしていたことが判明いたしましたので、ご報告申し上げます。5月18日午前4時ごろ、茨城県神栖市内での飲酒検問により呼気中からアルコールが検知されました。また、大道の運転する自動車の助手席には、同じく弊クラブ所属選手・船山祐二(23歳)が同乗していました。2人からクラブに報告があり、事情聴取を行った結果、下記のような経緯を確認いたしました。
2人はAFCチャンピオンズリーグのベトナム遠征(5月18~22日、団長・大東和美代表取締役社長)のメンバーでしたが、今回の件が確認されたため、21日のナムディン戦のメンバーから外し、19日深夜ハノイ発の航空機で帰国しました。暫定的に当分の間、謹慎処分とし、正式処分はチームがベトナム遠征から帰国してから決定いたします。
クラブとして、飲酒運転を行わないよう再三にわたって注意を行ってきましたが、このような不祥事を起こしてしまい、誠に申し訳ございません。今回の件を真摯に受け止め、このような反社会的な行為が今後行われないよう、選手、スタッフ、職員等への教育を再徹底してまいります。
【経緯】
▼5月17日から18日にかけての深夜、2人は友人らと茨城県神栖市内で飲酒。その後、運転代行を利用して2人でカラオケ店へと移動した。帰宅の際、運転代行業者が営業を終了していたため、大道の運転により帰宅することを選択した。18日午前4時ごろ、同市内での飲酒検問で、大道から規定を上回るアルコール値が検出された。
▼18日午前、2人は8時45分にバスで選手寮を出発した遠征チームに加わり、午前11時成田空港発のベトナム航空でハノイへと向かった。
▼19日午後、ハノイ市内の遠征先ホテルで2人から取締役強化部長の鈴木満に報告があり、事情聴取を行った結果、酒気帯び運転と同乗の事実があったことを確認。事情聴取を行った強化部長・鈴木より、団長として遠征に帯同している代表取締役社長・大東和美に報告した。クラブとして、2人をナムディン戦には出場させず、即時帰国させることを決定した。同時にクラブから日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)への報告を行った。
▼19日夜、遠征先のホテルでのミーティングで選手たちに報告し、飲酒運転を行わないよう指導した。
▼19日深夜発のベトナム航空便で2人はハノイから帰国の途についた。
▼20日午前、社長の大東よりJリーグの鬼武チェアマンに報告をおこなった。
【代表取締役社長・大東和美コメント】
飲酒運転は反社会的行為であると認識しており、今回の件は許されるものではありません。これまでも飲酒運転についての選手教育を徹底してきたつもりですが、このようなことになってしまい、申し訳ございません。今後、このようなことがないよう、再度、選手・スタッフに対する教育を行い、再発防止に努めます。

この報道を知ったときのこーめいの感想は、「ああ、やっぱりな」でした。
今はもう何が起こっても不思議でない状況というのは分かってましたから。
だから、リーグ7戦未勝利も早い段階でありえる話だとは思ってましたし、そちらも衝撃は受けませんでしたね。
しかし、こーめいの衝撃とは別として、飲酒運転は絶対にやってはいけないことです。
飲酒運転で人生を台無しにする人もいるわけですから、事故を起こさなかったのはせめてもの救いだと思って、猛省してほしいですね。
そしてもう1つの救いは報道などで明らかになる前に、自らがクラブに報告したというところでしょう。
ここらあたりはどこぞの鹿の皮を被った馬サポとは違うところですね。
その駄馬サポの度重なる愚行にまともな対処をできないでいるクラブが、選手に対してまともな教育を徹底できているはずがないわけですよ。
駄馬サポは放ったらかしですが、選手はきちんと管理していますなんてことができるはずがありません。
駄馬サポへの対応ができてないということは、全体としてクラブの管理能力に問題があるということですからね。
つまり、これまで積もりに積もったクラブの体質の腐った部分が今季になって続々と出て来ているわけで、それ故にこーめいは今回のことは残念かつ怒りは感じるものの、まったく驚きはないわけです。
問題の本質はどこにあって、それに対してどういう対処を取ればいいのか、そしてそれができているのか、それを見ていれば、こういうトラブル、試合の結果も予測の範囲です。

これはJリーグにも言えることで、今回の浦和-G大阪戦の事件、度重なる誤審問題も同じですね。
Jリーグのイメージのためにサポーターの愚行や誤審に対してはできるだけ表ざたにしないよう、隠蔽体質だったJリーグですからね。
ゼロックスの乱入事件の処分もあまりに遅くずさんで、しかもまやかしでした。
こういうところで厳しく対処してこなかったことが、今回の大きな事件に繋がったわけです。
審判問題もまったく同じです。

