鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

オシムジャパンと比較して見る岡田色分析
前回に続き岡田ジャパンの分析ですが、今回はオシムジャパンと比較しながら見ていきたいと思います。
そのため、まずはオシムジャパンがどういった経緯でチーム作りされていたのかを検証していきます。
ただ、名将オシムの考えはとうてい常人では図ることもできず、志半ばになってしまったので、かなりこーめいの憶測にしかすぎませんけどねf(^^;)

日本代表2006年度日程(サンスポ)
日本代表2007年度日程(サンスポ)
メンバーをすべて書き出すと大仕事になるので、上記を参考に見てもらえればと思います。
①走れる選手の選考会
06シーズンに召集された選手の特徴としてはほとんどが使われる側の選手ということです。
トリニダード・トバゴ戦のスタメンなんて全員がそうですし、その後も使う側の選手としては中盤で遠藤と阿部が使われ、途中から憲剛が使われているくらいです。
しかも、阿部はDFラインに回り、この時点では遠藤と憲剛は同時には使われていません。
これはまずオシムジャパンのコンセプトである『考えて走るサッカー』の基礎を作るべく、走れる選手を選考するという狙いがあったのだと思います。
このため、使う選手がいなかった序盤はセットプレイからの得点が多かったですね。
②使う側の選手を増やしてポゼッションサッカー
07シーズンになるとアジア杯終了までは中村、遠藤、憲剛が同時起用されます。
これは使う側の選手を見極めると同時に、ポゼッションからの崩しをいかにするか、その練習も兼ねていたと思われます。
アジア杯でのボール回しばかりのサッカーにイライラしたのは記憶に新しいですねf(^^;)
あれだけボールを回してばかりのプレイを見せられると、個の力で仕掛けることがいかに大事かを分からせるためのシステムだったのかとさえ思ってしまいます。
③個の突破を融合
アジア杯でポゼッションの選手だけでは攻撃ができないことが明らかになりましたから、キリンチャレンジ杯2007、オーストリア遠征からは個人で突破できる選手を起用します。
ケガ復帰組と欧州組の合流もあって大久保、田中達、松井らが積極的に使われましたね。
この時点でかなりチームとしてはできあがってきており、実際にスイス戦からチームのバランスがよくなっていい試合ができるようになりました。
そして、オシムジャパン最後となってしまったエジプト戦では4-4-2となり、さらにバランスがよくなりました。
④全体のレベルアップ
ここからは完全に憶測でしかないですが、オシムが次に手をつけようと思っていたのは全体のレベルアップだと思います。
欧州組と五輪代表の合流によって競争意識を高め、チーム全体の力を上げようと考えていたのではないかと思います。
⑤試合のコントロール
そして最後に試合のコントロール、つまりゲームを読む力を付けることですね。
ポリバレントはこのための課題でしかありません。
日本人はどうしても海外の選手に比べて体が小さく、身体能力でも劣る部分があります。
かと言ってそれは容易に克服できるものではありません。
しかし、考える力というのは練習や意識次第でレベルアップは可能です。
それにもう1つアジアの選手が武器にできる走力を融合して、『考えて走るサッカー』が完成したのだと思います。

ここからは岡田ジャパンとの比較になります。
試合を読む力、コントロールする力とは世界と戦う上で非常に大切なものです。
ドイツW杯後やレオナルドなどがたまに来日して日本の試合を観たときに必ず、日本はゲームをコントロールする力が足りないと言っています。
実際にキリン杯に見る岡田色を分析で書いたように、コートジボワール戦では押し込まれた時間帯に前線の選手がしっかりボールキープできれば、試合の流れを変えることができました。
また、パラグアイ戦では相手がプレスを高い位置から厳しくかけるようになったときに、フリーランニングして高くなったパラグアイのDFラインの裏を狙う選手がでれば再びリズムを掴むことができたでしょう。
試合の流れを読んでゲームをコントロールすることができなかったから、2試合とも苦戦したわけです。
オシムジャパンではこの課題を克服すべく、選手は常に非常時(異なるポジションでの起用、極端な選手起用、慣れないフォーメーション、不規則な召集など)に対応することを強いられました。
これはすべてポリバレントの一貫で考える力を付けるためのカリキュラムだったとこーめいは思っています。
要するにオシムはその課題を選手に常に課しながらチーム作りをしていたわけです。
しかし、岡田監督には時間的にも能力的にもその余裕はないでしょう。
では、どうやってその試合の流れを読んでゲームをコントロールする部分を補うかが重要になって来ます。
①試合の流れを読む力を持った選手を中盤に起用する
②監督の選手交替で補う

