鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

【ACL予選雑感】なんとかACL予選突破…のナムディン戦
結果
ナムディン0-4鹿島(19:00/ハノイ)
[得点者]
28' 田代有三(鹿島)←小笠原
48' 興梠慎三(鹿島)
75' 本山雅志(鹿島)
88' ダニーロ(鹿島)


雑感
対戦相手のレベルを考えると勝利は固かったのですが、決勝トーナメント進出が確定してほっとしました。
ナムディンも若手を積極的に起用したということで、ほとんど何もさせずに勝ったわけですけど特に後半の内容はよかった方だと思います。
前半はデコボコのピッチとゴール前に人数をかけて守るナムディンに手こずりましたが、DFラインの裏はけっこう狙い目でしたからね。
田代、興梠、本山らが積極的に狙うもパスが出なかったりオフサイドだったりしたのですが、先制ゴールはやはりこの形からでした。
小笠原のパスに裏へ抜け出した田代が落ち着いて左足で決めましたね。
こういう形は1発通れば決定的なチャンスになるので、オフサイドに何度もかかりつつも狙いに行ったのが功を奏しました。
守備を固めるナムディンにもっとも有効な手を打てていたと思います。
前半は選手の固さもあったのか、ややふわふわしたプレイもありましたが、後半は気持ちの入ったプレイが随所に見られました。
オリヴェイラ監督のハーフタイムの修正力も久しぶりに発揮されたという感じです。
興梠は軽いプレイ、クロスのミスなども多かったですが、後半早々相手DFに足を踏まれてからこんちくしょーと思ったのか、気合いの入ったプレイが見られるようになりましたね。
曽ケ端のフィードを体を張ってポストプレイで落とし、一連の流れからうまくゴール前に飛び込んでイバのクロスに合わせました。
ヘディングシュートはGKに阻まれるもこぼれ球を落ち着いて決めました。
3点目は右サイドからの綺麗な崩しでしたね。
篤人がボールをためて、走りこんだ青木にパス、そのクロスに佐々木がいいタイミングでゴール前に入って行きました。
その前でGKがセーブするもこぼれ球を本山が落ち着いて決めました。
4点目はダニーロの個人技ですね。
動きの遅いおしゃれなフェイントから一気に抜け出して、GKとの1対1を落ち着いて決めました。
その後も最後まで得点を狙いに行っていましたね。
相手のレベルもあるので当然と言えば当然ですが、快勝でACL予選を突破しました。
鹿島としては悲願の~的なことをアナウンサーが言ってましたが、以前のACLに比べたらそれでもまだ条件的にかなり恵まれていた分、こーめいは別の大会っていう意識が強くて悲願という気持ちはあまりないですね。
とは言え、前半戦の最大の目標ではあったのでめでたいことです。
なんとかかんとかですが、最低限の目標をクリアした形で中断に入れるのでOKというところですね。
決勝トーナメント初戦にはカードの累積での出場停止はなく、対戦相手は3日後の抽選で決まるようです。
他のグループの試合を見たわけでないですが、現状では決勝トーナメント進出の8チームの中では鹿島が1番弱いような気がします。
しかし、決勝トーナメントは9月ですから、これから11連休でしっかり心身をリフレッシュして、Jヴィレッジでいい合宿ができれば希望もあるでしょう。
一方その頃、北京国安(中国)は、クルンタイバンク(タイ)に3―5で敗れたそうです。
テレビ観戦だったので随時途中経過が入っていたのですが、クルンタイバンクが先制、さらに前半で3-0、北京国安は後半もあれよあれよと得点されて最後はなんとか意地を見せたという感じでした。
最後の最後で5点も取られて負けるなら、いっそのこと北京での鹿島の試合で負けててくれたらなぁーって思ったことは内緒です。

選手評
曽ケ端準
あまり仕事をするような場面はありませんでしが、冷静に対応。
珍しくフィードキックの精度が素晴らしかったです。
岩政大樹
ハイボール、裏へのボール、対人など冷静に対応。
大岩剛
若手の選手よりよほど気迫を感じるプレイをしてくれています。
新井場徹
去年まではチーム状態が悪いと周りに支えられる選手でしたが、今季は支える側で堂々の存在を発揮しています。
2点目を演出したクロスは、こーめいが代表や鹿島の試合で切望していた出すところを心得たものでした。
内田篤人
コンディションはまだまだみたいですが、いてくれると攻撃にヴァリエーションが出ますね。
サイドバックがあれだけフィードでき、ワンツー、ドリブルの仕掛け、PA内への飛び出しなどして行ったら相手は相当嫌だと思います。
ただ、クロスはもっと工夫が必要。
野沢拓也
疲れがあるのだと思いますが、ミス乱発で消えている時間も多かったですね。
本山雅志
守備面では好調だった頃が少し垣間見えるプレッシングで貢献。
攻撃ではあまり目立ちませんでしたが、前半から裏への飛び出しなどのオフザボールの動きはよく、それが得点シーンにも繋がりました。
⇒遠藤康
28分のあたりからこーめいは遠藤を出せ~っと思っていたのですが、残り10分をきったところで出てきてくれました。
出場時間は短かったので何とも言えませんが、ドリブルでの仕掛けと可能性のあるミドルシュート、鋭いクロスを披露しました。
ああいうところは遠藤のよさなのでもっと出していってほしいですね。
怖さを持った選手なのでこれからが楽しみです。
青木剛
本調子でないながらもインターセプト、攻め上がり、カバーリング、ボールキープで大いに貢献。
好不調の波に関わらず、高いレベルで安定したプレイを発揮できるようになりました。
小笠原満男
柏戦は良くなかったですが、この試合はあまりプレッシャーもきつくなく随所にいい仕事をしていました。
興梠慎三
旧新井場っていう感じがします。
とにかく軽いプレイが多いです。
気持ちが乗るといいプレイをするんですけどね…。
後半は気合いが乗ったプレイを見せるも負傷により交替。
目のところを冷やしてましたが、眼窩骨折とかでないといいですね。
心配です。
⇒佐々木竜太
動きはいいのでゴールが欲しいです。
ポスト直撃のシュートが入っていれば…。
田代有三
ケガの影響もあるでしょうが、低いレベルでプレイが安定してしまってるかなという印象です。
しかし、先制点を取りストライカーとしての役割は果たしました。
中断期間でしっかりケガを治してください。
⇒ダニーロ
やはり経験と落ち着きがあるぶん、控えの若い選手と比べると抜きん出てますね。
得点シーンの技術も見事でした。

鹿島のACL予選突破を祝してポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント
若手の競争
遠藤君を初めて見ましたが、なかなかなものですね。
(増田君は大丈夫?ライバル登場ですね)
Jでどれだけ通用するか、興味がわきます!
伊野波、石神、遠藤、増田、佐々木・・・・・(ああ馬鹿者二人)
もっと使ってくれないかな~、オリベイラさん(今年のテーマは底上げですよ)
こうめい軍師の遠藤コールの意味がわかりました、の試合でした。
【2008/05/23 10:51】 URL | antrahope #- [ 編集]

>若手の競争
antrahopeさん、コメントありがとうございます。
遠藤はおもしろそうな選手でしょ~(⌒o⌒)b
相手のレベルと出場時間を考えるとまだJリーグでどれだけやれるかは分かりませんが、1対1の仕掛け、積極的にシュートを打っていく怖さを持っている選手だと思います。
マルキーニョスで証明されているように怖さを持った選手は鹿島では貴重な存在となるでしょう。
【2008/05/23 21:54】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/539-b34acd8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する