「F○○K YOU REDS」Tシャツ発売(サポティスタ)
これを知ったときのこーめいの感想は、「ああ、やっぱりな」でした。
もとより駄馬磯~な、もとい可哀想な発想力の人たちであることは知ってましたから。
Jリーグやクラブが問題視してスタジアム永久入場禁止など厳しい対応を取るべきだと思います。
すでにショップのサイトは閉鎖してますが、こうなることが分からなかったのでしょうかね。
相変わらず考える力の足りない連中です。
ボクシングで接近して戦うボクサーを称してインファイターと呼ぶのですが、インファイトは自分たちが問題と起こしてもきちんと向き合って戦わず、駄馬サポなのに逃げ足ばかりが一級品ですね(笑)
「YOU REDS」のスペルや、「挑戦」と「挑発」の違いも分からないような駄馬磯~な、もとい可哀想~な知力の持ち主たちですから、自分たちの団体名の意味も理解できていない可能性も十分ありますが…。
もともとどういう意図で付けられたのかは知りませんが、インファイトという言葉の本当の意味は、「1人を大人数で囲んで責め立てるというイン(湿)ファイト」なのではないでしょうか。
それならぴったりだと思いますよ(笑)
おそらくTシャツの武者のシルエットも角は鹿で、体は馬というデザインなのでしょう。
こんなTシャツを買う人がいるのかと思うのですが、実際にいるから売ったりしてるのでしょうね。
買う人の気が知れないですが、自分が駄馬磯~な、もとい可哀想~な人間であることをアピールするだけです。
せめて着るならF○○Kの部分に馬のアップリケでも貼れば、駄馬サポにはすごくお似合いだと思いますよ。

浦和戦でのG大阪サポの愚行、それに対する浦和サポの最終的な対応もそうですが、こういったチャンピオンにふさわしくない行為をするということは、それはチャンピオンであること、チャンピオンになることを拒否しているということです。
そんなサポーターがいくら声を出して応援しても選手の力になることはありません。
何しろチャンピオンになることを拒否してるわけですからね。
やっていることが矛盾している人間は、決して何も成し遂げられないのです。
むしろ足を引っ張ってるだけですね。
鹿島で言えば、駄馬サポの声なんて選手には「ヒヒィーン、ヒヒィーン」としか聞こえてないです。
優勝争いをしたことがないチームがいきなりリーグ優勝することはないというのはこーめいの持論ですが、鹿島、浦和、G大阪がチャンピオンになることを拒否しているこの状態では、川崎、名古屋あたりにはチャンスがあるかもしれないですね。
鹿島、浦和、G大阪はクラブが迅速かつ的確な対処をしてリカバリーをいかに早く図れるかが今後重要となってきますが、その点で考えれば鹿島の今季優勝の可能性は限りなく低いですね。
駄馬サポがチャンピオンであることを拒否し、クラブも一緒に拒否し、挙句の果てには選手まで拒否しているのですから、勝てるはずがありません。
ゼロックスの処分や誤審問題への対応を見てもJリーグ自体が十分腐っているわけですが、クラブはクラブとして今からでもまともな道を進まないと、今回はたまたまこのカードだっただけで浦和-G大阪の事件のようなことが鹿島でも起こるでしょうね。
そのときに勝ち点没収や無観客試合などの処分を受けてから後悔しても遅いですよ。
さらには、十年後には観客動員数も悲惨な状況になっているでしょうね。
そうすればクラブに加入する選手、留まる選手も少なくなって一気に弱体化、J2落ちでしょう。
サポーター、クラブ、選手がそう望んでいる行為をしているのですから、決して大袈裟な予測ではありませんよ。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

こーめい殿
こんばんは。
今年のJリーグは鹿島を含め品格のない3クラブが負の連鎖を引き起こしていますね。
Jリーグの発展を妨げるお荷物3クラブに対して、Jリーグは毅然とした態度を示すべきかと思います。
もっとも、それが出来ない(しない?)から愚チームが暴走していると言えるのかもしれません。

未だにインファイトに対して何も公に動きを見せない鹿島に至ってはJFLに落ちて一からやり直したほうがいいとさえ思ってしまいます。

このままでは勝利の女神はそっぽを向いたままでしょうね。。。
【2008/05/20 22:59】 URL | ピコー #- [ 編集]


はじめまして、お邪魔します。
僕にとっては衝撃的なニュースでした。
遠征前にこんなことしてるなんてすごいショックです。

当事者以外の選手たちには気にせず頑張ってほしいです。
【2008/05/20 23:45】 URL | ぐらす #- [ 編集]


以前、反省していないだろうとは書き込みましたが、まさかここまでとは・・・。冗談抜きで勝ち点はく奪でもされないとクラブもわからないでしょう。磯がいやでスタジアムにいかないという気持ちがよくわかってきました。
 飲酒運転に関しては、解雇のような厳しい対応が必要でしょう
【2008/05/21 06:40】 URL | ジダニーロ #- [ 編集]


昨日はこのニュースのかなりのショックを受け、腹立つやら、情けないやらでしまいには泣いてしまった私なのですが、、、
こーめいさんのおっしゃる通り、自分のところサポへの対応もきちんと出来ないクラブが選手をきちんと指導出来る筈もないですよね、、、。
Jリーグ自体の覚醒は今のところ望めそうにもありませんが、鹿島が世界に出て行けるクラブチームに生まれ変われる今が最後のチャンスかもしれません。
遅そ過ぎるかもしれませんが、インファイトは本当に本当にダメなんだな、、、と今回のTシャツ販売で思い知りました。
時として素晴らしい応援、中には気の良い奴ら(本当に応援している人たち)がいるのも知っていたので、インファイトの全ては切り捨てないで来たんですけど、最早ムリですね。。なんか虚しいです、、、。
【2008/05/21 10:59】 URL | nana #wyPnW/yE [ 編集]

