鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

【J1第20節感想】首位を守りながらチーム力アップに成功!?…の千葉戦
結果
千葉3-1鹿島(19:00/フクアリ/16,190人)
[得点者]
42' ボスナー(千葉)
68' 巻誠一郎(千葉)
70' 本山雅志③(鹿島)←新井場徹④
77' 巻誠一郎(千葉)
[フォーメーション]
FW:興梠、田代
MF:ダニーロ、増田
MF:青木、中後
DF:石神、大岩、岩政、イバ
GK:曽ケ端


感想
J1第20節プレビューでいろいろ試すのもありと書きましたが、オリヴェイラ監督も思い切ったことをしましたね。
篤人、小笠原に続いて怪我でマルキーニョスと替えの効かない3人がいないのでそこを替えるだけかと思ったら、増田と石神までスタメンで使って来ました。
コメントにあるようにコンディション的に問題があるなら仕方ないですが…。
でも、マルキーニョス、本山、小笠原がいないこのメンバーだと案の定前線に起点ができませんよね。
ダニーロになんとかタメを作ってほしかったのですがそれもうまくいかなかったです。
前線でボールをキープできないのでサイドバックもほとんどオーバーラップできずに前半の鹿島の攻撃はほとんど機能していませんでした。
ロングボールをFWに当ててから枠にいかないミドルシュートがいくつかという感じでしたね。
そんな中、終了間際にもっともしてはいけないフリーキックからの得点を与えてしまいます。
後半開始早々メンバーを変更してくるかと思いましたが、それもありませんでした。
しかもダニーロがあっと言う間に退場してしまったため、試合が非常に難しくなります。
本山が入ってようやく前線でタメを作れるようになってなんとか攻撃できそうなところで、またもやセットプレイから失点してしまいます。
マルシーニョが入ってポストプレイからサイドに展開するという形がいくつか見られはじめます。
そして、イバのセンタリングに飛び込んだ本山がヘディングでゴール。
何とか同点にぃぃーと思っていたのですが、今度は右サイドバックに入った中後が狙われてなかなか押し込むことができません。
さらに中後に替わって佐々木が入ったところで今度は増田が右サイドバックに入ったのですが、そこのセンタリングから再び巻に決められてしまいます。
残り15分、興梠、佐々木を中心に何とか1点取ろうという気持ちは見えましたが、なにせ数的不利はどうしようもなくそのまま試合終了となってしまいました。

審判に関しては下手が下手なりにホームびいきに笛を吹いたということでいいのですが、カシマではホームびいきに吹いてくれないのは困ったものです。
ただ、ありえないミスが多すぎます。
FKはボールから10ヤード(9.14m)距離を取ることになっているので、当然ボールを中心に円形になります。
壁から少し離れたところにいたイバにまで壁と同じラインまで下げさせようとした意図が分かりませんね。
イバもそのことをアピールしていたのですが、聞き入れてもらえませんでしたね。
それから千葉のシュートを曽ケ端が防いだシーンは主審がオンプレイと判断し、鹿島のカウンターが炸裂するところで副審が挙げた旗に気がついてゴールキックからのやり直しとされました。
自分が自信を持ってラインを出てないと判断したから副審の旗を見なかったのでしょう?
ジャッジの最終決定は主審がするのだからオンプレイと判断したのなら、副審の旗が挙がっててもそのままプレイを流せばいいだけです。
それをゴールキックからやらせたということは自分の判断にミスがあったということですよね。
どうして自信がないのならそのときにきちんと副審を確認しなかったのでしょう。
普通、こんなミスありえませんよ。
そもそもこーめいが観る限りゴールラインはまったく割ってなかったですから、主審がわざわざミスジャッジを度々していた副審の誤審に修正したというあまりにも低レベルな結果となりました。
こんなありえないミスを度々犯してまったく改善される気配がないから、いつまでたってもJリーグのレフェリーは選手からもサポーターからも信頼されないわけです。
Jリーグは本当に審判のせいでストレスが溜まってつまんなくなる試合が多すぎます。
ミスがあるのは仕方ないですが、上記に挙げたミスは本当にあり得ないミスですよ。
よほど技術が低いか、病気でまともなジャッジができなかったか、もしくはその両方でしょう。
高山病ジャッジ炸裂ですね( ̄曲 ̄)