こーめいはこの2つが必須だと思います。
そして、ジーコジャパンではこの2つができなかったからこそドイツで惨敗を喫しました。
ジーコジャパンでは試合の流れを読む力を持った選手として中田英寿がいました。
しかし、ジーコは海外組、国内組をはっきり分けてしまっていたため、実質的に中田と宮本、2人のリーダーがいることになり、チームは1つではありませんでした。
そのため①の部分は機能していなかったです。
そして、②に関してはやはりジーコの監督としての経験のなさがあったと言えます。
ドイツとの国際親善試合では2点を先制しながら追いつかれました。
あの試合で日本が先に2点を奪えたのは低い位置ながら、中田と中村が体を張ってドイツ選手のプレッシャーをかわしてボールをキープできていたからです。
だからチーム力の差があって押し込まれていてもそこからのパスで攻撃に展じ、ゴールが生まれました。
しかし、その2人、特に熱もあった中村の疲弊が激しかったために徐々にボールがキープできなくなります。
こーめいはここで同じ役割ができる小笠原か小野を投入すれば必ず逃げ切れると思っていたのですが、ジーコはそうしませんでしたね。
残り15分で追いつかれるというのは、目に見えた結果でした。
オーストラリア戦での選手交替と意図もよく分かりませんでしたからね。
逆に言えばこの①②ができれば南アフリカW杯でいい成績を残せる可能性が高くなるということです。
最後に、オシムジャパンと岡田ジャパンの大きな違いをまとめますと、それは考える力(試合を読む力)をつけるためのアプローチと、考える力をどこまで選手に依存するかだと思います。
オシムジャパンは選手1人1人に考える力(試合を読む力)をつけさせるようアプローチし、それを各選手に最大限発揮させて1つのチームとして機能するよう持っていく手法でした。
それに対して岡田ジャパンでは、おそらく考える力(試合を読む力)は1人の選手と監督に依存し、細かな決まりごとを用いることでチームとしての意志統一を図るということになるでしょう。
将来を見据えて日本のレベルアップを目指すなら前者、現時点で日本人に適しているという点では後者に分があるかなって感じですね。
ちなみにジーコジャパンの『選手が自分で考えてプレイする』と、オシムジャパンの『考えて走る』というコンセプトは基本的に同じです。
両者の違いは、それを選手にやらせるだけのロジックがあったかどうかですね。
ジーコは放任系で、オシムは指導系の監督だったと言えるでしょう。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント
10年の重み
こーめいさんの記事にあるレオナルドの指摘が気になります。

W杯1998のブラジル代表を覚えていらっしゃると思いますが、当時ドゥンガがキャプテンでした。モロッコ戦の試合中、ベベトとドゥンガが、ドゥンガの指示を巡って対立し、ピッチ上で言い争いに。。。割って入ったのはレオナルドでした。そして、ノルウェー戦、ドゥンガは全く指示を出さずに後半逆転され敗戦。
ノルウェー戦の後、チームメイトがドゥンガに謝罪し、ピッチ内での指示を仰いだとか。。。
その後、ドゥンガ中心にまとまったチームは決勝まで勝ち進みました。
1998年当時でも、セレソンは個々で考えて走っていたはずです。ドゥンガはセレソンの中でも試合をコントロールする力に秀でていたと思いますが、チームメイトが彼の指示を理解できたことが大きいのだと思います。
レオナルドも1994アメリカ大会は後悔の大会でしたからフランス大会は特別だったはずです。当時はサンパイオもいましたし、ジーコもスタッフでした。

