鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

改めて京都戦感想、そして鹿島は2位で折り返し
京都戦の序盤はまったりした入りから始まりましたね。
京都はしっかり守備からという意識が高く、鹿島も連戦、中2日の疲れもあってか積極的に仕掛けることはしませんでした。
そんな立ち上がりの中、鹿島は左サイドからセンタリングを上げられ、もっとも決められたくなかった柳沢にヘディングで先制点を奪われてしまいます。
渡辺に対するイバの対応は悪くはなかったと思うのですが、うまくフワっとしたボールを上げられてしまいました。
中央は人数が揃っていたので柳沢をフリーにさせてはいけませんよね。
完全に見失ってました。
あそこはせめてもっと体を寄せて自由にヘディングさせないようにしないといけません。
渡辺と柳沢に加え、そこまでの攻撃の流れも加藤監督の戦術にうまくやられたという感じでした。
京都は引いて守ってカウンターが主体なので、攻め倦む鹿島ではありましたが、この試合いい動きを見せていた野沢が個人技で同点ゴールを奪います。
野沢らしい素晴らしいミドルシュートでした。
これを機に調子を上げてってくれるといいですね。
FC東京戦同様にここから波に乗っていくかと思いきや、鹿島はやはり疲労が色濃く出ており、いいリズムを維持することができず逆に京都のカウンター攻撃にさらされます。
鹿島の選手は球際の強さ、こぼれ球への反応で京都の選手に負けていました。
そして守備ではいつもの攻守の切り替えの早さがなく、ボールを持った相手選手を追うようにしかプレッシャーをかけられませんでした。
さらには、バイタルエリアもぽっかり空いてしまっていたのでいいミドルシュートを打たれていました。
この原因は明確で、疲労以外のなにものでもないですね。
後半になると鹿島もやや持ち直し、14分にはダニーロが入ってさらに活性化されます。
やや疲れの出てきた感のある京都は一層引き気味に守るようになり、鹿島も徐々にチャンスを増やしていきます。
終盤になって興梠を入れてさらに攻めに出ますが、京都は最後の最後では体を張ってしっかり守っていましたね。
運動量は落ちていましたが、球際やこぼれ球への反応は鈍ることはなかったです。
逆に鹿島は危険なエリアを埋めることができずに、佐藤にミドルシュートを決められてしまいます。
最後は佐々木を入れて得点を奪いに行きますが、京都の選手の集中は切れることなくそのまま逃げ切られてしまいました。