選手評
増田誓志
久しぶりに攻撃的なポジションで使われたのですが、期待に応えることはできませんでしたね。
ペナルティエリア内で前を向いてボールをもらって周りの選手を探すようではレギュラーは無理でしょう。
どうして動かない大きなゴールよりも探すのが難しい動く小さな味方を見つけようとするのか分かりません。
パスを出した後に足が止まってますし、田代の落としへの反応も遅いですし、最後のCKを見ても本当にレギュラーでプレイすることを目指してるのかと疑いたくなります。
遠藤の方がよほどアグレッシブでいいですし、サテライトでも攻撃的なポジションで使われてないということは佐々木や遠藤に勝てるものがないということです。
ドリブルができるわけでもパスが出せるわけでもフィジカルが強いわけでもないですからね。
増田のいいところはゴール前に入る動きとポジショニングです。
ただ、これだけでは弱いですからもう1つ武器が必要です。
それを生かす武器となると運動量しかないですよ。
先代の増田は本当によく走ってましたし、小笠原もビスマルクと一緒にやっていた頃はパスやキープ力で勝てないので運動量で勝負していました。
そもそも今の小笠原と比べても今日の増田が走っていたとも思えません。
そろそろお坊ちゃまサッカーから卒業しないと、このままでは来季は鹿島には必要のない選手となるでしょうね。
フロントが出したがらないでしょうが、戦力にならないのですからチームのためにも本人のためにもせめてレンタルに出すくらいはした方がいいです。
田代有三
こーめいが思っていたよりずっと重症ですね。
田代が中央で体を張ってポストプレイしてくれれば、このメンバーでももっとやれたと思います。
高さだけでは厳しくなってきていますから、ポストプレイをできるようにならないとこれから先も厳しくなるんじゃないでしょうかね。
中後雅喜
ボランチなら及第点です。
ただ、途中から右サイドバックに入ると途端に1対1の守備で打ち破られていました。
やっぱりボランチとして小笠原や青木を越えるようがんばるしかないですね。
鈴木もいますからうかうかしてられませんよ。
興梠慎三・佐々木竜太
興梠はハイボールも気合い入ったジャンプで競ってましたし、ドリブルでの仕掛けも見られました。
ただ、佐々木ともどもDFを背負いながらボールをもらって振り向けるところまでいけるのですがそこからですよね。
数的不利もあって2対1の状況が多かったのですが、もっと仕掛けるようにして怖さを見せないとボールをキープするために背を向けてはDFは守りやすいですからね。
特にペナルティエリア内なら角度がなくても振り向いた瞬間に打っていくくらいでないといけませんね。
マルシーニョ
ボールがおさまるのでポストプレイヤーとしては機能します。
ただ球離れが遅いときもありますね。
イバが近寄ってもっとシンプルにサイドに出せって言ってましたけど、やっぱり連携向上が必須です。

さすがにメンバーを替えすぎでしょう(^^;)
千葉はミスも多くまぎれもなく最下位のサッカーでした。
それに惨敗したとなると、選手もかなり堪えたんじゃないですかね。
昨季はナビスコ杯G大阪戦の敗戦で選手のメンタルが一段階成長しました。
今季はこの敗戦がそうなってほしいものです。
特に控えの選手はこの敗戦で意識を変えることができなければ将来プロサッカー選手としてやっていけるかどうかも怪しいものです。
幸い浦和が引き分け、名古屋も負けたため鹿島はまだ首位です。
首位を守りながら控え選手を多く使ってチーム力の底上げに繋がると考えれば最悪というわけではないです。
今ここでチーム力のアップをやっておかないとリーグ終盤に昨季の浦和のような状態に陥りますからね。
[勝ち点]
35:鹿島
34:浦和
33:名古屋、川崎
32:大分、G大阪
31:柏
30:FC東京
29:神戸、新潟

勝ち点6の中に10チームいるという大渋滞となっています。
しかし、この中でチーム状態が上向きなところは川崎、大分くらいでしょうね。
それだけにいち早く修正できたチームから一気にどんどん大渋滞を抜け出していけそうです。
鹿島は最近失点が多いので、まずは守備からという選手起用を考え、ディフェンスを安定させるのが上昇への近道かもしれませんね。
篤人、早く帰って来ておくれ~(>_<)

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

暑い中お疲れ様です

今日は試合見れませんでしたが、こーめいさんの解説を読むかぎり、あまりいい試合とは言えなかったみたいですね(^_^;)結果も最悪ですしね。なんとか一位はキープですが…
フランサのファインゴールと平山のぐずぐずゴールに感謝です(笑)

それにしても異常なほどの混戦ですよね。開幕直後は鹿島が無敗優勝するんじゃないかと思ってたのに…

鹿島とガンバはキープレイヤーがいなかったり疲労もあったりすると負けるし、名古屋はまだまだ不安定だし、レッズはポンテとワシントンがいないから弱いし。
最後に笑うのはもちろん私達ですが、最終節まで混戦が続きそうな気がしちゃいます。ACLもあるし。

とにかく今は篤人が北京で大活躍しつつも、あんな期待ができないチームにはさっさと敗退してもらって、なるべく早く帰ってきてほしいです!!(笑)どうかケガだけはしないでおくれ…
【2008/08/10 02:08】 URL | ゆずマン #- [ 編集]