フランス大会は、ストイコビッチもいましたね。皆、日本に縁のあること自体が幸運であり、彼等からの指摘には、重みを感じます。
1998のドゥンガと2006の中田英寿、似ているかもしれません。
【2008/06/01 17:11】 URL | サムライ #- [ 編集]

疑問・・
今回のこーめい軍師のオシムの分析を読んで、以前から思っていたのですが、オシムは何故(意固地のように・・私見)鹿島の選手を代表に呼ばなかったのでしょう?
野沢と篤人は一度、合宿には呼ばれていますが・・・オシム本人に
聞かなければといわれればそれだけの話なのですが、あの頃の代表
のレベルであれば、鹿島の選手でも十分資格があると思っていたのですが・・・
【2008/06/01 23:27】 URL | antrahope #- [ 編集]

>10年の重み
サムライさん、コメントありがとうございます。
セレソンのエピソード、参考になりました。
加えてすごく懐かしい気持ちです。
あの頃はワールドクラスの選手が次々に日本に来てくれて、Jリーグの発展に惜しみなく力を注いでくれましたよね。
【2008/06/02 22:47】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

>疑問・・
antrahopeさん、コメントありがとうございます。
ご質問の答えですが、オシムは鹿島に優勝してほしかったんですよ(笑)
というのは冗談ですが、こーめいは当時だと野沢、本山、岩政、篤人が可能性があったと思います。
野沢は合宿に参加したものの、いまいちアピールできませんでした。
召集されるのは間違いないと思っていた篤人はU-20W杯が終わって合宿に参加しましたし、あのままオシムが監督していも試合に出ていたと思いますよ。
本山はセンターハーフとして呼ぶには…って感じですし、岩政は単純に好みの問題だと思います。
オシムはフィード力のあるCBが好きですからね。
今後はコンディション次第では小笠原が呼ばれるかなと思っています。
【2008/06/02 22:57】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

我々にできること
こーめいさんの分析は、非常に冷静で、好感を持ちましたし、
小生が感じて来たことに大凡寄り添ってくれるものでした。
ただ、少し差異があるとすれば、岡田ジャパンの活路
「1人の選手と監督に依存」という考え方です。
どうも、岡田監督は既に追い込まれてしまっていて、
的確な判断が困難になっているだろうと思うからです。
何に追い込まれているかというと、我々にです。
きっと、なんとか面目を保てるようにと、
どんな内容でも良いから1勝、否、1分でも拾おう
という戦い方を指示する可能性があります。
中田(英)が五輪デビューしたときの西野監督と同様です。
あのとき、監督に従わなかった中田選手は降板、
二度とピッチに立たせてもらえませんでした。
戦績は良好でしたが、日本のサッカーにとって
ユース時代から海外で戦った選手と海外コーチ経験のない監督、
その見識、達観は、どちらがどうだったでしょう。
今回のW杯、「ベスト4」という微妙な目標を立ててしまいましたが、
今回ほど「何でもいいから勝つ、あるいは分ける」といった戦いを
我々は期待すべきではないと感じます。
少年サッカーではありませんが、負けてもいいから、
日本サッカーの明日が見えるような試合をしてくれ、
「1人の選手と監督」にではなく、
崖っぷちに立たされた「全選手の知恵と頑張り」に期待しましょう。
【2010/05/28 12:19】 URL | デルピ #X4jAsOoc [ 編集]

>我々にできること
デルピさん、コメントありがとうございます。
2年も前の記事ですので、現状は大きく変わってますし、そのせいで「1人の選手と監督」という部分の意味を読み違えてるのでしょうが、今の日本代表はそれ以前の問題です。
思えばこの頃があのバーレーンの敗戦の後でW杯予選もあって、もっとも岡田監督らしいリアリストな選手選考と試合ができていた時期のように思います。
それがW杯出場が決まったあの瞬間からおかしくなり始め、とんでもない方向に来てしまい、すでに戻ることもままならない状態になってしまった感じですね(^^;)
【2010/05/28 16:00】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/546-32086e14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する