試合を観てもうちょとミドルを積極的に打って行けば得点が生まれたかな~と思いました。
ただ、鹿島の選手も打ってないわけでなく、DFに体を張って止められたシーンもありましたからね。
最後のダニーロのいいミドルシュートもGKにはじかれてしまいました。
そして何よりバイタルエリアでシジクレイがすごく効いていたんですよね。
引いた相手だったのでミドルが有効、実際に野沢が決めてくれましたけど、そんなにミドルのチャンスもなかったのかなと思います。
そうなるとセットプレイからの得点が欲しかったのですが、京都のDFは集中して球際激しく来ていたので、なかなか自由にさせてもらえませんでした。
セカンドボールをチャンスにしたいところですが、何しろそういったところのレスポンスも京都の方が速かったですからね。
1度ファーへ抜けたボールを岩政が詰めた惜しいシーンがあったのですが、触れることができなかったのもゴールへの気迫が足りなかったんじゃないかと思います。
今季まだ無得点ですから、セットプレイからの岩政のゴールがほしいですね。
切り札的に使われ方をしているダニーロと興梠はこの試合もキレのあるいい動きをしていました。
それだけに疲労で動きが鈍っているスターティングメンバーよりも、元気と勢いのあるベンチメンバーを最初から使った方がいいと思います。
全員が疲れてミスが多かったり動き出しが鈍かったりするわけですが、それは日程的に仕方ないと思います。
ですから、3人くらいフレッシュな選手を入れてそこで球際をがんばってボールをキープしてもらうなり、速く戻って守備をしてもらうなりすれば周りも助かりますし、全体としてもパフォーマンスがあがると思います。
疲れた11人ではいつもより組織で崩すことができてなかったですし、ましてや引いた相手に個の力で活路を見出すなんてとてもじゃないですができません。
確かにタイトな日程の中で再開から磐田戦まではきちんと結果を出していましたし、最近調子の悪かった野沢がここに来ていい動きを見せ、さらにはゴールまで決めるのですから、なかなかコンディションってのはどう転ぶか分かりづらいところもあります。
それでももしケガがあれば当然選手を入替えることになりますし、せっかく過密スケジュール対策としてフロントが積極的に補強、選手層が厚くなってるわけですから、ターンオーバーを使った方がいいと思います。
しかし、ただターンオーバーだからと選手を適当に休ませてたら泥沼にはまる恐れもあります。
だから、選手起用にはルールを持って臨むことが大事となってきますね。
今は「結果が出ているときは変更しない」というルールですが、これからはターンオーバーを用いていかないと連戦を乗り切れないでしょうから、ターンオーバー用のルールも必要となって来ると思います。
こーめいは中2日、中3日の試合には、FWとオフェンシブハーフ、ボランチの3人は変更した方がいいと思います。
運動量がいるポジションですし、疲労があるとプレスにいけなくなるという問題が必ず出て来ているわけですから、ボランチはより守備的な2枚を置くくらいでもいいと思います。
興梠、ダニーロ、中田浩二とスターティングメンバーと比べても間違いない戦力がいるわけですからね。
本当はサイドバックもどちらかを変更したいところですが、ここは疲労があってもスターティングメンバーの2人の方が勝ってそうです。
もう1試合で篤人もいなくなりますから、必然的にメンバー交代することになるんですけどね。
とにかく連戦のときは中盤の運動量を上げるようなメンバー起用をしなければ、逆に取りこぼしが多くなるでしょうね。
11人全員が同じような疲労のあるコンディションで試合に臨ませるのではなく、確実にキレのある控え選手を2,3人スタメンに入れるというのは有効だと思います。
17節、半分が終わって鹿島は首位とは勝ち点差1の2位です。
こーめいは他チームの試合もちょくちょく観ていますが、混戦模様が表しているようにはっきり言っていい内容の試合をしているチームは少ないです。
試合内容は悪くてもとりあえず何とか結果を出せているチームか、いい試合をしていても結果に安定感がないというチームばかりです。
一見調子がいいように見えるチームもホームで強くてもアウェイで弱かったり、守備は良くても攻撃力がなかったりですからね。
逆に言えば、こんな混戦の中ですから鹿島はメンバーを変更してチームの底上げを図るチャンスです。
まず間違いなく疲労が蓄積してないときの鹿島がずば抜けてもっとも高いレベルの試合をしています。
だから鹿島がこの連戦対策さえ確立してしまえば、独走できる可能性は高いと思います。
リーグ戦は選手起用のルールを決めて、ターンオーバーを試しながら戦っていっても十分やっていける気がするんですけどね。
でも、監督は常に結果を求められますし、メンバー変更して負けたらスタメンを入替えたせいだと言われてしまいますからなかなか難しいものですねf(^^;)

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

いつも楽しく読んでます。
中二日の日程がJの中で鹿島が断トツ8回、これにACL等の日程が入ってくると・・・(ちなみに浦和5回、ガンバ6回)
こーめい軍師のおっしゃる通り、ターンオーバーが必須ですね。
京都戦は相手のこともありますが、やはり疲労によるツメの甘さはあると思います。
ここはオリベイラの決断を期待するしかありませんね。
【2008/07/18 21:33】 URL | antrahope #- [ 編集]


隣の芝生は良く見える。まさにそんな感じのゲームでした。原因は疲労?中2日とタフなゲームでしたが、小笠原のコメントにもあるように、それ以前の問題なんでしょうね。酷な言い方ですが、日程も含めてプロに求められるのは、結果であり、常にしっかりとしたパフォーマンス。まだ鹿戦士たちにその気概が足りなかった、ということなんでしょうね。対等なゲームであれば、リーグ№1ですよ。どこのチームにも負ける気配はないですから。次の課題はどんな状況であっても勝ち切るチームづくりでしょう。リーグからどんな不公平な日程を組まれてもね。いまの鹿戦士たちにはできるはずなんだけど。オズの手腕に期待します。
日曜は京都戦のリベンジ。しっかり勝ちましょう!日産スタジアムに参戦。久しぶりにオジサンも声が枯れるまで頑張りますかあ~。次の日がお休みだからね。
【2008/07/18 22:45】 URL | andy #- [ 編集]

antrahopeさんへ
コメントありがとうございます。
こーめいも中二日の日程の事実、某掲示板で見せてもらいました。
昨季も確か名古屋、柏に続いて3番目くらいに多かったんですよ。
それも必然性のない中2日ばかりですからね。
もうちょっとスケジュールには融通を利かせて便宜を図ってほしいものです。
明日からマルシーニョ登場ですから、徐々にターンオーバーしてくれればいいですけど…。
【2008/07/19 19:04】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

andyさんへ
コメントありがとうございます。
コンディションにはフィジカルとメンタルの2つがあって、前者が落ちているときでも後者が充実していれば体はけっこう動くんですよね。
京都戦はメンタルコンディションも乗り切れてなかったなという感じでした。
明日は戦う気持ちを見せてほしいです。
【2008/07/19 19:07】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/577-de63f34d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する