呆れています…
昨日の千葉戦は1対3で敗れて、最下位のチームに全くといっていいほどなすすべなく敗れてしまったのは全く腑に落ちません!!
内田と小笠原、マルキーニョスの3人が不在だとなぜ、勝てないのか?とても首位のチームとは思えないし、このままではズルズルと失速して昨年の浦和の二の舞になりかねません。本田泰人、秋田豊や相馬直樹、ジョルジーニョ、長谷川祥之、名良橋晃らがいた1996年から1998年の第一次黄金時代の時はどんなに調子が悪くても貪欲に勝ちを拾う勝負強さや層の厚さが際立ちましたが、今のチームにはそんな雰囲気がこれっぽちも感じられません。特に田代には得点の匂いが全く感じられず、かつての鈴木隆行や平瀬智行、深井正樹と同じ運命を辿りそうな予感がします。巻誠一郎やチョン・テセ(川崎)やワシントンとエメルソン(共に元浦和)や中山雅史(磐田)、トニ(バイエルン・ミュンヘン=独)、大黒将史(東京V)を見習って積極的に得点を狙う「ゴール・ハンター」に覚醒して欲しいですね。FWは点を取ってナンボなのですから、いくらアシストや守備で貢献しても肝心のゴールがなければ「給料泥棒」同然です。
次節はJリーグ創設期のライバル・東京V戦です。大岩とダニーロが出場停止で不在ですが、チーム一丸となって挑戦者の気持ちを持って戦いましょう!!
勝て・勝て・勝て・カシマだべ!!
【2008/08/10 08:31】 URL | 鹿撃+鹿激+鹿劇 #bo5zNM.6 [ 編集]


ナビスコで負け、リーグで負け、おまけに五輪は負け負け…
ろくでもない日々であります…
ただ鹿島の隠れた伝統は「反発力」。キツい今だからこそ、思い出してもらいたいですね。
【2008/08/11 08:09】 URL | レン #mQop/nM. [ 編集]

ゆずマンさんへ
コメントありがとうございます。
千葉戦は結果が出なかったことより、気持ちで負けていたことが残念です。
篤人に関しては我々の願いが届かなかったようでショックです。
【2008/08/11 10:59】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

>呆れています…
鹿撃+鹿激+鹿劇さん、熱いコメントありがとうございます。
気持ちの強さという面では、代表もそうですが日本全体が落ちてるという印象はあります。
だからこそ、気持ちを強く持って日々の練習や試合に臨めば頂点まで突っ走りやすいという面もあると思うんですけどね。
【2008/08/11 11:04】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

レンさんへ
コメントありがとうございます。
さらに篤人までケガ…。
落ち込んじゃいますね。
たいしたことなければいいですが。
【2008/08/11 11:05】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

がっくりな千葉戦
マジっすか?
時間終了とともに脳裏を過ぎったこの言葉。
残念という言葉が勿体無いくらいお粗末でした。
特に増田君。
キックエンドダーッシュ♪って鳥居みゆきにでも毎日枕元で喚いてもらったらどうでしょう?
イケメンの前にサッカー選手なんですから、このままでは女性ファンを呼び込むためのお飾りになっちまいますね。
負けん気をだして頑張らないとホントに来年は危ないような・・・
正直、あっしも伊野波を起用した方が随分計算できるのではなかろうかと思います。
運動量があって守備で計算できて上がりもあって。。。ただプレーが見たいからでなく勝つためにでてもらいたい選手なんですけどね。
なんで起用されないんでしょ?
今回の千葉戦が終盤を見通した起用だとしたら、伊野波が起用されないなんて不思議でしょうがないです。
ポジションによるのでしょうけど、石神や中後の方がサイドバックは良いという判断でしょうか。。。
どう思われますか?
【2008/08/11 11:43】 URL | S #wLMIWoss [ 編集]

>がっくりな千葉戦
Sさん、コメントありがとうございます。
増田に関してはアウトゥオリ時代にもほとんど同じことをブログで書いています。
つまり、それからまったく成長してないということですからね。
右サイドバックに関しては篤人がケガですし、しばらくは最大の懸念事項となりそうです。
伊野波は1回目の篤人のケガのときに使ったので、今度は別の選手を試してるということではないでしょうか。
1周して伊野波に戻りそうな気がします。
【2008/08/11 21:36】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

増田
伊野波についてありがとうございます。
増田について、以前の評価を覗いてきました。
確かに、何も変わってないんだなと残念に思いました。
『こっちの面は・・・』って笑えました。
【2008/08/13 11:47】 URL | S #wLMIWoss [ 編集]

>増田
Sさん、コメントありがとうございます。
あちらの記事は開幕前に書いたものなのでまだ持ち上げつつオブラートに書いたものですが、それでも2年間前と同じ課題を抱えたままだということが分かってもらえると思います。
千葉戦の増田の出来で「本人なりにがんばってると思う」というような評価を与えるサポーターは増田のプレイやそのスタイルを真面目に見てないか、成長を望んでない人だとこーめいは思いますよ。
今季開幕前の移籍話を経て少しは意識に変化があったかと期待していましたが…。
本人が2年前と変わってない上に、サポーターが現状でがんばってるからOKというような温い目で見ていては成長することはないでしょうね。
【2008/08/13 22:11】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/594-e425b371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する