鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

【W杯3次予選感想】快勝からのリスタート…のオマーン戦
結果
日本3-0オマーン(日産ス)
[得点者]
中澤←遠藤
大久保←闘利王
中村←松井

[フォーメーション]
FW:玉田、大久保
MF:松井、中村
MF:遠藤、長谷部
DF:長友、闘利王、中澤、駒野
GK:楢崎

やはり4-4-2をベースにした布陣でしたね。
遠藤をボランチに持ってくることで全体のバランスもこれまででもっともとれていました。
ただ、攻撃力のあるチームとの対戦ではやや守備に不安がありそうですが…。
それにしてもGKって楢崎がやってたんだよね?っていうくらい目立ってませんでしたね。

感想
試合のペースは90分通してほぼ同じでしたね。
日本がポゼッションからDFラインの裏を狙ったり、サイドを使ったりして終始攻めていました。
オマーンはほとんど何もできませんでした。
カウンターになりかける形が何度かあったのですが、すぐにスピードダウンしてしまって怖さはまったくなかったですね。
日本はパスの出所が中村、遠藤を中心に闘利王、松井らもいいパスを出していました。
特に遠藤がフリーでボールを持てていたのが大きく、終始日本のペースとなっていた要因ですね。
パラグアイ戦も遠藤、中村、憲剛が後ろからパスを出していたので序盤は日本がペースを握っていました。
しかし、パラグアイはしっかりそこを分析してプレスをかけるラインを高くして日本のパスの出所を封じてきたんですよね。
オマーン側にゲームをコントロールできるだけの選手はいませんでした。
ただオマーンは4-3-3でやってましたから、遠藤のところにプレッシャーをかけづらい布陣でした。
パスの出所にプレッシャーがかかってないから好き放題パスを出されますし、それなのにDFラインはけっこう上げてjましたから、当然裏を狙われてしまいますよね。
ハーフタイムで監督が修正するかなと思ったのですが、それもなかったですね。
結局は両チームとも最初に出したカードのままずっと勝負したという感じです。
それがこの試合を決めた最大の要因だと思います。
キリン杯に見る岡田色を分析オシムジャパンと比較して見る岡田色分析で記したように、岡田ジャパンのベースはこの試合ではっきり見えました。
セットプレイもかなり練習している跡が見え、実際にそれが先制点を生み出し、試合運びを楽にしまいたからね。
これからはこの試合をベースに連携や戦術などをさらに精錬していくという感じでしょう。
それに加えて五輪組を融合させての全体のレベルアップ、最後には試合のコントロールという課題をこなしていかなければいけません。
パラグアイのように相手が修正してきたきたときに、さらにそれに対応できるかが重要となってきますね。

最後に観ていて思ったっことを少し書いておきますと、攻撃はもっとシュートで終わらないといけないですね。
サイドからセンタリング、後ろからいいロングボールが入っても合わなかったり、トラップミスしたりが多かったです。
決定力がないわけですからとにかくシュートを増やさないといけません。
だからもっとクロスに対しては中央の選手がスペースにボールを呼び込む意識、プレイの精度などが要向上ですね。
それとチームのバランスもよかったのもあると思いますが、コンディションと連携が上がって来た松井がその能力を代表でも見せ始めてくれましたね。
松井のいいところはFWと遜色ない動きができるというところです。
クロスに対してゴール前に飛び込んでいく動きとポジショニング、さらにDFラインの裏に飛び出していく動き、そして中村のゴールの場面もきちんとこぼれ球を押し込めるように詰めているんですよね。
実際にボールが来たシーンは少なかったですが、非常にいい動きをしていました。
サイドに流れてボールをもらってドリブルで仕掛けることができる選手はいっぱいいると思うのですが、上記のようなストライカー的な動きをできる中盤の選手はあまりいないですからね。
山瀬、水野あたりに期待したいところです。
山瀬はパラグアイ戦を腰痛を押して出場したという話もあり、水野は試合にあまり出てない海外組で、香川はまだ持ち味を出せてないって感じです。
今日のような試合をするためには中村、松井のバックアップを厚くすることは重要ですね。

日本代表の快勝にポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

こーめい殿
こんばんは。なにはともあれ結果が出て良かった良かった。
松井の動きは素晴らしかったですね。点にはならなったですが右サイドからクイックで出した低いクロスなどは思わず声を上げてしまいました(笑)。

あれは「決めてくれよ」って松井は思ったでしょうね。。。

ゲームの緩急でいうところの
「緩」を司る俊輔、「急」を司る松井っていう感じで、その二人を糸で操る遠藤と、今後のチーム熟成に期待が持てると思いました。
ただ、こーめい殿の言う通り、最終予選を考えると、この三人プラス守備が強いアンカーが必須かと思います。我らが青木の出番かなと。

で、松井のバックアップとしては「U-20時代の本山」かなあと思います(笑)。
【2008/06/03 00:51】 URL | ピコー #- [ 編集]


こーめい さん
お邪魔します。

私も、今回は地味ながら遠藤選手の振るタクトに感心していました。
(同じ意見の方は少ないようでしたので、お邪魔しました^^;)

遠藤選手がボール持つと、緩急のタメ&ポゼッションからの攻めが作れるんですよね。
・まず、相手に隙はあるか
・次に「いま攻め急ぐべきか」でパスを選び、ゲームのリズムをコントロール
特に前半終了間際に落ち着かせたシーン(ポゼッションし相手を走らしつつ、自分達は一服出来た)は、印象的でした。
そして、相手カウンターでも確実にディレイ(遅らせて速攻を防ぐ)を、きちんと実行していて..
ゲーム状況に応じコントロールする知性を感じました。

もちろん俊輔・松井選手など他の選手も良かったので、この試合は私にはほぼ満点です。
W杯予選で、この内容&結果はお見事!
(裏については、試合前の雨でスリッピーじゃ無ければもっとチャンス作れたかな..程度で)

但しこの試合は今週末土曜のアウェーオマーン戦とセットで評価しないとと思うので、週末終わるまで喜びはとっておきます。
それでは。

<P.S.>
代役ですが、小笠原はどうしたのでしょうか?
他サポながら、中盤前目の"緊急事態用"なら最適と思うのですが~特に『アジアチーム相手』の場合
(灼熱の環境でも彼のスタイルならOKと思うし、今年AFCで既に経験していますしね)
【2008/06/03 13:19】 URL | vB #z8Ev11P6 [ 編集]

ピコーさんへ
こんばんは、コメントありがとうございます。
松井のクロスにはこーめいも唸りました。
ああいうのを待ってたんです。
篤人も参考にしてほしいですね。
松井のバックアップとしては、U-20時代の本山だったら遜色ないですね!!
いつの間にかパサーになってしまいましたがf(^^;)
【2008/06/03 22:52】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

vBさんへ
コメントありがとうございます。
あまりにもオマーンが不甲斐なかったこともありますが、日本はいい試合をしたと思います。
アウェイでもこのような試合ができると先が見えて来そうですね。
小笠原はケガを抱えてのプレイを続けていたので、ケガとコンディションの回復が先決です。
【2008/06/03 22:56】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/547-89dd48e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する