ピコーさんへ
こんばんは、コメントありがとうございます。
クルンタイバンクやナムディンのようにかなり実力差のあるチームなら勝てるのですけどね…。
クラブの品格というものともう一度見つめなおして、王者にふさわしい存在となりたいものです。
そうすれば勝利の女神も微笑んでくれると思いますから。
【2008/05/21 23:30】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

ぐらすさんへ
はじめまして、コメントありがとうございます。
鹿島全体としてゆるい雰囲気がある証拠です。
襟を正す必要がありますね。
【2008/05/21 23:33】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

ジダニーロさんへ
コメントありがとうございます。
前回、難しいだろうとコメントしましたが、やはりという感じです。
これを機にいい方向へ向かえればいいですが…。
【2008/05/21 23:38】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

nanaさんへ
コメントありがとうございます。
中には気の良い奴ら(本当に応援している人たち)の存在や、インファイトの全ては切り捨てないで来たというnanaさんの気持ちはこーめいも分かります。
ただ、本当に応援している人たちこそこういった愚行に腹を立てるべきで、それを正す行動ができないということは結局同じ集団ということです。
【2008/05/21 23:42】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


残念でショックな出来事でした。
サッカー選手としては、今後どうなるかわかりませんが、まだまだ二人とも若いのでまずは人間として、社会人として、更正し、成長して欲しいと思います。
 ほとんど、管理人様に同感ですが気になった点をいくつか。

>そしてもう1つの救いは報道などで明らかになる前に、自らがクラブに報告したというところでしょう。
ここらあたりはどこぞの鹿の皮を被った馬サポとは違うところですね。

本当ですかね。ベトナムまで行っちゃってますからね。たとえ自ら報告したとしても、出来るだけ速やかに、遅くとも遠征前に報告するべきでしょう。どちらにせよ全く救いはありません。

二つ目は、Tシャツ問題や、浦和、ガンバの問題とからめて述べられてますが、問題の底流にJリーグ、クラブの対応があるのは理解できますが、飲酒問題だけは切り離して考えるべき次元だとおもいます。オフィシャルにある通り、反社会的行為であり、リーグやクラブに与える影響はより深刻です。

最後に
>鹿島、浦和、G大阪はクラブが迅速かつ的確な対処をしてリカバリーをいかに早く図れるかが今後重要となってきますが、その点で考えれば鹿島の今季優勝の可能性は限りなく低いですね。
駄馬サポがチャンピオンであることを拒否し、クラブも一緒に拒否し、挙句の果てには選手まで拒否しているのですから、勝てるはずがありません。

全く同感です。おかしな輩はどのチームにも多少にかかわらずいて、時としてトラブルを起こしています。より大切なのは繰り返さないためのクラブの対応です。得に鹿島のクラブとしての対応は、今回のガンバと浦和の対応が十分でないにしろ、その素早さと比べると、こちらがイライラさせられます。何回同じことをやってるんだと叫びたくなります。
現時点では悲しいかな、危機管理能力
ガンバ>浦和∥>>>>>>>鹿島
ですね。
【2008/05/23 11:35】 URL | キュール #0DW/rr8Y [ 編集]

キュールさんへ
コメントありがとうございます。
>本当ですかね。ベトナムまで行っちゃってますからね。たとえ自ら報告したとしても、出来るだけ速やかに、遅くとも遠征前に報告するべきでしょう。どちらにせよ全く救いはありません。
遅れてからでも報告したということは、その間に自分たちのしたことを考え、その重大さを知り、反省する気持ちがあったということだと思います。
もちろん検挙された時点でクラブに報告するのが当たり前ですし、今後はそう徹底すべきですけどね。
しかし、一応たいていの人が嘘はいけないと教えられて育つ中、昨今の食や学校での不祥事による記者会見を見ても、いい大人が保身のために平気で嘘をつき、事実がバレてからあたふたしています。
自分から報告したのと、バレて仕方なく打ち明けたのでは大きな違いがあると思いますよ。
自分たちの愚かさを理解できず、人の意見にも耳を貸さずに何度も同じ愚行を繰り返す人間の方がよほど救いようがないと思います。
前者は間違った判断をした人間、後者は間違った人間性の持ち主です。
>二つ目は、Tシャツ問題や、浦和、ガンバの問題とからめて述べられてますが、問題の底流にJリーグ、クラブの対応があるのは理解できますが、飲酒問題だけは切り離して考えるべき次元だとおもいます。オフィシャルにある通り、反社会的行為であり、リーグやクラブに与える影響はより深刻です。
飲酒運転同様に傷害、傷害未遂、器物破損、集団で1人を囲んでの恫喝もこーめいは十分反社会的行為だと考えています。
立場やその罪の重さで、責任と処罰の重さが変わるだけで、次元が違うとは思いません。
【2008/05/23 22:07】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/538-530f53e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する