鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アジア枠導入と五輪、マルシ来日に浩二復帰、そしてアノ人まで復帰
アジア枠創設を検討…Jで来季導入目指す(報知)
昨季から話題になっていたアジア枠ですが、早ければ来季から導入されるようです。
賛否両論あると思いますが、こーめいは反対です。
理由は、鹿島は一貫としてブラジル人国籍で突き通すと思うのでメリットがないからです。
というのは冗談ですけど、反対というかあまり意味がないような気がするんですよね。
もう少し詳しく言うと、こーめいは外国人枠の増加には賛成ですが、アジア枠という形で増やすのは反対です。
代表のサッカーを観てもそれぞれお国がらというものが表れています。
それはやはり国ごとにカラーがあり、考え方や発想が違い、それがピッチで反映されるからこーめいはおもしろいと考えています。
つまり外国人枠が増える=発想の増加という図式であるならば大歓迎です。
しかし、これまでのJリーグのアジアの選手を見てもレベルは日本代表クラスと変わりませんし、発想も日本人と大きく違うプレイを見せるという選手はあまりいませんでした。
アンジョンファンやチェヨンスなどスペシャルなストライカーに日本人にないゴール意識を感じるくらいですね。
はっきり言って日本人選手の出場枠を削ってまで出場してほしいというくらいのプレイをできる選手がいるとは思えません。
それに今の韓国ではトップクラスの選手は億の年俸をもらってますから、かつてほどJリーグでプレイする魅力がなくなってます。
中東やオーストラリアならば日本人とは違った発想のサッカーを見せてくれる選手もいると思いますが、オイルマネーで潤っている中東とプレミアにダイレクトなパイプを持っているオーストラリアのトップクラスの選手が安い年俸で日本に来てくれるとは思いませんね。
結局良くて日本代表クラスの選手、下手したら若いアジア国籍選手を育成段階から獲得するという事態になるでしょう。
日本人選手の出場枠を奪ってまで、そういった選手を獲得するメリットがあるかというと疑問です。
実力のある魅力的なプレイをする選手ならもちろん観たいと思いますが、日本人とレベルも発想もあまり変わらない選手をわざわざ増やすくらいなら、日本人の若い選手を育ててほしいと思います。
それと将来的にはアジア各国リーグと連係して同様の枠を設け、相互に選手が行き来することで、アジア全体の交流とレベルアップにつなげる狙いがあるとありますが、欧州やJリーグでのプレイを差し置いてオーストラリアや中東などのリーグに行きたいと思う日本人選手が多く出てくるとも思いません。
アジア枠の選手がJリーグに来るのは主に年俸に魅力があるという理由でしょうが、日本人は年俸が下がってもいいので欧州に行きたいという選手はいっぱいいますからね。
いくらオイルマネーを積まれても中東のチームに行きたいという日本人選手が果たして何人いるかどうか…。
アジア枠に限らず外国人枠を増やすなら、サテライトの充実が先決でしょう。
現在の鹿島のスターティングメンバーには外国籍の選手はマルキーニョスの1人だけですが、若くていい素質を持った選手が試合に出れるかどうか、ベンチに入れるかどうかというラインにたくさんいますよ。
鹿島だけでなく、現状でさえなかなか試合に出場できないのに外国人枠が増えたらさらに出場機会が減るという若い日本人選手は増えるでしょうね。
そうなるとサテライトの現状があんなだと、ますます日本人選手が育たなくなるでしょう。
そう言った若い選手を他のアジアの国に送り込むようにするということでしょうか。
そんなに魅力のあるリーグがあるのなら、現時点で他のアジアの国のリーグに出場機会を求めて移籍している選手がいてもよさそうですけどね。

反町プラン崩壊…本番も遠藤招集断念へ(スポニチ)
“当落線上”興梠は全力アピール誓った(スポニチ)
結局、大久保に続いて遠藤も召集できない事態になりそうです。
代わりに中村憲剛を呼ぶということもないみたいです。
なんだかもうすべてがうまく行ってないという印象ですね。
そんなこんなでここに来て新しい戦力の台頭が必要となってきます。
興梠はこれまでも召集されていましたが、あまり出場機会はありませんでしたら、いいアピールしてすっきりしない五輪代表の現状をいい意味で崩壊させてほしいですね。
なんか勢いある話題がほしいです。
2トップでやるのか1トップ2シャドーみたいな感じでやるの分かりませんが、どちらにせよFWは人数的にもきつい争いになります。
逆に軸になる選手がいまだにいないだけにチャンスと言えなくもないですが…(^^;)

マルシーニョ選手が来日(鹿島オフィシャル)
鹿島DF浩二J復帰へ調子上向き(ニッカン)
噂の外国人マルシーニョがいよいよ来日、明日から練習に参加するそうです。
どんな選手なのか練習を観に行きたいですが、仕事でそれは叶いません。
練習見学に行かれた方の「すげぇ~」とか「楽しみ~」なんて、声を聞けることを期待しています。
中田浩二はすでに練習に復帰していい動きを見せているようです。

割り当て除外措置を解除 家本主審J1担当(スポニチ)
復帰と言えば、お家騒動でお馴染みの家本主審もJ1に復帰するそうです。
鹿島の練習試合に頼み込んで笛を吹かせてもらい、まずまずのレフェリングだったという記事もありましたが、実際のところどうなんでしょうね。
別に復帰させるのはかまいませんが、三度、殿ご乱心でお家騒動を起こしたらJ1を担当させても問題がないと判断した日本協会審判委員会がきちんと責任とってくださいね( ̄曲 ̄)

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

ご無沙汰ですm(__)m
アジア枠の件ですが、同じ意見です(笑)

アジア枠よりもJリーグで出場機会を求める若手のチャンスを増やす場所を増やす方が先です…



プレミア程の魅力あるリーグでも、開幕当初の年俸を出せる訳でも無いし…


活性化にはつながらないでしょうね…過疎化が進むとしか…



迷走はいつまで続くのか…( ̄▽ ̄;)
【2008/07/08 23:09】 URL | タレ目 #- [ 編集]

タレ目さんへ
ご無沙汰です。
コメントありがとうございます。
Jリーグは問題の根本がまったく見えていませんよね。
何か今度は1試合でカード5枚以上のチームは罰金だとか…。
それはいいのですが、その前にレフェリー問題の改善しなければ意味がないんですけどね(;-_-;)
【2008/07/10 23:03】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/570-a0b12d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する